新装スクアミッシュ

大好きな銘柄のワイン〝城戸ワイン〟を呑みに、新装オープンしたばかりのペンション『スクアミッシュ』へ行ってきた。6月12日(日)から13日(月)の話。

 

前回訪れたのは2019年。もう“3年も前”のことになる。その後すぐに、コロナ禍で世の中が大変なことになってしまったりで慌ただしくなってしまい、足が遠のいてしまった。

その間、スクアミッシュのInstagramで様子を窺っていると、新型コロナ対策の他、色々な事を随分と精力的にやっている姿が垣間見えていた。
中でも、客室のUBとトイレの分離リフォーム工事には興味しんしんであった。

でつい先日、ヨメ氏の足に障害が発生する。今度は『足底腱膜炎』になってしまった‥。これによって考えていた山行を急遽中止にし、山で過ごす場所を急ぎ思案する。でそんな時、スクアミッシュのInstaで美味しそうなワインを見つけてしまったのであった。(^^;

長野県茅野市にあるスクアミッシュへは、今回初めて下道で行ってみた。
埼玉県のウチからは“国道299号線”をひたすら走ってゆき、佐久南からは国道142号線を経由して長門牧場方面へ向かってゆくのだ。

だが…楽しいドライブは国道299の“道の駅上野”までで、それ以降は‥とくに“十石峠”までの道が、狭くて長くて怖くて冷や汗ものであった。対向車が来たものならもう大変で、運転の疲れ具合が半端ではない。ついでにヨメに言わせると、助手席の疲れも相当なものよ!…とのこと。( ꒪Д꒪)白目
あとで調べてみて分かったのだが、あの辺、“酷道299号線”と云われているのだそうだ…。納得。

 

そして7時間もドライブした後の15時過ぎ。
チェックインしてのんびりと呑みながら滞在するのである。

晩ごはんのメニューはこんな ↑ 感じ。

 

↑ ウェルカムドリンクが、つるつるいっぱい。

↑ のっけから城戸ワインに着手(着酒)

 

↑ グリーンアスパラのスープ。とろとろの温泉卵が隠されている♪

 

兎に角、今回も全部が美味しかった。城戸ワインが進む進む♪
とくに、グリーンアスパラのスープがたまらなく美味だった。

 

さまざまな種類の城戸ワインを呑んだのだけれど、やっぱりボクは甘くて香り豊かな“ナイアガラ”が好みです。

 

さて翌朝。車山へひとり、朝めし前の山歩きへとゆく。
たまらなく気持ちよかった山歩きの話は『車山歩き』に記録します。

 

ところで今回のスクアミッシュ泊。
“県民割”を行使することができました。しかも『信州割special』と『ちの割』の併用が可能と云うことで、ダブルで恩恵にあずかることができたのだ。これはかなりのお得感♪
因みに割引の条件は、「新型コロナワクチンを3回接種済 又は 検査結果が陰性であること」を提示する必要がある。

 

県民割の内訳:宿代13000円-5000円(信州割)-2000円(ちの割)=6000円✕2人分=「12000円」が今回の宿泊費でした。
その他、観光クーポン券なるものも貰え、信州割で2000円、ちの割で1000円、2人分で「6000円」もの観光クーポン券が貰えた。こちらも超お得感♪

チェックアウト後、早速“たてしな自由農園”に立ち寄って、お酒や食材をたっぷり買って帰るのであった。

 

特にそこで見つけたアルプスワインの『長野 赤&白ワイン 酸化防止剤無添加』の一升瓶のワインがお気に入り。1.8Lで、税込み1629円ととても安くて美味しいのである。いいワインも見つけられ、さまざまな恩恵を受けられて何よりでした。
県民割‥、もっと長く延長してもらいたいものです。使える境遇にいる場合、これはやっぱりたくさん使わないともったいない。

-旅宿

© 2022 bebeDECO