福寿草山行 2022

毎年恒例としている秩父の“秘密の花園”へ、『福寿草』を目的とした山歩きをしてきました。3月12日、よく晴れてくれた土曜日のこと。

――――――――――

この日の福寿草。なんと満開でした!

 

本当にどんぴしゃりなお花見山行です。秩父の秘密の花園へは2016年から通っていますが、ボクらの中では今までで一番の花付きかと思われます。
お花に全く詳しくないボクが云うのもアレですが、これはきっと‥、最近降った大雪と、その後の暖かな陽気で一気に花が開いたのではないかと思われます。

 

2週間前にボクらが偵察に行ったときは、あまりの大雪に撤退を余儀なくされ、じゃあ次は1週間前ならどうだろうと偵察に行ってきてくれた仲間からの話では、咲き始めと蕾だらけであったと云うことでした。
ならばと、そして今山行に至るのです。開花の予想がなかなか難しいところも、秘密の花園の魅力の一つです。

 

さて福寿草の山へ足を踏み入れると、今年も初っ端から遠くのどこかの犬に吠えられます。
犬の臭覚と聴覚は本当にすごいもので、600mmのズームレンズで狙って見てみると、ちゃんとボクらの方を見て吠えているのには驚いた。恐ぇ~!

 

崖や登山道の崩落、険しいトラバースなどなど、いくつかの難所を乗り越えてから辿り着く“福寿草の群生地”は、今年は本当に見事な花付きの良さでした。

 

遠目からみても、その黄色い花の広がり方がすこぶる凄いんです。急斜面を登ってゆくにつれ、お花大好きな仲間たちから歓声が上がるのです。BBA福寿草に夢中中。

 

兎にも角にも、今年の秘密の花園の“福寿草”には感動を覚えました。花びらがどばっと一気に咲いた姿に圧巻されます。こんなにすごい福寿草、目の当たりにできて、とても衝撃的でした。

 

だた‥、この群生した花の中へ、どしどし奥まで立ち入っている人がいたのは残念でしょうがない。

見事に咲き乱れる福寿草をバックに自撮りしたい気持ちは分からなくもないけど、ここはぐっと我慢して、花に影響の無いエリアで撮影して欲しかった…。そんなことは花に疎いボクにも分かることなのに、残念でなりません。

 

福寿草のお華を心ゆくまで観賞したあとは、日当たりの良い尾根まで歩を進めて、今度は鍋に咲く美味しいお花の観賞会。毎度華やかなごはんをありがとう。今回も美味しゅうございました。

 

福寿草が見事で、とても印象的な山歩きでした。
また来年、今度はいったいどんな様子の福寿草が見られるのか楽しみです。
ところでボクのお鼻‥、この山歩き以降、何やら様子がおかしいのです。水が大量に出てきます…^^;

-山歩きと山登り

© 2022 bebeDECO