両神山八丁峠山歩

両神山 八丁尾根

ゴールデンウイークの後半、5/7(土曜)の話。

今年のGWは天候不順でなかなか思うように山行計画が立てられなかった。そんなこともあって、ボクのお休みはキャンプを主体とするアウトドアに変えて、その合間やついでにお天気だったら山歩きをしようと云うスタンスで臨んでいました。
でも、ゴールデンウィークの最後の〆にはやっぱりどうにもがっつりとした山歩きがしたくなり、お天気が約束されていたこの週末、ギザギザのお山で有名な埼玉の『両神山』を登ってきたのでした。コースは岩々な八丁峠のアスレチックなコースで。
このコース、以前秋口に一度登ったことがありまして、とても楽しかったことを今でも良く覚えています。

両神山 八丁峠コース登山口

さて両神山の八丁峠コースを登るには、ボクらが想定していたコースでは八丁トンネルをくぐって「上落合橋の駐車場」まで行かなければなりません。
埼玉に住まうボクのところからでもそこまではうねうねとした細い峠道を走りますから、目的地までの道のりは結構な時間がかかります。
この日の山行はどうにか9時半にはスタート。けれどいきなりの急登に息が上がります。額からは拭っても拭っても絶え間なく汗も吹き出てくる。
それもそのはず、朝のこの時間で気温20度オーバー。もう少し涼しく早い時間帯から歩き 始めるべきでした。

両神山 東岳

八丁峠までの50分の急登に耐えたら、ぼちぼち険しい岩場がいくつも出てくるので腕まくり(半袖だけど)してそれに備えます。
あまり設置されている鎖に頼らないように登ってゆきますが、どうにもこうにも険しい。そしてスリリング。頼らないだなんてやっぱり無理なので、難所や核心部ではもうこれでもかって云うぐらいに必死に鎖にしがみついて登ります。
でピークに立つと、最高の景色が目に飛び込んで来るのです。終盤のアカヤシオがとにかく綺麗でした。そんな登って下りて景色に見とれてを行蔵峠、西岳、東岳と繰り返すと、やっとこさ両神山の山頂に辿り着くのでした。ギザギザした稜線上を歩く八丁峠のこのコース。やっぱり両神山は楽しかった。(°∀°)

両神山 八丁尾根

両神山の狭い山頂。案の定登山者たちでごった返していました。
写真を撮る余裕も無いほどに混雑していたのでさっとスルーして踵を返しましたが、山頂ではたくさんの団体さんを見かけました。それをパスするのも一苦労。やはり山歩きは空いている時間に早立ちするのに限ります。
さて、今回の山行。色々と考えさせられた山行でした。
ボクらの山歩きは今年7年目を迎えていますが、いままさにいけない慣れ、そして危ない慣れに遭遇しているようです。ちょっと前までの慎重な用意や調査がまるでおざなりになってしまっている。
ここで一度仕切り直しするのには丁度良いタイミングの山行だったのかも知れません。今後も引き続き安全な山歩きができるように、ちょいと気を引き締めないといけません。今回はそんな山行でした。

両神山 アカヤシオ

■山域:北秩父 両神山 2016年05月07日(土曜日)
■目的:八丁峠ルートのがっつり登山
■山行:上落合橋の無料駐車場〈 09:30 〉⇒八丁峠〈 10:20 〉⇒行蔵峠〈 11:10 〉⇒西岳〈 11:20 〉⇒東岳〈 12:35 〉⇒両神山〈 13:30 〉⇒上落合橋P〈 15:40 〉

両神山
両神山八丁峠山歩シャシン記ログ

補足:実は今回の山行、ザックの中にはツェルトや非常食こそ入れてはいるものの、スタートからゴールするまで登山道の詳細な下調べの怠りや山歩きする時間帯の遅れ、それに命の水の予備携帯不足などから、この山行ではほんの少し危ない事態に陥っていました。

気温上昇による水分不足によってヨメさんが珍しく初っぱなからバテ始め、ふくらはぎと太ももがつり気味だったのです。これは水分不足と塩分不足から来るものだと分かりますが、この暑かった山行、二人で水分は500mlのペットボトルを二つと予備の300mlのペットボトルが一つだけでした。
からっと陽気に晴れたお天気でしたから、そんなもんではあっという間に無くなります。思いっきり飲みたい水を我慢して、バテて足の不安を抱えながら危険なコースを歩いてしまうのは、矢張り山慣れしてきたおごりから来るものだと云うことも分かります。そんなときは途中で引き返すとか、今後はもう少し慎重に山歩きをしないといけませんね。
さらに最近導入したGPSガーミンやスマホに頼りきって、完全なコースの下調べを怠っていたことも反省すべき点。前にあったはずの看板や道標をあてにしても、3年も経過していたら今はどうなっているかも分かりません。これも注意すべき点。最近は初心を忘れていた山行ばかりだったので、とても勉強になった山歩きでした。大事に至る前に気が付けて何よりだった。(・∀・)

-山歩きと山登り

© 2022 bebeDECO