bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
燕岳・大天井岳歩き〈前編〉


6年前の『槍ヶ岳縦走山行』のこと。上高地から蝶ヶ岳、常念岳と縦走し、東鎌尾根ルートで槍ヶ岳を目指して歩いたとき、あまりにもお疲れちゃんで肝心の“大天井岳”をスルーしてしまったオレのバカ。

先日の『ハイク&呑みキャンプ』でのこと。山談議で盛り上がり、↑上の山行の話をしたら、去年歩いた“オレのルート”どうよ?とスロトレさんが云う。のんびり歩けてたまにはそんなルートも良いのでは?とエロトレさんが云う。中でも興味しんしんになってしまったのは、大天荘で食べた“とんかつ”が絶品だったと云うスロのバカ。

さてそんな↑美味しそうな話を聞いてしまったら、居ても立っても居られない夫婦のボクらなものですから、丁度この“コロナ禍”で苦しめられている山小屋に、“お金を落としてくる”目的を持ってのゆる山行を計画。
普段はテント泊を好んで山を歩いてくるのですが、こんなことになろうとはコロナのバカ。




そんな『三つのバカ』が重なった、9月の13日(日曜)〜15日(火曜)の、燕岳と大天井岳を歩いてきた北アルプスでの話です。


――――――――――




今回の山行は全て“小屋泊”でごはんも全て“小屋で食べる”と決めていましたから、テント泊山行に比べると準備がずいぶんと楽ちんです…。
のはずなのに、実は小屋泊する山行にはあまり慣れておらず、あれ必要これ必要ないと山道具の厳選には時間がかかりました。

さらにこのコロナ禍での山行ですから、行く先の小屋の情報をウェブでしっかり得ておかないとと思い、実はいつもの山行以上に時間がかかりまいっちんぐ。




今回泊まった二つの小屋では共通して、予約者のみを受付し、通常よりも受け入れ人数を少なくして応対し、小屋内ではマスク着用は必須事項で、そこかしこにあるアルコール除菌を毎回使用することがルールとなっていました。
そして受付どきには、事前に記入して持参しなければならない“COVID-19チェックシート”の提出を求められます。

これはこのコロナ禍では致し方ないことなのでもちろん小屋のルールに従いますが、とにかく手間で面倒くさかったのが『マスク着用』による動作。
小屋内では、飲食以外ではマスクを着用するので、飲食したあとや自室で過ごしたあとはすぐにマスクの着用を忘れてしまいます…。そんな点が、なかなかに、面倒でした。


――――――――――




さて、山行の話です。
13日の日曜日。3時30分に起床し、4時に家を出立。事前情報から、混雑しているであろう中房温泉の駐車場にははなから停めず、麓の“穂高駐車場”を目指しました。7時30分に到着。
予定していた“中房温泉行きの定期バス”は、二便の8時25分発だったので、約一時間も早めに到着する。車の中で朝ごはんを食べ、ゆっくり身支度してもまだまだ時間的余裕があったので“バス停のある穂高駅”へと歩いてゆきます。




すると、穂高駅のタクシーから提案があり、ボクらと同じように早着の登山者二人が居るので、四人で乗り合って中房温泉へ向かってはどうかと云う。ふむ、なかなかの営業上手。
バスなら一人1800円なのだが、四人で乗り合えば一人2100円と云うので、提案を受けて待ち時間無く中房温泉へ向かいます。これは幸先がよい♪




ところがどっこい中房温泉に到着するとどしゃ降りの雨。たまらずにカッパ上下とザックカバーを着衣し、8時30分に歩き始めます。ああ…雨とはついてない…。天気予報ではこの日は終始曇天のはずだったんです。
雨のせいか汗のせいかも分からず全身びしょ濡れになって登る合戦尾根。急登の難易度よりも豪雨に打たれながら歩くのに難儀したものです。




ちょうどお腹が空いた頃、“合戦小屋”に到着します。タイミング良く雨もちょうど止んでくれたんで、外のテーブル席でひと休み。
今回いつもならがつがつ前を歩きパワフルなヨメ氏が何やら絶不調。頭痛や食欲不振などの症状からよくよく考えてみると、どうやら高山病の様子が少し出ているようでした。
なんせ標高の高い山はもう何ヶ月も歩いておりません。合戦小屋まで休憩なしで一気に歩いてきた分、小屋では十二分に休んで体調を調整します。




合戦小屋では名物のスイカを貪り食い、山菜うどんまで平らげます。このとき困ったのが、全てびしょ濡れだったので当然お財布もびしょ濡れで、中に仕舞ってあるお札が濡れてくっついてしまい、なかなか支払えずに超難儀。良い教訓になりました。




ところで…今山行は終始タバコ吸いの“マナーの悪さ”に悩まされました。10年前はボクも超のつくヘビースモーカーでしたから、山の上で吸うタバコの旨さは痛いほどに分かっています。
なので、けっして吸うなとは思ってはいませんが、一服する“場所”と“タイミング”を見計らってほしかった。これからのタバコ吸いたちは、吐き出す煙の行く先と登山者が集まりそうなところでの喫煙は『NG』かと思うんです。
ましてや人がごはんを食べているところにタバコの煙が流れてきては、どんなにロケーションがよくても美味しさが半減です。




合戦小屋で小一時間も休んだら、ヨメ氏の体調もずいぶん復活してきたので、この日の目的地『燕山荘』へとゆっくり歩き始めます。雨が上がってくれたのが幸いし、出だしは快調でした。
ところが山の上に燕山荘が見える休憩ポイントからが遠かった…。この日の宿へ、なかなか辿り着きません。燕岳はお天気が良くなかったので、登頂は翌日へ持ち越しし早々に呑み三昧♪






燕山荘に着いたら、マスクを着用し予約した旨を伝えチェックイン。事前に記入して持参した“COVID-19チェックシート”を提出し、コロナ禍での小屋の過ごし方の注意事項を受け、首元に検温されました。山歩きでカラダを動かしてきたあとの到着だったんで、少し焦ります。




燕山荘では“個室”を借りました。日曜の宿泊でしたので一人13500円と少しだけお得。“安曇野”と云う個室は6帖の部屋で、景色が良くてとても快適でした。感動したのは部屋から朝日が見えること。たまりません。
部屋では、ボクらはお願いされていた寝具のひとつ、シュラフを持参して、直接畳の上に敷いて寝ました。カバーをかけた枕だけは借りて、使用後はカバーは持ち帰ります。




燕山荘の食堂横にある“喫茶サンルーム”では、ヨメと二人で生ビール大会。
ワインや三岳やすだち酎など、口直しのお酒は幾つか持ってきたけれど、この山行では山小屋の“生ビール”をじゃんじゃん呑むと云う目的があったので、こんなにお財布気にせずに呑むビールは久しぶり♡
因みにヨメ氏はサンルームで食べられるケーキ(モンブラン)にお熱だったが、晩ごはん前のため諦めさせた。大変だった…。
サンルームが密になり個室へ退散し呑み直し。






待望の晩ごはんは5時15分から。二回転のうちの一回目。
正直、ずいぶんな登山客がいるなと云うイメージでしたが、間隔の空いた席などを見ると、やっぱり6割程度には収容人数の調整をしているようでした。対面の席にはアクリル板のパーティションが設置され、コロナ禍での苦肉の策も随所に見られます。



晩酌にはまた生ビールを呑りながら、赤沼オーナーのホルンと面白いおしゃべりを聞きながらの食事は18時に〆。おしゃべりが過ぎて10分の延長でした。


――――――――――



綺麗な朝焼け。




朝ごはんは5時45分から。朝からもりもり食べて、快便。トイレが水洗で綺麗で驚愕した!
売店では畦地梅太郎 山男エプロンの紺色とエンジ色を購入。昔ながらのエプロンとはなかなか珍しい。家で使うことになりそう。1つ1500円と格安だった。








燕山荘をチェックアウト後、空身で“燕岳”へ向かいます。
やっぱり“晴れた日の山”は何においても良いですね。この日の行程は無理なくゆっくりでよかったので、山頂での山時間を大いに楽しみます。



〈燕岳 山頂〉






イルカ岩に軽く感動をするおのぼりさん。




燕山荘のラックに預けたザックを引き取り、身支度を整えて“6年前の忘れ物”を果たしに“大天井岳”へ向かいます。






右に見える槍ヶ岳と穂高連峰を見ながら歩く稜線がとくに素晴らしい。さっさと歩いてしまうのが勿体ないので、ところどころで歩みを遅め、景色をじっくり堪能します。






ところで、槍穂が見える尾根の西側(右側)を歩くには涼しくて快適なのだが、逆に尾根の東側が異常に暑いのだった。上着を脱いだり着たりと忙しい。汗



〈喜作新道〉


〈登り返し〉



喜作新道を経由して槍ヶ岳への分岐点まで歩いてきたら、あとはひと踏ん張り。最後の登りがしんどいが、後ろにそびえる燕岳を見返して英気を養います。





大天荘』に到着。
そしてそのまま“6年前の忘れ物”を果たしに“大天井岳”へ向かいます。重たいザックを小屋にデポしてくれば良いものを、そんなことも忘れて念願の登頂を果たして山頂で一人ひとしきり堪能中!で感動中!!




―――続く―――
 
| 山歩きと山登り | 16:37 | comments(0) | -
雨巻山歩き


『朝山歩(あささんぽ)』―――9月6日の日曜のこと。




2時半に起きて、3時に家を出る。山仲間と5時に大川戸の駐車場で集合し、身支度を整えて歩き始める。
暑くなる前の、山歩き。それでも何回手ぬぐいを絞ったか数えきれぬ…。湿気がじめっとまとわりつき、噴き出してくる汗が底知れない。




しかしながら早朝に歩く山は、朝もやなどの綺麗な景色が見られてとても楽しかった。また、この山をホームとしている仲間の後ろをついて歩くのも安心感があって愉しかった。




このコロナ禍での近況を話ながら山を歩く行程も、話したいことだらけであっという間の時間であった。よって、この山歩きが終わったあとも、仲間の家で続きの会となったことは云うまでもありません。
ご馳走してもらった新潟の日本酒「特別純米酒 菅名岳 九」がべらぼうに美味しかったのは、まだ記憶に新しい♪




今回の朝山歩。実は試してみたい装備があって丁度良い山歩きでした。
短パン推しがすごい山仲間の忠告を聞き入れて、遅ればせながら初めて山で“半ズボン”を穿いてみたのであった。
確かにこれは涼しくて快適であった。もうすっかりと病みつきである♡




それから、涼しいとされるサポートタイツも試してみた。C3fitのインパクトブリーズと云うもの。
膝裏、お尻、そしてちんちんのところがメッシュ素材になっており、これがすこぶる涼しくて気持ちがよい。
ただ…、卸し立てだからなのか、足を通すときがとにかくキツイ。通常タイツと同じサイズなんだけれども、サポート力が半端ではない。
夏の衣服装備、双方共にいい塩梅であった。




お気に入りの、山の行動食(ドラヤキワダヤのどら焼き)を食べながら、常陸那珂方面の“海”が見えることを教えられてびっくりする。低山でも実に景色の良い山であった!
雨巻山”にて。
 
| 山歩きと山登り | 07:34 | comments(2) | -
避暑キャンプ&ハイク


8月29日(土)〜30日(日)の『カヤの平高原キャンプ場』と『八剣山歩き』でのこと。





冷房の効いた部屋でじっとしていれば良いものを、カラダを動かしたくて外に出てみりゃ、ここのところ一瞬でくらくら目まいがするほどの暑さが続き、どうにもこうにもやるせない。マスク外せない。( ꒪Д꒪)




夏山の計画をするも、ここのテント場は予約が必要であそこのテン場は予約が要らなかったり、withコロナでの山歩きでは当然のことなのであるが、小屋内へ入るにはマスクや何々が必須ですよと事細かく決められたルールをネット情報で得てゆくと、、だんだんと山行の計画自体も面倒くさくなって、仕舞いには幾つもの山歩きを止めてしまった今年のこの夏…。コロナ禍でのこの暑さ、本当にどうかしているよ…。( ꒪Д꒪)




てことで、涼しいところでたまには仲間とスカッと呑んで語らいたいなと思い、きっとボクと同じく悶々としているであろう山の仲間に声をかけてみたら、“A5ランクのお肉”をたくさん持参して、陽気な関西人の『スロトレ氏』が参加してくれた。




ブナの森と湿原ずきのスロさん、ショートパンツ姿で参上。
「いいぞ!短パン。涼しいぞ!短パン」と短パン推しがとにかく凄い。とりあえず来年は二人してもっと短い“山と道の短パン”を穿くことを約束し、先へ進む。




湿原の木道へさしかかると、この時期はあまり登山者が立ち入らないからなのか、両サイドに生えている雑草が伸び放題で肌がめちゃくちゃに痛い。スロさんなんてミミズ腫れになっていたもんだ…。笑




カヤの平キャンプ場から八剣山の山頂までは、一時間程度で到着できる登山道。山頂直下だけが少しだけ険しいが、あとはほぼ平坦で歩きやすいことこの上ない。




ブナの森は本当に綺麗なので、この日も“大きな休憩”をとりながら、ゆ〜っくりと歩いてキャンプ場へ戻ってゆく。




カヤの平のブナの森は、たとえ雨が降っていても綺麗なたたずまいが楽しめるところが特に素晴らしい。
ブナの幹に流れてくる雨が、油絵のような色鮮やかな色彩を浮き出してくれる木肌に魅力を感じます♪




往復3時間程度のハイキングのあとは、キャンプ場へ戻って待望の呑み始めエンドレス。お互いの近況報告から山行報告とお話もエンドレス。
お約束の例のビールから日本酒にワインといつも通りの流れで呑んで語り合っていたら、あっという間に夜が更けてボクは知らぬ間に撃沈していた模様…。( ꒪Д꒪)




☆―――――☀



翌日、珍しく(!)ボクだけが二日酔いじゃない朝をむかえて、ホットドッグを一人で3つもたいらげる始末であった。元気であった。




さてコロナ禍でのこの生活。ボクと同じように3月中頃からリモートワークとなったスロさんの生活ぶりも、何やら少し疲れが見え始めているのでは?と思っていたのは杞憂であった。
このピンチな状況を乗り切るための策はいくらでも持っているようであった。流石だなと思う。でも…そのお腹とおっぱいは何とかせねばいかんよ…。( ఠ_ఠ )
 
| 山歩きと山登り | 07:03 | comments(2) | -
続・高反発まくら


たかが枕、されど枕。


ボクは『天然ラテックス枕44』と云う“高反発まくら”を、ほぼ“3年間毎日”のように使ってきました。
そしたらあら不思議、肩こり軽減に毎日安眠と、良いことばかり。これは本当のこと。




そんなボクの“枕”を横で見ていたヨメ氏。しびれを切らしたのか、とうとう自身の分も導入に至ります。
ぽわんぽわんな感触が、とても塩梅良しとのこと。そしてやっぱり良く眠れるのだそうです。何にでも辛口評価のヨメ氏に薦めて、実に3年もかかりました。ほらみろ です♪

※AmazonやYahoo!ショッピングで買うと格安(25% off)なのが嬉しい♪

――――――――――





因みに、外出先でのヨメ氏の“NO1まくら”は、北軽井沢スウィートグラスのキャビンとコテージに標準装備される寝具の“枕”なんだそうだが、そこの枕はボクが知る限り、あと二人もファンがいる模様。非売品なのが残念である…。
 
| 道具など | 16:50 | comments(0) | -
火打山歩き


先日のこと。新しい“テント泊用のザック”を手に入れた。そしたらテント泊に行かねばならない使命がふつふつと湧き、新しい相棒のザックを引き連れてテント泊山行に行ってきました。8月4日(火曜)〜5日(水曜)の話です。




“夏山はじめ”となるこのテント泊山行は、去年の8月“飯豊本山・大日岳”以来の、実に一年ぶりのテント泊となりました。あまりにも久しぶりのテント泊だったもので、行く先を何処にするべきか悩んでいたら、山仲間の山行の記事が目に止まります。




地図を出して調べてみると、登山口までは高速道路から近く、駐車場もトイレもあってとても入山しやすいことが分かった。どうせなら初めて歩く山に行きたかったので、高谷池ヒュッテのテント場でのんびり呑むことを目的として、『火打山』を歩いてくることになりました。




登山口に直近の駐車場へジムニーを停めて身支度を整えていると、多くの車が後から次々とやってきます。
さて、登山口ゲート建屋の集金箱に入山料をいれて入山。登山道の序盤はボクの大好きな緩〜い登り坂。よく整備されていてとても歩きやすい。木道の階段もピッチよく歩ける歩幅でこれまた歩きやすい。




酒とつまみを持ちすぎたのでは?と一抹の不安は感じるものの、ずしりと重たいザックが今山行は妙に心地良い。新しいザックの調子がすこぶる良いのであった。
とりあえずは高谷池ヒュッテのテント場までの、たったの3時間半の山行です。久しぶりのテント泊とはいえ、我慢できないはずがない。




…我慢できなかった。😫 蒸し暑くって、風がにゃい…。😫
序盤の木道と大きなブナ林の道は気持ちよく歩けたのだけれど、黒沢を過ぎたあたりから信じられないような“大汗”をかき、足が前に進みません。
十二曲り、ならぬボクにとっては十七曲りはあったのではないかと思われる、つづら折れの急坂をやりきって富士見平へゆくのに、相当に難儀してしまった。予定CTを大幅超え…。
( ꒪Д꒪) 白目






黒沢岳を左にまいてゆく登山道で、まだまだ先は長そうであったが、ようやく見たかった待望の景色を目にすることができて元気を取り戻す。そしてこの日の目的地とした“高谷池ヒュッテ”も見えて更に元気を取り戻す。




…元気が回復しなかった。😫 テン場暑くて、風がにゃい…。😫
ボクには珍しくお昼ごはんのおにぎりが喉を通りません。今回の体調不良はあきらかに“シャリバテ”と分かってはいるのだけれど、兎にも角にも暑くて🍙おにぎりが喉を通りません。今度からは喉をするする通るゼリー状のものだけにしようと学びます。






さてその“高谷池ヒュッテ”のテント場。一人1000円で30テントまで張れるキャパのところを、この日8月4日の火曜は28張りとほぼ満床。平日にもかかわらず、それは大層なにぎわいでした。
でもみんな翌日の妙高山アタックが控えていた方がほとんどなのか、18時にはとても静かなテン場となり、遅くまでだらだらとテント外で“呑んだくれていた”のはきっとボク一人だったように思います。汗




高谷池ヒュッテは今年2020年の5月いっぱいまで増築に伴う改修工事が行われていたようで、とんがり屋根の新館はとにかく綺麗な建屋でした。元からあった旧館も改修されたようで、新館に見劣りしないほどの装い。
特にボクは、洗浄便座付きの綺麗なトレイに感動してしまった。洋便器でウォシュレット付きで土足厳禁だと、皆さんトレイを綺麗に使うようで何よりです。




テン場で一時間ほど休憩したら、根の生えた重い腰を上げて『火打山』へと向かいます。もうこの日はテン場でビール呑んでまったりしちゃおうかしらとも考えましたが、とにかくテン場が暑くてじっとしていられません。
少しでも涼を求めて、火打山へ向かうことになったんです。




ちょうど高谷池を挟んでテント場の対岸から、火打山への本格的な登山が再び始まりますが、そこから高谷池の湿原と高谷池ヒュッテを見る景色が抜群に素晴らしくて、今度は違った意味で足が先に進みません♪



俯瞰で見る『池塘』が美しすぎて、すこぶるナイスビュー。草紅葉した秋の景色も当然見てみたいのですが、こうして緑鮮やかな池塘の景色の方がボクは好きかもしれません。






天狗ノ庭では、湿原に映り込む“逆さ火打山”とぽわぽわワタスゲ天国に歓喜し、先程のぐだぐだだった疲れなんてあっという間に吹っ飛んだかと思いましたが、然うは烏賊の金玉で、実はここからの1時間半がぐだぐだで本当にしんどかった(ひどかった)。

―――💧



時折吹く風に足を止めて小休止、自分の水を飲み干して小休止、ヨメ氏の水を半分もらって小休止、、何とか“雷鳥平”までは辿り着けたものの、あまりの暑さで意識がもうろうとし、ヨメ氏秘蔵の凍ったウィダーインゼリーを奪って一気飲みしだす始末でもう大変…。ヨメ氏談。😫




火打山、山頂。…ガスでした。😅
大展望とのことでしたが、360度まったく何も見えませんでした。しかも山頂ビールを味わおうと用意してきたキンキンに冷えたビールをテントに忘れてもう散々…。途方に暮れるとはまさにこのことかしら。






ところが下りは早いこと早いことこの上ない。先程のぐだぐだは何処へやらで、ヨメ氏にさんざん詰られて野次られながら、ペース良くテント場へと戻るのでありました。
駆けつけ一杯のキンキンに冷えたおビールが、どんだけ旨かったかは言うまでもありません。

―――✪






さて翌日。妙高山へのアタックは暑くてそうそうに諦めていたボクたちは、テン場をゆっくりと7時に出立し、茶臼山と黒沢池ヒュッテを経由してから富士見平へ向かうことになりました。
何やらそちらのコースもお花畑がすごいんだとか。前日の件もあるんで、この日はヨメの指示通りに動きます。




茶臼山を過ぎたあたりの稜線を歩いていると、これまた素晴らしい景色に遭遇します。目の前に妙高山を見ることは叶わなかったのだけれど、ぐるっと回ってきて本当に良かったと思うほどに素晴らしかったんです。






黒沢池の湿原では群生したハクサンコザクラが見られ、さらに先へ進むとここでも思いがけず、ぽわぽわワタスゲ天国の洗礼を受けながら歩いてゆきました。





まっすぐ最短距離で帰ろうと言っていたボクに対して、遠回りして寄り道して帰ろうと言い張るヨメ氏。これは黙って言うことを聞いておいて良かったなと思うほどにナイスなコースでした。ワタスゲすげー。




今回の山行。新しいザックを手に入れてのテント泊ができて楽しいものとなりましたが、反省点もいくつかあって、何年経っても夏の山はなかなか悩ましい。特に“シャリバテ”、“飲料水不足”、“暑さ対策”が顕著でした。
次の夏山は、なんとしても上の3つを克服して望みたい!!



山行:
4日(火曜):笹ヶ峰登山口P→黒沢→十二曲り→富士見平→高谷池ヒュッテ→天狗ノ庭→雷鳥平→『火打山』→高谷池ヒュッテ(テント泊)
5日(水曜):高谷池ヒュッテ→茶臼山→黒沢池ヒュッテ→富士見平→笹ヶ峰登山口P→車移動→燕温泉 黄金の湯

覚書:
次回は絶対に“笹ヶ峰グリーンハウス”の『ステーキ』を食べてから帰りたい。
 
| 山歩きと山登り | 16:44 | comments(2) | -
| 1/323pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE