ショボメシ食堂

ショボメシ食堂 白岡店
『良く言えばタニタ社員食堂ふう』

こんにちは、ケーコです。
ショボメシ食堂へは4月3日~15日まで2週間弱通いました。
営業時間は朝8時~、昼12時~、夜6時~、店内はベッド席が4席の完全予約制です。
日替わり定食は基本お任せですが、牛乳でお腹がユルくなってしまう場合はヨーグルトに換えてくれます。

ちょいショボメシ食堂
『思わず声を上げてしまったメニュー』

「わぁ!パンだ!」(シチューの肉は魚肉ソーセージです)
「うどん~」(豆乳タレに付ける)
「えーーー海老フライ!!!」(揚げ物は確かこれ1回きり)
で、シーフードカレーが出たときは嬉しすぎてもう・・・心にしみました。

ショボメシ食堂 白岡店
『ショボメシの極み』

そんなこんなで左膝の手術を終え、退院しました。
整形外科の入院中は気楽なもんです。夜10時に寝て朝4時には目が覚めてしまいます。
手術の翌日から毎日1~2時間リハビリをしますが、まだたいして動かせませんし、膝の可動域が狭いため歩行も松葉杖をついてヨタヨタですから、食事の量もこんなもんで充分なのでしょう。

ちょいショボメシ食堂
味の薄さはさほど気にならず。出汁を濃いめにしたり、酢、ポン酢、ケチャップ、マヨネーズ、ソースなど、塩や醤油以外でしっかり味付けされていました。

唯一、厄介だなと思ったのは膝の裏から取った長いハムストリングを折り畳んで太くし、それを新たな膝前十字靱帯として移植してめでたくお終いではなく、これから2ヶ月間位は最弱の状態が続くことです。
ここで再断裂をしてしまう人も居るようなので、こんな自分で大丈夫か?と少々不安なのです。3ヶ月でやっと手術時と同じ状態(靱帯断裂時)に戻り、軽いジョギングが出来るそうです。
強度が増すまで8ヶ月間、長いといえば長いが、取られて死んだはずのハムストリングが移植され生きかえることにびっくりしました。すごいよな~

ショボメシ食堂 白岡店

華やかで自慢の桜定食(魚は鰆)でしたが、
「色に誤魔化されてるだけやん、よぅく見てみぃ」とご指摘があったようです。バレたか。

励ましのお言葉、ありがとうございました。

-食べ物など

© 2021 bebeDECO