日光澤温泉呑み山行

今年も恒例、雪のある“日光澤温泉”へ呑み山行してきました。
メンバーは7名。毎度の“いちにち”克ちゃん雅ちゃん尻皮夫婦の他に、飯豊LOVE&雨巻山命のカッチンちいちゃん夫婦、いぶし銀フカくんの3人が初参加。+ヨメ氏とボクを含めて今年の日光澤温泉山行は7人でのにぎやか山行となりました。


〈ゴロー’S〉

北の国からの黒板五郎さんをオマージュする“五郎さんのニット帽”で登場してきた仲間の洒落っ気には脱帽。前日に「ゴローさんのニット帽かぶってきてね!」とヨメ氏に伝えた意味がやっと分かったのであった。(´∀`)


〈ある意味、一番の核心部〉

さてその山行。
“女夫渕温泉の駐車場”へ10時頃集合し10時30分には皆で歩き始めるも、のっけから雪が少なくてびっくり仰天する。気温の上昇により雪が解けてつるつるのアイスバーンとなっている箇所多数により、さらにびっくり仰天もする。もう何度も歩きに来ている過信からか、ヨメ氏ともどもアイゼンを忘れると云う大失態を犯しさらにさらにびっくり仰天する。なんとかなったから良いものの、二人して新年早々、猛省する。(´ε` )


〈中洲ができてた〉


〈渡渉〉

しかしながら今回は本当に雪が少ない。いつも歩く奥鬼怒遊歩道の冬道は、沢が露出していたり渡渉しなくてはならなかったりで、まるで初めて歩くコースにみえて何やら違和感を覚えます。


〈雪の大海原〉

トレースの付いていない雪の大海原へスノーシューで足を踏み入れるも、まるでモナカの上を歩いているようで歩きにくいことこの上ない。できれば、ぱふぱふの雪の上を歩いてみたかったのである・・・。


〈眼光鋭いつららハンター〉


〈白州の、つららオンザロック〉


〈陽だまり休憩中〉

ところで道中では、凍てついた滝からつららを少し頂戴し、ウイスキーの“つららオンザロック”を愉しんだり、陽だまりがあれば輪になってまたウイスキーを呑んだりおやつを食べたり、今回も毎年のルーティンを実行できたのはとても嬉しいことでありました。


〈チャンわらサン〉たまらん♪


〈食事風景〉


〈晩ごはん〉


〈炙りタコ刺しとサーモン〉

あとは日光澤温泉にて、3匹の柴犬チャンわらサンと戯れることと、温泉♨に三度入ることと、朝晩の美味しいごはんを味わうこと、そして克上魚類の炙り師(いちにちの克氏のこと)による炙りタコ刺しをアテに、時間のゆるす限り呑んで語るのがいつものルーティン。今年も大満足でした。



〈ノシ滝の氷瀑〉

翌朝。これまた恒例としている“ノシ滝の氷瀑”を見に朝の散歩。今年は雪が少なかったからその先の鬼怒沼湿原まで行けたかもしれない。呑みすぎたていでなければの話だけれど。(~_~;)

今年の日光澤温泉山行は、ボクらが贔屓にしている宿へ山仲間を初めて連れてゆくことができて何よりでした。いつもは四人で夜通し語り合うのだが、色々な山に明るい三人の仲間の参上で、これまた至福のひとときを愉しむことができました。話題に上がった今年のいくつもの山行計画、今からもう楽しみで仕方がありません♪

※NHK BSプレミアム“グレートトラバース3”でお馴染みの、プロアドベンチャーレーサーの“田中陽希”氏が日光澤温泉で滞在した様子が観られるようです。何やら温泉につかっている姿など映るんだとか。
2月1日の土曜日に放送されるとのことだけど、ウチ・・・、BS観られないのよねぇ~。残念賞(´ε` ) 誰か観せてちょんまげ。

 

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO