雨巻山 高峰山 仏頂山歩き

栃木県は益子にある、雨巻山をホームとする山岳同好会“益子いくべ会”に混じって、“雨巻山”と“高峰山”と“仏頂山”を縦走して歩いてきた話。12月29日、水曜日のこと。

――――――――――

いやはや低山と侮るなかれ…。
累積標高差も総歩行距離もなかなかのものでした。翌日、ボクちん筋肉痛でした‥^^;

 

集合は、大川戸の駐車場。そして途中で体調不良によるエスケープができるように、中間地点に車を配車。さらに縦走先にもリターン用の車を置いて、ぬかりはない。

 

写真では上手く伝わらないと思うけれど、この日は本当に寒い一日であった。でも廻りの先輩方はみんな本当に元気。Tシャツの人もいるほどだ。

 

こんな大人数での山歩きは初めての経験であるが、ほとんど人に会うことが無い、よく知ったコースを歩いているからのこと。とにかく元気だし、みんな道も本当に良く知っている。

 

そんな猛者たちと一緒に歩いてきたコースは‥

 

“雨巻山”から“高峰山”を経由して、“仏頂山”まで縦走してゆくコースだった。ボクもヨメも勿論初めての山道だ。

 

ところどころで展望はあるものの‥

 

基本的には終始渋~い登山道。でも静かで歩きやすくて足慣らしにはとても丁度良かった。
今回、新しく買った登山靴をおろしたて。膝の疾患を懸念して、とても軽い登山靴を買ってみたのだった。

 

種別としてはトレランシューズになるのかしら、HOKAオネオネの“トゥウルトラハイ2WP”と云うものを選んでみた。
気に入っている点は、軽さと防水なところ。これで少しは膝に負担がかからないことを期待したい。

 

景色の良いところでは各自お昼ごはん。
その他、チョコやお煎餅やみかんなどがばんばん配給されてくる。団体ならではの光景でほっこりする。

 

 

仏頂山へ着いたら、あとは下って山歩きは終了となった。
きっと今年最後となる山歩き。終わりよければ全てよしで、振り返ると良き山行だらけであった。

 

今年はヨメ氏に代筆を頼んだ記事が多かったが、それが良かったのかヨメが書いた記事の人気がうなぎのぼりでまいっちんぐだった。もうずっとヨメで良いのでは?とさえ云われるほど。今年はそんな山歩きでした。

――――――――――

合計距離: 13.32 km
最高点の標高: 535 m
最低点の標高: 76 m
累積標高(上り): 1315 m
累積標高(下り): -1252 m
総所要時間: 07:20:55
Download file: 2021-12-29 15_13_31.gpx

-山歩きと山登り

© 2022 bebeDECO