鬼怒沼湿原歩き with 日光澤温泉〈ケーコ編〉

日光澤温泉とサンボ

日光澤♨泊

日光宇都宮道路
日光宇都宮有料道路に綺麗な月
月も山も太陽も輝く

朝ゆっくり家を出て、“日光澤温泉”ピストンでも良かった。
こうなったら鬼怒沼湿原まで行こうじゃないか。
11月24日~25日の話。

女夫渕の標識
なななんと、
女夫渕駐車場は満車で、ギリギリたまたまセーフで最後の空きスペースに駐めた。
霜が降りて真っ白な車を見ると、前日に駐車した方がほとんどのようだ。
8時30分スタート

女夫渕の階段と吊り橋
吊り橋の手前の核心部(厳冬期は階段の段がなくなり、氷の滑り台になる)
チェーンスパイクは携行してるが、まだ着けなくても大丈夫。

奥鬼怒遊歩道
枯れススキと最近くたびれ気味のおじさん

鬼怒沼遊歩道
ここも台風24号の爪痕が多く残っていた。
10月19日になってようやく遊歩道が通行可能になったそう。知らなかった。

日光澤温泉とサンボ
おつとめご苦労さん!
サンボに軽く挨拶して鬼怒沼湿原へ向かう。
この時、小屋の中に居る女将さんと目が合ったらしいんだが、気付かずに無視。
そろそろ眼鏡かけるべきか。

小屋の裏をちょい登り、温泉神社にお参りし、橋を渡る。

針葉樹の森
針葉樹の森には雪がよく似合う。

岩ゴロゴロ地帯の雪
10cm~20cmの新雪は歩きやすくもあり、歩きにくくもある。
フカフカ雪の下には漬け物石のような石がゴロゴロしてて、
足の置き場によっては挫いたり滑ったりしやすいから慎重に。<自分

鬼怒沼湿原
うーーーさぶい。かおがいたい。

鬼怒沼湿原と鬼怒沼山
鬼怒沼湿原と鬼怒沼山

カレーメシ
さっさと食べて下りたいのに、なかなか湯が沸かない。
不注意でJETBOILを溶かしてしまい、現在、mont-bellで“修理中”なのである。
辛抱たまらず、半沸きで湯を注いだら、カレールウは溶けないし、米の芯は残るし。
いつもよりシャバシャバなカレーメシを一気に飲み干し、即下山。
JETBOILのありがたみを痛感する。

鬼怒沼湿原
ワーーープ

チャングとサンボ
只今、戻りました。先ず、ひとっぷろ浴びてきていいですか?

♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨

日光澤温泉の晩ごはん
山と温泉と酒、至福のひとときは美味しい御飯があるからこそのもの。

土間のサンボ
〈サンボ〉
夜中に小動物?大きかった?を追い払っていたっぽい。
クマを崖の中腹まで追いかけた武勇伝も聞いた。
こう見えて立派な番犬なのである、ワオーーーン!

日光澤温泉の朝ごはん
理想の朝御飯

納豆のせごはん
あなたは納豆派?

温泉卵かけごはん
それとも温泉卵派?

小田切ゆき氏のイラスト
売店に見覚えのある“イラスト”が!
「八丁の湯」に泊まった時のイラストを「日光澤温泉」に送る神経が好き(笑

チャンわらサン
鐘の音と共に吠え立てるわらびに釣られて、チャング、そしてサンボにも吠えられながら(涙)
日光澤温泉を後にする。

瀬戸合峡の舞茸天ざる
舞茸天ざる・瀬戸合峡にて
 

-山歩きと山登り
-

© 2022 bebeDECO