蓼科山歩

朝3時起床。寝ぼけ眼を冷水でしゃっきりさせて魔法瓶にお湯を入れて出発。
朝食はランチパックを車の中で食う。はい、はい、はい、と次々に渡されるから、
味わいメンチカツ以外はいまいちどれを食べたか判断がつかない。匂いで予測。
上信越佐久ICを下車し国道141経由の蓼科スカイラインを突っ走り大河原峠へ。
途中雲海広がる中から太陽が顔を出し、しばし朝日にみとれ先を急ぐ事を忘れる。

昨日は蓼科山を山歩してきた。標高は2530?。とうとう北八ヶ岳デビューだ。
いろいろと登りたい山はあるのですが、まずは蓼科山からと云う運びになった。
理由はおそらく明日にでも説明できるはず。で蓼科山。岩場がごろごろで楽しい。
山歩きはまだまだ若輩ものですが、ここにきてボクは岩場に強いことが判明した。
ヨメさんに言わせると、ぴょんぴょんと水を得た魚のように飛び跳ねるんだそうだ。
なのでそんなこんなで蓼科山の山頂に到着。空は澄み渡り穏やかな気候で空気旨し。

雲海がすげぇ―!遠くに浅間山が見える!八ヶ岳が見える!北アルプスが見える!
と興奮しっぱなし。360度のパノラマは本当に美しくボクの肌にも鳥肌がたった。

次の目的地へ向かい昨日は山歩を終了。朝の大河原峠駐車場へ歩を進め荷物チェンジ。
反省点は山ほどあるが、とりあえず15?ほどのパックパックを背負い野営場にゆく―。

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO