廻り目平キャンプ場3 金峰山歩3編

廻り目平キャンプ場・金峰山

先日遊んできた夏休みの恒例のキャンプ。今年は廻り目平キャンプ場で過ごしました。そこを選んだ理由は、名峰・金峰山を仲間と一緒に歩けるから!廻り目平キャンプ場からの西股沢コースは難しいところがほとんど無く、小学生がパーティーにいても時間はかかるが問題無く歩けると判断したためでした。でもー、

小学生、ヘタレちゃった。ちょっときつかったか、金峰山。単純標高差で1000m。標高2595mを登りきったものの、その後の下山どきの景色を楽しむ余裕とか、キノコや昆虫を楽しむ余裕すらなかったようです。キャンプ場に戻ってからのせっかくの有意義な時間を台無しにしてしまったようだ。よほど疲れていたのかいつもよりかなり早い時間の就寝だったようです。ごめんよー!おじさん今度はもう少し楽ちんな山を考えるからさ、また山歩きに付き合って欲しい。
今回のボクらのコースタイム、なななんと11時間!!怒涛のロングタイム!!そりゃあ疲れたって怒るわな(汗)。ボクも実は11時間だなんて初めて歩いたもの。あはは、めんご。でもさ、「帰ったら超超超美味しいモツ鍋があるからもう少しだけ頑張りな!」の言葉ではっぱかけた責任はボクにはありません(しつこい!)。

金峰山の山頂、そして五丈岩。珍しいことにボクらの他には誰もいなかった。こんなことあるんだとビックリしたものです。帰りがけにほんの数人に会っただけ。空いていて山頂一人占め(8人でのパーティーですが)な気分が味わえました。格別に気持ちが良かった。
で、せっかくなのでと、誰も見ていない隙に五丈岩にチャレンジしてみました~! がしかし、途中で断念。いやいやけっこうアレ怖いですよ。みんなよくあんなすごい岩をスイスイ上まで登ってゆくものです。
山頂はしばらくの間、ガスが引いてくれて青空が顔を出してくれました。山頂からみえる富士山が拝めなくてもこれでラッキーと思わないといけません。山頂で受信したみんなのつぶやきメールを読むと、暑いだの、茹だるだの、めまいするだのとカラダの不調を訴えるものばかり。関東では毎日軒並み35度を超える日々だったとか。山頂、涼しくて冷え冷えで気温13度しかありませんでした。ちょっとくらい視界が開けていなくったって。気持ちいいのなんの!!たまらない!

金峰山歩3シャシン記ログ

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO