有次のぐい呑み

有次のぐい吞み

毎度毎度会う度に「“それ”でお気に入りの日本酒でも呑んだらきっと最高だろうな~♪」てオーラがボクから発せられていたのでしょうか、欲しかった“有次のぐい吞み”が手に入った。京都は錦小路の刃物屋さんのぐい吞みです。でもこれはまったく予期せぬ頂き物だったので、素直に嬉しくて秀樹感激してしまった。
器は、大きさ、質感、ともに文句なしのクオリティ。特に一番惹かれたのはこのぐい吞みの重量でした。銅製なので絶妙な塩梅。手に取るとその存在を感じることができる優れもの。なんと名前も入っている。ヨメさんの分も含めて、この先たくさん使いこんでゆきたいと思っている。贈り主と早くこの“有次(アリツグ)”で酌み交わしたいものだ。
それにしてもボクら夫婦はまるで“器の運”を持っているのか、知らぬ間に素晴らしい器ばかりが手に入る。どれもこれも使いこんでいるので、毎日晩酌が忙しい。~_~;

因みにブルーで綺麗なボトルの後ろの日本酒は、最近のお気に入り“越乃寒梅 灑”。麗しにさんずいで“さい”と読む。

-頂き物など

© 2021 bebeDECO