高峰温泉

高峰温泉 露天風呂

とうとう待望の温泉宿♨、高峰温泉へ行ってくることができました!

山仲間らがブログであまりにも いい いい 云うものだから、とにかく以前からずぅーーーと気になっていてしょうがなかった温泉宿でした。
そして兎にも角にも人気の温泉宿なので、予約がなかなか取れません。しかもネットで予約状況をチェックして空室なのを確かめていても、いざ電話してみるとすでに満室になっていたりするものだから、いつしかボクらの中では高峰温泉とは相性が悪いようだからと訪問をあきらめていました。
そんな温泉宿へ、この週末、とうとう行ってくることができました。少し早いんだけれども、ヨメさんの誕生日のお祝いのつもりで行ってきた12/3~12/4のこと。温泉、噂の通りに気持ちんよかでした。(・∀・)

高峰温泉

この週末、どうしても何処かの温泉宿♨へ行きたくなり、ボクの頭の中には行きたい候補が3つほど浮かび上がります。木曜日、先ずはダメもとで一番候補から電話を入れてみたところ、ラッキーなことに一部屋ならどうにかなると云う。
何度も電話していつも満室ですと断られていたので、胸の高鳴りをおさえながら予約の手続きをお願いして、楽しみに待っていた快晴の土曜日の13時に高峰温泉へ入宿する。車はアサマ2000スキー場に駐車して、宿の専用車で送迎してもらいます。

宿帳に記入し終わったあと、女将さんから宿の説明を聞き部屋に招き入れてもらいます。ボクらの部屋は2階南側の「烏帽子」と云う渓谷側の見晴らしのとても良い部屋でした。
部屋ではゆっくりする間もなく浴衣に着替え、そして女将さんからのアドバイスに従いすぐさま露天風呂へ入浴しに行きました。今ならまだ空いているので露天風呂を独り占めできますよ♪と云うのだ。
このナイス助言のおかげで青空の下、ゆっくりと雲上の湯を楽しむことができました。目の前に広がる景色とお湯があまりにも良すぎてなかなか出られず困ったもの。~_~;
そしたら今度はそのまま1階の内湯に移動して、これまたひとりでじっくりとお湯を楽しんだ。熱くもなく微温くもなく絶妙な湯温がとても気持ちいい。湯上がりに呑んだビールが最高に美味しかったっけ。

高峰温泉 晩ごはん

さて晩ごはんの18時までは、沈む夕陽を見ながら部屋呑みして待ちに待ち、空きっ腹を満たすべく美味しいごはんを怒涛の勢いで食べた。とても品良くて丁寧につくられたごはんは、どれも文句の付け所が無い。ボクらもそうだったけれど、周りの人たちからも うん うん と頷きながら食べる美味しいサインがそこらじゅうから発令されていた。

高峰温泉 晩ごはん

そんな美味しいものにありついている客席のすべてに目を光らせたスタッフの応対も素晴らしく、大勢いる客の食べるスピードを個々に把握しているかのように、実にテンポよく食事を提供してくれるのです。なるほどと納得。人気なのはこう云ったところにもあるのだなと感じながら、高峰温泉でのごはんをじっくりと味わった。

高峰温泉 内湯

結局ボクは4回お湯を楽しみ、ヨメさんは6回もお湯を愉しんだ。ヨメさんが云うには、2階の大きな浴場よりも、1階の小ぢんまりした浴場の方が落ち着けて長湯ができてとても気持ちが良かったんだそうだ。熱い湯船とぬるい湯船の二種類が隣り合っているのもお気に入りなんだそうだ。
確かにここの温泉の湯は落ち着けた。またゆっくりと浸かりにきたくなりますものね。今度は雪上車に乗って、雪のある時期に来てみたい。狙いは雲上の湯の雪見風呂♪ああ、楽しみだ。

高峰温泉 露天風呂

-旅宿

© 2022 bebeDECO