瑞牆山歩2 at みずがき山自然公園

20130716_358995.jpg

関東の茹だるような暑さから逃げるように逃避行していった先は、標高1475mのキャンプ場。涼しくて快適でもう感無量でした。日曜日と海の日の2日間は、山とキャンプが目的で山梨県北杜市まで足をのばしてきた。2回目の瑞牆山。今回は非常に楽しみにしていた不動滝ルートでの山歩き。

小川山林道終点の広場(無料P)に車を駐めて、涼しげな不動沢を眼下に見て歩き、不動滝を経由する。途中何度も沢の水と戯れながら、弘法岩の黒森分岐を経て、瑞牆山の山頂へ到着。大大大混雑でした~山頂(>_<)。腰を落ち着けて休むスペースを探すのにもう一苦労。

20130716_358785.jpg

山ランチはここ最近myブームの流水麺。今回はハムとキュウリと錦糸卵をたっぷり乗せて、冷やし中華とした。真ん中に紅ショウガも乗せたけど、生姜はやっぱり真っ赤な方が映えますね。ハムなんだか紅ショウガなんだか分かんね。涙。

凍らせて持ってきたオールフリーが良い塩梅に解けてキンキンにちべたい。あっという間に擬似ほろ酔い気分!プルタブを引いたときに発するプシュ~という音に大注目され、他の方の飲みたそうな刺すような視線が痛かった。笑。

帰りは先ほど歩いてきた山道をピストン。登りは大きな岩がゴロゴロでちょっとしんどいところあったけど、下り坂はそんな苦労も忘れてサクサクと下りられた。全部でかかった時間は5時間少々。山頂でのんびり休憩しても、CTもほぼ山と高原地図の通りで歩いてこられた。今回のこのルートの山歩き、すごく楽しかった。あんなに登山道綺麗なのに、まず空いていることにビックリした。お気に入りに追加です。なんせ来月にまたすぐ再来予定だ!

20130716_358850.jpg

下山後はまずおビールをたいらげてからテントを設営した。この優先順位が大事なのである。笑。
してキャンプ場は「みずがき山自然公園」でお世話になりました。ボクのとんがりテントで2000円。タープで1000円。少し大きなファミリーテントならプラス1000円が必要。いずれにしても、あのゆる~い雰囲気でこの価格は良心的と云える。
余談ですが、トイレも綺麗で感心しちゃった。午後4時までは受付棟のシャワー便座が使える。それ以降の時間は駐車場の上のトイレ棟に行くことになるが、遠いことさえのぞけばそちらも綺麗で快適であった。

キャンプ場には高木がほとんど無い。なので日陰を探すのが結構大変。
その代わり、サイトのところどころから見える瑞牆山の雄志がご褒美か、素晴らしい形の山並みがどこからでもくっきりと見える。日中もこのキャンプ場でゆったり過ごすには、強い紫外線もカットしてくれる高性能なタープが必須かしら。ちなみにボクのタープはUVカットなんて機能は付いてませんから、いつかご一緒する方どうかお覚悟を。すごく日焼けしま~す(>_<)

そんなこんなでひとまず避暑休暇を思いっきり楽しんできました。
標高1500mあたりで過ごすのは本当に涼しかった。今回のこの山とキャンプのアクティビティは、恒例となっているお盆キャンプでも実施するつもりで下見をしてきた。往復5時間の登山が果たして何時間かかる事やらで不安要素が限りないけれど、まあどうにかなるだろう。一応皆さん楽しんでくれそうなので強行実施する!さらに~♪次回は秘密兵器のクリーミー生サーバーがある!しっかりと、ビールキャンプも楽しめそう。乞うご期待あれ。

瑞牆山歩2 at みずがき山自然公園シャシン記ログ

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO