大持山小持山歩

大持山小持山ハイキングコースの途中

先週歩いてきた山は栃木足利の大小山。 昨日歩いてきた山は奥武蔵の大持山と小持山。大と小。特別意識した訳ではありません。山に向かう途中に、ん!と気付いた訳でして、。山の規模は登り応えのあるレベル。あ、ボクにとってはの話ですが、今朝階段が辛くて々。
山歩したルートは、生川基点一ノ鳥居駐車場(標高520?)から武甲山方面へと歩を進め、持山寺跡、シラジクボ(標高1088?)、小持山(標高1273?)、あまごい岩(スリルあり)、大持山(標高1294.1?)、妻坂峠(標高839?)、そして駐車場へ登り下りでひとまわり。単純標高差は最高地点で774.1?ほどですが、太股にふくらはぎ、運動した感ありでした。特に大持山から妻坂峠までの一気下り。約1時間、急坂を下りっぱなし。ああしんどかった。

小持山でバテバテ

さてこれは、小持山の山頂にてバテバテで息が上がっている姿。膝がカクカク笑ってます。それから、先ほどまではタップリの日差しで暑いくらいでしたが、山頂、生憎の曇り空。パラパラと雨まで降ってくる始末。景色、いいんですけれどね、曇り空だと嬉しさ少し半減。山頂までの気持ちのいい広い尾根道の際には、野生のカタクリがちらほらと咲いており、このルート、どうやら景色の他にもいろいろな楽しみ方が隠されているように感じました。

JANJANソース焼きそば

お昼はJANJANソース焼そばを食べた。1つ目のJANJANにたっぷりお湯を注ぎ3分待ち、2つ目のJANJANにさっきのJANJANの湯切りの湯を注ぎ、足りない分のお湯を少し追加。また3分待ちに待ち、今度は湯切りの湯をマグカップに入れた即席スープの中に注ぐのだ。JANJAN旨いしこの食べ方無駄が無く上手いしで、山のお昼はしばらくこれでいこうかな!

-山歩きと山登り

© 2022 bebeDECO