bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
平ヶ岳歩き


鈍ったカラダに“喝”を入れるべく、平ヶ岳を歩いてきました。9月15日、日曜日のこと。




引っ越し”の梱包作業や荷解きの後始末に忙しくしていたら、気が付けば一ヶ月以上も山歩きをしていなかった。山歩きはボクにとって、健康維持のためのバイタルであり、ストレス発散のための大切な手段であるので、欠かすとカラダが不調になってきます。特にお腹まわりがひどくなる。~_~;




平ヶ岳は、流石は百名山。駐車場は“朝5時前”でほぼ満車。何とか路肩に停めることができましたが、ギリギリセーフな塩梅。お便所は小便器が一つ、洋便器が一つ。携帯の電波は山頂も含めてほぼ圏外でした。今後はうんちもオンラインの登山届も、麓の“道の駅 尾瀬檜枝岐”あたりで出してきた方が良さそうだ。



さて平ヶ岳までの登山道。序盤は、樹林帯の急登で大汗をかきまくり、息切れして生あくびが連発する。蒸して暑かったからなのか、初っぱなから疲れてクタクタでした。



頑張って踏ん張って景色の良い稜線に出るも、痩せ尾根が次に控えているもんで全く気が抜けない。しかもザレていたりするものだから、ザレ場がトラウマなヨメ氏はもう帰りの心配で気が気でない。







きつい下台倉山を過ぎたあたりからだったでしょうか、だんだん景色を楽しみながら山歩きをすることができるようになってきます。そして台倉山、台倉清水の水場(未確認)、白沢清水の水場(水たまり?)と、幾度となくアップダウンを繰り返し、疲れる山道を進んでゆくと、姫ノ池なる高層湿原のある“池ノ岳”に到着。






姫ノ池越しに見える『平ヶ岳』が素晴らしかった。空が青くて快晴だったらもっと素晴らしかった。(~_~;)






池ノ岳から平ヶ岳の山頂までは約30分の道のり。疲れてヘトヘトだったため木道が歩きやすくてとても助かります。ガスってきてやや残念な景色ではありましたが、山頂へ向かうにつれ元気も取り戻し、“山頂ビール”を楽しむことができました。



龍馬ビール(ノンアルコールビール)で我慢ですが・・・。






今山行はあまりのんびりしていられない長丁場なので、30分ほど休憩したあとは重い腰を上げて再び来た道を戻ります。山頂まできて時間と体力にまだ余裕があったら、立ち寄りたいと考えていた“玉子石”は残念ながらスルー。



帰りの脚と時間配分を考えると、玉子石までの往復一時間がどうにも捻出できません。姫ノ池でテント泊できたらどんなに良かったか。(>_<) ああ、もったいない。




広大な景色をじっくりと堪能したら、下山に取りかかります。痩せ尾根から続く稜線を目で追うと、結構な距離を歩いてきたことがよく分かる。下りも暑くてヘトヘトです。



と、ここで案の定ヨメさんが懸念していたザレ場で軽くアクシデント。滑って転んで危なく尾根道から滑落する勢いでしたから、精神的にもヘトヘトです。(´д`)




満身創痍ではありましたが、ゆっくりと下って何とか暗くなる前に帰ってくることができて何よりでした。
山行時間にして12時間30分。距離にして21.3kmの道のり。今山行の目的は二つありまして、運動不足の解消と今週末に登る予定としている山への足馴らし。どちらも準備は万端なので、あとは何としても晴れてほしい!
平ヶ岳、ああ・・・しんどかった。汗

――――――――――



■山域:平ヶ岳 2019年09月15日(日)
■目的:運動不足解消と次週山への足馴し
■山水:水場をあてにせず二人で“7L”の飲料水、ゼリー飲料4つを歩荷。
■山行:
05:12 鷹ノ巣登山口 ⇒ 07:23 下台倉山 ⇒ 08:19 台倉山 ⇒ 08:29 台倉清水 ⇒ 09:24 白沢清水 ⇒ 11:05 池ノ岳 ⇒ 11:41〜12:16 平ヶ岳三角点 ⇒ 12:45 池ノ岳 ⇒ 13:42 白沢清水 ⇒ 14:22 台倉清水 ⇒ 14:40 台倉山 ⇒ 15:42 下台倉山 ⇒ 17:42 鷹ノ巣登山口


〈オオシラビソの青い松ぼっくり〉

■山記:12時間30分(山行 11時間42分・休憩 48分) / 距離 21.3km
■ルートラボ:https://yahoo.jp/LtLOIP
 
| 山歩きと山登り | 12:36 | comments(0) | -
引っ越し後


懸念事項だった“カーテン”も9割がた取り付き、引っ越してきてから約三週間。随分と通常の生活のリズムに戻ってきた。
大きな変化として、使うキッチンがIHクッキングヒーターからガスコンロへと変わり、朝ごはんもパン食からごはん食へと系統が変わって、満腹になる日が多くなりました。日本人だもの、お米はやっぱり美味しい。

また、この引っ越しに伴い、電化製品や調理器具なども一新してみました。時代の流れとは本当に恐ろしい。冷蔵庫、オーブン電子レンジ、洗濯機、扇風機、エアコンなどなど、機能もデザインも優れていてびっくり仰天だ。
調理器具では、これを機に中途半端だった柳宗理のボウルとザルを揃えてみたりして、また男子厨房に入るの精神で生活してゆきたいなと考えるようになった。得意な料理のレパートリーを増やしたいのだ。



さて、こうしてゆっくりと家呑みできるまでに落ち着いてくると、来客者が現れます。
なんと第一号は“友人の息子二十歳”がソロで家に遊びに来ました。主な目的は、鞄職人のヨメさんに卒業制作の件で、色々と助言をもらうためでした。彼とは彼が5歳のときから一緒にキャンプをしてきた仲。
いつか一緒に呑もうぜ!と言い続け、15年が経過して、まさかこうして一緒にお酒が呑めるようになるとは思いもよらなんだ。とても感慨深い。



そんな大事な彼との初呑みを、いくらボクが大好きだからと、“ぎょうざの満州”で盃を酌み交わしてしまってよかったのかと後日少し後悔したのももうあとの祭りだが、呑みっぷりの良い二十歳の彼の行く末が、実は楽しみである♪
次はどなたが来るのかしら。エアコン無しの客間 兼 山道具部屋 兼 衣装部屋 兼 倉庫 兼 ボクの部屋がありますから、一応お泊りも大丈夫となっています。笑
 
| イベントや出来事 | 18:17 | comments(2) | -
引っ越し


久しぶりに『引っ越し』をした。
10年ぶりである。前の家は、いろいろな意味で窮屈だったから、今度の家は、さまざまな意味で広々としている。
家の概要は、築44年が経過する古い鉄筋コンクリート造の、5住戸続きの2階建ての“長屋”である。

引っ越しはもう何年も前から計画をしていましたが、なかなか良い物件には巡りあえなかった。それが、ひょんなことから理想的な“家”を見つけてしまい、少し希望する内容とはかけ離れたものとなりましたが、また新しく住まうのには丁度良く面白そうな家を見つけちゃった訳です。

真夏の引っ越しはとにかく暑くて暑くて酷でしたが、マンネリになりつつあった毎日の生活に“張り”と“変化”をつけてくれました。これでまたヨメさんと二人での、新しい生活と愉しい日々が始まります!


新しい家の◎なところ。
・コンクリートの長屋形式でメゾネットだった。
・専用の駐車場と、小さな庭があった。
・テントなどが干せるスペースができた。
・駐車場で洗車ができる。
・全室リフォームされていて綺麗だった。
・台所の他に個室が4つあった。小さいけれど。
・間取りがシンプル。
・キッチン、便器、洗面化粧台、UBの水廻りが新品。
・南向きで陽当たり良好。
・南北に風が通り抜けて意外と涼しい。
・近隣が静かで環境が良さそう。
・廻りに背の高い建物が無い。
・近所にスーパーがたくさんあって嬉ピー。
・通勤路線が二つに増えた。
・家の隣にポケストップが二つ。
・ぎょうざの満州が最寄駅にあった♪
( ´∀`)

令和元年8月の24日、土曜日のこと。
 
| イベントや出来事 | 12:27 | comments(2) | -
ハイポトニック粉末飲料


趣味の“山歩き”に関する覚え書き。
山歩き中の飲料水として最適とされている『ハイポトニック飲料』。それの、“粉末飲料”に関すること。

ポカリスエットやアクエリアスなどの『アイソトニック飲料』よりも、塩分や糖質の濃度が低めなのが『ハイポトニック飲料』だ。要はポカリが少し薄くなったものをイメージするのが良いかもしれませんが、ボクのところでは、登山前半にはアイソトニック飲料で、登山中&登山後にはハイポトニック飲料と、一応は区分をして摂取するようにしています。もちろん、帰宅後には黄色いしゅわしゅわのアルコール飲料です♪

で今回記事は、ハイポトニック飲料をつくる際に便利な『粉末』に関すること。
便利なのは、粉末の小袋一つで500mlの内容量のボトルをつくることができるところ。
ナルゲンボトルでもペットボトルでも良いのだけれど、水場で水を汲み、あるいはザックの中に入れてあるエマージェンシー用の水の、ボトルの中に“これらの粉末飲料”を入れてやればすぐさまハイポトニック飲料がつくれます。
“500mlのボトルに対して、粉末の小袋一つ” てのが特に良いのである。
荷物が重たいテント泊縦走なんてしているとき、ハイポトニック飲料を何本つくれば良いかなど、簡単に理解できるのが良いです。
アイソトニック飲料にも粉末がありますが、そちらは全部1L用の粉末となっているため分けなくてはなりません。これが意外と山では面倒くさい。(~_~) ボトル一本に小袋一つ、としたいのであります。

そうして、いろいろと探していたらこの二つの粉末飲料にたどり着きました。
『グリコ POWER PRODUCTION』と『味の素 アミノバイタル クエン酸チャージWATER』。
前者はマスカット味で、後者はレモン味。二つとも後味すっきりしていて旨い。2種類の味があると飽きないのが良いです。

非力な山好きには、こうしたエナジードリンクが必要なのです!( ´∀`)
 
| 山道具と山話 | 14:21 | comments(0) | -
飯豊本山・大日岳歩き〈続き〉

1日目の続き
ちょっと早い夏休み山行の、飯豊山の『飯豊本山』と『大日岳』を歩いてきた話。8月5日(月曜)の、2日目のこと。





切合小屋のテントの中で、3時半に自然と目が覚めた。日中はあんなにもうだるような暑さだったのに、朝方テントの中はやや涼しい。それもそのはずだ、ボクの寝袋が消えていた。『ん?』っと思い横で寝ているヨメ氏を見ると、自分の寝袋を下に敷いて、ボクの寝袋を掛け布団として使っていた・・・。(´Д`)
朝からまいっちんぐであったが、昨夜は記憶を無くして、辺りをヒッチャカメッチャカにしてぶっ倒れるように寝てしまったみたいなので、朝ごはんの用意には細心の注意をはらって準備した・・・。(~_~)



〈切合小屋とテント場〉

さて、この日の予定はこうでした。
今回の山行の拠点はもう“切合小屋のテント場”として、2泊目の山行は身を軽くして行けるところまで行こう!と云うもの。でも目的はあくまでも“飯豊本山”と“大日岳”として、“御西岳”あたりまで行って時間切れなら引き返そうと云うことになりました。この暑さに、果たして何処まで耐えられるのか、答えを見いだせない山歩きが始まります。




まずは“飯豊本山”までの山歩き。
テント場を5時に出発。本来ならば3時あたりに出立して涼しいうちに高度を稼ぎたいところですが、これはヨメさんとも相談して決めたこと。初めて歩く山道は、やっぱり景色を見て感動しながら歩きたいので、少しあたりが明るくなってからにしようと決めたのです。
これにより前日の山歩きは暑さからえらくバテたものでしたが、この日はこの場にいるボクらの高度からして全く違うので、朝はとにかく涼しくて気分爽快で歩くことができて何よりでした。



〈草履塚〉


〈姥権現〉

“草履塚”からの景色がこれまた良くて、足がなかなか前へ進まない。“姥権現”では、真っ白なよだれ掛けを身に付けた姥さまに安全登山を祈願し、御秘所、御前坂、と過ぎたら、あっという間に昨日目指していた“本山小屋のテント場”へと到着したのでした。


〈本山小屋のテント場〉

までもこれはやっぱり昨日では、気温高くてザック重くて疲労度MAXなボクらでは恐らくたどり着けない。暑くならないうちに早々に本山小屋から下ってくる登山者の何人かと話したら、「日帰り山行のつもりだったのに暑さにバテて本山小屋へ泊まってしまった」と云う方が何人かいて驚いた。




テント場から歩いて5分ほど行った先にある本山小屋を過ぎたら、いよいよ一つ目の目的である『飯豊本山』に到着。小屋からは20分ほどの道のり。



小屋を過ぎたあたりの稜線から、“イイデリンドウ”がちらほらと目につくようになってきた。初めて見たのだが、青くて小さくてなかなか可愛らしい♪(゚∀゚)



そして誰もいない飯豊本山タイムをひとしきり楽しんだら、さらにその先のお花畑へと歩いてゆきました。




つぎは“御西岳”までの山歩き。
特に、飯豊本山から御西岳までの稜線歩きは兎にも角にもスゴかった。お花に疎いボクでさえ、その風景を見たら声が漏れるほどの美しさ。とても綺麗で色鮮やかな稜線でした。



青い空に真っ白な雪渓も効果的。キスゲにハクサンフウロ、アザミにコバイケイソウ、そしてお目当てのイイデリンドウが鮮やかでとにかく美しい。暑くてたまらなかったけれど、足をのばして歩いてきて本当に良かった。


〈御西岳の山頂〉

百名山の“飯豊山”を目指す行程上、飯豊本山まで来て引き返す話はよく聞きますが、こんなお天気の日だったらその先の御西岳まで歩かないともったいない。本当に素晴らしい稜線歩きだった。




御西小屋の水場。オアシス♪
小屋からはちょっと遠いが、ここの水場で大休止を決め込まなければ、ボクらはきっとこの先へは進めませんでした。
水は冷たくて超絶美味しい。水量も豊富だったので、頭から幾度となく冷水をかけてリフレッシュ。日焼けで火照った腕を冷やしてリフレッシュ。足りない水を補給して、持参してきた水も全部入れ替えた。




いよいよ“大日岳”までの山歩き。
水場から御西小屋へ戻りリスタート。コースの途中にある雪渓へ降りることができたら、すかさず雪渓の雪を日本手ぬぐいで包む“雪渓手ぬぐい”をつくります。雪渓から綺麗な雪を掘り出して、大盛りにして包むのです。これを首に当てたり後頭部に当てたりして灼熱の登山道を進みます。



暑くて日射のきつい山歩きの道中、これに随分と助けてもらいました。一時間半ほどは氷でキンキンに冷えた手ぬぐいだったので、次なる目的の『大日岳』へとまっしぐら。




偽ピークに辟易しながらも、なんとか晴れた大日岳の頂きを踏むことができて感無量。山の仲間によると、初めてでこんなに晴れた大日岳に遭遇できるのはとてもラッキーなんだとか。いまのところ飯豊山は全部晴れ♪( ´∀`) 持っている夫婦で良かったです♪



山頂では、御西小屋から良きペースメーカーをしてくれた笑顔の爽やかなおじ(兄?)さんとしばし雑談会。皆さんこの暑さにはほとほとまいっていたようで、お互いの顔からは苦労が垣間見えました。




さて大日岳からの下りは、今まで歩いてきた稜線が一望できて実に美しい風景でした。下りは登りよりも気持ちに余裕が生まれるので、見忘れていた景色を確認しながら歩いてゆきました。





そうこうして、あっという間に御西小屋へ。雪渓では再び雪を手ぬぐいに入れてリフレッシュ。帰りは水場をスルーして、切合小屋のテント場までの帰路を急ぎます。



〈飯豊本山〉



帰りはありがたいことに曇りがち。飯豊本山までの稜線の風はあまり期待できなくなっていたので、太陽の日差しが隠れてくれるのはとてもありがたかった。雪渓手ぬぐいを首に巻いて、クールダウンしながら足早に戻るのです。



しかしテント場が見え、小屋まであともうちょっとのところでペースダウン。また再び手ぬぐいに雪渓の雪を入れて、家路を急ぎます。夕方だってぇのにとにかくまだ暑い。




この日の山行の後半。山行時間は11時間半と長丁場でしたので、最後の方はもう〜切合小屋のキンキンに冷えた“缶ビール”だけを考えて歩いていました。(~_~) 駆けつけに一本呑んで、あとはテントからつまみを持ってきて日陰でもう一本。きっとそれもすぐに呑むだろうからまたもう一本。と云う具合に。



それが何と!!テントの延泊と“缶ビール”をお願いしに小屋番さんのところへゆくと!!!
「あ、ビールはもう“売り切れ”です」と云う返答が・・・・・。ガ〜ン! ( ꒪Д꒪)白目
しかも小屋番さん、そのきつい本気みたいなジョーダンを5分ほどボクに放置するものだから、山行の最後の最後で凍りついたのです。暑いのにもうキンキンです。(-_-;)



延泊の手続きをしている最中、小屋番さんから「缶酎ハイが品切れだから2ケース歩荷してくれない?日当15000円だすよ!」との今度はジョーダンみたいな本気の申し出がありましたが、そんなことがボクらには到底できるはずもなく、丁重にお断りを申し上げ、テントに引き上げて翌日をむかえます。




切合小屋のテントの中で、4時に自然と目が覚めた。昨日はあんなにもうだるような暑さだったのに、朝方テントの中はやや寒い。それもそのはずだ、ボクの寝袋が消えていた。『ん?』っと思い横で寝ているヨメ氏を見ると、自分の寝袋を下に敷いて、またボクの寝袋を掛け布団として使っていた・・・。(´Д`)
2日連続で朝からまいっちんぐであったが、清々しい朝を台無しにしたくなかったので、不問にして出立するのであった。



〈激下り〉


〈無風の稜線〉


〈剣ヶ峰〉

冗談の好きな小屋番さんへ挨拶をして、6時、川入へ下山開始。急登、岩場、高温、多湿、と最後の最後まで油断のおけない下山路でありました。なんせ切合小屋で汲んだ水も、途中の峰秀水場で汲んだ水も、すべて飲みきってへろへろになって登山口へと到着。11時頃のこと。 一ノ戸川での水浴びがなんとも気持ちが良かった。(゚∀゚)




初めての夏の飯豊山。厳しい暑さで思うように行程が進みませんでしたが、結果蓋を開けて見たらボクらには“切合小屋のテント場”を拠点とした山行で丁度良かったように思います。小屋もテント場も水場もトイレも近いので、とても利用しやすくお気に入り。テン場からの景色だってそんな悪くない。
夏のビール事情や飯炊きなどの話も聞けて、とても楽しくて印象深い山行となりました。次はぜひとも御西岳から北股岳の稜線などを歩いてみたいなと思っている。飯豊の年、まだまだ歩いてみたいところだらけです♪
 



〈夏休み山行記録〉
1日目:川入in 04:30 ⇒ 御沢野営場 05:00 ⇒ 横峰小屋跡 08:00 ⇒ 峰秀水場 08:30 ⇒ 地蔵山分岐 09:00 ⇒ 剣ヶ峰岩稜 09:20 ⇒ 三国小屋 10:30 ⇒ 種蒔 12:50 ⇒ 切合小屋 13:40 (テント泊)
2日目:切合小屋 05:00 ⇒ 草履塚 05:35 ⇒ 姥権現 05:55 ⇒ 御秘所 06:00 ⇒ 御前坂 06:20 ⇒ 本山小屋 07:00 ⇒ 飯豊本山 07:30 ⇒ 玄山道分岐 08:20 ⇒ 御西岳 09:05 ⇒ 御西水場 09:20 ⇒ 御西小屋 09:40 ⇒ 大日岳 11:05 → ピストン → 切合小屋 16:30 (テント泊)
3日目:切合小屋 06:00 → 種蒔 06:30 → 三国小屋 07:30 → 剣ヶ峰岩稜 08:00 → 地蔵山分岐 09:00 → 峰秀水場 09:10 → 横峰小屋跡 09:45 → 一ノ戸川 11:20 → 御沢野営場 11:30 → 川入out → いいでのゆ
 
| 山歩きと山登り | 17:25 | comments(8) | -
| 1/308pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE