玉原湿原・鹿俣山歩

玉原湿原・鹿俣山 ブナ平

山仲間から何だか食べ物に釣られた感は否めないんだけれど、群馬県は赤城山方面へ行こうと思っていた週末山行の行き先を、ここ玉原湿原と鹿俣山(かのまたやま)へ急遽変更。大きな理由は昨日の記事ですが、この日は山の仲間のリハビリ山行にお付き合い。
5ヶ月もの間、ず~っと仕事場で籠もって作業に没頭していたとのことで、鈍ったカラダに活を入れるべく始動したばかりなので、先ずは足慣らしと云うことで軽~い山歩きをご一緒してきた。5/30(土)のこと。
集合は玉原センターハウスの駐車場。タンポポがスゴイ。鮮やかなグリーンも見事。もう駐車場から結構楽しめる。そして玉原湿原に入り、その景観を楽しんだあとはブナ平へ。太っとい幹のブナがたくさんある。カラフルな木肌が綺麗で、その美しさに見取れているとハルゼミの抜け殻がいっぱい付いていることに気付く。なるほど、このサワサワとそよ風で騒ぐ森と一緒にジージー言っているのがそうか。とても耳に心地良かったんです。

おもてなしの珈琲
[細い湯の出る注ぎ口を自作したJETBOILで淹れてもらう珈琲の旨いこと♪]

腰を落ち着けて休憩できる場所にきたら、鹿俣山(かのまたやま)へ向かう前に珈琲ブレイク。同行者からは、香り豊かな挽きたて&淹れたてのコーヒーを振る舞ってもらいました。緑豊かな森林パワーをカラダに浴びながら飲む珈琲ってこんなに格別だとは思わなかった。
鹿俣山の山頂直下ではパノラマの景色が美しくって、しばらく一同で足を止めていました。山頂はとても狭いので登頂したらすぐに移動。そしてまた先ほどの景色の良いポイントで足を止め大休憩。この日はものすごく暑くてね、キンキンに冷やしてもってきたノンアルコールビールが本物のビールのごとく美味しく感じたものでした。
下山はラベンダーパークと森林キャンプ場の脇を通り、駐車場の玉原センターハウスへ。ぐるりとのんびり歩いてきた4時間15分。とても楽しく優雅な森林浴ができました。
さてと・・・、これで昨日の記事へとつながります。(・∀・) 一同大急ぎでとあるところへ向かいます!
玉原湿原・鹿俣山歩シャシン記ログ


■ルートラボ

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO