雲取山歩

今年始めたばかりの山歩き。一番登りたかった山をとうとうこの週末歩いてきました。
雲取山。標高2017m。ホントに楽しかった。登って下ってを何回繰り返したか。
山あり谷あり。ゆっくり急がず8時に山歩をスタートし、雲取山荘幕営場に15時着。
おいおい7時間も時間かけすぎでないかい?と思われそうですが、積雪でつるっつる。
慎重に慎重に一歩一歩足取りを確かめながら歩いてきたのでした。いい汗かきました。

 

テントはおそらく12張。2番目に幕営場へ到着したので平らな高台の特等席に設営。
重たいザックをテントに放り込みビールをのどに流し込み1時間かけて山頂へアタック。

 

目の前には雲海が果てしなく広がり堂々たる姿の富士山がそびえ夕日が綺麗でした。
山頂からテントへ下山。アイスバーンにへっぴり腰の逃げ腰。軽アイゼン必須です。
テントでは、コップに持参したお酒とシャリシャリな雪を加えて早めに晩酌です。
朝方かなり冷え込んで、室内の結露水バリバリに凍ってました。簡易温度計で-3度。
冷え込みを予想しダウンの上下を持参しました。特にダウンパンツが大いに役立った。
↓朝焼けが綺麗で時間を忘れしばしうっとり。絶景ポイント、撮影待ちで大渋滞。

 

今回ボクは村営三峰山駐車場からの三峯ルートで登ってきました。。
霧藻ヶ峰、白岩山、雲取山へと登って下って同じルートで帰るコースでした。
なだらかな山道が続くかと思えば腰砕ける位の急坂や下り坂、細くて険しい道など、
いろいろレパートリーに富んだコースでホントに楽しめた。雲取、また来たいな。

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO