軽いって、自由。

アルトラ“テインプ・トレイル-M”

先日、アルトラのトレランシューズを買いました。
ゴアテックスで防水のイノヴェイト(inov-8)。厚底で信じられないほどに軽いホカ オネオネ。足が軽くなる登山靴が欲しくて吟味していたときに出くわした逸材たち。
特にホカ オネオネの、足を入れたときの軽さと履きやすさは衝撃的でした。カラダを前へ体重移動すると勝手に進んで行ってくれる感覚も実に感動的でした。では何故ホカ オネオネにしなかったのかと云うと、耐久性とカラーリングの面から見送ったのです。
履きやすさと使用用途と機能面ではホカオネオネの“スティンソンATR4”に全く問題は無かったのに、色合いが好みではなかったので見送りに。黒くてシックな“クリフトン4”は軽さを求めるあまり耐久性が無いので、靴底が摩耗するスピードが速く、靴底に取り付いてる溝も接着のために剥がれやすいという事を聞くと、毎週末に山歩きしにゆくボクの場合は、何やら二年も持たないんだとか・・・(´д`)
で見送りに。黒くて軽くて格好いいクリフトン4は特に好みで“もうこれにする!”と決めていたので、お店で色々とレクチャーされると残念で仕方がなかった。
そんなとき、違うアウトドアショップでこの アルトラ“テインプ・トレイル-M”を見つけて一目惚れ。靴の軽さも緑系のカラーリングも申し分なかった。さらに履いてみるとビルケンシュトックを履いているかのような楽ちんフィット。ボクの場合はトレイルランニングをする訳ではなく、あくまでも山歩き用にグリップ力が高くて軽い靴が欲しかったので、これを見つけたときはもう即決でした♪(°∀°)

ということで、“軽いって、自由。”

急登急坂の多い奥武蔵の“ウノタワ”で試歩してきましたが、足が軽くてとても理想的な履き心地でした。次の山歩きもこれで決まりです。

アルトラ“テインプ・トレイル-M”
サイズ:26.5cm(US8.5)
 

-山道具と山話

© 2021 bebeDECO