屋久島備忘録 vol.3

はまゆ
山歩きのあとの『尾之間温泉』でさっぱりしてから寄った喫茶店。というよりカフェ。もとい珈琲店。

甘いもの系の軽食の他、自家焙煎した珈琲を主だって出してくれるお店なので、珈琲店と云った方がしっくりくる気がします。
頼んだのは好みの深煎りコーヒー。カウンターに座ったので、目の前でコーヒーを淹れてくれるご主人の姿をガン見。やかんに入れた温度計のメモリを気にしながら、ゆ~くりと注ぎ口を回して真剣にドリップしてくれます。ほっと一息つけるコーヒーで、好みの味で本当に美味しかった。お気に入り。

珈琲はまゆ”は、湯泊の海沿いに位置しているので、これまた最高のロケーションで素晴らしい。駐車場からお店へ向かって歩いてゆくと、右側がもう海なので景色が抜群でした。コーヒーゼリーが美味しいと云う情報を仕入れていたので楽しみにしていましたが、この日は生憎作らなかったそうな。残念賞である。

 


雪苔屋
モスオーシャンハウス』をチェックアウトして、大雨の“千尋の滝”の見学のあとの寄った喫茶店。というよりカフェ。もとい珈琲屋。

カウンター席から見える、目の前の庭にできた雨の水面がなかなか乙で、新しくて洒落た店内で飲んだ珈琲の香りが良くて、とても素晴らしかった。う~んマンダム、って感じ。
11時のオープンと同時に入店したのだけれど、15分もしたらあっという間に満席になっていてびっくり仰天だ。雪苔屋でも“深煎りコーヒー”を頼んで味を堪能。帰りにはご主人が焙煎した豆を買って帰るほどのお気に入りとなった。
屋久島は珈琲の美味しいお店が多くてまいっちんぐ。お店選びに難儀します。

雪苔屋”は、島の東。屋久島空港からほど近いところにあって、何処から来てもアクセスしやすい高台の立地に位置してました。この場所での歴史はまだ日が浅いようで、横板張りの木造建物がまだまだ新しい。
またいつか、ここに珈琲を飲みに来たら、また違ったシーンが見られそうで楽しみで仕方がない。珈琲もトーストもケーキも美味しゅうございました♪

さて、長々と記録してきた“屋久島の山旅”もこの記事で最後とします。
また来年、もしチャンスがあったらもう一度、屋久島の山を登りたい。
今度はまた違った視点から屋久島を眺めてみたいんです♪
 

-旅宿

© 2021 bebeDECO