bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
天覧山・多峯主山めし歩き
IMG_4339-2019s.jpg

4/14日、日曜日の山歩き。


IMG_4302-2019s.jpg

この日歩いた里山は“天覧山”と“多峯主山”。標高195mの天覧山にいたっては、飯能市市民会館の駐車場から見えるポコッと盛り上がった丘みたいな山がそう。たぶんのんびり歩いて15分ほどで到着するはずだ。でもそこからの眺めが意外と良い。

IMG_4323-2019s.jpg

ここへ訪れてくる人たちは、皆軽装で朝の散歩よろしく的な装いで、景色を見に来られている人たちが結構いたな。そして皆の挨拶が軽快で気持ちが良かった。
やや霞んではいたが、この日は新宿副都心もスカイツリーも富士山も肉眼でバッチリ見えた。

IMG_1212-2019s.jpg

入の谷津田にて、マムシに注意。
ヨメ氏が撮ってくれる写真はいつもこんなものしかない。まいっちんぐ。(´Д`)

IMG_4344-2019s.jpg

先へ進み今度は標高271mの多峯主山(とうのすやま)を歩く。こちらも標高はとても低い山なのだが、先ほどの天覧山以上のパノラマの景色が楽しめた。

IMG_1260-2019s.jpg

さて、もう山ごはん。(~_~;)

今回は朝ごはんと昼ごはんを兼ねたブランチとした。この日はまったく距離を歩いていないんだけれど、景色もよく丁度良いところにベンチとテーブルがあるものだから、ま しょうがない。
また例によって“メスティン丼”をつくりました。沖縄土産をありがたく頂戴したもんだから、メニューは白飯を炊いてラフテー丼とスーチカ―丼とした。

IMG_4375-2019s.jpg

で このままたいした距離も歩いていないうちに帰るのもアレなんで、ちょっと遠回りしてから戻ることにしたら、これが意外と楽しくて良かったのであった。
入間川の、吾妻峡とドレミファ橋方面へ向かったのである。

IMG_4399-2019s.jpg

変な畑”があって、変な橋があった。
二輪草がとても綺麗で、のんびりと川の畔を歩けるのどかな散歩みちでした。
 
| 山歩きと山登り | 17:54 | comments(0) | -
多峯主山で食べた山めし
IMG_1295-2019s.jpg

先日手に入れたばかりの“NSメスティン”を使って、埼玉県は奥武蔵の多峯主山(とうのすやま)で『メスティン丼』を作って食べてきた。


IMG_1231-2019s.jpg

つくったとは云っても、沖縄土産にいただいたラフテーを温めて、メスティンで炊いた白飯の上に盛り付けて、家で切って準備してきた白髪ねぎと白ごまをふりかけて『ラフテー丼』としただけなのだが・・・。~_~;
そもそもラフテーそのものが旨いのだから、メスティン丼のラフテー丼が美味しくない訳がない! はなまるな美味しさであった♪

IMG_1307-2019s.jpg

さて、メスティンで炊き上げる白飯があまりにも美味しいので、今後の山ごはんはこのような“丼もの”が多くなりそうな予感です。おこげもちゃんとできるので、本当にこれは良い買い物だったかもしれない。

IMG_1320-2019s.jpg

因みにヨメ氏は、昔買った古いコッヘル(ユニフレーム トレイルスクエアコッヘル3)を使って『スーチカ―丼』としていた。何でも新しいものに目移りするボクをよそに、冷静に角型コッヘルで炊飯をしていたが、どうやらメスティンには興味津々であった模様。この機を逃さず、赤ハンドルのメスティンをこっそり買って、ご機嫌をうかがっておこうかと思う。

IMG_1285-2019s2.jpg

それから、レギュラーサイズのメスティンには、手持ちのグラナイトギアの“エアセルブロックス(Sサイズの紫)”がジャストサイズだと知った。保温材がクッション効果にもなるので、メスティンの収納ケースにも、そして炊飯した後の保温ケースにももってこいのアイテムだった!
こうしてたまには昔買ったものが使えるときもあるのだから、全部が全部、無駄遣いではないのだぞ、ヨメよ。(´ε` )

 
| 山めし | 12:22 | comments(0) | -
HANWAG アラスカGTX
HANWAG アラスカGTX

久しぶりに“登山靴”を買った!

現在愛用中の“ガルモント ピナクルGTX”の、二回目のソール張替え準備期間(洗いとか、乾燥とか)に併せ、満を持して“上野とらや”で購入。49,900円でした。
次はコレにしようと思い描いていた56さんの登山靴はまたもや見送り、今回はヨメ氏が強く薦めてくる『HANWAG アラスカGTX』を買ってみた。
気づけば山仲間と同じ登山靴で我ら四銃士。ヨメの登山靴はその仲間のモノを見聞きして買ったものだから、そりゃあ自ずとそうなりますな。(~_~)

HANWAG アラスカGTX

ところで、ボクの選んだ登山靴は実はワイドタイプのもの。じっくりと足の形を見定めてもらう前までは、自分が“幅広甲高”の足だとは露知らず。とらやでは、ローバーや他の靴も履いてみたけれども、なるほどワイドタイプの“ハンワグアラスカGTX”がやっぱり一番しっくりきて足に馴染んだ。

さて上野とらやでは、オイルヌバックレザーの登山靴の場合、三種類の、栄養、保湿、防水系の靴クリームを自身で買って、それらを使い店員さんが一週間かけて無料で“メンテナンス”してくれるサービスがある。そんな有難いサービスを使わない手はないので、おとなしくプロの云うことを聞いて、新しい登山靴を手にするまで一週間ワクワクして待っていた。

HANWAG アラスカGTX

(°∀°) 渋〜い装いになって、とても満足の仕上がり♪
試し履きの山歩きが非常に楽しみだ。さて何処を歩こう。でも泥濘だけは避けたいぞ!
 
| 山道具と山話 | 12:00 | comments(0) | -
カフェ丸川荘歩き
山小屋丸川荘

4月7日の日曜のこと。
何処でも良いので軽くカラダを動かしたかった。ふと思いついたのが丸川荘。大菩薩嶺ではなく、その山頂の下の方にある“山小屋丸川荘”だ。そこの小屋主の只木さんが淹れてくれる美味しいコーヒーを飲むことが今山行の目的。ゆっくりと歩いてきた。たまにはこうした山歩きも実に楽しい。

柳沢峠ルート

アクセスは柳沢峠から。当初は裂石側から歩き始めようと考えていましたが、トイレして駐車場が空いていたので柳沢峠から歩き始めてしまった。天気予報は晴れのち午後から曇り。午前中さえ気分良く楽しく快適に山歩きできれば良しとして、丸川荘からの帰りのピストンはさくっと下りるつもりであった。

柳沢峠ルート

ところがどっこい、柳沢峠からのルートにはまだ結構な雪が残っており、足を取られてまいっちんぐ。大幅に時間をロスする。しかも気温が高かったせいか、雪が腐ってずぶずぶ潜る。かと言って日陰に入るとつるつるのアイスバーンだったりで気が抜けない。特にヨメ氏。なもんでのらりくらりと慎重に歩いてゆく。

山小屋丸川荘

青いトタンが印象的な山小屋丸川荘が見えてきた。玄関前で、小屋主の只木さんが何やら仕事で忙しそう。とりあえず、元気な姿の只木さんを見られて一安心。去年秋に大怪我をされて心配していたところだ。
小屋で一息ついたら、豆から挽いてくれるコーヒーを注文。何種類かあるうち、濃くてコクがあるナリーニョストレートを頼んだ。うむ、旨い。

山小屋丸川荘

と同時に、時間のかかる炊飯に取りかかる。この日の山ごはんは“たこ飯”とした。うむ、これも旨い。手前味噌だが、とても美味しくご飯が炊きあがった。新しい調理道具メスティンの使い勝手もバッチリ。実践したので、これで何処かの山の上でも大丈夫かしら。いやきっと大丈夫だろう。

山小屋丸川荘

食後にはヨメ氏ともう一杯ずつコーヒーをおかわりした。今度もナリーニョストレート。新しい茶菓子の“そばっこ棒”なるそば粉で作ったビスコッティがあったので、ひとつ購入して珈琲に合わせて食べてみた。うむ、旨い。
只木さんに云わせるともう少し甘い方が良かったというが、コーヒーに合わせるビスコッティだったらボクは今のままで良いと思った。

柳沢峠ルート

柳沢峠

カフェ丸川荘でひとしきり休んだら、下山へ取りかかる。来た道を戻るだけと単純明快ですが、先程通って来てつるつるだったところがきになるところ。この日は最後までノーアイゼンで歩き通した。ところが泥濘が酷かったのでノーゲイターで来たことには大後悔でしたが。(;´Д`)
丸川荘で美味しいコーヒーを飲むことが今山行の目的。ゆっくりと歩いてきた。たまにはこうした山歩きも実に楽しい。
 
| 山歩きと山登り | 07:58 | comments(0) | -
丸川荘で食べた山めし
IMG_1098-2019s.jpg

先日のこと。
内側が黒く“ノンスティック加工”された、ちょいと特殊な調理道具の“NSメスティン”なるモノを買ってみた。
山ずきキャンプずきには言わずと知れた“飯ごう”なので今さら感ではありますが、そのノンスティック加工(NS)がボクにはとても新鮮でまるで“別物”に思えてなりません。~_~;

さてそのメスティンで、山小屋丸川荘のダイニングテーブルを借りてさっそく大好きな『たこ飯』を炊飯してきました。
色んなところでメスティンの調理方法を研究し、“山の上で”、しかも“ボクでも”、簡単にできる方法を模索したらこうなりました。

IMG_4282-2019s.jpg

.淵襯殴鵐椒肇襪“米一合”と“水180cc”と“料理酒少量”を入れてお米に吸水。
∈猯舛“タコ一人分130グラム”と“万能ねぎ適量”。
出汁は“お茶漬けの素”を一袋。
ぅ瓮好謄ンに米を入れ移したら、お茶漬けの素をふりかけて軽く混ぜる。
ゥ織海鬟丱薀鵐垢茲乗せて蓋をして強火で火にかける。
Τ犬侶箚屬ら“湯気”が勢いよく出たら弱火にして10分程度火にかける。
湯気の匂いを嗅いでどうするか最終確認。
┣个鮖澆瓩10分以上蒸らす。
ネギを散りばめて軽く混ぜたら出来上がり。

IMG_1104-2019s.jpg

♡♡♡♡♡これは旨いーーー!(゚∀゚)
タコの値段がちょっと高いのが玉に瑕ですが、今後もこの“たこめし”にハマりそう。
 
| 山めし | 07:55 | comments(0) | -
| 1/302pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco