雨の棒ノ嶺歩き


〈棒ノ嶺のゴルジュ〉
※ゴルジュとは、切り立った巨大な岩壁に挟まれた谷のこと。

週末のこと。飯豊山を愛する埼玉支部の2人から、“奥武蔵の「棒ノ嶺」歩くんだけど~”って連絡が入り、少々返事に悩んだ。(´Д`)
その2人、こよなく自身のカラダを痛めつける通称“ドMルート”を歩きたがりで有名人なので、ちょいと悩んだのである。先週末は確か、ホーム山の雨巻山を、“一筆書きなる軌跡”で10時間もの時間を費やして歩いていた変態さん。しかもまた雨の中・・・。

てことで先にヨメさんへ連絡を取り、棒ノ嶺って変態ルート無いよね?大丈夫だよね?的な内容で確認をまず取ったのであった。
そして、「ノーマル?」「アブノーマル?」「ブルーチーズサンバースト?(さらにやば目のルートの意)」とルートの確認を取ると、さわらびの湯からゴルジュを通り、ゴンジリ峠経由、山頂で山ごはん。帰りは岩茸石から根っこの滝ノ平尾根を下って帰るノーマルルートと分かりほっと一安心。
OK牧場と返事をした、そんな6月22日の土砂降りの雨の土曜日のこと。

さて集合場所に、いきなり山仲間が“長靴”で登場。ノーマルだよね?ノーマルだよね?と再度ルートの確認。でもそのいでたちを見る限り、どうも変なところを歩くんじゃないのかと不安でならなかったが、


〈棒ノ嶺のゴルジュ〉

『棒ノ嶺のゴルジュ』までは沢の中をじゃぶじゃぶ歩くものの、あとは通常のルートを歩いてくれてほっと一安心。
OK牧場と返事をして良かった、雨で緑が生き生きしていた山歩きでした。

棒ノ嶺の山頂に到着。でも曇天。て云うよりガス。しだいに雨。景色はなんも見えねぇ状態。
雨は小康状態だったので、隙きを見て備え付けのテーブルを借りて山ごはんとした。

ウチはお湯を沸かして入れて混ぜるだけのカレーメシ。でもって毎度々ちゃんと山ごはんをこしらえる山仲間からいつものタコさんウインナーをもらい、カレーめしにINした。今回はプチトマトと一緒に和えていたプチゴージャス版♪(°∀°)
大変美味しゅうございました。


〈岩茸石にて、日光澤温泉Tシャツの機能性を試用中。塩梅良し♪〉

今回の雨の山行で分かったこと。やっぱカッパ暑い!てこと。
どんなに高級なゴアテックスのレインジャケットを着ていても、蒸して激しい雨の中では、やっぱカッパ暑い!のである。
カッチン&ちいちゃん、今回も楽しい山行をありがとう。またいつか鍛えてくださいませ。ノーマルルートに限りますが・・・。~_~;
 

-山歩きと山登り

© 2022 bebeDECO