bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
旧日光街道歩き3〈間々田宿⇒宇都宮宿〉
IMG_1318b-2017s.jpg

旧日光街道を歩く第三段目は、前の二つと違ってひたすら苦行の街道歩きであった。
先ず暑い・・・。とにかく暑かった。涼しい秋晴れを期待していたのだが、兎にも角にも日差しが暑かった。そして長い・・・。変化に乏しい一本道がずっと先まで続きとにかく長かった。期待わくわくの楽しい旧日光街道歩きを期待していたのだが、兎にも角にも長かった・・・。そしてそんな街道歩きだったものだからヨメさんの飽き飽きする姿がこれまた酷い・・・(´д`)
ヨメさんの足の“リハビリ”を兼ねた旧日光街道歩きの第三段目。今回は“間々田宿”から“宇都宮宿”までの約40kmの道のりを歩いてきた話です。

IMG_1279-2017s.jpg

さて、そもそもそんなに長い道のりを足の手術から復活して間もないヨメさんが歩いても良いのか?との問題もありますが、完全な山歩きは11月いっぱいまでドクターストップでNG出されているんだけれども、、これは山歩きではなくただの長い散歩だから良いのだそうだ・・・(本人談)~_~;
出発地点は、前回有終の美を飾った居酒屋“酒処おとめ”がある間々田宿から歩き始めた。歩道も広くお天気も良くて、これは幸先がいい。と思ったのもつかの間、朝8時過ぎからもう日差しが強くて暑くて歩き始めからまいっちんぐ。(>_<)

IMG_1366-2017s.jpg

歩くペースが多少上がったのは、小山宿のお菓子屋さんで梅昆布茶をいただいた辺りから。ところがどっこい、やっぱりダメダメですぐにへたれて休みがち。はてさてこの日はいったいアイスを何本食べたことやらだ。(*_*;
意を決してそしてまた歩き、今度はシャリバテになっていることに気が付き、小金井宿と石橋宿のちょうど中間地点で運良く見つけた手打ちうどん“田舎や”へまるで吸い込まれるかのように入店する。キンキンに冷えたグラスで瓶ビールを呑りながら、とても美味しいシコシコうどんを味わった。ここのうどん、田舎やのうどん、本当に美味しかったので再訪決定だ♪(°∀°)

IMG_1398-2017s.jpg

でもって、東京から(日本橋から)100kmって記念すべき地点に到着しても、単調でネタにできそうなポイントすらない道のりに辟易し、どうにもこうにもゴールの宇都宮宿までが遠くて辛かった。なもので、たいした写真も撮れずにひたすら歩いて、真っ暗になった宇都宮宿へ18時頃に無事に到着した。
今回のコースを振り返ってみると、うどんとビールの美味しいことと、歩行者用押しボタンスイッチがヘンテコなところに付いていることと可愛い郵便ポストぐらい・・・。各々の宿の目立つ指標などもなく、記事に取り立てるのに苦労した。最後はやっぱり宇都宮ぎょうざへ逃げちゃった。
最終章の“第四段目”に期待。&そして続く。

IMG_1375-2017s.jpg

■宿順:間々田宿⇒小山宿⇒新田宿⇒小金井宿⇒石橋宿⇒雀宮宿⇒宇都宮宿
■ルートラボ:https://yahoo.jp/dgN9Y0
旧日光街道歩き1〈日本橋⇒粕壁宿〉
旧日光街道歩き2〈粕壁宿⇒間々田宿〉
| 山歩きと山登り | 18:01 | comments(0) | -
ひだまり工房の“バブーシュ”
ひだまり工房のバブーシュ

先日のこと。
7月の頭に、会津檜枝岐村のキャンプ場、オートキャンプ尾瀬街道にて催されていた-尾瀬の麓で手づくりマルシェ-で注文した“ひだまり工房のバブーシュ”が手元に届いた。(´∀`)

これは(バブーシュとは)、おぜしかブロジェクトの代表を務めるひだまり工房の作家さんに以前からお願いしていた、尾瀬鹿の革で作られたスリッパのこと。増えすぎた尾瀬鹿を駆除するだけではなく、その生命を違ったもので活かしてゆきたいと云う取り組みで、地場産業にもなり、とても共感する活動をされている作家さん渾身の作。


ひだまり工房のバブーシュ

“尾瀬鹿革”と“会津木綿”を使ったコラボレーションが品よくマッチングされていて、かなり相性がいい。オーダーしたバブーシュにはシンプルなストライプ柄の会津木綿を合わせてもらって大正解。これは末永く使えそうです。お気に入り♪
| ファッションなど | 13:17 | comments(0) | -
鬼怒沼山歩き
鬼怒沼山山頂

9月30日、土曜日の秋晴れの週末のこと。ボクにとっては久しぶりに疲れた山歩きをやってきた。足首&膝のリハビリによるヨメさんのちゃんとした山歩き自粛にかこつけて、ボクの山歩きもひとまずお休みしていたので運動不足が特に酷くてたまらない。標高差たったの740m程度の山行でヒーヒー音を上げてしまいました。(>_<) そして翌々日の筋肉痛ったらもう酷くて前太ももがさらに悲鳴を上げました。(*_*;

鬼怒沼湿原

さて“鬼怒沼山”へは、奥鬼怒温泉郷の女夫渕の駐車場から日光澤温泉を経由して、ヒナタオソロシとオロオソロシも経て、眺め抜群の鬼怒沼湿原へと先ずは向かいます。この日は紅葉の見ごろ前だからなのか登山客がほとんどおらず、草紅葉の綺麗な鬼怒沼湿原をほぼ独占♪(°∀°)
一番大きな地塘の金沼あたりでやっと登山客に遭遇しましたが、あまりにも人が居なくてびっくりしました。

鬼怒沼山

大休止はその金沼の廻りのベンチで。どっしりと腰をおろして疲れをとった。日光澤温泉からはソロ山行だったので、お昼ごはんは簡単に肉系のランチパックをいくつかそのまんま食べた。全くのひねり無しのやる気無し山めしだ。

鬼怒沼湿原

そうこうして暫くぼぉーっと景色を眺めていたら、どこぞのベテラン先輩がやってきてしばし話をした。目の前のその“鬼怒沼山”がまだならばお天気も良いし行ってきたらどうかと背中を押されたのだ。ふむ、ではせっかくここまで来たのだから行くかと重い腰を上げて歩き始めると、別れ際に「でも眺望は無いけどね〜!ニヤリ」て云う捨てゼリフに一瞬迷ったが・・・。(-_-;)

鬼怒沼山山頂

鬼怒沼湿原からはとてもおだやかな山容の鬼怒沼山だけど、登って下ってまた登り返すのでこれが意外としんどい。
鬼怒沼山の山頂に着くと、先輩の云う通りなるほど眺望は無かったけれども、ちょっと立ち位置を変えるとあらら日光白根山がちゃんと見えるではないか!
までもやっぱり眺望は良いとは言い難いが、奥武蔵の山歩きに慣らされたのか、ボクにはそんなポイント的な渋い見え方が嫌いではない。(´ε` )

奥鬼怒遊歩道

女夫渕Pから日光澤温泉まではヨメさんと同行して2時間程度の山歩き。そして日光澤温泉から鬼怒沼山までピストンして休憩込みで4時間30分程度の山歩き。
ヨメさんのリハビリ山歩きにも丁度良いコースだが、実はなによりもボクの鈍ったカラダのウォーミングアップにも丁度良い塩梅でした。さてお次は何処を歩こう。ぼちぼちあそこまで珈琲を飲みに行ってもよいかもな。もしくは例の続きものを踏破するか、悩みどころである。

奥鬼怒遊歩道

■山域:北関東 鬼怒沼山
■日時:2017年09月30日(土) ☀
■目的:体力回復と鬼怒沼湿原
■山行:女夫渕温泉P〈08:55〉⇒コザ池の滝〈10:25〉⇒八丁の湯〈10:25〉⇒加仁湯〈10:50〉⇒日光澤温泉〈11:00〉⇒ノシ滝〈11:10〉⇒オロオソロシの滝展望台〈11:30〉⇒鬼怒沼〈13:15〉⇒鬼怒沼巡視小屋〈13:20〉⇒鬼怒沼山〈13:55〉⇒鬼怒沼巡視小屋〈14:25〉⇒鬼怒沼〈15:15〉⇒オロオソロシの滝展望台〈15:30〉⇒ノシ滝〈15:35〉⇒日光澤温泉〈15:40〉泊

日光澤温泉〈08:15〉⇒加仁湯〈08:30〉⇒八丁の湯〈08:40〉⇒コザ池の滝〈09:30〉⇒女夫渕温泉P〈10:00〉
鬼怒沼山歩きシャシン記ログ
| 山歩きと山登り | 12:40 | comments(0) | -
日光澤温泉
IMG_3996-2017s.jpg

癒しを求めて久しぶりに日光澤温泉へ。可愛いわんことの戯れと、舌鼓する美味しい食事と、小屋番さんとの楽しい会話を求めてまたまた行ってきた。
三匹の柴犬チャンわらサン(“チャング”と“わらび”と“サンボ”)の可愛らしさは相変わらず。食事は晩ごはんも朝ごはんも美味しさが何やらパワーアップしており、肉の小鉢やデザートにコーヒーゼリーなんて洒落たものも付いていた♪(´▽`)

IMG_4011-2017s.jpg

ボクらの真後ろで陣を取っていた団体の先輩方がみな一様に、「何だろこれ、煮こごり?」とかまるでコーヒーゼリーを連想しないものを後ろで云うものだから可笑しくって吹きだしてしまった。しかもそのゼリー用に付いていた“ようじ”をごはん後のシーシーするのにみんな再利用していたものだからこれまた笑いが止まらない。

IMG_1204-2017s.jpg

お風呂は今回も ‘夕方’ ‘深夜’ ‘朝方’ と三回の入浴を愉しんだ。しみじみと汗を流す。特に山歩きの後に入った夕方のお湯には身も心も染み入り、湯上がりに呑んだビールで至福のときをしばし堪能。べらぼうに美味しかった。夜中に入った露天風呂では浴槽の縁に頭を乗っけて、綺麗に輝く星空をしばらく見上げてた。そう云えば、洗い場にはリンスinシャンプーとボディシャンプーが備え付けられていて、備品も充実していたことには驚いた。

IMG_1330-2017s.jpg

ところで、日光澤温泉のWEBには小屋番さんが書き綴られているblogがあって、たまに日光澤温泉の歴史について“記事”を書いてくれているときがあり、これがとても興味深くて面白い。こうしたあたりからも、昭和六年からほとんど変わらずに維持継続している日光澤温泉の木造建築と、小屋番の根本さん夫婦の人柄に惹かれてリピートしてくる輩が多いのもうなずける。ボクらもそうだものね。さて、次回はいつ訪れようかしら。
9月30日から10月1日の、ヨメさんの“足首と膝の湯治”に訪れた話でした。

IMG_4167-2017s.jpg
狷光澤温泉の小屋番さんのお二人
| 山歩きと山登り | 12:32 | comments(0) | -
岳温泉“岳の湯”
IMG_1105-2017s.jpg

ちょっと可笑しい“制約”のある温泉に入ってきた。おなら瓩篭愡澆痢岳温泉の“岳の湯”である。ここのお湯は熱くてすぐに足が真っ赤っかになるけれど、しばらく我慢して入っていりゃそのうち気持ちよくもなってくる。~_~; 湯治場だもの、入ったり出たりを繰り返していれば良いのよね。とにもかくにも、ここのお湯がとても気持ちが良くてすっかりとお気に入り。また再訪することになりそうです。9月23日(土曜)〜24日(日曜)こと。

ところでこちらへは、浄土平の“吾妻小富士”を山歩きしてきた帰りに寄った訳ですが、本当ならばそのまま浄土平キャンプ場でテント泊をするつもりでいたのです。けれども天気が想像していたよりも悪く気持ちが萎えてしまったため、急遽代替えを発案。車なら小一時間で行ける岳温泉の“岳の湯”へとターゲットを変えたのでした。

岳の湯は安達太良山の登山帰りなどの日帰り立ち寄り温泉で有名ですが、実は素泊まり宿泊ができるってことは以前より調査済み。布団に浴衣、TVに冷蔵庫、そして自由に使える炊事場まであって、格安で泊まれて温泉まで付いている。こんな日にこんな優れた施設を使わない手はありません。

IMG_1102-2017s.jpg

岳の湯に宿泊希望の旨を伝えると、16時から18時までの間に来て下さいとの指示を受け、濃い霧と雨が降りしきる中、浄土平から岳温泉へと向かいました。駐車場は、岳の湯からちょっと離れた公共の無料駐車場に停めることになります。この日は幸いにもキャンプをするつもりの用意で来ていましたから、ごはんをつくるのに必要な道具類をザックに詰め込んで宿へ向かいます。
岳の湯へ向かう登山客のほとんどが山の格好から着替えてリラックスした装いで歩いてゆくのに、ボクらは逆の出で立ちで食材にお酒に調理道具がパンパンに入ったザックを持って岳の湯へゆくのには少々可笑しい光景でした。

さてチェックインそうそう持参してきた大量のビールで喉を潤したら、キャンプで食べようと用意してきた食材を綺麗さっぱり消費して帰りたいので、炊事場に入りびたり、ごはんの準備に取りかかります。
結局持ってきた調理道具はニンニクとステーキ肉を焼くためのフライパンと、ご飯ととうきびを湯せんするためのコッヘルしか使わずで完璧にオーバースペック。
火器は備え付けの“1口ガスコンロ”を便利に利用させてもらった。尚、備え付けのガスコンロは硬貨式の子メーターに10円玉を入れて使用する。最初勝手がわからず300円分の10円玉をごっそり用意して料理に臨んだけれど、10円玉は15枚もあれば必要に十分であると思われる。10円で3分間ガスが使えます。

IMG_1075-2017s.jpg

そして調理したものを部屋に運び“晩餐会”。この日はまた例よってガーリックステーキとガーリックライスとした。キャンプめしは、もうこれに勝るものは無いってぐらいに簡単で美味で体力回復になってまさに鬼に金棒めし。
炊事場の道具を借りて洗い物を済ませたら、待望の温泉に入って晩酌し寝落ちていた・・・~_~; 目が覚めたら翌日でした。

ちなみに肝心の岳の湯のお風呂には、19時頃瓩鉢6時頃瓩2回、ゆっくりたっぷりと入浴してきました。特にこの時間は一般入浴“外”なので、宿泊者だけが味わえる特権のようで、かなりのんびりと岳の湯のお湯を愉しむことができます。ああぁ・・・気持ち良くて最高の温泉でした。♨
 

IMG_1094-2017s.jpg

⋆memo:岳温泉 岳の湯
住 所:福島県二本松市岳温泉1丁目270
電話番号:0243-24-2139
宿泊料金:一人一泊 3600円(税込)
客室備品:TV、冷蔵庫、エアコン、浴衣あり。お皿、お箸、コップ、湯呑みあり。タオル、歯ブラシは無し。
特記事項:室内での火器使用は厳禁。トイレは脱衣室の便器が洋式でウォシュレット付きで便利。他は全部和式便器。浴室には固形石鹸だけあり。
宿泊の時間は16時から翌朝10時まで。入浴不可は9時から10時までと、20時から23時30分までとなっているため注意。
| 山歩きと山登り | 12:59 | comments(0) | -
| 1/276pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco