bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
スクアミッシュの薪料理


11月23日の『蓼科山歩き』からの続きです。




この日の山歩きの大きな目的は、お腹を空かせること。
お腹ぺこぺこな状態で、『Resort Inn スクアミッシュ』のボリューム満点な美味しいごはんを思いっきり食べることが目的でした。
それから、入手困難でお気に入りの城戸ワインを気兼ねなくたくさん呑むことも目的の一つしでた。
特にこの日は『薪料理の日』でもあったのが嬉しい。




薪料理の日とは、スクアミッシュに備えてある設備の“薪ストーブ”と“薪窯”でもって料理をすると云う斬新なイベントデー。
スクアミッシュにはもう何度も泊まりに来ていますが、こんな面白い企画の宿泊プランは初めての体験。どういった料理が出てくるのかと、ドキがむねむねです。(°∀°)




ご主人の中橋さん。大阪人で旅人で元レーサーでスノーボードの指導員という多才な経歴と技術を併せ持つ異色な方。
話術に優れ、スクアミッシュの屋台骨である奥さんの料理を配膳するときにさらにお喋りで旨みを効かせるものだから、スクアミッシュではやはり食事中が一番楽しい滞在時間となります。




前置きが長くなりましたが、この日のメニューはこんな感じ。
前菜にカブのスープが出てきたのには感動。ボクは野菜の中ではカブに目がありません♪
続いて季節野菜の蒸焼き、2種類のピザ、ローストチキンのサラダ、ローストビーフと温野菜、ごはん、デザートの順に続々と出され、それらをがっついて食べてゆきます。




なかでもお気に入りになってしまったのが“きのこのピザ”でした。軽く燻香の付いたキノコがすこぶる旨い。5種類ものチーズが乗ったピザも絶品でしたが、ボクには香りの良いきのこのピザがダントツの美味しさでした。(´_ゝ`)




薪ストーブと薪窯で調理するスクアミッシュの“薪料理の日”。
大変美味しくいただけました。たまにはこんな趣向を凝らした日も良いものです。すっかりとお気に入りに。




さて城戸ワイン。
白ワインは“ナイアガラブリュット”、赤ワインは“オータムカラーズルージュ”と、併せて三本を呑んで軽く酔い心地。香り豊かなナイアガラブリュットは安定の美味しさでした。初めて呑んだルージュも大変に美味しかった。この次来るとき、お肉のときにはこのオータムカラーズルージュを頼みたい。覚えておこう。

部屋呑みでは、仲間が持ってきてくれた日本酒四合瓶をきっかり二本空けたらお開きに。あっという間に夜中の1時になっていた・・・。(>_<)




そして朝ごはん。
今回も大好きな“チーズ入りの紫芋のガレット”が登場。二日酔いのテイにはこれが最高の薬となりました。
山歩きとからめた今滞在も美味しくて楽しかった。盛り上げてくれた仲間にも感謝である。

 
| 旅宿 | 12:18 | comments(2) | -
蓼科山歩き with 克雅


久しぶりに、いちにちblogの“鬼コーチ”と一緒に、北八ヶ岳の“蓼科山”を歩いてきました。
11月23日(土曜)〜24日(日曜)のこと。記録は23日の日帰り山行になります。






車二台あるのを活かし、この日のコースは『女乃神茶屋〜蓼科山七合目登山口』までとし、一台を白樺高原国際スキー場より上の“蓼科山七合目P”に駐め、もう一台は女乃神茶屋前の“すずらん峠園地P”に駐めて山歩きを開始。スタート地点から気温は高く暖かい。滝のような汗をかくことを想定し、ソフトシェルを脱いで長袖Tシャツ一枚で歩く。
つい先程まで降っていたと思しき雨のせいか、湿気がカラダにまとわりつき、とにかく暑い。袖をめくって半袖Tのようにする。タオルも頭に巻いて滝汗防止スタンバイ。






健脚な“いちにち”の克雅夫妻にぐいぐい引っ張っていってもらい、苔むしたエリアで小休止。苔を愛でながらいつしか体験した“北八苔ツアー”の話をしていると、その辺の有名所である北横岳には登ったことが無いと云う。あまりにもメジャーで混雑した山を避ける傾向にある二人には、これからもきっと、縁のない山になるのだろう。呑み山行と称して、雪のある時期にでも誘ってみるかな。






ごろごろした岩場の急登にさしかかり、森林限界を越えると、急に風が強くなり寒さを感じるようになってきた。ソフトシェルを着て防寒し、一息いれていると、今度はあたり一面が真っ白にガスってしまい、青空の山頂は何処へやらになってしまった。山頂へゆけばきっと晴れるだろうとの思い虚しく、写真を撮って先へ進むことにした。山頂ビールをあきらめて、将軍平へ。








山頂から将軍平へは北斜面。ごつごつした大きな岩場の陰は雪が氷になっており滑る。チェーンアイゼンを付けるまでもないが、やや注意して下り、将軍平の“蓼科山荘”でお昼ごはん。沸かした湯を山専ボトルに入れて持ってきて、即席カップラーメンとした。・・・微妙にいつもよりお湯がぬるい。そろそろ寿命かなと感じるようになってきた。








七合目登山口までの登山道は、ガスで何やら幻想的でメルヘン。苔むした北八ヶ岳は、お天気の悪いときでも愉しめるのはやはり良いなと思う。将軍平から車を駐めた七合目登山口までは約一時間で下山。9時30分に歩き始めたこの日の山歩きは14時30分に終了し、『目的のため』に5時間ほどカラダを動かすことができて何よりであった。“蓼科温泉共同浴場”に立ち寄り、目的の宿へと向かいます。






さて目的とは、『美味しいごはんと美味しいワイン』をたらふく味わうため。山歩きをして腹を空かせる戦法です。
リゾート イン スクアミッシュ編”に続きます。

■ルートラボ:https://yahoo.jp/AUL0ec
 
| 山歩きと山登り | 19:41 | comments(0) | -
日光澤ニャン泉Tシャツ

『日光澤ニャン泉Tシャツ』

猫派の人もどーぞよろしく! (°∀°)
猫チャン、笑猫、猫サン、の三匹でチャンわらサン。
猫派の方もよろしくどーぞ!





部屋着や温泉着に丁度良いです。もちろん山着としても◎の速乾Tシャツ。
胸と背中のあちこちに、たくさんのネコちゃんが居ます♪ (~_~;)
・・・・・嘘です。

『日光澤温泉Tシャツ』、日光澤温泉にて好評発売中です。
 
続きを読む >>
| ファッションなど | 22:34 | comments(0) | -
鬼怒沼湿原歩き&日光澤温泉

〈池塘が凍っている 鬼怒沼湿原〉


11月9日(土曜)〜10日(日曜)の週末のこと。
日光澤温泉』で宴会山行とするときは、“雪”が無ければ決まって鬼怒沼湿原まで登ります。宿の美味しいごはんを食べるためには、少しでもカラダを動かしたほうが良いに決まってます。
女夫渕温泉駐車場から日光澤温泉までは、標高差300mほどの緩〜〜〜い山道。そして日光澤温泉から鬼怒沼湿原までは、標高差600mほどのなか↗なか↗の急な山道。


〈遊歩道〉


〈仲間の差し入れおにぎり:すじこ〉


〈遊歩道〉


〈おやつに舟和のいもようかん〉


〈木道〉


〈一番大きい池塘(金沼)前のベンチにて山ごはん〉


〈仲間の差し入れおにぎり:ベーコンと枝豆〉

この緩急のある登山道を歩いた先にある高層湿原『鬼怒沼湿原』は、それはそれは見事な景色なんです。青空の下で眺める景色ならなおさらのこと。
ところが、到着した鬼怒沼湿原は青空で超の付く最高のお天気だったんだけれども、鬼怒沼湿原の池塘も凍りつき、超が付くほどに寒かった。(´д`)



それでも“山頂ビール”を嗜みます♪
缶ビールの右が日光白根山で、左が根名草山。



〈サンボちらりズム〉

さて、前哨戦で骨の髄まで冷えてしまったカラダを温め♨に、日光澤温泉へと一目散に駆け下りてゆきます。
8時30分に女夫渕温泉Pを出発して、鬼怒沼湿原に着いたのが13時45分。たっぷり一時間ほど休憩して、日光澤温泉へ戻ったのが16時30分。お待ちかねの晩ごはんがこの日は18時00分でしたので、ゆっくりと一時間、露天風呂の湯につかってスタンバイ。



〈食事風景〉

この日の山仲間はボクら夫婦を含めて6人のにぎやかなメンツ。
エベレストやデナリ・マッキンリーを登ってきちゃうような猛者から、いったいいつ寝ているの?と思うほど元気で遊びに忙しいはつらつお母さん、うん。それから山のムック本をつくることを生業にしている山のプロ夫婦でチーム編成。
そんなにぎやかなメンツだったもので、宿や温泉では、はたして他の人たちに迷惑をかけていないかと心配で心配で本当にたまらなかった。~_~;


〈晩ごはんも朝ごはんも安定の美味しさ〉




〈爪痕:土砂崩れ〉


〈爪痕:削り取られた河川の肩〉

甚大な被害がでた台風19号の爪痕は、“奥鬼怒遊歩道”のいたるところでも目の当たりにしましたが、山歩きを心得ている方々ならばまったく問題はありませんでした。
ただ何かあったら困るので、役所からは遊歩道への入口と脇道からの進入路に、立ち入り禁止の札とトラロープで塞がれてはいました。あくまでも自己責任で立ち入るのが賢明です。



〈紅葉の奥鬼怒スーパー林道〉

ほんのりと紅葉の残る日光澤温泉は、空いていてとても快適に過ごすことができました。次の日光澤温泉は雪でもふもふの頃にまたゆくことになっています。スノーシューでバフバフと、雪の大海原を歩いて思いっきり汗を流したい♪
それもこれも、宿で食べる美味しいごはんと酒と温泉のためなのです。(°∀°)

 
| 山歩きと山登り | 18:12 | comments(0) | -
ダーンタフの登山靴下
ダーンタフの登山靴下
『ダーンタフの登山靴下』
たかが靴下、されど靴下。

山歩きどき、登山歴にそぐわないけれど色々なメーカーの靴下を履きました。
その中でも、長持ち、履き具合、履き心地、弾力、と、どれもこれもが抜群に良かったのがコレでした。
でもちょいとお値段、お高いのが玉に瑕。(´Д`)
んでも長持ちするからまぁ良いことにしています。まさにネーミングの通り、タフ!!派手な柄もなくて、渋いカラーがこれまた良い!!

メリノウールの登山靴下:ダーンタフ(DARN TOUGH) タクティカル T4033 エクストラクッション(コヨーテブラウン色)
 
続きを読む >>
| 山道具と山話 | 17:35 | comments(0) | -
| 1/310pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE