bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
丸川荘で食べた山小屋ごはん
丸川荘の朝ごはん

丸鍋会でいつもお世話になっている大菩薩は丸川峠にある山小屋・丸川荘には、すごく美味しいと評判のいい小屋ごはんがある、らしい。しかも朝ごはんには名物の「とろろかけごはん」がある、らしい。なので、らしいではあまりにもアレなんで、今回は初めて丸川荘でその山小屋ごはんを実際に食べてきた。そしたら晩ごはんも朝ごはんも花丸の◎だった。まさに噂の通りで嬉しい限り。(・∀・)

丸川荘の晩ごはん

17:30 晩ごはん。
鮭ときのこのホイル焼きに愛媛のレモン添え、オリーブとトマトとりんごの特製マリネ、たくあん、いよかんゼリーのワンプレート。クラムチャウダー。ごはん。
ごはんをお代わりし、クラムチャウダーもお代わり。お腹がパンパンになり、珍しく持ってきたおつまみが何一つ食べられなかったと云う始末でまいっちんぐ。
普段はデザートなんて食べないんだけれど、いよかんゼリーの美味しさに感動する。



7:30 朝ごはん。
とろろごはん、きのこの味噌汁、アユの甘露煮とゴマ豆腐とらっきょとプチトマトのワンプレート、たくあん、海苔、いよかん。
とろろかけごはんをお代わりし、味噌汁もお代わり。お腹がパンパンになり、しばし無言となる。始末が悪い。想像以上に美味しくてまいっちんぐ。
朝食後、予期せぬサプライズゲストありで、とても有意義で贅沢な山小屋時間を満喫することができました。
| 山めし | 12:03 | comments(1) | -
日和田山歩き
日和田山 金刀比羅神社

10年ぶりに新しく買ったTVには、録画機能が付いていた。いまさら「ん?」と思うかも知れないが、ボクんちはこの10年、TVを録画したことが無い。もちろんそれは、録画機能が付いたTVが無いからであるし、録画ができる外付け機器も無いからなのだが、無ければないでいつもどうにかなっていた。一応、今回は山に関する記事です。~_~;
でもこの正月にとうとう液晶テレビが壊れてダメになった。仕方がないので新しいテレビを買ったら、これが色々と優秀でぶったまげた。特に驚いたのは録画機能に関するところ。文庫本の半分ほどの大きさの外付けハードディスクに、何十時間も録画ができちゃうのには本当に凄いと驚いた。
すると、その便利な機器に魅せられて、「山」に関する番組を見つけては幾つもの録画を楽しんで観ていたら、去年他界してしまった山の偉人である田部井淳子さんの番組があったのだ。
その中で田部井さんは、埼玉県は日高市にある「日和田山」を、のんびりと歩いていたシーンがあった。ちょうど足首を骨折して、山歩きからしばらく遠ざかっていたヨメさんのリハビリ山行をしに何処かへ行こうかと思案していたところだったので、録画した番組をとてもナイスなタイミングで観ることができたのだった。
ヨメさんに日和田山はどうか?と聞くと、あの近くには確かホワイト餃子の日高店があったから、そこならOKだな、と了解してもらい、日和田山をのんびりと、ボクらも歩いてくる運びとなったのだ。それでヨメさんの足の具合は、横根っこや縦根っこにはまだトラウマがあるようで慎重に歩んでいましたが、予想に反してこれがなかなか元気でした。(・∀・)

日和田山の登山道

さて、ここからがやっと山の記事。1月の9日、成人の日の祝日のこと。登り始めが13時過ぎと遅かったのが幸いしてか、無料で停められる3台の駐車場へ無事にINし、身支度を整えて日和田山へ登り始めます。標高は305mとお手軽な奥武蔵の山なので、とりあえず防寒着と水だけを持って、緩い緩い坂道を上ってゆきます。
男坂と女坂の分岐に差し掛かると、迷わず男坂へと歩を進めます。そしたらあっという間に金刀比羅神社の鳥居にたどり着くので、そこからの良い景色をひとしきり眺め、楽しみ、お参りをして先にある山頂まで歩を進めます。
この日は防寒着なんて全く必要がないほどに暖かく、とても日差しが気持ちよかった。午前中の雨がまるで嘘のように晴れ渡り、温かな湿度に包まれた、ポカポカ陽気のリハビリ山行と相成りました。たまにはこんなのんびり山行も良いものです。

日和田山の登山道
| 山歩きと山登り | 08:14 | comments(0) | -
SUN DOVE DINER

SUN DOVE DINER(昼)

こんな田舎の駅前に、こんなに美味しいハンバーガー屋があったのには正直驚いた。全国規模の、チェーン店の例のハンバーガー屋ではなく、ひとつひとつを手作りで丁寧にこしらえてくれるハンバーガーだから、バンズで挟んだ上から下までが全部この上なく旨い。ハンバーガーの嵩もこの上なく厚い。ついでに、やる気みなぎる店長もこの上なく熱い。寒くても一年を通していつでも半袖に短パンとのこと。~_~;
SUN DOVE DINERを見つけたのは、丁度このお店がオープンしてから一年経ってのこと。実にもったいない期間を過ごしてしまっていたようだ。たまたまお店の前を歩いていたら見つけたのだった。道路に面した厨房で、ハンバーガーのパティを一生懸命に焼いている店長さんに何か感じるものがあったのだと思う。意を決してお店に入ってみたらこれが大当たりだったと云うわけだ。
今ではたまに夜も訪れて一杯ひっかけてから家に帰ったりしているが、このお店のポリシーとしてその日のハンバーガー(パティ)が売り切れてしまうと店仕舞いするとのことなので、今日ちょっと呑みたいなと思って立ち寄ってみたらお店が閉まっていると云うフラレ方がよくあるのが玉に瑕。

SUN DOVE DINER(夜)

サンダヴダイナーでのおすすめは何と云っても「チーズバーガー」かと思う。まろやかで味わい深いチーズがすこぶる美味しい。しかも付合せのポテトがこれまたグー♪(・∀・)
ポテトは細いのと太いのが選べますが、塩分をより感じられる細いポテトの方がボクは好きで良く食べる。15時までは毎日プラス120円でドリンクが格安でセットできるので、コストパフォーマンスもすこぶる良い。コーラ頼んだらきっと大きさにビックリすることうけあいです。笑
ボリュームがあって肉肉しくジューシーな作りたてのハンバーガーなので、これが美味しくないはずがありません。どうやら良いお店を見つけてしまったようです。2017年からは店内が完全禁煙に。それもまたグー♪(・∀・)

続きを読む >>
| お店など | 13:52 | comments(0) | -
イチローズモルト
イチローズモルト/ダブルディスティーラリーズ
イチローズモルト / ダブルディスティーラリーズ

去年の忘年会で初めて呑んだイチローズモルト。その美味しさは噂の通りで、口の中に広がるふくよかな甘味と品の良い香りがたまらなく美味しかった。一杯目はロックで吞んで、二枚目は水割りにして吞んでみた。う〜む〜、どちらも旨い!(・∀・)
自分でも是非買って家呑みしたいところであるが、今はもうこのイチローズモルトが大人気で予約無しでは買えないと云う。まいっちんぐ。
忘年会へのお招きも、イチローズモルトの差入れも、どちらもご馳走さまでした。m(_ _)m 今年も一年、なんだか頑張れそうです(笑)。毎度の山の仲間に感謝。
| 呑み(飲み)物など | 17:30 | comments(0) | -
年越しスクアミッシュ
リゾートイン スクアミッシュ

2016年の大晦日の話。福井の山仲間と、楽しくて美味しい年越しを過ごしてきました。福井の「」とは年末一緒に過ごすのはもう毎年のこと。いつもは何処かの山を登り、そして温泉に入って一緒に食卓を囲み、べろべろになるまで酒を酌み交わすのが恒例となっていたんだけれども、去年の10月に何とヨメさんが足首を骨折してしまい、毎年恒例の忘年山行ができなくなってしまったため、今回は山無し県での年越しとなってしまった。(>_<)

スクアミッシュ ダイニング

さて年を越してきた宿は車山高原の「リゾートイン スクアミッシュ」と云うところ。一日限定四組しか対応してくれない小さな人気のペンションなので、そもそも予約が取りづらい。ところがどっこいFBに流れてくるスクアミッシュのTLを眺めていると、大晦日の31日に一部屋空きが出たと云う情報をキャッチ。ちょうど忘年山行は何処に行こうかと思案していたところだったので、とてもナイスなタイミングにそれこそ喜びもひとしおであった。

スクアミッシュ テーブル席

地のものを使い、素材にこだわった料理を食べさせてくれるスクアミッシュは、とにかく朝晩の料理が旨い。ボクごときでもその美味しさが理解できるような難解なごはんでは無いところがこれまたグーで、何度来ても満足させてくれるクオリティの高い料理の数々にはとにかく圧巻される。今だから失礼ながらに云うと、ペンションの規模から考えるととてもじゃないが想定外の美味しさで驚いたもんです。~_~;

スクアミッシュ テーブル席廻り

さて当日。スクアミッシュのチェックインは15時からとちょいと遅めなので、家をゆっくり目に出発して先ずは大好きな蓼科温泉共同浴場へ向かい、一年の汗を流してからゆくことにしました。ゆっくりお湯につかった後は信州そば処の三五十屋で年越し蕎麦を食らい、寄り道道草を楽しみながら15時前に無事に到着。
そしてチェックイン早々にスクアミッシュのオーナー中橋さんとお喋りをしていると、遅れること15分で福井チームも無事に合流。手白澤温泉で年越ししたっきりだからほぼ一年ぶりの再会にこちらでもお喋りの花を咲かせ、そのまま18時の晩ごはんへと突入していったのでした。

車山高原 大晦日花火大会

楽しくて美味しい食事が終わると、一同そそくさと部屋に戻り防寒着を着て外に出た。この日、大晦日には車山高原スキー場で特別に花火が上がるイベントがあると聞いていたので、たいして期待もせずに見にいったら、なかなかどうしてこれがすこぶる楽しくって大はしゃぎ。冬の寒空に浮かぶ色鮮やかな花火があんなにも綺麗なものだとは露知らず。しかも目の前で観賞していたから迫力も満点だったのだ。年越しスクアミッシュ、とても楽しかった。病みつきになりそうである♪(・∀・)

スクアミッシュ 夜景
続きを読む >>
| 出来事など | 16:59 | comments(0) | -
丸川荘の木のカップ
丸川荘の木のカップ

大菩薩嶺の丸川峠にある山小屋、丸川荘の小屋主である只木さんがつくる木の器は、なんだか妙に味わい深くてとても肌触りが良くってどこか懐かしい感じがする。と、山の仲間からはたくさんのいい評判を聞いていた。そんな木彫り職人の顔も持つ只木さんの木のカップは、実はボクのところでも毎日使っていて、コーヒーに紅茶、ワインにビールとなんでも来いだ。
なもんで木彫り特有の表情の変化が楽しめるので、今ではとても愛着のある木のカップとなっているんです。特に手前ヨメさんのカップの方は、段々と色濃くなってきてさらに男前な面構えになってきた。コップを洗ったあと、オイルを手で馴染ませるようにまんべんなく拭ってやると、良いみたい。お気に入りの様子。

因みに奥のカップにある蝶ネクタイ柄の模様は、カップに亀裂が生じたため修繕してもらった後の様子。これはこれでなかなか趣があっていいし、ボクのものの目印にもなる。とてもいい塩梅。
| 山道具と山話 | 14:34 | comments(0) | -
矢グリマスパーティー
矢グリマスパーティー

今年も山仲間の矢車姉さんから、クリスマスのホームパーティーに呼ばれて顔をだしてきた。いつものことながら、テーブルの上に出してくれる手作り料理の数々が華やかで綺麗でべらぼうに美味しかった。

燻製した肉を持って行ったけれど、そんなもん要らなかったんじゃないかと思うぐらいにメニューも豊富。しかもそのほとんどを全部1人でつくっちゃうのだから、パーティー慣れした手際の良さに今年も脱帽でした。
さて来年のはいったいどんな感じの宴になるのだろうか。怪我も無く(・・・!(>_<))またみんなで集まれて楽しめたら最高ですね。愉快な会へのお招きに、今年も大感謝。

矢グリマスパーティー

なんと写真がここまでしかない・・・。~_~; 途中から大いに酔っぱらってしまいこの他に出てきたものが記録されておらず。翌日に見た空き缶と空瓶の数が実に見事だった。まいっちんぐ。
| 出来事など | 21:32 | comments(0) | -
武甲山で食べた山めし
栃尾の油揚げの鶏鍋

山歩きに行こうと決めていた週末前のとある日、お歳暮に「栃尾の油揚げ」がたくさん届いた。山ごはんは何にしようかしらと思い悩んでいたので、これの登場にはとてもありがたかった。男同士でゆく山行の山ごはんなので、あまり手のかからない「鍋」としたかったから丁度よかったのであった。

山で食べてきた山鍋は、油揚げの他に鶏肉もたっぷり入れて、一応来年の干支にちなんだ「鶏鍋」としてみた。山専ボトルに入れて持ってきた熱いお湯で沸かす時間を短縮し、鶏だし・うま塩の鍋キューブを4つ入れて、家で刻んでジップロックコンテナに入れて持ってきた野菜を、白菜の芯、肉、白菜の葉、ネギ、しいたけ、そして栃尾の油揚げと、順に鍋に入れて煮込んだだけ。
鍋はボクにでもできる簡単料理なので、あまり手間をかけたくないときは本当に助かります。香り付けに、忘れずに持っていった柚子の皮が良い仕事をしてくれて、とても評判の良い鍋となりました。
| 山めし | 08:21 | comments(0) | -
iPhone SE 導入
iPhone SE

ヨメさんのスマートフォンをiPhoneSEへ機種変更した。MVNOは楽天モバイルのまんまで、アンドロイドの格安SIMからiPhoneSEの格安SIMとなるため、SIMサイズの変更が必要となり、micro SIMからnano SIMへ変更してきた。
その手数料には3000円かかるのだが、楽天モバイルショップに持ち込んだら約30分で発行してくれた。因みにSIMは発送もしてくれるのだが、手元に届くまでに二日ほどかかるとのこと。それから、サイズ変更前の今まで使っていたSIMは、指定されるところへ送らなければならないので、少し面倒。どうせなら楽天モバイルショップで引き取ってくれればいいのにと思う。もちろん送料はこちら側持ちとなる。~_~;

さてiPhone。当初は一番新しいモデルで防水のiPhone7にするつもりだったんだけれども、やっぱり片手で扱えるiPhoneSEの方が良いってことになり、こう云う運びとなった。小さな女性の手ではその辺の好みが分かれるところなのだろうか、どうせなら一番新しいタイプのiPhoneにしておけば良いのにと思っていたこちらの考えがすっかりと肩すかし。
とは言え、iPhoneSEはiPhone5Sの古いボディに、iPhone6Sの比較的新しい中身を詰め込んだタイプのものだから、動きは申し分なくサクサクののサックサクなのであった。アップルストアでの購入価格も、iPhone7の半分ぐらいだから冷静に考えると良いこと尽くめなのでもある。羊の皮をかぶったiPhone。なかなか良さげです♪
| 趣味や車など | 13:10 | comments(0) | -
忘年山行 2016
山鍋仕込み中

忘年山行と云うことで、山仲間を引き連れて埼玉県のシンボル山、武甲山を絡めた縦走路を歩いてきた。お腹タップリぽっちゃりの二人組なので、年内最後の山歩きなんだからちゃんと歩いておこうってことになり、ボクの中では特訓山と位置付けている、歩きごたえのある山をぐるりと歩いてきた。

山行のコースは、大持山⇒小持山⇒武甲山、の順である。登山口は生方基点の一の鳥居から。いつも混んでいる駐車場も、7時15分ではまだまばら。山行にかかった時間は7時間半でした。忘年会の時間をたっぷりと取ったので、実際に歩いていた時間は6時間ってところでしょうか。小持山を過ぎて武甲山への急登にさしかかる広場にて、ゆっくり腰を下ろしてぽかぽか陽気のしたで、Y談などのくだらない話をしながら鍋を味わった。

栃尾の油揚げの鶏鍋

山歩きを始めてまだ一年ちょっとの同行してくれた仲間から、数々のそれは何だ!?攻撃にあう中で、一番感心していたのはやっぱりモンベルのゴミ袋(ガベッジバッグ)だった。そういえばボクも山歩きを始めた頃、たくさんの山仲間に会う度にそれは何ですか攻撃をしていたことをふと思い出した。そんなY談(山談義)を山で思い残すことなくしたあとは、ザックは軽くなったがカラダが逆に重くなった足取りで武甲山へと向かうのであった。お天気もよく、遠くまで見透せ、景色もすこぶる良かった。忘年山行にとても相応しい一日だった。

大持山への稜線

■山域:秩父山地 武甲山(大持山⇒小持山⇒武甲山)
■日時:2016年12月18日(日曜)☀
■目的:忘年山行と運動不足解消
■山飯:鶏鍋
■山行:生方基点の一の鳥居(07:15)⇒妻坂峠(07:55)⇒分岐の見晴(09:25)⇒大持山(09:40)⇒小持山(10:20)⇒シラジクボ(10:45)⇒広場(11:10)⇒武甲山(13:30)⇒一の鳥居(14:45)
| 山歩きと山登り | 12:55 | comments(2) | -
| 1/130pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE