横手山頂ヒュッテのきのこスープ

横手山頂ヒュッテ きのこスープのセット
[横手山頂ヒュッテの名物 / きのこスープセット]

カップに入ったクリームシチューをパンで蓋をした、まるで-きのこ-の形をしたカップスープを目当てに、横手山頂ヒュッテまで山歩きをしてきた。その名物の-きのこスープ-がある山は横手山。渋峠に車を駐めたら山頂ヒュッテまではものの30分のお手軽山行でした。

横手山の山頂にて
[横手山の山頂にて / お喋りアベンジャーズ勢揃い]

ボクが食べてきたのは、きのこのカップスープとパンとサラダとコーヒーが付いた2000円のゴージャスなセットだった。朝から大奮発してしまったけれど、この山行が週末の旅の始まりだったのであまりケチらないことにした。今週立ち呑み屋に一回ゆくのをやめれば済むことだ。>_<
きのこのパンのカップスープは、スプーンできのこの部分(パンの部分)をカップの中のクリームシチューに落としてから食べるのだが、これがすごく旨いのだ。もう一つのパンはちぎってヨメさんのボルシチに付けて食べてみたが、そっちも文句なしに美味だった。
横手山頂ヒュッテの焼きたてのパン。噂どおりに本当に美味しかった!ここに連れて来てくれた山の仲間に大感謝。さすがは食いしん坊の矢グルメ姉さんだ。

横手山頂ヒュッテ
[横手山頂ヒュッテ / 山小屋と云うよりももうレストラン]

さて、お腹が満たされたあとの次なる山行は、志賀高原の-田ノ原湿原-へと場所を移してがっつりと汗を流すつもりだった。がしかし、横手山頂ヒュッテでのおしゃべりに花が咲き過ぎて、軽めの木道歩きだけになってしまったのは想定外。そうなのだ、この日は久しぶりに会う山仲間もいるものだから、お喋り花が咲き乱れ、朝から相当に賑やかだったのだ。
で、そうこうしている内にメンバー全員の頭の中がだんだんと《たけのこ》に染まって行った。週末の旅の本当の目的地へと、みんなしていざなわれるのでした。続く。

芳ヶ平湿原
[芳ヶ平湿原 / 赤い屋根が最高のテント場のある芳ヶ平ヒュッテ]

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO