蕨山歩

蕨山 山頂

1/18(日曜日)のこと。ちょっとがっつりと歩きたくて、この日は奥武蔵エリアの蕨山を歩いてくることにした。とは云っても蕨山の山頂までの急坂を登り切ったら、そこからあとは気持ちの良い稜線歩きが続くばかり。がっつりと云うよりも、ちゃっかり歩いてきたと云う感じかしら。~_~;

今回歩いてきた「蕨山」を経由した縦走路は、
さわらびの湯のバス停前の駐車場にP⇒国際興業バス乗車⇒終点〈名郷〉下車(350円)⇒蕨山⇒藤棚山⇒大ヨケノ頭⇒小ヨケノ頭⇒金比羅山⇒さわびの湯のバス停前の駐車場。と云うコース取り。
トイレのあるバス停前駐車場は無料。ジムニーのリアゲートを開けて身支度を整えているとすぐにバスの来る時刻になったのでバス停へ。バスには意外と登山客がいて驚いた。〈机〉と云うバス停があることにも驚いた。バスには10分程度揺られ、終点の名郷バス停に到着。誰でも貸してもらえる杖(なぐりづえ)とかあったけれどスルー。
歩き始めは結構寒かったので、いそいそと歩いて早急にカラダを温めた。大汗っかきのボクなのに、蕨山への急坂を登ってもうっすらと汗をかく程度。山頂直下は風がとにかく強くてものすごく寒かった。
樹林帯を登り切り、蕨山の山頂が見えだしてきた頃から雪が現れだしてきた。山頂直下のもっふもふな雪以外はツルツルで固いアイスバーンだったので、軽アイゼンがあると安心。ボクは付けませんでしたが、ヨメさんは安全のために装着して登頂してました。
さて蕨山の山頂からは、冒頭にも書いたように緩い下りの稜線歩きとなり気分も穏やかに。途中では、風をさえぎることができて陽が当たってぽっかぽかな雪のエリアを探してお昼ごはんとした。この日はファミマの火にかけるだけでOKの冷凍チゲ鍋を買って持っていった。で、それだけではきっと足らないと思い、トックを一袋持参してお鍋にin。お腹に温かく活力がみなぎる。寒い日はやっぱり鍋に限ります。
蕨山 稜線ランチ
しかし今回の山歩きも渋かったなー(笑)。渋すぎて殆ど人に会わない。すれ違ったのは年齢層の高い6人程度だけだった。でもま、こんな渋~い山だからこそ静かにペース良く歩け、とても快適な山歩きができました♪9時30分に歩き始めて15時に到着。なかなか楽しかった5時間30分でした。標高差にして800m。距離にして9.6kmほどでした。


■ルートラボ

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO