武川岳山歩

武川岳山頂

標高1051.7㍍の武川岳の山頂より武甲山を望む。この反対側には雲取山が望めるらしいが、山頂には誰もいないので確認できず。いつもなら、指さしてあの山アレかななんて云ってると、へたれなボクらを見かねて山の名前を教えてくれる人がいたりするが、この日は誰にも会わず。下りの途中で2組の方々に会った岳。武川岳。。

昨日、山頂、さすがに寒かったー!!!登っていると巨大な水中花のような氷の地面が沢山。水たまりかと思いきやその上を踏みしめてツルっとヒヤッとしたものでした。まじあぶなかった。山頂の帰りはお昼ぐらいでしたが、沢沿いを歩くと水の流れはあるものの氷のオブジェが幾つも。鼻水たらしながら撮影しましたが、ろくな写真が撮れなくてだらしない。これで寒さわかるかな。冬の山歩は服の脱ぎ着が頻繁で忙しい。外気が低いから汗が冷えないように注意するのだ。汗かいて一枚脱ぐ。寒くなって一枚着る。そんなことしてる中間に、心地よい瞬間が存在する。おそらく汗が引いてゆく瞬間なのだろうけれど、ボクはその瞬間がたまらなく好きであります。

昨日の山歩は車を駐めた生川基点から武川岳山頂を経由し、前武川岳までゆくルート。ピストンルートでした。次は伊豆ヶ岳までゆく縦走ルートにでも挑戦してみよう。

武川岳沢沿いの氷

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO