bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
<< 北軽井沢スウィートグラスで食べた朝めし | main | 山賊定食 >>
北軽井沢スウィートグラス燻製キャンプ
A看板とバーコーナー

年に相当数の宿泊をするわけではありませんが、ボクは一応これでもキャンプ歴が27年ほど経ちます。毎回引っ越しでもするの?的なキャンプ道具を連れ出して設営していた大がかりなキャンプスタイルからは卒業し、コンパクトでミニマムな最小限キャンプのスタイルを見つけてからは、趣味の山歩きとからめて比較的いろんなところへ出かけて行っていますが、今回のこのキャンプは凄かった。ボクはこんな特殊なキャンプを今までに見たことが無い、いや体験したことがありません。まさに度肝を抜かれたキャンプでした。

北軽SG燻製キャンプ

何がスゴイって、キャンプの食事のメニューが凄いんです。前菜から始まり最後のデザートまで、なんと燻製料理のフルコースが味わえました。アルコール類もシャンパンにサングリアに見たことも無い赤白のワインと小洒落たものばかり。まさにグラマラス晩餐会と云う名に相応しい、そんな夏の終わりの燻製キャンプが今回の話です。晴れ☀のち曇り☁、そして大雨☂の、シルバーウィークの9/17(土曜)〜9/18(日曜)のこと。

アペルカ テーブルトップスモーカー勢揃い

とある日。ボクが勝手に師匠と呼んでいる燻製道士さんと、その師匠と素敵な卓上の燻製器(TABLETOP SMOKER - APELUCA)を作り上げたメーカーのオークスさんに、何処かで燻製キャンプをやりたいんだけれど良いところを知りませんか?と相談されました。実はそんな内容のキャンプに最適なところを知っているので、じゃあ代わりにボクら山仲間をその燻製キャンプに連れて行ってくれたら教えますよと冗談交じりに交換条件を出してみたら、なんと双方からOK牧場とのこと。そんな経緯がありまして、ボクが手配したキャンプ場は何のことはないいつもの北軽井沢スウィートグラスでした。~_~;

北軽SG燻製キャンプ

アーリーチェックインの9時になるのと同時に、新潟県は燕三条からとても大きな車でやってきたオークスさんと、燻製道士師匠が同時にキャンプ場へチェックIN。到着後は一息もつかずになにやら会場の設営に忙しない。いったいどんな会場になるのかと探りを入れながらボクらも設営のお手伝いをしてゆくと、段々と幕が増えてゆく。とてつもない大きな天板に脚が付き、大テーブルが設置される。そしてこの日のキャンプメンバー分のイスやテーブルの上に乗ったパーティー用のデコレーションなどなど、見ているそばからとにかく圧倒されっぱなしでした。

バーコーナー

圧巻だったのは別幕に設置されたバーコーナーの類。これはいったい誰がどんだけ呑めば嵩が減るのだろうかと云うぐらいにテーブルに積まれたお酒の山々。とても魅力的で、難攻不落な素敵な山でした!(・∀・)

myテーブルトップスモーカーとローストビーフの燻製前

さて、さらに別幕には燻製体験コーナーと称したスペースが設けられており、この日のキャンプメンバーで揃って様々な燻製を燻製道士の指導のもとで燻したのでした。今回のメンバーは皆がmyテーブルトップスモーカーを持参して燻製づくりに励みます。ボクの担当は「燻製ローストビーフ」と「ミックスナッツ」で責任重大なもの。

燻製アラカルト

実はなんと、みんなで作ったこの燻製があとでシェフの手によって一工夫されて、テーブルの上にたくさんの燻製が乗ることになるのだけれど、よく考えてみたら、今回の燻製キャンプの目玉であるテーブルトップスモーカーの名と同じくして何も云わずにサッと配膳するのだから、とてもニクイ演出だなと思った。このこだわりように序盤からノックアウトされました。

燻製料理アラカルト

肝心のメニューは↑こうでした。
×鄒修了絢鐇垢蝓僻晶燻製卵のキャビア乗せ、燻製明太クリームチーズ詰めプチトマト、いぶりがっこのクリームチーズ和え)
▲好癲璽サーモンの燻製ポテサラ巻
トマトポタージュ燻製ブラックペッパー添え
み鄒愁┘咾肇泪奪轡絅襦璽爐離▲辧璽献
ミ鄒愁蹇璽好肇咫璽
燻製クッキーアイス

北軽SG燻製キャンプ

・・・もうまるで何処かのレストラン。途中からキャンプ場にいることを蚊に刺されるまで忘れてしまっていた。冗談で連れていけと云った軽い発言がまさかこんなことになってしまうだなんて、ボクも仲間も誰も想像すらしていなかったのだ。とても大いに衝撃をうけた燻製キャンプだった。キャンプってここまでできるものなのねと、とても印象深いものになりました。雨の日でもこんなキャンプなら最高です♪(・∀・)

北軽SG燻製キャンプ

さてさて、このような素晴らしいキャンプを体験してしまうと、ボクらはこのお返しはいったいどうしたらよいかがなかなか難しい。これは翌朝の朝食だけで許されるレベルの燻製キャンプではないだけに、ボクらでたくさん知恵をしぼらないとダメだろうな。(´ε`;) まいっちんぐ。

北軽井沢スウィートグラス燻製キャンプ2016シャシン記ログ
| キャンプと野営 | 15:52 | comments(2) | -
コメント
先日はお世話になりました&楽しかったですねー。ほんとうにビックリでした。あんなキャンプは生まれて初めて。貴重な体験でした。オークスの皆さん&げんさんには感謝感謝。bebeさんも各種段取りありがとうございました。

イベントのあとの雨キャンプはビッグタープのおかげでのんびりできてヨカッタですね。Kさんに感謝。カッコイイ黒幕の雨漏り治るといいですね。あ、黒幕ってかくとなんか悪い人みたい。

ありがとうございました。
| Boc | 2016/09/22 11:10 PM |
Bocさん。

黒幕・・・笑、只今メーカーにて問い合わせ中。
何とか修理してまた復活させたいところです。~_~;
もし直るなら、シマシマ柄にしてやりたい♪

今回キャンプは皆さんの協力のおかげで大成功ではないでしょうか!
でもこれはやっぱり主催者側の綿密な計画があってこそ、ですね。
A看板にコースター、招待状に諸々な飾り付け、そして豪華な燻製など。
本当に素晴らしい燻製キャンプでした。(^―^)
この先、あの夢のようなキャンプはもう二度と無いでしょうね。~_~;
ま だからこそ、この先のボクらのいつものしみったれたキャンプでの、
話のネタになるってものです。

また近いうちに、是非とも反省会キャンプでもやりましょう。
例のブツを、アウトドアフィールドで早速試さねばなりませぬ。
| bebe | 2016/09/23 12:43 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco