棒ノ嶺ハナネコノメ山歩

ハナネコノメ

東京側からは棒ノ折山。埼玉側からは棒ノ嶺と云う名の付いた標高969mほどの里山を歩いてきた。ボクんちは埼玉なので、したがってこの山は棒ノ嶺と云っている。さて三連休の最終日。棒ノ嶺ハナネコノメ山歩と称した山歩きに行ってきたんですが、今回山行の目的は二つ。棒ノ嶺の白谷沢コースに咲いているだろうと思われるハナネコノメの観察と、山頂で食べる富山ブラックラーメンの山めしのため。

前者のハナネコノメを愛でるのは勿論ヨメさんですが、白い小さな花が苔むした沢沿いの所々に生えている様子を見ると、お花にあまり興味が無いボクでもこれには綺麗だなと思ったりは、します。そして後者のラーメンは、お土産に貰った富山ブラックの袋麺を、山の上で何とか綺麗に美味しくこしらえてから食べたいなと云ういやしい気持ちから。

で 山めししたラーメンは、とあるブログにいつも登場する美味しそうなラーメンを参考にしてやってみた。底の浅い平べったい鍋でつくってみると、これが予想以上に上手くいった。横でヨメさんに口うるさく盛り付けにダメ出しされながらも、本家にはやっぱり負けるがまぁまぁな出来。極意が分かったので、あとは精進あるのみかしら。

■山域:奥武蔵 棒ノ嶺 2016年03月21日(月曜日)
■目的:ハナネコノメと山めし
■山行:白谷沢登山口脇駐車場 08:15 ⇒ 白谷沢 08:30~09:40 ⇒ 水場休憩所 09:50 ⇒ 岩茸石 10:00 ⇒ ゴンジリ峠 10:25 ⇒ 棒ノ嶺 10:35~11:30 ⇒ 槙ノ尾山 11:50 ⇒ 仙岳尾根(カタギ尾根) 12:20 ⇒ 有間渓谷観光釣り場 13:20 ⇒ 名栗湖車道 ⇒ 白谷沢登山口P 14:20

ルートラボ

ハナネコノメを愛でる

ジムニーの後ろで身支度を整えたら8時過ぎに山歩きをスタート。沢沿いをゆっくり歩いていると所々でヨメさんが立ち止まる立ち止まる。ボクには花心なんて無いのでスルーするところなんだけれども、苔むした岩のところをよ~く目を凝らして見てみると、小さくて白い花がたくさんあるのが分かった。雌しべが赤くて意外と可愛い。

でそのヨメさんの撮影にひとしきり付き合ったら、水場のある休憩所でひと息入れて一気に棒ノ嶺の山頂まで登っていった。この日の予報では寒いと云われていたようであったら、暑がりのボクらにとっては里山ではもう暑い。次の山行でのソフトシェルの中はもう半袖になりそうです。

山めし-富山ブラック

山頂ではタイミング良くテーブル付きのベンチを確保でき、広々と山めしをやってくることができました。この日は頂き物の袋麺でラーメンを。ちょっと真似てみたい美味しそうなラーメンがあったので、チャーシューとメンマと刻んである小ネギを買って持っていった。

山の上で食べる山めしは何であろうと何でも美味しいのだけれども、特にラーメンに限ってはやっぱり鉄板。沸騰するお湯に入れた乾麺の茹で上がる時間が山の上ではイライラからワクワクに変わるから不思議です。富山ブラック、大変美味しゅうございました♪ でもピリ辛の黒こしょうが歯にたくさん詰まるからご注意下さいまし。~_~;

下山ルートはピストンしたくなかったので、ぐるりと回れる仙岳尾根から下ってゆきました。途中、横に広い気持ちの良い尾根道があって足が止まります。景観こそ無いものの、奥武蔵特有の森の中にいる気持ちの良さがボクにとっては何とも云えない至福なのでした。

ハナネコノメ

※棒ノ嶺ハナネコノメ山歩シャシン記ログ / Picasaウェブアルバム版 Googleフォト版

-山歩きと山登り

© 2023 bebeDECO