bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
まるかいてちょん2
P6156186-2019s.jpg

小田晃生
氏の、『まるかいてちょん2

以前買ったアルバム“まるかいてちょん”の、リマスタリング盤を手に入れた。
違いがよく分かるのは、やはりファンならではのこと。
まるかいてちょん2。
新しいモノは、やっぱり素敵になっている♪(゚∀゚)

 
| 本や音楽など | 11:08 | comments(0) | -
ジムニーのタイヤ保管
ジムニーJB23 10型ミニカー

夏タイヤや冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)など季節物のジムニーのタイヤは、タイヤ保管サービスなるものを利用しています。
今までは某大手の黄色い帽子のタイヤ屋さんでしたが、長年利用し続けてくると何となく不満な面も色々と見えてきたので、スタッドレスから夏タイヤへ履き替えるタイミングを見計らい、タイヤガーデン(旧グランドスラム)なるタイヤの専門店へ鞍替えしました。

『大きな理由はやっぱり値段。』
JB23 10型ジムニーの175/80-16のタイヤセットの場合、
以前のお店では一年間の保管料が16200円で、タイヤ取付費が2160円×年二回=4320円となり、年間の合計が20520円。
改めて考えてみるとやや高い。
新しいお店では一年間の保管料が12960円で、タイヤ取付費が二回は無料となり、年間の合計は12960円のままなのです。
この7560円の差は大きい♪( ´∀`)

しかもボクが保管をお願いしているタイヤガーデン蓮田店のおやじのキャラクターが面白い。対応もすこぶる良くて、個人店さながらのフットワークの軽さもあってかすっかりとお気に入り店。
真っ黒いホイールとスタッドレスタイヤ”の購入どきにお世話になり知ったタイヤガーデンの『タイヤ保管サービス』。タイヤガーデン各店舗でもその保管サービスの内容と金額が大きく異なるようですが、これはもっと早くから知っていればなと思ったものでした。

あ〜、夏タイヤのホイールも折角なので黒にしたいものだな・・・。
 
| 趣味や車など | 12:00 | comments(0) | -
野沢温泉たけのこまつり2019
IMG_2063-2019s.jpg

6月8日(土)〜9日(日)の週末のこと。関東甲信越は梅雨入りのため、先週末は山無し県。


IMG_7606-2019s.jpg

てことで、宴会部長の山仲間が毎年開催してくれる野沢温泉“たけのこまつり”に、今年も参加。
はっきり言って、場所を野沢温泉街に移しただけのただの吞み会なのであるが、いつもとは雰囲気が変わると話題も多種多様となり、今年も気が付いたら日付が変わる頃のお開きとなっていた。



肝心の“根曲がり竹”は今年は当たり年だったらしく、いろんなメニューに盛り沢山。スープにもカレーにも沢山のたけのこが入っていた。去年のたけのこは少し寂しい感じでしたから、今年の大盛況には嬉しい悲鳴が出るほど。
今回は“焼きたけのこ”が無かったのはとても残念だったんだけれど、それに変わる“蒸したけのこ”に出会えたのは予想外のこと。これはたまらない、とても美味しかった♪
令和元年の、野沢温泉たけのこまつり。期間中毎日たったの2時間程度のお祭りだけれど、“たけのこ好き”にはたまらない美味しいイベントでした。


IMG_2057-2019s.jpg

さてもう一つのお楽しみ。野沢温泉の湯巡りは、13個ある外湯を愉しみに出かけて行きました。先ずは入浴ったことのない滝ノ湯へGO!(°∀°)
でも・・・お湯が熱くて我慢大会。(´Д`) 熱いお湯に慣れて気持ちよく感じるまで、やや時間がかかります。でもってお代わりへ。
この調子で他に、麻釜の湯、河原湯、と三つの外湯に入ってきました。次回があれば、今度はまたもう少し足を延ばして中尾の湯から攻めてみようかと思う。

IMG_2066-2019s.jpg

翌朝。6時半から“野沢温泉の朝市”に顔を出し、今年の部が無事に終了。帰りは小布施の街を散策して“えんとつ”のモンブラン朱雀を食べて解散と云う運びになった。今回も例年通り、良く呑んで良く食べた週末の集いだった。
でもって2kgの増・・・。やっぱり山は毎週歩かないとダメだな。(*´з`)
 
| イベントや出来事 | 12:29 | comments(0) | -
飯豊山 杁差岳歩き


満開の“ハクサンイチゲ”の洗礼を受けて、磯B、とうとうお花が好きになりました!
(´_ゝ`)
そんな、良く晴れた6月2日の日曜日〜3日の月曜日のこと。




先日のGWに歩いてきた飯豊山“頼母木山 山行”のとき、次は是非ともハクサンイチゲの咲き乱れる時期にでもいらっしゃいと、飯豊山を愛する山ヤたちから云われていたことを実行。
どうしても外せない所用で土曜日に出かけられなかったため、月曜日を急遽休みにして、日月で飯豊山の“朳差岳”まで歩いてきました!



いやもうこれが大正解。日月の方が良く晴れたようで、満開のハクサンイチゲが見られました。群生したハクサンイチゲがとにかく綺麗で、どの方向から写真を撮っても絵になる華やかさ。この独特の雰囲気は本当に凄かったです。




〈足の松尾根〉

さてこの可憐なハクサンイチゲを見にゆくために、実はちょいと迷っていたことがありました。それは、奥胎内ヒュッテからのコースでは、ボクらではまだ日帰り山行は無理だから、どちらの小屋に泊まろうかと云うこと。



前回泊まったことのある“頼母木小屋”にするか、初めて泊まる“朳差小屋”にするか。その選択肢は“水”と“山行の長さ”によるもの。



〈滝見場〉

頼母木小屋は水が浴びれるほど出ていて行動水以外を持ってゆく必要は無く、コースの分岐点となる“大石山”からも50分ほどのゆるい道のり。かたや朳差小屋はまだ水が出ていないので持参してゆく必要があり、大石山からも1時間50分ほどの険しい道のり。
今のボクらに、水も無くて1時間も長くアップダウンの激しいコースを歩く自信が無かったのであった。(>_<)



〈頼母木小屋〉

でそんな時。頼母木小屋に土曜日から前乗りしている山仲間からとても嬉しい提案がありました。
「頼母木の水、朳差小屋まで歩荷してあげるよ!」と!!( ఠ_ఠ )
こ、これは何とも素晴らしい〜♪
てことでもちろんこの話にはすっかりと甘え、熱望するお初の朳差岳を目指すのであった。
この借りはいつか馴染みの焼き鳥屋でね。


〈目の前のピークが大石山〉



ところがどっこい、その分岐点となる“大石山”までが実に辛かった。
お天気が良すぎるのも考えもの。兎にも角にも暑くて暑くてときおり出てくる涼しい雪渓からはまるで動けない。
行動水を飲み切らないよう注意するも、ハッと気が付くとボトルの半分近くを一気に飲んでしまっていたオレのバカ。



〈4人の神さま〉

そんなとき、上から下りてきた山仲間と遭遇し難を逃れた。頼母木小屋から朳差小屋まで歩荷してきてくれた4人の神様たちだった。
水を荷揚げしてくれたのにもかかわらず、今度はキュウリの浅漬けと冷え冷えのトマトまでもご馳走になった。写真を撮り忘れるほどバクバク食べた。生き返った。もう少し頑張れそうとなる。
この借りはいつか馴染みの呑み屋でね。




そうこうして何とか一歩一歩足を進めてゆくと、どうにかこうにか大石山へ辿り着きました。当初そこから頼母木小屋方面へは行くつもりはなかったのだが、先ほど会った神様たちが絶対にそちらまで行ってこいと云うので素直に従った。
結果これが良かった。





群生したハクサンイチゲはこちらの方がスゴイものがありました。あまりにも綺麗で目を見張る。目的の朳差岳をバックにしてもよし、反対側のゼブラ柄の山肌をバックにするもよし、迫力満点のハクサンイチゲを終始楽しめました。

―――――



さて大石山まで戻ったら、気合いを入れて目的の“朳差岳”を目指して歩いてゆきます。
大石山からは鉾立峰を経由して行かねばならず、下って↘登って↗また下って↘また登らなければならず↗、これが最高にキツかった。(´д`)



そのキツさは事前情報で仕入れていた通り。実は途中から頼母木方面のハクサンイチゲを愛でているとき、このまま頼母木小屋へ進んでそっちに泊まっちゃおうか!なんて会話が出ちゃうぐらいに、おののいていたのでした。



とは云え、山仲間が朳差小屋まで“水を歩荷”してくれたのだから、それを絶対に無駄にするわけにはいかない。鉾立峰をパスしたら、景色なんてそっちのけでギャンブレル屋根の避難小屋、朳差小屋へ向かいながら充電チャージ。凍らせて持ってきたカルピスの口栓付パウチとウイダーインゼリーに救われる。
そしてとうとう朳差小屋の前まで来て足がピタリと止まった。





ものすごいハクサンイチゲだ!・・・すごい♪
こちらへも足を運んでおいて本当に良かったと思うほどの群生。これは力を振り絞ってここまで来た甲斐があったと云うもの。この日の有終の美を飾るにはとても相応しい風景であった。




そして、しばらくその場にてひとしきりお花を楽しんだら、小屋内へデカザックをデポして山頂へ向かった。当然ながら、重たいザックから解放されたカラダは軽い。朳差岳へは5分で到着。飯豊山はこれで二峰目となった。



しかもこの日は日曜日。もうまわりには誰も居なかった。ゼブラ柄の綺麗な飯豊連峰の主稜線をじっくりと眺めていた。感慨深い。



朳差小屋はこの日貸切かと思っていたら、初老の男性二人組と我々の4人であった。
この小屋の良いところは、入口別に1階と2階でフロアが分かれているところかしら。2階へは梯子ではなく階段で上がれるのもよい。上下に分かれてしまえば物音や話し声は聞こえるものの、互いの視線が全く気にならないのがよい。
平日宿泊の特権を生かして、大風呂敷を広げてゆったりと過ごさせてもらいました。




さてさて感動したのはここから。
朳差小屋へ戻ると、『磯B氏デポ品』と書かれた大きなナップザックが置いてあった。“水”なのは分かっていたのだが、あまりにも量が多い・・・。こりゃあ悪いことしたなぁと思いながら袋の中を検品してみたら、何と!( ఠ_ఠ )




“ウェルカムBEER”と“ウェルカム梅酒”までもが一緒に入ってた。



〈ビールの差し入れ シビレタよ!〉

しかもなんでだか知らないが、ビールも梅酒もキンキンに冷えていたのだ。
おそらくは水のボトルのどれかが凍っていたのだろうと想像ができるけれど、このささやかなサプライズが何とも嬉しくて涙する。飯豊連峰の景色に酔いしれながら、ビールを一気に呑んだ。あまりにも美味しすぎて涙した。



―――――





静かな翌日。早朝から青空が眩しい。
この日も朝から暑くなりそうだったので、朳差小屋を6時には出発し下山を開始。朝日を浴びて綺麗なハクサンイチゲに別れを告げて、キツイ登り返しに堪えながら鉾立峰、大石山へと順調に歩を進める。




〈シラネアオイも結構咲いていた〉







そこを過ぎればもうハクサンイチゲは見納めとなるため、その次の一歩がなかなか出ないのであった。お花にあまり興味の無いボクでさえ、ここのハクサンイチゲには首っ丈になってしまった。白くて小さい花は可愛くて見所満載でした。





〈タムシバ〉



前日に登ってきた“足の松尾根”を下りながら、何度も何度も後ろを振り返った。あの山は鉾立峰であっちは大石山と、帰りは先ほど歩いてきた山だから正確な山座同定ができて嬉しい。



しかし翌日も矢張り暑い・・・。下りとは云え、汗が目に入る程の大汗をかき、頭に巻いた手ぬぐいは今山行で何回絞ったことやらだ。(-_-;)



―――――







それにしても、よくこんな根っこだらけで岩場だらけの急登を上がってきたものだと我ながら感心する。それよりもこのコースを日帰りでやっちゃう人たちの多いことにも感心する。ここを歩く人たちは、皆、天狗じゃないのかと思うほどだ。




満開の“ハクサンイチゲ”の洗礼を受けて、磯B、とうとうお花が好きになりました!
・・・嘘。(~_~;)
花好きになるにはまだもうちょっと時間がかかりそうですが、でもとても愉しいお花見山行に行ってくることができました。また来年、是非とも再訪したいものである♡

―――――



■山域:飯豊山 杁差岳 2019年06月02日(日)〜03日(月)
■目的:ハクサンイチゲと杁差岳
■山泊:杁差岳避難小屋
■山水:水はまだ出ていなかったので仲間が頼母木小屋より“4L”歩荷してくれた。

■山行:〈1日目〉奥胎内ヒュッテ 05:25 ⇒ 足の松尾根コース登山口 06:16 ⇒ 姫子ノ峰 07:23 ⇒ 英三ノ峰 08:29 ⇒ ヒドノ峰 08:53 ⇒ イチジ峰 10:15 ⇒ 西ノ峰 11:08 ⇒ 大石山 11:17 ⇒ 鉾立峰 13:18 ⇒ 朳差小屋 13:52 ⇒ 朳差岳 14:03 ⇒ 朳差小屋 14:19〈泊〉
〈2日目〉朳差小屋 06:11 ⇒ 鉾立峰 06:52 ⇒ 大石山 07:43 ⇒ 西ノ峰 08:00 ⇒ イチジ峰 08:33 ⇒ ヒドノ峰 09:13 ⇒ 英三ノ峰 09:34 ⇒ 姫子ノ峰 10:37 ⇒ 足の松尾根コース登山口 11:30 ⇒ 奥胎内ヒュッテ 12:15
※リンク先のパノラマ写真は、フカくんのblog“山のパノラマ写真まとめ”から。

■ルートラボ:https://yahoo.jp/NTfVDX



■寝具:モンベル ダウンハガー800 #3+U.L.コンフォートシステムパッド120
■防寒:Tシャツの上にソフトシェルで十分
■下飯:新潟県新発田市 麺食堂まる七の“タンメン

 
| 山歩きと山登り | 15:00 | comments(5) | -
令和元年の“丸鍋会”
IMG_5937-2019s.jpg

令和元年の“丸鍋会”の話。5月25日(土)〜26日(日)のこと。
本来ならば“6つの丸鍋”が並ぶはず、なのだが・・・。(´Д`)



IMG_5877-2019s.jpg

去年の丸鍋会”での山菜料理に味をしめてしまったのか、今年もほぼ同じ頃に丸鍋会を開催。ところで丸鍋会とは、大菩薩嶺の、丸川峠にある丸川荘でしか売っていなかった『丸鍋』ユーザーの集まりのことで、丸川荘の小屋番 只木さんを囲んでどんちゃん騒ぎをするただの吞み会のこと。

IMG_5887-2019s.jpg

各々で持ち寄った酒の肴をアテにして、昼過ぎから夜遅くまで気持ち良く呑んだのであったが、今年はなんと!参加資格の丸鍋を!忘れてきた重鎮が!いた!( ఠ_ఠ )
丸鍋を持ってこないとはこれでは本当にただの呑み会・・・苦笑。まぁいつもの忘れ物大王さんのことなのでコレばかりはしょうがないが、いつかは丸鍋忘れ、やると思っていたのよね。まいっちんぐ。~_~;

IMG_5891-2019s.jpg
〈ヨメ氏のXデーの現場〉

丸鍋会までの山歩きは、先ずは柳沢峠に集合して、呑みたがりの先陣メンバー達で10時過ぎに駐車場を出発。酒とめしとつまみでズシリと重くなったザックを担ぎ、新緑の綺麗な山道を、丸川荘を目指してゆる〜く歩いてゆきます。
途中の苔むした山道では、ヨメ氏が“足首を骨折”した現場をみんなで検証し、あーでもないこーでもない。もう3年も前(2016年10月10日)のことなので今ではすっかり克服しているようですが、苔むした中にある横に走る木の根っこ(通称:横根っこ)を見ると、ドキリとはするようです。

IMG_5901-2019s.jpg

この日の山歩きは暑かった。ゆっくりと歩いてゆくはずだったのに、みな喉の渇きに耐えきれず途中からはほとんど休憩無しで足早に丸川荘へ。
到着後は小屋番さんへの挨拶もそこそこに、外の休憩スペースで缶ビールを数本一気飲み。あまりにも良いお天気だったので、岩に寝そべり日光浴する人も出てくる始末だ。

IMG_5914-2019s.jpg
〈この日はIPAビール祭りだった!タムちゃんありがとう♪〉

IMG_5923b-2019s.jpg

よいピッチでビールをどんどんやっていくと、後陣の仲間たちも集まってきた。そしたら宴の場を小屋内に移して、まだ冷えているうちにと日本酒にも手を出し、揚げたての“コシアブラの天ぷら”を肴にこれまたどんどんやっていく。山菜の時期の丸鍋会、たまらん。至福♪

IMG_7314-2019s.jpg
〈日本酒:一本義 甜潤系 純米吟醸〉

IMG_7330-2019s.jpg

丸鍋会 at 丸川荘2019_05_25-26-2019s.jpg
〈この日のアテ〉



IMG_7410-2019s.jpg

今年の丸鍋会では、以下のこんな人たちが集まった。各々で酒の肴をつくりながらそして呑みながら、とりあえずは近況報告会。


IMG_5933-2019s.jpg

・丸鍋会だと云うのに丸鍋を忘れてくる人
・痩せてカラダの調子が良くなり元気な人
・忙しくてやばい咳をずっとしている人
・丸鍋を持ってこないで丸鍋会へきた人
・エベレストを登ってきた人
・指先が凍傷になってしまい大変だった人
・カメラの撮影がとても上手になってきた人
・丸鍋会で丸鍋を忘れたことに気が付いた人
・大きな仕事が無くなってやさぐれた人
・念願の飯豊山デビューを果たしてきた人

IMG_7390-2019s.jpg
〈丸川荘の夜〉

IMG_7428-2019s.jpg

IMG_7436-2019s.jpg
〈朝ごはん〉

IMG_7449-2019s.jpg
〈デザート:末澤ちはるさんのレモンのシフォンケーキとマンダリンと、丸川荘の珈琲〉

今年の丸鍋メンバーは8人が集まってくれた。丸鍋で繋がった山仲間の話はどれもこれも本当に面白い。中でも、ボクにとってはエベレスト登頂を果たした話がすこぶる面白くって興味津々だった。でも、色々な意味でやっぱりボクには無理だなと分かったのはとても良い収穫となった。登頂する話を聞いているだけでもう大満足だもの。

IMG_7348-2019s.jpg

さて今年も、只木さんのコシアブラの天ぷらの力を借りた“他力本願そば”がすこぶる美味しかった。来年もまた是非ともよろしく頼みたい。そしてサポートしてくれた丸鍋メンバーの皆さんも、また来年もよろしく。m(__)m

IMG_5946-2019s.jpg

覚書:帰りに立ち寄った道の駅たばやまの、“丹波山温泉 のめこい湯”のレストランの『塩かつ丼セット840円』がなまら旨かった。べらぼうに旨かった。めちゃくちゃ旨かった。

 
| 山歩きと山登り | 20:06 | comments(6) | -
| 1/305pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco