赤城山 長七郎山歩き

小地蔵岳山頂直下

先週の山行で、鬼コーチの二人にしごかれながら雪山の楽しい遊び方を教えてもらったので、忘れないうちに復習を兼ねたヨメさんのリハビリ山行に行ってきました。やや風が冷たかったけれど、雲一つない良く晴れた土曜日の2月4日のこと。

ノートレース域へ

歩いてきたのは赤城山の中でも穴場的存在である小地蔵岳と長七郎山。ここはロケーションも見晴らしも良いのにいつ来ても空いているとっておきの場所。特にこの日の小地蔵岳ではお昼寝したくなるほどのぽかぽか陽気であった。鳥居峠から分岐点までは風の通り道なのか、冷たい風がほほに突き刺さる痛みを伴った。

小地蔵岳山頂

けれども、小地蔵岳まで上がると無風でとても過ごしやすい塩梅であった。もちろん鬼コーチの教えに従って、今回の山行はノートレースのところをわざわざ選んで歩いてくることに努めました。その甲斐あって、いつもよりも数倍楽しめたのは言うまでもありません♪(・∀・)

長七郎山で山めし

さて小地蔵岳でのんびり過ごしたあとは、長七郎山へ向かいながら山めしポイントを探します。山頂を過ぎて少し下ったところのコルのあたりに腰を落ち着けて山ごはん。この日はワンタン麺とした。ありきたりの言葉になってしまうけれども、目の前に広がる山の景色がラーメンの美味しさを増し増しにしてくれました。

赤城山小沼

ごはんのあとは小沼へと歩を進めます。今回は小沼がガチガチに凍っていたので沼上を歩いて縦断できましたが、沼の真ん中あたりでふと去年のことを思い出したのでした。今山行と同じ頃、去年は暖冬で沼の氷結具合が芳しくなく、ずぶずぶと潜る事態に陥って恐怖したものです。。(´Д`)

赤城山第三スキー場

下山は、赤城山ビジターセンター横にあるソリ専用のスキー場(赤城山第3スキー場)を経由して駐車場に戻り、最後の最後までノートレースのところにこだわって歩いて帰りました。結構疲れたけれども、雪山の本当の楽しさの一部分に触れることができた山行であったので、とても満足のゆく山歩きとなりました。あとは早くスノーシュー導入のためにヨメさんを説得せねばな。ここ最近の一番の険しい山になりそうで、まいっちんぐ。(>_<)

ワカンとストック

■山域:赤城山 小地蔵岳・長七郎山
■日時:2017年02月04日(土)☀
■目的:リハビリ山行
■山行:赤城山ビジターセンター駐車場(09:30)⇒鳥居峠(09:45)⇒小地蔵岳(11:05)⇒長七郎山(11:35)⇒小沼(13:10)⇒赤城山VC駐車場(14:00)
■ルートラボ:http://yahoo.jp/WMtuf7
■​赤城山 長七郎山歩きシャシン記ログ

-山歩きと山登り

© 2022 bebeDECO