bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
赤城山“黒檜山”歩き
赤城山“黒檜山”山頂

2月18日の日曜日のこと。前日に雪が降ったようで、たっぷりと雪があった赤城山の“黒檜山”を歩いてきました。
ボクらが赤城山を歩きにゆくときは、先ずは節約山行を望んでいるとき。自宅から赤城山までは下道で約100kmの道のりなので、高速道路は一切使いません。そして、赤城山を歩くと決めたあとは、目当てのサンドイッチが食べられる群馬県は邑楽郡大泉町にある“TOMIのパン屋”を経由地に設定して、赤城山の何処かの山へと向かいます。

no

トミのパン屋の良いところは朝6時からやってくれているのと、毎回必ず食べる“チーズコステーラ(500円)”がべらぼうに美味しいこと。しかも濃くて旨いブラジルコーヒーが100円で飲めるので、ヨメさんと二人で1200円の朝ごはんを山歩き前にのんびり取ることができて、これが実に都合がよろしいんです。

黒檜山登山道

さて、TOMIのパン屋に30分ほど立ち寄ったお次は、50km1時間半の道のりを赤城公園ビジターセンター(9時オープン)まで走ってゆき、そこで最後のトイレ休憩を済ませます。
ボクらの赤城山での山歩きはだいたいいつもそこを拠点として、黒檜山方面か地蔵岳方面か鍋割山方面かを決めるのですが、この日の天気は“お天気ナビゲータ”によるとどこも快晴だったはずなのに、いざ到着してみるとかなりの“吹雪”でまいっちんぐ。(´Д`)
峠道に入ってすぐに風が強く雪が多いな〜と感じてはいましたが、そこまでの風も雪も望んではいなかった。

黒檜山登山口

さてさて、そうなるとこの日の目的としていた山の上での“水餃子鍋”がおじゃんと消え、山行自体もどうしたもんかな〜とテンションがどんどん低くなってゆくボクとは対照的に、ちょっと試してみたい装備や試したいことがあると云う挑戦的なヨメさんの目が輝いた。
あえてさらに吹雪いているだろうと思われる赤城山の主峰、黒檜山を歩きたいと云うものだから、大沼の赤城神社先にある、黒檜山登山口前の“路肩の駐車場”へジムニーで向かいます。

黒檜山登山道

黒檜山への登山口はいきなりの急登が始まりますから、車から完全防寒の身支度を整えるのと同時に、12本爪アイゼンも装着して山登りを開始しました。ガシガシ先を歩いてゆくヨメさんの後ろをゆっくり追ってゆくと、結構な雪があることが分かります。
吹雪いているために気温もかなり低い。山頂では氷点下20度オーバー。アウターのフードを目深くかぶり、目元はゴーグルを付けて寒さ対策を施しましたが、この日は特に太ももが寒かった。

赤城山“黒檜山”登山道

でも、雪の登山道はそんなことも忘れるぐらいにとても綺麗でした。青空はちっとも出てきてはくれなかったけれども、吹雪で真っ白になった背景に、樹氷や霧氷が写り込むモノトーンな銀世界は、息を吞むほどにとても美しい。ボクの写真ではそれが伝わらないのが少し悔しく思うけれど。

赤城山“黒檜山”山頂

黒檜山の山頂までは、休憩無しで一気に登っていった。常にボクのずっと前を歩いていたヨメさんが、あまりにも元気だったのだ。これ あとで聞いてみると、みんな道を譲ってくれるものだから途中で休んでまた譲ってもらうのも何だしね、と云う。
今年の4月に、本当に最後の手術の、“ACL(膝前十字靭帯再建手術)”のボルト除去手術が残っているが、足の経過はいまのところ何もかもが順調に回復してきたことが見て取れる。あまりにも元気すぎるが・・・。(´Д`)

黒檜山登山道

話は変わり、雪山山行記事のところで何ですが、今年の夏からは実は“夏山の縦走”に行ける。これはボクが建築士資格試験の講師の仕事を去年秋で辞めたので、今年の夏からはその期間を“夏山縦走”にあてられるのです。夏の山に行くのは実に初めてのこと。
もちろん夏山と云えばボクらにとっては恋い焦がれたアルプスなので、北に南のアルプスへ行かない手はありません。北海道や屋久島なども視野に入れてはいますが、夏のアルプスへまだ一度も行ったことの無いボクらにとっては、先ずは北アルプスの山々の頂へゆくことが、いまの夫婦間でのホットな話題です。
それが実現できるようにヨメさんは足を治し、雪山山行も含めた毎週の山歩きを体力づくりに見据えて、現在に至ります。

黒檜山登山道

話は戻り、黒檜山からの帰りは下り一辺倒なので早いこと早いことこの上ない。途中、雲の切れ目から差し込む日差しで廻りがパァーっと明るくなる度にカメラで景色をおさめようと試みますが、ショルダーハーネスに直接取り付けていたデジタルカメラが寒さで動作不能となり役立たずになるというトラブルに見舞われてしまった。
やはりこんなロケーションの山行では、カメラはきちんとカメラバックに入れて、保温を意識した取扱いをしなければなと学んだ。いやそれにしても困ったときのiPhoneで、体温を感じられるポケットに入れていただけなのに本当に良く撮れる。これにはとてもビックリだ。( ఠ_ఠ )

黒檜山登山道

■山域:赤城山 黒檜山
■日時:2018年02月18日(日) 雪
■目的:雪山山行と水餃子
■山行:黒檜山登山口前駐車場(09:40)⇒猫岩(10:00)⇒分岐点(10:55)⇒黒檜山山頂(11:00)⇒分岐点(11:15)⇒猫岩(11:55)⇒P(12:05)
■ルートラボ:
赤城山“黒檜山”歩きシャシン記ログ
 
| 山歩きと山登り | 12:08 | comments(0) | -
日光社山歩き
日光社山からの眺望
〔せっかくの日光男体山が曇り空で残念賞〕

“日光社山”を歩いてきた建国記念日三連休最終日の、2月12日のこと。実に寒い山行でした。正確な気温こそ確認していませんが、山頂は麓の気温と標高差と風速を考えると恐らくは氷点下15度以下の世界。デジカメの電池があっという間に充電池切れとなり、カップラーメンが3分で冷たくなりました。パタゴニアR1フーデイのマスクとフードの部分が暖かくて特に重宝した雪山山行でした。

日光社山
〔一番向こうにちょこんと見えるのが日光社山〕

週末のいつもの山歩きを何処にしようかと決めかねているときは、ボクらにとっては困ったときのクニさんで、遊山通信の過去記事を参考にさせてもらい“日光社山”と決めました。この山仲間の素晴らしところは、穴場的空いている山域を比較的好んで歩かれているので、ボクらにはいつも願ったりかなったりの好条件の山を教えてくれるのだ。さらにGPSログも公開してくれているので、もうお世話になりっぱなし。

歌ケ浜第一駐車場
〔歌ヶ浜第1駐車場と雪だるま。この場所めちゃくちゃ寒い!〕

さてその参考にした山行記事によると、冬期は目的の駐車場の300m手前のトイレ(立木第二駐車場)しか使えないとのこと。もちろんそれに従ってさっさと用を済ませ、無料の“歌ヶ浜第1駐車場”にジムニーを停め、湖畔から吹き付ける冷たい風にぶるぶると震えながら、さっさと支度を済ませてハイクアップ。珍しく手袋も二重にして、パワーメッシュTシャツ+R1フーディ+ソフトシェル+ハードシェルの完全防寒の装いでスタートしました。

中禅寺湖と日光男体山
〔湖畔でドローン撮影をしていたお兄さんと遭遇。楽しそうだった♪〕

右手に中禅寺湖と日光男体山を見ながら、約4キロ1時間の林道を“阿世潟分岐”まで歩いてゆきますが、景色が良いので飽き飽きしなくてこれがすこぶる良い。スロースターターのボクにとっては、山歩き開始直後はこれが実に気持ちが良い。ゆっくりとカラダが温まってゆくので、“阿世潟峠”からがっつり上る急登に備えての良いウオーミングアップ代わりになりました。
とは言え、そんなものは関係の無いオールラウンダーのヨメさんにしてみれば、景色が良いのなんて最初の1キロ15分で十分らしく、あとは飽き飽きしてあくびしてました。(~_~;)

日光社山の登山道
〔お天気は終始曇り空なのだが、時折出る青空を逃さず撮影♪〕

今回の山行では一応ワカンを装備して歩きましたが、ルート上の雪道はしっかりと踏み固められており、ワカンが活躍することはありませんでした。逆に阿世潟峠からは雪があまりにも堅いので、早い段階から12本爪アイゼンを付けての登りに至ります。雪も峠からはかなりの少な目。
登山道には危ない箇所はほとんど見あたらず、山頂まではピッケルも不要でストックだけでゆきました。それよりもなによりも風が強くて寒気にやられ、指先がじんじんする痛みにまいっちんぐ。感覚が復活するのにかなりの時間を要してしまった。

日光社山からの眺望
〔山座同定の苦手なボクでも、ここからの眺めはいくら何でも分かる〕

山行どきの日光社山のお天気は、“てんきとくらす”で調べた通りに曇り空。時折ちらほらと青空が顔を出してはくれますが、眺めのいい日光男体山にはずっと雲がかかってました。日光社山の山頂越しから見える男体山の青空に映える凛々しい雄姿を期待していただけに、落胆は大きい。でもま、そんなお天気でも社山からのパノラマの眺望は素晴らしいものがあって、中禅寺湖、男体山、太郎山、戦場ヶ原などが綺麗に見えてなかなかのもの。

日光社山の登山道
〔雪の乗っている稜線をひたすら歩いてゆく〕

この日は5人の登山者とすれ違っただけだったので、目の前に広がる美しい景色をほぼ独占できたことに対して喜びを感じながら、“日光社山の山頂”をあとにしました。やっぱり空いている山は、いい♪ 山歩きの満足度が違います♪

日光社山の登山道
〔雪の中禅寺湖畔を歩くのは、とても気持ちがいい!・・・ボクの場合 ´Д`〕

■山域:北関東 日光社山
■日時:2018年02月12日(月)☁時々☀
■目的:雪山足慣らしとアイゼン歩行
■山行:立木第二駐車場(トイレ)⇒歌ヶ浜第1駐車場(08:40)⇒阿世潟(09:45)⇒阿世潟峠(10:20)⇒日光社山(11:40)⇒阿世潟峠(13:25)⇒阿世潟(13:45)⇒歌ヶ浜P(15:00)
■ルートラボ:https://yahoo.jp/ofMkB5
日光社山歩きシャシン記ログ
 
| 山歩きと山登り | 17:48 | comments(2) | -
有次のぐい呑み
有次のぐい吞み

毎度毎度会う度に「“それ”でお気に入りの日本酒でも呑んだらきっと最高だろうな〜♪」てオーラがボクから発せられていたのでしょうか、欲しかった“有次のぐい吞み”が手に入った。京都は錦小路の刃物屋さんのぐい吞みです。でもこれはまったく予期せぬ頂き物だったので、素直に嬉しくて秀樹感激してしまった。
器は、大きさ、質感、ともに文句なしのクオリティ。特に一番惹かれたのはこのぐい吞みの重量でした。銅製なので絶妙な塩梅。手に取るとその存在を感じることができる優れもの。なんと名前も入っている。ヨメさんの分も含めて、この先たくさん使いこんでゆきたいと思っている。贈り主と早くこの“有次(アリツグ)”で酌み交わしたいものだ。
それにしてもボクら夫婦はまるで“器の運”を持っているのか、知らぬ間に素晴らしい器ばかりが手に入る。どれもこれも使いこんでいるので、毎日晩酌が忙しい。~_~;

因みにブルーで綺麗なボトルの後ろの日本酒は、最近のお気に入り“越乃寒梅 灑”。麗しにさんずいで“さい”と読む。
| 頂き物など | 16:19 | comments(4) | -
天覧山&多峯主山歩き
IMG_2436-2018s.jpg

2月4日、日曜のこと。ボクにとってはインフルエンザA型からの病み上がりの山歩き。それに対して、カラダを動かしたくてやる気満々スイッチONのヨメさんがしぶしぶOK出してくれた山が、埼玉は飯能市にある『天覧山と多峯主山』でした。お土産にもらった山形名物の“みそ餅”を焼いてお茶するのが目的の山歩き。標高は300mにも満たない低山でしたが、インフルでよれよれなボクにとっては3000m峰の山登りに匹敵するぐらいの疲れかた~_~; 病み上がりには実に丁度良い山歩きでした。

IMG_3085-2018s.jpg

■山域:奥武蔵 天覧山&多峯主山(とうのすやま)
■日時:2017年02月04日(日) ☀
■目的:山ごはんと気晴らし山歩
■山行:飯能市市民会館P(無料)⇒中央公園(トイレ)⇒能仁寺(お参り)⇒十六羅漢像⇒天覧山⇒見返り坂⇒雨乞池⇒多峯主山公衆トイレ(バイオトイレ)⇒多峯主山⇒常盤平(お昼ごはん)⇒御嶽八幡神社(おんたけさん)⇒県道70号線⇒市民会館P

IMG_3097-2018s.jpg

当初は西武秩父線“飯能駅”周辺の有料駐車場にジムニーを停めてから歩くつもりでいましたが、分県登山ガイド 埼玉県の山によると、飯能市市民会館の駐車場は無料で停められると書いてあったので、スタート地点を大幅に変更。よって、幼稚園児でも簡単に歩ける今回のコースがより短く優しいものとなってしまい、時間を持て余してしまわないかと心配しましたが、それはそれ。病み上がりのボクにとっては願っても無いコースとなったことは云うまでもありません。

IMG_2521-2018s.jpg

眺めのよい天覧山と多峯主山は300mも標高が無いのに抜群の景色が見渡せる。老若男女問わず人気の山となっているのがうなずけます。難易度も健康だったらボクでもトレイルランニングができるほどなので、どんだけお手軽な山なのかが想像できるかしら。
驚いたのは鬱蒼としていなくて山がとても明るいこと。人工的に手がたくさん入り込んでいるのだけれども、とても整備されていてとても歩きやすい。またこうして病み上がりの調整山を探しているときに、再訪してしまいそう。あまり無理せず楽しく歩けたのが特によかった山行でした。

IMG_3052-2018s.jpg

山でのお昼ごはんは、山形の“みそ餅”を焼いていただいた。汁物はJALのコンソメスープとアマノフーズの味噌汁を合わせた。抜群に旨かった。今度来るときは、鍋を愉しみにくるのも良いかもしれないな。
 
| 山歩きと山登り | 11:59 | comments(2) | -
日光澤温泉歩きタコ炙り初め
IMG_2960-2018s.jpg
今年は戌年だから日光澤温泉も忙しくなるね、と夫が言う。
去年の酉年に「鳥」の付く山に登っていた女性を知っているが、
それとこれとは話が違う。
適当にこじつけているな、本当にそう思っているのか?まぁいいや。



IMG_5432-2018s.jpg
バフ バフッ

どーも、カミさんです。
1/27(土)〜1/28(日)に「いちにち」夫婦と日光澤温泉に行ってきました。



IMG_5454-2018s.jpg
永遠のチェリーボーイ克ちゃんと歌って踊れるチェリーボーイ好きのまさみさま、
のっけから我が道をゆくお2人さんである。



IMG_5443-2018s.jpg
そんな2人につられて、吊り橋(鬼怒の中将乙姫橋)を渡りきった所でワカンを着け、
我が道を行ってみたが、8歩あるいてトレースに戻る。体力温存。
ワカンを着けていても膝まで潜るし、引き抜くときの雪がずっしり重い。
スノーシュー装着の雅ちゃんは足首あたりまでしか沈まず、
同じくスノーシューの克ちゃんは膝まで潜る。どうしてか?って。
悪天候でテンションだだ下がりの割にはザックに夢をパンッパンに詰め込み過ぎているご様子。



IMG_5465-2018s.jpg
恒例のつらら採取の儀式
だいぶ雪に埋もれ、極太に1本化していた。



IMG_5511-2018s.jpg
「一杯やろか」としたら、吹雪くので移動する。



IMG_5504-2018s.jpg
てくてく てくてく 酒場を探して彷徨う。
克ちゃんの歩幅は私の1.5倍はあり、びっくり。てことは歩く速度も1.5倍ってことか?
どうりでと納得。



IMG_2870-2018s.jpg
「ならば、屋根のある所で一杯やろか」と八丁の湯の軒下をお借りして、
ウイスキーやホットワインをひっかける。
あと30分も歩けば日光澤温泉だというのにねぇ。



IMG_5521-2018s.jpg
たっぷり雪がある時にまた“友人家族たち”を連れて来られたらいいなぁと思う。



IMG_5528-2018s.jpg
八丁の湯〜加仁湯〜日光澤温泉まで、横風をもろに顔に受け、体が冷え切ってしまった。



IMG_2874-2018s.jpg
いい湯だな〜あははん



IMG_5537b-2018s.jpg
風呂をいただき、休む間もなく、炙り始める ”タコの人”



IMG_5530b-2018s.jpg
「働き者のいいお婿さん貰ったね〜」と暖房の効いた部屋で話してる時の、
克ちゃんを見つめる雅ちゃんの鼻の下はだらしなく伸びていたりする。



IMG_5533b-2018s.jpg
おまけに口元も緩み、鬼嫁ではなく、エロ嫁そのものだったりするのである。



IMG_5531b-2018s.jpg
冗談抜きで早く帰っておいで。(待ちきれない)



IMG_2878-2018s.jpg
スタンバイ中



IMG_2890b-2018s.jpg
サーモンやらあん肝やらをまじえて、ひと通り克上魚類プレイが終わってしまうと、



IMG_2900-2018s.jpg
「なんや その しんき臭い顔は!」



IMG_2914-2018s.jpg
「酒や!酒や!酒買うてこい!」

平常に戻り、黙って克ちゃんは御飯を3杯、夫は2杯、私も2杯、おかわりするのであった。

 


IMG_2927-2018s.jpg
朝食も克ちゃんは御飯を3杯、夫は2杯、私も2杯、おかわりをし、
雅ちゃんはお茶の入った湯呑みをひっくり返していたな。



IMG_2952-2018s.jpg
温泉神社へお参りを済ませ、バイバイまた来るね。



IMG_5554-2018s.jpg
針葉樹の森に興味のないお2人は黙々と進んでいく。



IMG_5581-2018s.jpg
帰りはトレースがしっかり付いているからと、ワカン無しで歩いてた筈なのに、
気を許すとトレースから外れ、体温が一気に上昇する、で着替え中。



IMG_5595-2018s.jpg
ズボ ズボッ
よーく遊んだ、おつかれさん!



鹿沼のみんみんで餃子を食べ、別れたあと、車の中で夫が「なんか喉が痛い」と言い出し、「酢コショウで餃子を食べたから、酸で喉が焼けたちゃったんじゃないの?」と私も適当な返事をしていた。
そのうちに咳が出始めたらしいが、私は助手席で口を開けスヤスヤ寝ていたそう。
翌朝、やはり喉の調子が悪いので内科を受診すると、まさかのインフルエンザA型との診断が・・・
2年前の悪夢が蘇る。すぐに克雅に連絡をして、それぞれ怪しい兆候はあったものの感染を免れた。
私はペットボトルの回し飲みや、カツカレーのカツを貰ったり、咳を浴びせられたり、隣で口を開けて寝てたり、随分と無防備にしてたから覚悟を決め検査を受けるも大丈夫だったーーーーー
体もだるく、目もしばしばして、喉もいがらっぽい気がしてたのに何だか拍子抜け。まさに病は気からだったな。夫も高熱にうなされることもなく、喉の痛みと鼻水、倦怠感のみ。これじゃあただの風邪だと勘違いして、病院に行かないかも。
インフルエンザ=高熱、ではない事を初めて知った。
| 山歩きと山登り | 21:48 | comments(3) | -
| 1/283pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco