筑波山歩3

筑波山の「おたつ石コース」を歩いてきました。さまざまなコースがある中、もっとも楽ちんとされているコース。弁慶茶屋跡の休憩ポイントで白雲橋コースと合流し、山頂(女体山の方)まで登ります。
前の日、ちょっとお酒を呑みすぎて二日酔いだったもので、今回の、おたつ石コースはボクの体調にうってつけ。
スタート地点の、つつじが丘の駐車場の標高が520mですから、単純標高差はたったの320m。軽い軽い!
と思いきや、やっぱりそこは二日酔い↓。気持ちはどんなに前に進んでも↑、足どりはきっちりと重く↓鈍く↓遅く↓、そしてやばい↓。ですが山頂に立つと、体調がほぼ復活~!!大きな岩場ごろごろで、雪に氷な悪路で難儀し、たっぷりと良い汗をかきました。
これはアレだな、少々の二日酔いには山歩きに行ってしまった方が治りは早いから、最高のくすりかも。問題は、朝、早起きができるかどうかだけ。
山頂までの道のり。ガッチガチの氷が多数ありました。4本爪の簡易アイゼン(カジタックス RX-4)持参し大助かり。この時期やはり低山でも必須アイテムだと実感します。
次回訪れた際の筑波山歩は、薬王院コースにしようと思案。筑波山はコースが色々とあって楽しめる。気軽に歩けるところが良いです。山頂には綺麗なトイレもあるし美味しそうな食堂も沢山。ロープウェイと云う念のための保険もあるので、難航ルートでもガンガン攻撃的に歩けます。

筑波山歩シャシン記ログ

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO