bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
安達太良山歩き
安達太良山 峰の辻

3月9日、土曜日のこと。抜けるような青空が広がる“安達太良山”を歩いてきました。ちゃんと歩く雪山山行としては本当に久しぶりとなる。数日前のヤマレコを参考にして、雪山装備を整えてスノーシュー、アイゼン、ピッケル、ストックと、一応フル装備の出で立ちで、あだたら高原スキー場の駐車場を出発。


登山道

登山道

駐車場から登山口までは全く雪が無く、この先の山行は果たして本当にこんな重たい装備で良かったのかと、ヨメ氏とぶつくさ言い合いながら歩き始める。登山口手前に、あだたら山 奥岳の湯なる温泉施設が新しくできていて驚いた。


登山道

さて、いやはや雪山装備は重たい・・・(*´з`)。肩にズシリと来る装備の重さに堪えながら、勢至平の分岐を左へ進み、雪がたっぷりのエリアへと足を踏み入れる。ツボ足での歩行はもうそのあたりがボクらには限界で、ずぼずぼ潜り辛抱たまらずスノーシューを装着する。

スノーシューイング

湿った雪は思いのほか足が重かったが、やがて軽快に歩が進んでゆく。までもこんな雪なら軽量のワカンでも良かったかも知れないんだけれど、今山行は装備の選択にやや難儀した山歩きでありました。


登山道

安達太良山 山頂直下

安達太良山 乳首
『乳首』 ホント、言い得て妙だこと。~_~;

安達太良山がよ〜く見える稜線にでると、とんでもない風に行く手を阻まれる。デブちんのボクでも飛ばされそうな勢いの大風、突風をやり過ごし、一歩一歩ゆっくりと歩いてゆく。


稜線

雪が風で舞う様子をカメラにおさめたら、奇跡の一枚のようなキラキラした写真なんかが撮れたりして、風が凄くて山頂付近のコンディションはあまり良くはなかったけれど、晴天の景色は素晴らしくて視覚的にもとても興奮した山歩きでした。

安達太良山 トラバース

峰ノ辻の分岐からの山頂直下は、これまた素晴らしい景色の連続で何度も息を呑んだ。スキーヤー達が山頂から気持ちよさそうに軽快に滑って降りてくる。ガリガリ ガリガリと音を立てて滑ってくる。

安達太良山 山頂直下

安達太良山 山頂

山頂である通称“乳首”の手前でスノーシューからアイゼンに履き替えて、山頂では突風に飛ばされないように注意して、ぐるりとパノラマの景色を楽しんだ。けど未だに上手く山座同定ができないのが辛い。(´д`)


安達太良山

トラバース

トラバース

トラバース

奥岳からぐるっと反時計回りで回ってくるつもりの下りのルートは、予定を大きく変更し、くろがね小屋を経由して帰ることにした。行きは勢至平から近道を通ってきてしまったため、くろがね小屋から峰の辻までの“気持ちの良いトラバース”を歩いておきたかったのだ。


くろがね小屋

くろがね小屋は、来年の2020年3月31日には営業をいったん終了し、小屋の建替工事に入るとのことなので、雪のあるくろがね小屋とそこの温泉を楽しめるのはもうあとわずかと云うことになる。きっとこの小屋のたたずまいは見納めになりそうなので、ボクらも来年は最後に小屋泊りで安達太良山へ再訪したいと思っている。

くろがね小屋

青空が目に眩しい、天気も気持ちもとてもスカッとする雪山歩きであった♪
安達太良山の山行後は、最近は恒例としている“岳の湯”に泊まり、温泉に入って癒しのひとときも愉しんでから帰路へつく。終わりもよく、良き山行でした。

■ルートラボ:https://yahoo.jp/_QdPMJ
 
| 山歩きと山登り | 12:51 | comments(0) | -
ストラップギア
ストラップギア

↑のコレ、まさに留め名人!

ザックに“スノーシュー”を取り付けるのに、塩梅が良くて使い勝手も良いものは何かないものかと探して探してやっとこれにたどり着いたのでした。
モチヅキの『StrapGear(ストラップギア)

去年から実際に使ってみてますが、これはスノーシューを留めるのに本当に最適だ。もしや知らなかったのはボクだけなのかも知れないが、シリコンのゴムバンドなので、よく伸びるわ硬くならないわで良く事づくめ。併せてピッケルもストックも一緒に留めてしまえるから、今のところこれ以上の“留め具”が見つからない。
真ん中サイズの10インチをただいまヘビーに使用中。引っ掛けるフックも360°自由に回転するので、取り回しも◎。
 
| 山道具と山話 | 12:40 | comments(4) | -
福寿草山行
IMG_9839-2019s.jpg

秩父のとある山頂直下にある『秘密の花園』。そこに群生して咲く“福寿草”の様子を見に、今年も歩いてきましたパトロール山行。良く晴れた3月2日の土曜日のこと。

朝8:30分。最寄りの駐車場へ到着。朝ごはんは途中の朝マックでソーセージマフィンのセット330円を食す。朝から満腹にならずで丁度良い。格安でありがたい。しかも快便。

IMG_3333-2019s.jpg

朝8:40分。リンリンと耳に心地よい熊ベルを鳴らして歩き始めるも、のっけからの急登と危ないトラバースを慎重にパスして、GPSのルートを何度も確認しながらさらに慎重に歩を進めることおよそ3時間。

落ち葉が堆積して歩きにくかったり岩がごろごろで行く手を阻まれたり、超急登の谷間を喘ぎながら登りきると、そこは黄色いお花が咲き乱れる“福寿草”が群生するエリアであった。

IMG_3350-2019s.jpg
(;´Д`)

IMG_3348-2019s.jpg
(-_-;)

毎年この3月の初旬が、ここの福寿草の見頃であることは分かっているのだけれども、時には雪が降ってしまい隠されてしまったり、時にはまだ早かったり、時にはまずまずだったりするので、あまりこの場の情報が無い以上、実際にこの場へ訪れてみないことには何とも云えないのであった。そんな山行なのである。

IMG_3368-2019s.jpg

しかしながらボクにとっては、実はお花が目当ての山歩きと云うよりは、この意外と険しい山あり谷ありの山域に魅力があり、景色もまったく良いとは云えない山行なのに、何故だか毎年訪れてしまうのだ。

IMG_3396-2019s.jpg

おそらく、空いていてそこそこボクにとってはトレーニングにもなるこの山の塩梅が良いからなのかしら、歩きに強弱つけて、ぐいぐいと頑張って登らなきゃならないからか、何だか性に合う山なのだ。景色が良くないのが玉に瑕なのだが。

52461704_394409234458686_5257955386581085976_n-2019s.jpg
バウる。

IMG_0385-2019s.jpg

因みに、やはり毎年こう この場に訪れていれば、お花にはまったく興味が無いボクなのであるが、、福寿草には少々特別な感情が芽生えている感は否めない。黄色の福ちゃん、じゃあまた来年ね!かしこ。
 
| 山歩きと山登り | 07:54 | comments(0) | -
赤城 長七郎山歩き
赤城 長七郎山

スノーシューを楽しむために赤城山の“長七郎山”へ行ってきましたが、あまりにも雪が少なくてまいっちんぐな山行でした。3連休の最終日、2月の11日のこと。



登山道

ヤマレコやYAMAPを見て事前情報を仕入れると、登山者のみなさんも雪が少ないと嘆いてた。一応スノーシューとワカンは両方とも用意して、現地に着いたら臨機応変にどちらにしようかと思案。
結局軽いワカンだけ持参しての山行となりましたが、まさかアイゼンすら付けずに歩けてしまう雪山山行となるとは思いもよらなかった。

TOMIのパン屋 チーズコステーラ

赤城山へゆくときは、邑楽郡大泉町の“TOMIのパン屋”で朝ごはんを食べてから山へ乗り込むのが今のところのルーティーン。チーズコステーラと濃い珈琲を食べて飲んでからゆくと調子が良い。
でもこの日、実は三年ほど前にTOMIさんが亡くなっていたことが遅ればせながら判明しショックが大であった。(´Д`) 陽気で楽しいオヤジさんでした。残念だ。

分岐点

小地蔵岳

さて山行は“赤城公園ビジターセンター”の駐車場からスタート。普段は風がびゅうびゅう吹いている鳥居峠も、何やら序盤から穏やか。登山口は取り付きから雪がしまって歩きやすく、目的の山頂まではあっという間に着いてしまった。
小地蔵岳、長七郎山と、のんびりゆっくりと道草して山歩きを愉しんだ。ほとんど人にも会わず、長七郎山ではひとしきり山でのごはんも愉しんだ。青空が出てくれさえすれば、文句無しだったのだが。(~_~)

赤城山 小沼

下山は凍った小沼を縦断するコースで歩を進めました。が、小さな気泡が固まってできた沼の氷を見ていると、何だかところどころで「ボコんボコボコん・・・」と、氷の下の方から何やらいや〜な音が聞こえてくるものだからヨメ氏と二人して大慌て!(@_@)
数年前の山行で“氷が沈み込む様子”に比べたらまだ幾分マシだけど、氷の下の大きな擬音は嫌なもの。しかしあれは何だったのか、メタンガスの音なのかしら。

山ごはん

残念なことやもやもやしたことがあれば、やはり山歩きに出かけたい。ときには(いつもだけど~_~;)酒の力を借りて発散させることも大切だけど、山の上から見る景色に気持ちが浄化されるのは本当のこと。
山の上で食べるカップ麺ですら数倍旨く感じるのだから、山はやはり気分上々にさせてくれる何かがあるのだろう。良き山行でした。
 
| 山歩きと山登り | 18:16 | comments(0) | -
iPhoneのワイヤレス充電器
iPhoneXとQiワイヤレス充電器

色々と調べてみたら、バンカーリング付きのiPhoneケースには、“ワイヤレス充電器は使えません”と取説に謳ってあるようだ。

でもそこを何とか便利に使いたい!

と思い、ダメもとで大丈夫そうなワイヤレス充電器を買ってみた。
そしたらボクのiPhoneXのケースとQiワイヤレス充電器の組合せの場合、バンカーリングの取り付いている位置が絶妙だったのか、今のところ問題なく使えているので覚え書き。


・バンカーリング付きiPhoneXケース:Baseus製 iPhoneXケースリング付き(B077X9T9S5) 1600円

・Qiワイヤレス充電器:Anker PowerWave 10 Pad 2800円

何れもAmazonで購入。
バンカーリング付きのケースを一度使ってしまうと、便利で安心でもうやめられないからこれはめっけもの。

Qiワイヤレス充電器

ワイヤレス充電はとても楽ちんなので、どうかこのまま何事もなく使え続けますように。m(__)m
ただ、充電中はバンカーリングが結構な熱さになるものだから、目が離れたところで充電するのはやっぱり危ないのも事実。取説上での「×」は、実はその辺のことを危険視しているのかも知れませんね。

※バンカーリングとは、スマホ落下防止のために、スマホケース裏に取り付いている指にはめるリングのこと。
因みに、Anker PowerWave 10 Stand タイプの充電器でも充電は可能でした。
 
| 道具など | 08:06 | comments(0) | -
| 1/300pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco