鹿島槍ヶ岳歩き〈ケーコ編〉後編

前編からのつづき

10/8(金)

3:30 起床
4:00 朝食
カップヌードル・ポルチーニ香るきのこポタージュ
コーヒー
ゆず茶

5:00 出発
5:20 雷鳥の鳴き声とともにに4羽のシルエットを確認するも暗くて見えず
ガックシ⤵︎

 

 

5:40 爺ヶ岳南峰

5:45 日の出

 

 

6:05 爺ヶ岳中峰

 

6:50 冷乗越
まだ記憶に新しい赤岩尾根への分岐点

 

7:00 冷池山荘

きわどい所に建ってるんだなぁ

 

7:25 冷池山荘テント場
小屋から10分程、急登した所にある
遠さを覚悟していたせいか、意外と近く感じる
要は気の持ちよう(強がり)

 

テン場を見るなり、
「確かに景色はいいけどさ、あっち(種池)で良かったんじゃないの~」
あんた幸せ者だね。

こっち(冷池)から見る、あっち(種池)

 

 

 

誰が何と言おうとヤタガラス

 

 

8:25 布引山

 

種池山荘の背後に控えめな槍ヶ岳

 

最後の登りで喘いでいると、下りてくるお母さんに、
「下りは楽だけど⤴登りは辛いわね⤴頑張って⤴」
と励まされる
イントネーションが「益子いくべ会」のうららさんに似ていた

 

9:25 鹿島槍ヶ岳南峰
一度は諦めたので、素直に嬉しい!

 

スカした頑固ジジィめ

 

あたい

9:50 下山開始

 

 

↑ 憧れの剱岳

11:20 冷池テン場

11:30 冷池山荘
山頂直下で励ましてくれたお母さんと再会、
お父さんは昼寝
雷鳥や携帯電話の充電器についての情報交換をする
やっぱりうららさんと話し方が似てると思う
種池山荘でまた逢いましょう!

 

11:50 冷乗越

 

13:50 種池山荘

小屋前のベンチにて、ビールと柿ピーで乾杯
一気に飲み干し、ビールと柿ピーをおかわりする
※ピザ祭りはとっくのとんまに終了、残念無念

ひもじさが滲み出ていたのか、
柿ピーをガツガツ食べ過ぎていたのか、
再会したお母さんが(もう勝手にうららと読んでいた)、さきいかを恵んでくれた

さきいかとビールで乾杯しなおすと、
もう食べきれないから、とさらに
おつまみミックス、くるみ餅、黒糖わらび餅までいただいてしまって、かたじけない。

ご馳走様でした

 

15:15 帰宅
また一段と沁みるわ

ウィスキーとチョコレートで反省会

とにかく、
bebe男は日頃からリアクションが大き過ぎて、
「今までで、1番〇〇だった!」
が口癖とまではいかなくても、
そう言うことが多い

今回もそれだろうと聞き流してしまったが、
どうやら本当に、今までで1番辛かったらしい
まぁ、終わり良ければ全て良し、ではなく、
きちんと受け止めてあげられなかったのが、
私の反省点かな
一歩間違えたら危なかった
以後、気を付けます

 

10/9(土)
テント内10℃、暑い、蒸してる

冷池山荘のテン場は吹きっさらしで、
風が吹いたらさぞかし寒いだろうと、
私だけ持ってきた厳冬期用の、
デカくて重いシュラフが裏目に出て、
あたたかい朝を迎える

靴下も履かず、Tシャツ&パンツ一丁でぬくぬく
ってのも悪くないなぁ快適快適〜

 

7:30 種池山荘出発

富士山見えず

 

ガラ場通過
「こんな所、歩いた記憶がない、危なかったぞ俺」
だそうで、ごもっとも様!

 

石ベンチ

 

扇沢駅、見えた

 

(掲載許可を得ています、たむちゃんサンキュ)
9:40 近藤謙司さん登場
遠くまで通る声、ビンビンな乳首、
やっぱりプロは違うねぇ

 

9:50 お母さんとお父さんに追いつく
あらためて昨夜のお礼を言う

 

10:10無事下山

 

11:25
1番ラーメンは「らー麺 とっつぁん」にて
醤油豚骨ラーメン
辛いニラをトッピングすると旨さ倍増
汁も飲み干せるあっさり系

1番ラーメンとは‥
下山後、1番初めに出会したラーメン屋に入る行為、またはそのラーメンそのものを指す
(発案者ちいちゃん)

後編おしまい
番外編につづく

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO