bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
北軽井沢スウィートグラス燻製キャンプ
A看板とバーコーナー

年に相当数の宿泊をするわけではありませんが、ボクは一応これでもキャンプ歴が27年ほど経ちます。毎回引っ越しでもするの?的なキャンプ道具を連れ出して設営していた大がかりなキャンプスタイルからは卒業し、コンパクトでミニマムな最小限キャンプのスタイルを見つけてからは、趣味の山歩きとからめて比較的いろんなところへ出かけて行っていますが、今回のこのキャンプは凄かった。ボクはこんな特殊なキャンプを今までに見たことが無い、いや体験したことがありません。まさに度肝を抜かれたキャンプでした。

北軽SG燻製キャンプ

何がスゴイって、キャンプの食事のメニューが凄いんです。前菜から始まり最後のデザートまで、なんと燻製料理のフルコースが味わえました。アルコール類もシャンパンにサングリアに見たことも無い赤白のワインと小洒落たものばかり。まさにグラマラス晩餐会と云う名に相応しい、そんな夏の終わりの燻製キャンプが今回の話です。晴れ☀のち曇り☁、そして大雨☂の、シルバーウィークの9/17(土曜)〜9/18(日曜)のこと。

アペルカ テーブルトップスモーカー勢揃い

とある日。ボクが勝手に師匠と呼んでいる燻製道士さんと、その師匠と素敵な卓上の燻製器(TABLETOP SMOKER - APELUCA)を作り上げたメーカーのオークスさんに、何処かで燻製キャンプをやりたいんだけれど良いところを知りませんか?と相談されました。実はそんな内容のキャンプに最適なところを知っているので、じゃあ代わりにボクら山仲間をその燻製キャンプに連れて行ってくれたら教えますよと冗談交じりに交換条件を出してみたら、なんと双方からOK牧場とのこと。そんな経緯がありまして、ボクが手配したキャンプ場は何のことはないいつもの北軽井沢スウィートグラスでした。~_~;

北軽SG燻製キャンプ

アーリーチェックインの9時になるのと同時に、新潟県は燕三条からとても大きな車でやってきたオークスさんと、燻製道士師匠が同時にキャンプ場へチェックIN。到着後は一息もつかずになにやら会場の設営に忙しない。いったいどんな会場になるのかと探りを入れながらボクらも設営のお手伝いをしてゆくと、段々と幕が増えてゆく。とてつもない大きな天板に脚が付き、大テーブルが設置される。そしてこの日のキャンプメンバー分のイスやテーブルの上に乗ったパーティー用のデコレーションなどなど、見ているそばからとにかく圧倒されっぱなしでした。

バーコーナー

圧巻だったのは別幕に設置されたバーコーナーの類。これはいったい誰がどんだけ呑めば嵩が減るのだろうかと云うぐらいにテーブルに積まれたお酒の山々。とても魅力的で、難攻不落な素敵な山でした!(・∀・)

myテーブルトップスモーカーとローストビーフの燻製前

さて、さらに別幕には燻製体験コーナーと称したスペースが設けられており、この日のキャンプメンバーで揃って様々な燻製を燻製道士の指導のもとで燻したのでした。今回のメンバーは皆がmyテーブルトップスモーカーを持参して燻製づくりに励みます。ボクの担当は「燻製ローストビーフ」と「ミックスナッツ」で責任重大なもの。

燻製アラカルト

実はなんと、みんなで作ったこの燻製があとでシェフの手によって一工夫されて、テーブルの上にたくさんの燻製が乗ることになるのだけれど、よく考えてみたら、今回の燻製キャンプの目玉であるテーブルトップスモーカーの名と同じくして何も云わずにサッと配膳するのだから、とてもニクイ演出だなと思った。このこだわりように序盤からノックアウトされました。

燻製料理アラカルト

肝心のメニューは↑こうでした。
×鄒修了絢鐇垢蝓僻晶燻製卵のキャビア乗せ、燻製明太クリームチーズ詰めプチトマト、いぶりがっこのクリームチーズ和え)
▲好癲璽サーモンの燻製ポテサラ巻
トマトポタージュ燻製ブラックペッパー添え
み鄒愁┘咾肇泪奪轡絅襦璽爐離▲辧璽献
ミ鄒愁蹇璽好肇咫璽
燻製クッキーアイス

北軽SG燻製キャンプ

・・・もうまるで何処かのレストラン。途中からキャンプ場にいることを蚊に刺されるまで忘れてしまっていた。冗談で連れていけと云った軽い発言がまさかこんなことになってしまうだなんて、ボクも仲間も誰も想像すらしていなかったのだ。とても大いに衝撃をうけた燻製キャンプだった。キャンプってここまでできるものなのねと、とても印象深いものになりました。雨の日でもこんなキャンプなら最高です♪(・∀・)

北軽SG燻製キャンプ

さてさて、このような素晴らしいキャンプを体験してしまうと、ボクらはこのお返しはいったいどうしたらよいかがなかなか難しい。これは翌朝の朝食だけで許されるレベルの燻製キャンプではないだけに、ボクらでたくさん知恵をしぼらないとダメだろうな。(´ε`;) まいっちんぐ。

北軽井沢スウィートグラス燻製キャンプ2016シャシン記ログ
| キャンプと野営 | 15:52 | comments(2) | -
北軽井沢スウィートグラスで食べた朝めし
北軽井沢スウィートグラスで食べた朝めし

9/17〜19日までのこのシルバーウィークは、久しぶりに北軽井沢スウィートグラスでキャンプをした。初日の夜以降、ずぅーーーと大雨だったのだけれど、まぁ、たまにはこんなキャンプも悪くないな、と思う程にゆっくり出来て楽しめたキャンプだった。

北軽SGキャンプ場で食べた朝ごはんは、和食にしてみた。のちほど記事にするつもりでいますが、前日のキャンプでの晩餐会があまりにもゴージャスなものになりそうだったので、朝はシンプルに白ごはんに乗せて系でまとめてみたのです。※ホントのところは翌朝の二日酔いを懸念しての考えから。~_~;

北軽井沢スウィートグラスで食べた朝めし

「白ごはん」は山仲間ご用達の丸鍋で米を炊き、汁物は野沢温泉たけのこ祭りで感銘を受けて真似してこしらえたサバ缶まるごと入れた「たけのこ汁」。そして、ごはんに乗っける様々なおかずで一汁一菜の朝ごはんをみんなで丁寧に味わった。
ごはんに乗っけた沢山のおかずがこれまた美味しかった。3組のキャンプメンバーに課したノルマは1組3品。ボクは山形のだし、福井のへしこ、福太郎の明太子を持って行った。他には、ふぐの卵巣のぬか漬け、ちりめん山椒、玉子焼き、いぶりがっこ、などなど、お皿の上が大変賑やかになりました。とても美味だった♪キャンプの朝ごはんはやっぱりこうした内容の朝ごはんが最高に美味しい。
| 山めし | 07:45 | comments(0) | -
鬼怒沼湿原山歩&日光澤温泉

鬼怒沼湿原

9月の初旬。満を持して毎週末の仕事から解放されたあとの久しぶりの山歩きは、日光澤温泉を経由しての鬼怒沼湿原へ行ってきた。本当はテント泊山行でリスタートを切りたかったところなんだけれど、週末のお天気があまり芳しくなかったため、金曜の朝にはすっかり気持ちを切り替えて温泉宿モードに変更。(・∀・)

奥鬼怒遊歩道

さっそく日光澤温泉の小屋主さんに電話をしてみると、はい大丈夫ですよと嬉しい返答が返ってきた。うしろでワン!てな鳴き声まで聞こえてきた(嘘)。ああ、またあの3匹のかわいこちゃんに会えると思うといてもたってもいられない。翌朝は5時に家を出て、ジムニーかっ飛ばして女夫淵温泉駐車場へ向かったのだった。

タマゴタケの群生

日光澤温泉までの緩い奥鬼怒遊歩道では、タマゴタケの群生をいくつも見つけて、ヨメさんと二人してキャーキャー云いながらにぎやかに歩いて行った。こんなことならフライパンとバーナー持って来るんだったなぁと大後悔。それほどに沢山のフレッシュなタマゴタケが顔を出してくれていた。

チャンワラサンのスケジュール札

さて日光澤温泉に着くと、いつもお出迎えしてくれる柴犬かわいこちゃんが・・・、いなかった!(>_<) 表札を見ると待機中やら休憩中やらお休み中とあったので、軽く元気をもらおうと思っていたけど重荷の一部(酒とつまみ)だけ小屋にデポさせてもらって先へ進むこととした。

鬼怒沼への登山道

鬼怒沼湿原への日光澤温泉からの標高差は600mほど。大したことないなと高をくくっていたので、これがなかなかどうして後で泣きを見る。余裕があったら鬼怒沼山まで足を伸ばすつもりでいたのだが、シャリバテに大いに泣き、鬼怒沼湿原で山ごはんとなった。そしたらビールも呑んじゃってベンチに根っこが生えちゃって、重い腰がまったく上がらなかった。
湿原からの帰りは下る一方なので早いこと早いことこの上ない。ビールと温泉と、そしてかわいこちゃんとの戯れを目指して一目散に駆け下りていった。

鬼怒沼湿原

鬼怒沼湿原は草紅葉が始まっていて、だんだんとカラフルな景色になりつつあった。綺麗な池塘に映る秋色の空模様がドラマチックで感動的。映っている景色がころころ変わり、仲むつまじいトンボがびゅんびゅんと世話しなく飛び回り、夏の終わりを教えてくれていた。今度はまた違う季節のときに訪れたい。静かな山は矢張り最高です。

鬼怒沼湿原

最高と云えば、思いのほか疲れた山歩きの後に入ったお風呂がたまらなく格別だったこと。明るいうちは露天風呂へ直行し景色を眺めたい。特に乳白色のお湯が気持ちんよかで、浴槽の縁に頭を乗せてうたた寝してしまっていた。ボクには珍しい長湯となった。(・∀・)
湯上がりにビールを呑んで部屋で和んでいると、晩ごはんの号令がかかる。日光澤温泉の晩ごはんはどれもこれも丁寧につくられているから全てが美味しい。頭から尻尾まで全部食べられる岩魚の塩焼きも大変美味しい。次はかならず岩魚のからあげも注文したい。

日光澤温泉の晩ごはん

いつもは雪の降るお正月の真っ白な時期にうかがうのだけれど、こうした夏の終わりの日光澤温泉も、そして初めて歩いた鬼怒沼湿原も見応えがあってとても楽しめた。ボクにとっては丁度良い足馴らしの山歩きとなった。因みに、帰りに立ち寄ったそば処 瀬戸合峡の舞茸蕎麦がべらぼうに美味しかった。結局またお腹一杯になって帰る羽目に・・・。まいっちんぐ~_~;

日光澤温泉の看板犬チャング

■山域:北関東奥鬼怒 鬼怒沼湿原
■日時:2016年09月10日(土曜)〜11日(日曜)概ね☀
■山泊:日光澤温泉
■目的:リハビリ山歩き&チャンワラサン
■山行:女夫渕温泉駐車場(07:55)⇒八丁の湯(09:45)⇒加仁湯(09:50)⇒日光澤温泉(10:20)⇒ノシ滝(10:40)⇒オロオソロシの滝展望台(11:10)⇒鬼怒沼(12:45)⇒鬼怒沼巡視小屋(14:00)⇒鬼怒沼(14:20)⇒オロオソロシの滝展望台(15:25)⇒ノシ滝(15:50)⇒日光澤温泉(16:05)泊
■ルートラボ:http://yahoo.jp/twJuIB

鬼怒沼への標識


鬼怒沼湿原山歩&日光澤温泉シャシン記ログ

| 山歩きと山登り | 18:44 | comments(0) | -
キャンプの招待状
TTS燻製キャンプ招待状

こんなにも素敵な招待状が手元に届いたのは実は初めての経験♪

天気に翻弄され残念な山歩きよりも、たまにはキャンプでのんびりするのも悪くない。
本当は嫌なんだけれども、キャンプの場合は雨でも楽しめるから悪天候もなんのその。
しかも今回の目的は燻製キャンプ。久しぶりにわくわくするキャンプになりそうだ。
| 出来事など | 19:18 | comments(0) | -
鬼怒沼湿原で食べた山めし
冷やしたぬきそば

目的地の池塘の目の前には、おあつらえ向きの木のベンチがあった。ここに行き着くまでに流した大量の汗を拭いながら、先ずはビールで喉を潤し、次は喉越しの良いお蕎麦をこしらえた。
この日の山めしは『冷やしたぬきそば』とした。草紅葉が始まりいつの間にか山はもう秋になっていたけれど、標高が2020m程度の鬼怒沼湿原は、ボクらにとってはまだまだ夏でした。もう暑くて暑くてまいっちんぐ。

冷やしたぬきそば-材料

材料は簡単に6品だけを持参していった。流水麺そばを皿に乗せ、程良く解けていい塩梅の冷凍した麺汁を蕎麦に軽くかけて、麺をほぐして薬味をトッピングしただけ。天かす、キュウリ、かまぼこ、ワケギが華やかに良い仕事をしてくれました。
特に良い仕事をしてくれたのは食べ終わる間際。天かすは残っためんつゆを全て吸ってくれて、お皿の上がそんなに汚れない。最後にかまぼこ一切れ残しておけば、お皿の掃除もしてくれるのだから良いこと尽くめの山めしだった。
| 山めし | 12:05 | comments(0) | -
ビールと焼き鳥
上野立飲みたきおか3号店にて

つい先日、週末日曜だけの長期プロジェクトの仕事が終わり、とてつもない解放感を得た。
朝9時から夕方6時までの激務の日曜日に加え、前日の土曜日は翌日の準備に費やされるために、趣味としている毎週末の「山歩き」はこの2ヶ月間は行くことができなかったのである。
てことでその解放感を存分に味わうために、ひとり、立ち飲み屋にて祝杯をあげてきたのであった。この日の酒処は上野立飲み「たきおか」の3号店。いつも大混雑して大賑わいの1号本店よりも、比較的静かにゆっくり呑めるから、最近はもっぱらたきおかの場合はこちらに来ることが多い。
ビール大瓶410円×2にホッピー410円とハイボール310円の1540円で酔い気分になれるのだから、立ち飲み屋は本当にありがたいところである。アテはかしら肉の焼き鳥から始めてずいぶんといろいろ食べてった。センベロでは済まなかったけれど、〆て2500円でとても気分爽快な解放感が味わえたから良しとする。(・∀・)
| 呑み(飲み)物など | 12:06 | comments(0) | -
お帰り登山靴
ガルモント ピナクルGTX

週末は仕事でしばらく山無し県なもので、このタイミングを利用して愛用の登山靴をリソール修理に出してみた。2年ちょっと履き続けている登山靴はガルモントの「ピナクルGTX」と云うタイプのもので、ソールの張り替えを石井スポーツにお願いしたのが8月の初め。作業日数は約30日間いただきますと宣告されていたのだけれど、いざお願いしてみたらたったの10日間で仕上がって手元に戻ってきた。夏山で飛び回っている方が多いのでしょう、この時期にリソールに出すのはどうやら穴場のようですね。

見積どきのリソールの内容は、一番底部の黒いビブラムソールとその上のグレーのPUミッドソールだけの交換とのことだったけれど、戻ってきた登山靴を確認すると、今回のリソールの内容は「靴底全部とその上の黒い保護ラバーまで」の交換となったようです。
新しくなってくれて嬉しいんだけれど、何だかツルッとしちゃってて、正直あれ?こんなんだったっけ?と、やや不満が残るのは否めない。どうせなら差し色が真っ赤なだけの新しいタイプのソールにしてくれれば良いのになと思ったりして。(´ε`;)
でもま、工賃は両足で20250円でした。また新しいピナクルGTXに買い換えるよりは全然お安く上がりました。履きやすくて愛着もあるので、これからまた2年はこの黒い相棒と一緒に野山を激しく駆け回るつもりです
| 山道具と山話 | 08:23 | comments(0) | -
シン・ゴジラ県
シン・ゴジラ県

こいつは面白くってぶったまげた♪(°∀°) 特撮好きにはたまらない。ほとんど実写版のエヴァンゲリオンのようだったけれど、カット、アングル、ディテールの描写がどれもこれも素晴らしすぎて、斬新で、開いた口がふさがらなかった。シン・ゴジラ、庵野ワールドが炸裂した映画だったように思う。
物語の展開がすこぶる速いので、何やら大事なところを聞き逃してしまったかもしれない。耳の穴をかっぽじって、もう一度じっくり観にゆきたい。格安で空いているレイトショーでやっと鑑賞してくることができた。一人1300円だった。とても得した気分。

因みに記事の黒い輪郭画像は、山梨県。この夏の週末、臨時の仕事で山無し県なボクは、あと2週乗り切れば晴れて自由の身。夏休みもまだ取っていないから、さて、どちらへ行こうかと目下思案をめぐらせている。ゴジラの形をしている県でも行って、羽を伸ばしてくるのも良いな。
| 趣味や車など | 08:41 | comments(0) | -
日本アルプス総図

山と高原地図 日本アルプス総図 2016年版

壁に貼り付けた登山地図。これは、山と高原地図の「日本アルプス総図」2016年版。こうして山の地図を読みながら、山仲間が歩いてきた若しくはこれから歩いてくる夏山の山行の様子を垣間見たいのだ。それにはこの地図がうってつけかと思う。
一面には北アルプスが、もう一面には南アルプス、中央アルプス、そして八ヶ岳までの全部が掲載されている。何処をどう歩いてきたのか歩いてゆくのかを確認するのにちょうど良い。まさに一目瞭然。
コースタイムも通常地図の、5万分の1のものと同じように明記してくれているので、CTを調べるときも便利極まりない。
難点は15万分の1の縮尺だから少し文字が小さいことと、北アルプスと南アルプスを一緒に見るためには地図が2部必要だと云うこと。1部1080円だから2160円(税込)必要となる。でもま、ポスターとして考えれば安い安い。(・∀・) 
ボクがこの登山地図に軌跡を残せるのは恐らく9月の半ば過ぎだから、それまではこのポスターを見ていろいろ想像して思いをつのらせよう。

| 山道具と山話 | 17:13 | comments(2) | -
歩いても歩いても

木道歩き

是枝監督の映画歩いても歩いてもの話ではなくて、ポケモンGOに関する歩いてもの話。7/22にスマホゲーム「ポケモンGO」のダウンロードが始まってから、もうすぐ3週間が経過する。ボクのところでは夫婦して初日からDLして楽しく遊んでいますが、このゲームがなかなか上手く、良く歩かせるのだ。
ここからはゲームに特化した専門用語になるが、欲しいポケモンをゲットするために歩き、卵を孵化させるためにも歩き、アイテムを貰うためにも各ポケストップまで歩いて廻るのを永遠と繰り返すのだ。したがってボクのケースで、通勤の行きと帰りにほんの少しだけ(!)遠回りして、ポケモンGOを楽しんでから仕事場や家へゆくと云うスタンスの日々が続いている。そしてヨメさんのケースが、、これがスゴイのだ。


ヨメは自宅で鞄づくりの仕事をしているため日中はほとんど家から出ない。なのでポケモン散歩と自ら称して、朝と夜の散歩は欠かせない日々となったのだが、朝の散歩も夜の散歩もいったいどう云うコースで歩いているのかほとんどボクは知りません。
朝はボクの出勤時に併せて一緒に家を飛び出してゆくが、最寄りの駅でバイバイしてからのルートが不明です。なんせボクが48kmの累積ポケモン散歩の距離に対して、ヨメさんはなんと倍以上の145kmもの距離をすでに歩いているのだった。
夜、家に帰ってみると足が疲れた疲れたと云い、お腹もぺこぺこなんだそうだ。いったい何処まで歩いているのか!(ʘдʘ) これ、このままこうした散歩が続けば、ひょっとして痩せるのでは?と思っているので、今はあまり色々と口を挟まないように心がけている。
でもね、家に帰る途中にあるジムに配置されている冠の付いたポケモンのほとんどがヨメさんのだったりするのを発見すると、いったいどう云う散歩をしているのかが気になる木だ。
因みにヨメさん曰く、都心と田舎の格差が非道いとのこと。その場に居ながらにしてポケストップやジムにアクセスできる都心の環境とは違って、田舎に住まうものはとにかく歩かなくてはダメらしい。歩いても歩いても、楽しいけれども先はまだ長いとのこと。~_~;

| 情景・光景・風景 | 08:08 | comments(0) | -
| 1/127pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE