北八ヶ岳本沢温泉山歩

20130213_2803197.jpg

先日の三連休の後半2日間、2/10日と11日のこと。北八ヶ岳の本沢温泉へ、しらびそ小屋経由でスノートレッキングを楽しんできました。今回は6名でのドラクエ山歩。先頭から鞄職人、研究者、病院従業員建築金物屋(チーフリーダー)、酒蔵従業員、そして建築士の構成。さまざまな職業の者が集まったゆえに、まったく話題が途切れないとても魅力的な山歩となりました。
さて、山頂にあるダーマの神殿へは次の日に登頂予定だから、この日は本沢温泉の山小屋セーブポイントまでの山行予定。装備やら何やらで(酒?)びっくりするほど重たくなっちゃった雪山仕様のザックに後悔しながらも、けがも無く無事に予定をクリアできて嬉しい。途中順番を入れ替えて経験豊富なチーフリーダーに引っぱられながら、素晴らしい景色を随所にこの目で見てこれた。青空がバッチリだったから、幸せな時間をおおいに満喫。雪山は荷物が重くてしんどいけれど、それに伴う対価がすごいので、最高にしびれます。これはホントにはまる。

20130213_2803199.jpg

本沢温泉では5人用の個室を2室あてがってもらい、一室は荷物置場と身仕度部屋として使い、もう一室は寝室と宴会部屋として使いました。5人用の部屋に適当に布団を敷いて、6人で暖かいこたつを囲んで雑魚寝です。カラダのシンまで温まる温泉につかり、酒の力も借りて、あっという間の高いびきzzz。(本人覚えておらずヨメさん談。みんな、めんご。)
宿は、翌朝の出発時間を考慮して朝食は自炊にしたので、1人一泊夕食付きで8900円でした。贅沢にも夕食にはおでんとキムチ系の2種類の鍋がテーブルに乗った。がしかし、各々で持ち寄ったおつまみを間食し過ぎてすでにお腹がノックアウト状態だった。ああ、勿体なかった。

20130213_2803200.jpg

この日のスノートレッキングルートは、稲子湯を9時半に出発して、しらびそ小屋で素朴なラーメン(600円)を食べ、ゴールの本沢温泉には14時半に到着。計5時間の道のり。翌日の山登りのためには良い足慣らしとなりました。雪が深かったために今回は名物の野天風呂は無し。それに星空も無し(>_<)。折角頑張って重たい三脚を持ってきたと云うのにさ。残念で仕方なし。そのかわり、持ち寄った酒で親睦を高め、和気あいあいな山行となったから良しとする。山歩1日目、晴れてくれて本当に良かった。嬉しくて涙出る!

北八ヶ岳本沢温泉山歩シャシン記ログ

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO