両神山歩き with 民宿すぎの子

5月18日(土)~19日(日)のこと。
毎年、新緑の頃になるときまって訪れている山と民宿。まるでウチのルーティン。その山を歩いて泊まらないと、なんだかもやもやするのだ。
山歩きは、埼玉県は両神山の“白井差コース”を歩いて、民宿は秩父の宿“民宿すぎの子”に泊まって旬の山菜料理を食べることが目的。
今年も無事に、行ってくることができました。そんなウチの、山系ルーティンのお話。

両神山の白井差コースとは、山中さんの私有地を歩かせてもらうコースなので、したがって有料(1000円)となっている。
良く整備された楽しいコースでとても気持ちがいい。ところどころに設けられている休憩ポイントが便利で、ついついそこで長居をしてしまいがち。

この白井差のコースは電話(0494-79-0494)にて事前予約が必要で、どうやら受け入れる人数の制限をかけているようだ。因みに駐車するスペースもあるため、このコースでは確実に車を駐められる。綺麗なトイレもある。水も川から引いてじゃばじゃば出ているので、汚れた登山靴も備え付けのブラシでもってガシガシ洗える。

山歩きの最初に渡される専用の地図と引き換えに、山歩き後に山中さん宅へ料金を支払いにゆくと、両神山のバッヂをもらえてなんだか少し得した気分。でももう何回もこのコースを歩いているので、ウチには両神山のバッヂがたくさんあって、さてこれどうしたもんかと実は少しばかり困っている。~_~;

さてこの日は朝から概ね晴れていたのだが、山頂へ着くとガスってしまいタイミング悪く真っ白だった。けれども、山頂はアカヤシオが満開でピンクの花びらがその景色によく映えていた。

珍しく空いていた山頂なのに、ガスってゆっくり堪能できなかったので、“ブナ平”なる広場へとっとと下りてお昼ごはんとした。これまた最近ウチの定番品、カップヌードル味噌で超簡単の山めしだ。にんにくがピリリと効いて今回も美味しい。買いだめした味噌がそろそろ終わりそうで悩ましい。

―――――――――――

山歩きのあとは、秩父錦の酒づくりの森で、“芝桜の丘限定 秩父米 純米原酒 瓶燗”という冷酒を買ってから待望の“民宿すぎの子”へと移動。とてもフルーティーで美味しい日本酒を見つけてしまったようだ。これは是非ともリピートしたい。

民宿すぎの子は15時からチェックインが可能。もちろん毎年その時間に合わせて山を下ってくるので、今回も15時ジャストにIN。部屋へ案内され、ご主人に軽く今年の山菜の状況を聞いたら◎とのこと。これでは山菜料理の晩ごはんが楽しみで仕方がない。

でも、17時30分の晩ごはんまではまだあと2時間もあるので、鉱泉のお風呂に入って山歩きの汗を流し、ビールを呑んで山菜料理へスタンバイ。ジェットバスの湯舟が疲れたカラダに心地良かった。

さて待望の、民宿すぎの子の山菜料理。端から端までのほとんどが山菜料理で至福であった。〆の蕎麦も絶品であった。中でもやっぱり山菜の天ぷらが抜群に旨い。イワタケ、こごみ、モミジガサ、タカノツメ、コシアブラの天ぷらはヨメ氏と争奪戦。

今年の山菜料理も大変に美味しかった!これでまた来年も楽しみです♪( ´∀`)

 


『民宿すぎの子』

・チェックインは15時からOK牧場
・晩ごはんは17:30~で、朝ごはんは7:30~
・浴室は家族風呂が対応可能(鍵付き)
・脱衣室にはフェイスタオルが沢山あり
・浴室にシャンプー、リンス、石鹸あり
・部屋には浴衣と丹前と歯ブラシあり。ドライヤーは無し。
・部屋にはポットと急須と湯飲みあり。コンセントはあり。
・便所は全て洋式便器で、ウォシュレット便座が一台。
・一泊二食付きで税込み7200円

 

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO