bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
アルミ鍋
DUG 焚火缶M/Lセット(DG-0102)
なかなかグ〜の、山向きのアルミ鍋(DUG 焚火缶M/Lセット)をみつけたよ。
山で使う鍋と云えば、ボクは丸川荘で売っている丸鍋をとても愛用していますが、
多機能で丈夫なその堅牢な作りからか、やや重たくかんじるときがあります。
そうなるとこのアルミの鍋は、その丸鍋とは対極に位置します。軽くてちゃち。笑
でもその軽さが非常に魅力的で、テフロンも何も付いて無くて多少もろい作りだけれども、
ものすっごく武器になる。すでにぶつけて凹んだりしているけれど、兎に角、軽〜い。
しかも鍋だもの。大きい! 容量的にも十二分で、鍋物をするにも120%満足。
蓋はフライパン代わりにもなるし、少し背の高いアルミの平皿の代わりにもなってくれる。
鍋の中には入れ籠にできる小さめのもう一つの鍋も入っていて、利便性にも優れる。
本来の使い方としてはこの鍋の名前の通り、焚き火の共としてハードに使うようですが、
山でもキャンプでも普通にガスバーナーで使ったってまったくおかしくは無いと思う。
値段も経済的で、この鍋セットで3100円ととても安い。ちゃちなんて気になんない。
しばらく鍋は二刀流で使い込んでいって、適材適所で使い分けるのが得策かしら。
| 山道具と山話 | 14:01 | comments(0) | -
ビームスのタッパーウェア
Tupperware×bpr BEAMS / POPPY

いつも思っていたことがありまして、味気のない普通の透明タッパーが嫌でした。
とは云っても時にはそんな透明なタッパーが大役立ちするときもあるので、
いつもこうでありたいと云う事ではないんですが、視覚的にこんなモノが欲しかっただけ。
山やキャンプでの山めしや宴は、こんなポップでアンティークなタッパーがよく似合う。
これは云わずと知れたタッパーウェアのポピーと云うタイプで、ビームスとのコラボ商品。
色が、特注なんです。茶色とオレンジ。なかなか落ち着いて味わい深くて良い色です。
これからの季節、鍋物などを山の上でやるときに食材をこれに入れて持ち上げるだけで、
気分的に上々になりそうだもの。ボクはなんせ単純だもの。~_~;

| 山道具と山話 | 11:35 | comments(2) | -
ガス缶詰め替え器具
G-WORKS GAS SAVER & KOVEA Adapter

何とも便利で楽しいアイテムを手に入れてしまった。ガス缶の詰め替え器具である。
先日のキャンプではアウトドアにいることを良いことに、んも〜こればっかやってた。
OD缶(アウトドア缶)⇒OD缶へ詰め替え。左の器具だけを使用。
または両方の器具使って、CB缶(カセットボンベ缶)⇒OD缶へ詰め替え。楽しい〜♪
でもやっぱりこの手のものは取り扱いに注意が必要。慎重にやった方がよろしい。
| 山道具と山話 | 21:49 | comments(8) | -
わたしのたわし
亀の子束子1号と亀の子束子3号

亀の子束子1号(左)と、亀の子束子3号(右)。
たわしはやっぱりこれじゃないと、毛が抜けたりでなかなか使い勝手が良くない。
登山靴を洗うときはこれに柄の付いているたわしが便利だけれども、
表裏が決まり位置づけされてしまうので、やっぱりこのオーソドックスな形が一番。
山で汚してきた登山靴やキャンプ道具を洗う時にもタワシは重宝するので、
車の中に一つ置いてあるととても便利に使えます。理想はこの亀の子たわし。

そうそう、今週末は予定していたキャンプ地を変更して、
少しでも台風の影響を受けないよう、も少し北上してキャンプをしてくる予定だ。
でもこれで遠方からはるばる来てくれる予定でいた友人とのキャンプは中止に。
2週続けての台風の影響で全く持ってレジャーの狙いが定まらない。マイッチング。
で記事のたわし。いったい何が云いたいのかというと、
先日TVで観ていた体操男子選手の内村くんから連想しての事。ボーボーで驚き!笑
| 山道具と山話 | 17:21 | comments(2) | -
槍ヶ岳縦走山歩〈番外編〉
梓川にて冷却中
『梓川の上流に頭ごとドボンして瞬間冷却中〜♪気持ちいい〜♪』

先日の山行で大変にお世話になったアイテムたち。自分memoを兼ねて記録する。
上の画像のこれらがもし無かったらと思うとぞっとする。それほどに大助かり。
特に左の3つのウエットシート系は、ボクにはもう無くてはならないものとなった。
一番左から順に、お尻、歯、カラダと顔、のシート。これが今のところの最強組。
◎お尻の状態がみるみる生き返る(笑)ウエットシート「おしりセレブ おでかけ用
◎歯磨き粉が使えないときに超便利の歯磨きシート「なた豆すっきり歯磨きシート
◎カラダと顔用の超クールなウエットシートの「AG+ メンズボディーシート
おしりセレブはもちろん最後の仕上げ用で、スッキリするし、その後の塩梅もよし。
歯磨きシートは歯ブラシで磨けないとき用で、時間が無いときにとても重宝した。
ボディーシートは色々使った結果これに落ち着いた。スッキリ感と爽快感がグ〜。

それで右の2つのアイテムはこれまたビックリするほどに大いに良かったもの。
◎ファイントラックのすけすけTシャツの「フラッドラッシュパワーメッシュ
◎質素な食事があっという間にパワーアップした「まるっきり お肉
すけすけTシャツは汗をすぐに肌から放出してくれるので体がべたべたしない。
縦走中は常にずっと着続けていたので、この上に着るTシャツは1枚で事足りた。
まるっきりお肉はこれが意外とすげぇ〜の(ʘдʘ)。
ラーメンに入れたらほとんどひき肉にしか見えないし、食感も全くひき肉の其れ。
即席みそ汁にも入れて嵩上げしたし、袋メシにも入れて嵩上げして盛り盛りに。
特にラーメンを茹でているときに一緒に茹でると、楽ちんで旨いし腹もふくれる。
| 山道具と山話 | 12:01 | comments(4) | -
着せかえCB缶
着せかえCB缶

明日からの三連休は遊びにゆくため、テーブルの上がひっちゃかめっちゃかだ。
一日目はのんびりとゆっくりキャンプをする。とにかく骨休めしたい。
三岳のお湯割りグラスも有楽町のかごしま遊楽館で手に入れられたので、
標高の高いキャンプ場では三岳のお湯割りでガンガン酔っぱらうつもりだ。
そして二日目は二ヶ月ぶりのうふふの山歩き。
渋くてとても魅力的なコースを歩く予定なので、今からもう楽しみで仕方がない。
であるが、重い荷物を担いで難無く無事に歩き通せるかが、問題だわさ。~_~;
今回は山の仲間の山行プランに同行させてもらうかたちなので、
せめて足を引っ張らない山行としたいのだ。

さて、テーブルの上に乗っているガスボンベ缶またはカセットガス缶。
いわゆるCB缶が、いつもにも増して素敵な装いとなっている。
コレは先日のキャンプで知り合えた方からデザインデータをもらって印刷したのを、
お世辞にも格好良いとは云えないCB缶に貼って取り付けたもの。一新する!
オールドキャンプスタイルを好むその達人は、こうした物にかけては神に近い。
クーラーボックスに革を張ってみたりと、とにかくこだわり方が半端ではない。
マグネットシート(ぴたえもん強力(A4)T0.3mm)への印刷も上手くいきました。
大変ありがとう〜、大感謝です。緑も赤も、良い塩梅ですよ。
| 山道具と山話 | 11:36 | comments(0) | -
伸び伸びシュラフ2
モンベル ダウンハガー800 #3

モンベルの店頭で買ったヨメさんの新しい寝袋(ダウンハガー800 #3)に遅れて翌々日、
やっとボクの手元にも新しくて色違いの同じタイプ(赤)のシュラフが届いた。
この寝袋は、ファスナーがそれぞれに右と左に付いている場合に限り、
くっつけて1つにして使えると云う特徴が生まれるのだけれど、
ボクはこうした機能性を謳う商品には実は滅法弱い。すぐにやられます(-_-;
もともと伸び伸〜びタイプの寝袋だからして、
2つくっつけると果たしてどんだけ伸びるのか実は今でも興味があるが、
お前の寝袋とくっつけて1つの寝袋にして寝るのなんてまっぴらごめんだ!
と、ヨメさんから頑なに拒否されてんのに、くっつけるも何もないのである。苦笑
ってことでボクのシュラフも、右側ジッパーのものを買ったのである。
それでよくよくモンベルの店員さんに聞いてみれば、
シュラフカバーのファスナーは右側のタイプしかないと云う。
汎用性の高い#3は寒い時にはシュラフカバーと併用して使うことが皆多いみたいだから、
これには危なかった。右側開いて左側開いて潜り込むだなんて面倒くさくてたまらない。
さて、今週末からいよいよこいつのデビューです。山の上で楽しい夢、みられるかな♪
続きを読む >>
| 山道具と山話 | 11:33 | comments(2) | -
伸び伸びシュラフ
モンベル ダウンハガー 800 #3

モンベルの寝袋を買ふ。ダウンハガー800 #3。右側ジッパー。これはヨメさん用。
店頭には無かったので、ボクの赤いシュラフは、後日自宅に送られてくる。
さてさて、いったいボクのシュラフはどちら側にジッパーが付いているのやらだ。

ジッパーが左右別に付いていると、二つを連結して使えると云う特典が付いてくる。
のだが、もしかして、万が一、90%は無いと思うけれど、
二つの寝袋を一つにして暖を取ることがあるのじゃ無いかと云うボクの考えに対して、
もしかしても万が一も万が二も99.999・・・%そんなことあり得ないと云うヨメさんと、
モンベルのシュラフコーナーで悩むこと小一時間。
最終的には心ここにあらずのヨメさんにほっとかれて自分でどっちか決めたんだけど、
いや〜も〜こんなんシュラフ選びで疲れに疲れてしまった。
までも帰ってきてこれで寝てみたら、伸び伸びスパイラルがものすごく良かった!
| 山道具と山話 | 01:07 | comments(2) | -
山用の真っ黒い腕時計
カシオ プロトレック PRW30001AJF

支払っている生命保険の還付金が入金されたことをばれてしまったり、
この暑い中ボクが忘れた財布を駅まで届けてもらったりとまぁ理由は色々。
去年の誕生日と去年のXmasと今年の結婚記念日のお祝いにしてもらった。
ヨメさんの初めての山用の腕時計。買ふ。(>_<)
Casio PROTREK トリプルセンサーVer.3の「PRW30001AJF」と云うもの。
電波時計でソーラー時計だとさ。やや小ぶりなサイズだからまさに女性向き。
真っ黒なので、着ている洋服にも左右されなさそうで良い塩梅だとか。
電池切れが無くて時刻を合わせなくても良いってのが楽ちんでいいなと思う。
その他の機能とか、ボクのじゃないから割愛。けどプロトレック、格好いい!
| 山道具と山話 | 13:25 | comments(2) | -
ガルモント ピナクルGTX
GARMONT PINNACLE GTX
GARMONT PINNACLE GTX。UK8 USA8.5 EUR42

愛用中のAKUヴァーディゴGTXの靴底の減りがかなり激しいことから、
このタイミングだと思い心機一転一大決心して新しい登山靴を履いてみることにした。
かなり大袈裟な物言いですが、アクの靴があまりにも足にフィットし過ぎて、
デザイン的な個人的不満部分さえ目をつぶっておけば、、
あとはまったく問題無しのまさにボクにとっては最強の登山靴だったものですから。
爪も足も痛くなったことが一度も無く、よっぽどボクの足に合っていたと云えます。
ただ・・・多少目の肥えた今となっては、デザインだけがやや不満でした。
そこで今回は、お店での一目惚れ的感覚を優先して登山靴を選んでみました。
メーカーは実はどこでもよくって、ただ黒っぽいのが欲しかったんです。

さて、雨で山歩きに行けないこの間の日曜日。
新宿の好日山荘とお向かいのICI石井スポーツ山専を行ったり来たりを4回ほどし、
双方で履いた登山靴の数およそ12足。いやもう履きに履きまくった。真剣です。
で選んだ真っ黒い登山靴は、ガルモントのピナクルGTXの石井のオリジナルでした。
早くこれを履いて足慣らしに行きたいが、梅雨だもの、こればかりはお天気次第だな。
| 山道具と山話 | 00:37 | comments(2) | -
日焼け止めスティック
OUTDOOR UV

本体の小さなサイズと手が汚れないスティックタイプに惹かれて衝動買い。
これ、完璧に山向きな模様。虫除け効果もあるらしく、至れり尽くせりだ。
山の頂を踏んでいるイラストのしろくまがザックを背負ってます。
ちょっとした工夫でもって戦略的売り方にやられた感が強いが、なかなかいいべ!
腕時計との大きさの比較で、OUTDOOR UVのコンパクトさが分かるかな。
アウトドアUV日焼け止めスティック。SPF50+で効果もバッチリ!?(うけうり)
| 山道具と山話 | 12:23 | comments(2) | -
Patagonia Surf Brim
パタゴニアのサーフブリム

最近お気に入りの帽子は、パタゴニアのサーフブリムって云うハット型。
速乾性があってとても軽くって、
ぐるり廻っているつばには薄いクッション材が入っているので型くずれがしないんです。
バケツハットのようにくしゃくしゃっと畳んでポケッタブルにはならないけれども、
このサーフブリムにはまた違った魅力がある。とにかく二つの機能がいいんです。
一つ目。ネオプレーンのアゴヒモがあるため、強風どきでも何のその。全く飛ばされない。
使わないときはそれを帽子の中に入れ込んで仕舞える仕組みに。
さらにそれが頭を若干浮かせるのでベンチレーターの役目にもなってくれる。
二つ目。帽子の後側にはナイロンテープでサイズ調節可能になっているので、
大げさにアゴヒモを付けたくない場合とか、ちょっとした風ならそのテープで十分。
色の展開は、黒とベージュでシンプル。すごく好み。最近、山でも普段もこればっかり。
ベージュはありがたいことに友人からの頂き物。この夏、すごく重宝しそうです。
| 山道具と山話 | 23:13 | comments(0) | -
C3fit Focusロングタイツ
C3fit Focusロングタイツ

2年半ほど愛用しているサポートタイツのCW-Xとの違いを比較したくって、
C3fitのFocus(フォーカス)ロングタイツを履いてみることにした。
オマケに付いていた専用のスタッフサックがポイント高い。CW-Xには無い。
ところで、現在はほぼ良くなっているのだが、左膝を悪くしてからと云うもの、
サポートタイツと膝の局部サポーターのコンビがなかなか手放せない。
とは言え、険しい山以外ではがっちりサポート体制では無くリラックスして歩きたいので、
膝のサポートに特化したと云うこのフォーカスタイツを試してみた訳です。
先日の富士風穴でのハイキングではバッチリな効果。とても良い塩梅でした。グ〜!
| 山道具と山話 | 08:26 | comments(0) | -
ショックコードとコードストッパー
ショックコードとコードストッパー

伸び縮みするゴムひも(ショックコード)と、
その紐を通して適当なサイズに調整してくれるコードロック(コードストッパー)。
実はウチ、二人してコレが大好きでして、
ザックのいたるところにこのゴムの輪っかが付いています。
とくにボクが頻繁に使っているザックには無数のループが付いていますので、
そこにゴムひもとストッパーで作った輪っかを沢山付けているのです。
これは、ザックの外側にポケットなどの便利機能が無いための苦肉の策。
ストックやピッケル、ワカンに手袋などなど、とにかく輪っかで取り付ける。
利便性が高くて、意外と塩梅がいいんですよ、コレ。
ショックコードは赤、黒、ドット模様の3種類。OD BOXで買っています。
| 山道具と山話 | 11:55 | comments(0) | -
ゴーグル
adidasゴーグルah80 51 6050ブラックマット

こんな時期に、やっと山用のゴーグルを買った。ボクの弱点の50%OFFだった。

ゴーグルを買うときは、とにかく装着して鼻との隙間とかの具合を確かめること!
との知人からのアドバイスに従い、もう片っ端らから順次着けて外すを繰りかえした。
そんなちっちゃいの無理だろ的な女性もののゴーグルまで手を出していたので、
お隣にいたレディたちに嫌〜な顔されてたっけな・・・。(-_-;
その中で、一番ビビビときて装着した塩梅も良かったのがこのゴーグルでした。
adidasのah80 51 6050 ブラックマット。トレフォイルロゴがお気に入り。
| 山道具と山話 | 02:14 | comments(0) | -
日やけ止めスプレー
KOSE日やけ止め透明スプレー

若い頃に、こんがり日焼けするサンオイルなるものを塗ったことはあるのだが、
いまのいままで日焼け止めと云うものを塗ったことはありません。
ところがしかし、先週末に歩いてきた谷川岳での顔と首の日焼けがひどかった。
なんだか赤黒くて錆びた感じです。非常にみっともない。(*_*;
それで一大決心してやっぱり日焼け止めを塗ることにした。痛いのもう嫌です。
とは言え、液体のものを塗ったあとの手のあのべたべた感がもっと嫌なので、
画期的なモノを探してみたら、スプレー式ってのがありました。即買いです。
ただ、注意書きを良く読むと、顔に使用する場合は一度手のひらに出してから、
とありました。まだらになっちゃうのかしら。ま、モノは試しだ。使ってみる!
| 山道具と山話 | 12:23 | comments(0) | -
ゴールド
モンベル・ゴールドカード

念願のゴールドメダリストになれるかしら。
ツイッターに飛び交っている今日のタイムテーブルによると、浅田真央ちゃん、
4:20分頃の登場らしい。う〜む〜(>_<)朝4時過ぎは、ちょっと無理だな。

それで、ボクのモンベルの会員カードがゴールドカードになりました。
5年以上の継続か累積購入額が50万円以上の者が対象とのこと。
てことはボクの山歩きが5年目になっていると云うことです。あっという間。
お腹周りがシュッと引き締まるようなダイエットにはほど遠い効果であるけれど、
毎週のように山歩きしていると、風邪など引かずに健康にはなってくる。
仕事で現地調査に行っても足取りは限りなく軽く、以前のようには疲れない。
| 山道具と山話 | 14:26 | comments(0) | -
Patagonia Nano Puff Hoody
Patagonia Nano Puff Hoody

セールのタイミングを狙って、パタゴニアのナノ・パフ・フーディ、買ってみました。
いいこれすごくいい。軽くて暖かくてポケッタブル。何より薄くて嵩が無いのが特にいい。
混雑する東京都内での電車内。このぐらい薄くて暖かいのが本当に理想的で良い塩梅。
ま保温力に関しては、ダウンセーターが10とするとナノパフは9ってところでしょうか。
感じる個人差が違うと思うけれども、ボクが思うにそれほど大差なし。
こんなぺらっぺらの薄いジャケットが、ダウンに匹敵するほどの防寒着とは驚いた!
普段着としても着られるようにパーカのフーディを選んだ。利用頻度、高くなりそうです。
| 山道具と山話 | 23:59 | comments(0) | -
ヒップソリ
TSL スライディー 1415

週末は、コレの出番でした。TSL スライディー 1415と云うヒップソリ。
ソリの大きさは大と小があり、これは大きいタイプで大きいお尻もOK・・・牧場。
なんでも小さいタイプのものはお尻がすぐに落ちて扱いづらいとか。
でも、ザックへくくりつけるときの一体的なバランスを考えると、小の方が良い。
機動性か携帯性か、どちらを重視するか、大いに悩みました。

それにしても、オーバーハングした斜面を滑ったときの楽しい事と云ったらもう〜!
| 山道具と山話 | 23:50 | comments(2) | -
ターボライター
SOTO ターボ式ガストーチ ST-480

タバコを吸わなくなってもうすぐ4年。
これはもう禁煙に成功したと云っても大丈夫だろうか。いやまだ安心するのは早いかな。
まそれで、煙草と身近じゃ無くなってから困ったことが一つだけ、ある。
ライターである。さらに困ったことに、禁煙するときにライターのほとんどを処分した。

やっぱりライターは生活必需品なので、やっぱりライターは手元に無いと不便。
しかも強風時でも着火してくれるターボなライターが望ましいと云うことで、
今ボクの手元にあるのがこのSOTOの、ターボ式ガストーチ ST-480と云うライター。
いやライターではない、正確にはトーチです。
炎がメラメラ揺らぐライターじゃなくって、青白い火が勢いよく噴き出すトーチな分類。
山の上では電子着火に不安があるものの、この辺の平地では強風でもビクともしない。
安全ロック付きで、ガス容量が小窓で確認できて、火口がスライド式で長く伸び小型!
そして一番の利点は、ガスが注入式でCB缶から直接充填できるところ。素晴らしい。
焚き火への着火はもちろんのこと、豆炭や線香への着火も一発です。コレかなり便利♪
| 山道具と山話 | 10:28 | comments(4) | -
スノーバスケット
ローカス・ギアのトレッキングポール CP2 FL
ローカス・ギアのトレッキングポール CP2 FL

に、雪山歩きどきに効果を発揮するスノーバスケットなるものを付けたかったが、
LOCUS GEARのオンラインショップではすでに売り切れで純正が手に入らない。
さて困った。どうしよう。
そんな時ヨメさんのLEKIトレッキングポールに付いているバスケットが目に留まり、
ボクのCP2にちょっと付けてみた。ネジはやや堅いがどうにか合うことが分かった。
LEKIのツアーリングバスケット、CP2に使えます。ただ値段がちょっと高い。涙
| 山道具と山話 | 11:37 | comments(0) | -
木炭カイロ
桐灰 ポケット・ストーブとハイマウント木炭カイロ

日を増すごとに、段々と寒くなってきましたのでぼちぼち懐炉の準備です。
そう云えば去年、ハイマウントの木炭カイロを記事ネタにしたときに、
桐灰 ポケット・ストーブ、なる懐炉がなかなかアンティークで良いですよ。
とのありがたいコメントをもらって、買っておいたものがあったのだ。
火を付けた木炭をケースの中に入れるだけと使い方もまったく同じもの。
購入時期がすでに暖かくなっていたため、まだ使ってはいなかったが、
とてもとても心くすぐられる旧式な感じが渋くて、これまた良いのだ。

今週末は、急激に冷え込むらしい。
アウトドアでは焚き火で暖を取るのがもっとも雰囲気があって良いけれど、
コレをポケットに入れておくとさらに倍の暖かさが得られます。
ヨメさんのと二人分、これで防寒対策はもろもろ準備が完了〜。楽しみだ。
続きを読む >>
| 山道具と山話 | 11:43 | comments(2) | -
モンベルのゴミ袋
モンベル O.D.ガベッジバッグ4L
前々回の山歩きから使い始めたモンベルのゴミ袋。防水性が高くてとても良い塩梅です。
ボクは見栄っ張りなタイプですから、どうにもこうにもスーパーやコンビニのビニールのゴミ袋が目の前にあるのが許せないタチで、こうした性格を読まれたような商品にいつも大いにやられます(苦笑)。
とは言え、やや大袈裟な物言いをしてしまいましたが、これは本気でよいアイテム。収納力もかなりのモノがあります。缶などの鋭利なゴミはやっぱり気をつけた方がよいけれど、何でもかんでも入れるのには丁度良いサイズです。袋の上下にバックルが付いているので、これならばザックの外側に取り付けて歩いてもしっかりと固定ができて、ゴミ袋としての見映えも気になりません。ここ最近のお気に入りアイテムです。
| 山道具と山話 | 11:42 | comments(6) | -
Vapur アンチボトル
20131105_616994.jpg
[ヴェイパー アンチボトル 700ml エクリプスシリーズ] オリーブグリーン色。
これに、南アルプス天然水を入れて山歩きしてきました!水割りが最高に旨かった。

要はカラビナ付きのプラティパスみたいな携帯できる折り畳み水筒って感じ。
このエクリプスシリーズはキャップ付きの注ぎ口が付いているので飲みやすく便利。
ケースの耐熱温度も100度なので、冬場のテント内の湯たんぽとしても使えそう。
くるくる折り畳んでカラビナの中に入れると云う画期的なアイデアにやられました。
| 山道具と山話 | 02:00 | comments(0) | -
ビルケンシュトック Birki'sマリブ
20131031_607252.jpg

スタイリッシュな形状と渋い柄がとくに気に入って、
山のテント泊用にと意気込んで買ったサンダルがあるんだけれども、
いざ履いてみると厚手のメリノウールの靴下にマジックテープがくっつくくっつく!
しかもご丁寧に、足に固定するベロベロが三ヶ所もあるもんだから、
三ヶ所のマジックテープには靴下が隈無くぺったんこ。(>_<) 大失敗であった。

そこで、懲りずに他に何か山のテント泊で履くのに相応しいものは無いかと探したのだ。
あった〜!流石ネットである。早速通販して履いてみると今度のはとても理想に近い。
めちゃくちゃ軽くて履きやすくて何よりも靴下がまったくの無傷である。
クロックスよりも軽い(bebe調べ、根拠なし)し、薄くペッタンコになるのがいい。
ビルケンシュトックのサンダル、ビルキー マリブ。値段も安くてお気に入り。
ネイビーレッドはサイズも豊富。ヨメさんも真似て赤をお買いあげ。
| 山道具と山話 | 12:11 | comments(0) | -
クレッタルムーセン アルスビン30
KLATTERMUSEN Allsvinn 30

WILD-1の還元セールのときに、大奮発して新しく日帰り用のザックを買いました。
どうしてもカーキ色のザックが欲しかった。雨用のザックカバーもしたく無かった。
も1つテント泊用にアルヴォーケルと云う大きなザックを持っているのだけど、
そちらでももう実証済みなんだけれど、このザック、ほとんど肩が凝らないのだ。
慢性肩こり症のボクはこのザックにもうぞっこんLOVE。
バタフライブリッジなるショルダーのコードでもって、腰や肩への重量バランスが、
瞬時に自由に変えられる。この機能がキモなのです。肉厚パッドで背負い心地も満点。
すごく高価で外ポッケも無くて使いづらいけど、もうコレなしでは考えられません。
ベタ惚れです!
| 山道具と山話 | 12:54 | comments(0) | -
スマートウールのボーダーT
スマートウール ショートスリーブ ストライプドティー(ローデンヘザー色)

今はまだ暑くて綿のTシャツで十分だけど、山に行くとちょっと肌寒い。
そんなときに重宝するのが天然素材のメリノウール製のTシャツ。
感触が良くてとてもしなやかで、暑い時は涼しくあり寒い時には暖かい。
それでいて大好きなボーダー柄ときたもんです。値段も見ずに、買いました!
そしてあまりの高さに、泣きました!涙。

週末の3連休は土曜日以外はどうやら雨模様のようです。
終日スカッとした晴れ間を楽しみにしていたのに非常に残念ですが、
目論んでいたテント泊山行から急遽予定を変更して雨でも楽しめる山へゆく。
暑い時期が終わり、やっとこさ週末山歩を再開することができる。楽しみだ。
| 山道具と山話 | 17:41 | comments(2) | -
電池交換
CR2430とスントベクター

愛用しているスントベクター(ミリタリーブラウン色)の山用腕時計が電池切れ。
そう頻繁にやるものじゃないけれど、この腕時計は簡単に自分で電池交換ができる。
ってのが謳い文句の1つであったので、コイン電池買って早速やってみました。
コイン電池の型番は「CR2430」。大型電気量販店で240円で購入。コンビニは無し。
裏蓋を10円玉で回しロックをはずしてコイン電池を入れ替えるだけと楽ちん。
その際、ゴムパッキン廻りに付着した水垢をエタノールで拭き取ると尚良いかも。
電池交換によって液晶の濃さも復活しバックライトも付くようになりました。
後は、操作方法について詳しく説明してくれているありがたいブログの世話になり、
コンパスと高度計の調整をしておくと良いみたいだ。トライしてみよう。
| 山道具と山話 | 12:34 | comments(2) | -
折りたためるキャップ
20130717_362424.jpg

先日、コレをかぶって山を歩いてきました。
じめじめで湿気が多いところでも、意外と快適に付き合えた。
サイドのメッシュが汗を逃がしてくれて、機能的なのでしょう。
大量の汗をかいた帽子はそのまんま洗濯機へポイです。
生地は綿が98%だから、傷み気にせずガンガン洗えます。
ツバはセンターで折れるので、コンパクトに仕舞えます。
良い塩梅。また新しい相棒を見つけました。嬉しい。
※アウトドアリサーチの、TRANSIT RADAR CAP。2940円。
| 山道具と山話 | 19:00 | comments(0) | -
b-grip EVO カメラホルダー
20130711_343645.jpg

こんなものを試してみた。b-grip EVO Camera Belt Holderと云うもの。
写真のこれはベルトを使っていないから、b-grip EVO カメラホルダーとなる。
b-gripのトレッキングバリューセットなるものを買うと、
EVO カメラベルトホルダー + トラベルキット+ハンドストラップが付いて、
工夫次第ではザックのいろんなところに取付が可能となる。
当初ボクはEVO カメラホルダーとトラベルキットの組合せで、
ザックの左ショルダーハーネスに取り付けようと考えていたところ、
悲しいかなmyザックのクレッタルムーセン・アルヴォーケルには取り付かない。
ショルダーが曲線を持った独自のスタイルをしているためにどうしても無理。
ならばと、クレッタルムーセンの特徴である沢山付いているループを利用して、
腰ハーネスのループに2mmのガイラインを力強く巻き付けて、それを流用した。
トラベルキットのゴム製固定用アクセサリーをガイラインの裏に回しb-gripに固定。
ウエストハーネスに取り付けるガイラインはもっと強固にしないとダメだとか、
いくつか課題が残っているけれど、重たい一眼レフのカメラを山に持ち上げる時の、
快適ツールとしては優秀だと思った。まず両手がフリーになるのがすごく嬉しい。
それでいて意外とカメラの取り外しもロックもスムーズに行えるから、
ボクにとってはこれはとても良い買い物となりました。
b-grip EVOのホルダー形状が長いのが合理的なのか、カメラの重量配分が絶妙。
腰に付けたときはホルダーの先端が太ももをとらえ力を逃がし、
ショルダーに付けたときは重たいカメラがお辞儀をしないように工夫されている。
因みに帰り道は、腰ハーネスからb-grip EVOを外し、付属のベルトに付けてみた。
そちらの塩梅も最高で、ザックの腰ハーネスとの干渉に注意すれば全く問題なし。
とりあえず先日の山登りでは、このb-grip EVOのおかげで肩こりが解消されました。
でも大きな一眼レフのカメラは総重量で2kg近くになるので重いことは重い。
最終的には、気合い!ですね(汗。

20130711_343646.jpg

そうそう、カメラのレンズを下に向けると重みで勝手にズ〜ムされるのが嫌なので、
こんなことしてそれを防止してました。まったくもって格好良くありませんが、
伸縮性のあるゴムロープを二つ使ってレンズが伸びない用にレンズフードに固定。
広角側で撮影するときはそのままで、ズームするときは固定ゴムは外すだけ。
ボクはしばらくこれで、行ってみます!笑
| 山道具と山話 | 12:43 | comments(4) | -
<< | 2/5pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco