bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
大菩薩嶺歩き〈ケーコ編〉
登山道のきのこ

さえない天気が長く続いている。なんだかなぁ・・・
そんな、朝方まで降り続いた雨があがり、濡れた登山道を歩いた、9月9日(日)の話。



苔の登山道

スタートは柳沢峠から



苔の登山道

あぁ、森が潤っている。



登山道のきのこ

人間はえらい目に遭ったけど、きのこにとっては最高の夏だったのかもしれない。



登山道の倒木

ところどころに台風21号の爪痕が残る。



テトラポットどんぐり

木々が散乱し、まだ青いイガグリやドングリを蹴飛ばしながら歩く。
ドングリ(ミズナラの実かな?)ってテトラポットみたいに実がつくの?てな発見もあり、
とっ散らかった登山道もこれはこれで楽しい。



登山道のきのこ


ヒカリゴケ

薄日が差したり、ガスに覆われたりを繰り返すなか、良いタイミングでヒカリゴケを見られた。

丸川荘に着く頃には青空も広がり、小屋番の只木さんに挨拶だけ済ませ、山頂を目指す。

尾根に出ると突風が吹き荒れもしたが、それも心地良く、今日、私は何でも許せそうな心境だ。やっぱり山はいい。



大菩薩嶺雷岩

山頂の先の雷岩にて、富士山がチラリ



丸川荘の裏の景色

きのこをひやかしながら来た道を戻り、雲母(うんも)がキラキラ光る急坂を下り、
やや急ぎ足で丸川荘に駆け込み、用を足す。だいぶ汗かかなくなったな。



丸川荘只木さんと珈琲

丁寧に淹れられたナリーニョストレート珈琲をいただきながら、
春の丸鍋山菜パーティの裏話や、
台風21号で四方から吹く以外の風を初めて体験した話
(天から地へ、地面に叩きつけるような暴風が吹き荒れたらしい)、
木彫りの新作のカップやスプーンを見せてもらったり、
なれてくると、随分と人懐っこい方なんだとわかった。
次回はふらっと酒を飲みに行こうと思う。

 
| 山歩きと山登り | 20:24 | comments(0) | -
まいっちんぐ
まいっちんぐマチコ先生

ボクの口癖である『まいっちんぐ』

先日のこと。
西日暮里やきとり鳥臣の女将さんに、“まいっちんぐ”の語源はもしかしてこれですか?と、超懐かしい漫画本を見せられた。

『まいっちんぐマチコ先生』( ఠ_ఠ )

ピンポン!ピンポン!!だ。
まったく洒落っ気のある女将さんで、まいっちんぐ。(・∀・)

鳥臣のバイスサワー

因みに、贔屓にしている西日暮里やきとり鳥臣に、とうとう『バイスサワー』がメニューに追加された♪
キンミヤ焼酎をコダマのピンクの割り材で割ると、美味しいバイスサワーができあがる。
この日、週末のお天気が悪かったので、鳥臣で山仲間と山へ行けない憂さ晴らしをしていた。はたしてバイスサワーをいったい何杯呑んだのかまったく記憶に残っていない。(´д`) ぐらい、呑んだ。
甘いお酒がダメな仲間も、このバイスサワーは口当たりが良かったようで何杯も何杯も呑んでいた。焼き鳥との相性も抜群に良くて◎。


鳥臣のツナギ

鳥臣の“ツナギ”はやはり最高に美味しい。まいっちんぐ。(・∀・)
↑良くやる使い方。


鳥臣のつくね

鳥臣の つくね 食べると何だか落ち つくね 。まいっちんぐ。(~_~;)
↑間違った使い方。

 
| お店など | 18:00 | comments(0) | -
新Bluetoothイヤホン
GLIDiC TW-5000
また新しいBluetoothのイヤホン導入記。

山に、良い!
もういったい何個目なのか実はきちんと把握はしていませんが、今度のは本当に良いと思う。そこそこ値段が安いし、先ず接続が途切れないのが良い。
いつものようにかれこれ一ヶ月間ヘビーに使ってみた。たったひとつの難点以外は全く申し分なし。

GLIDiC TW-5000

さて難点とは、ケースが無いと電源の“OnOff”ができないこと。( ꒪Д꒪)
今までのはイヤホンだけポケットに入れて持ち歩けたので、自動電源接続OnOffができるとはいえ、この面倒な仕組みに慣れるまで結構時間がかかった。
結果的に、コレはまあ小さな箱だから許せる範囲。ポケットにも入るサイズだしな。となった訳なのです。
いまのところ、◎なワイヤレスのイヤホンです。接続のレスポンスや途切れにくさ、電池持ちのスタミナに、完全防水なところ。
山で、良い!

GLIDiC TW-5000

新Bluetoothイヤホン 『GLIDiC TW-5000
 
| 道具など | 12:45 | comments(0) | -
雪山用登山靴ソール修理
AKU / SLプロLTRデュラサーモ

雪山用の登山靴が修理からかえってきた!( ´∀`)

これは、年度末にまたがる時期に歩いてきた『雪山山行』どきに、両足ともに“ソールが剥がれ”てしまったので、購入先の石井スポーツへ修理に出していたものがかえってきたと云う話。
ところが、戻ってきた靴の様子が何やら以前とはまったく違うことに気が付きます。店員さんから“前とは同じソールにはならない”と聞いてはいましたが、こんなにもがらりと様変わりしていようとはつゆ知らず。まいっちんぐだ。(-_-;)

それで、この件をぐだぐだヨメさん相手に話してストレス発散するも、「そんなに前と変わらないじゃあないか、どこが違うのだ、あんたはそれで十分だ、新しい冬靴を買うよりも安いじゃない、両足で16000円で済んだのだから我慢しろ、もともと何年か落ちの旧品を安く買ったのかだらよしとしろ」と、逆に正しく諭されて意気消沈。まいっちんぐだ。(;´Д`)

AKU / SLプロLTRデュラサーモ

さてまた来年、これで雪山歩きもまた楽しめるように、冬靴のメンテナンスも完了だ。両足いっぺんにソールが剥がれるアクシデントにはまいったが、来年に向けての準備が整いワクワクだ。
AKU / SLプロLTRデュラサーモ』のソール修理費用は二足で16000円でした。修理期間は約3ヶ月。長々と受け取りに行かなくて申し訳ない思いでいっぱい。(*´з`)
 
| 山道具と山話 | 12:07 | comments(0) | -
皇海山と鋸山歩き
鋸山山頂直下

尾瀬方面へと向かう道すがら、吹割の滝手前の交差点から右へ進路変更し、走行に難ありの栗原川林道へ入る。落石が多く対向車のすれ違いがなかなか難しく、鋭利な岩がごろごろしてて携帯電話の電波が入らない。
岩山をくりぬいたトンネルからして何やらただならぬ雰囲気だ。ジムニーで走っている最中も、これ向こう側から来られたらアウトだな ていう道のり。

皇海山山頂

距離にして20kmのそんな超ダートな道を45分かけてたどり着いた先は、不動沢コースのゲート“皇海橋駐車場”。橋によって2ヶ所に分かれているが、計25台程度は駐められるだろうか。綺麗な水栓のトイレもあって、目的地へ着いたら早々に先ほどの悪路なんてすっかりと忘れていた。ある意味この山行の核心部は駐車場まででした。
さて、百名山である『皇海山(すかいさん)』へハイクアップ。8月の19日、日曜日のこと。

不動沢

不動沢コースは途中まで沢沿いを歩いてゆくので、なかなか涼しくて快適な山歩きでした。
よって、渡渉をたくさん繰り返す。大雨降った翌日に歩いていたらと思うと少々恐ろしい感じではありますが、石の上が滑る訳でもなくぴょんぴょんとリズム良い歩調で進んでゆきます。

不動沢のコル

鋸山との分岐点、不動沢のコルにて小休止。このあたりから後続登山者たちにがんがん抜かれます。さすが険しい道のりでやってきた、&足尾からの長〜いクラシックルートでやってきた猛者や健脚者たちです。皆ぴゅーっと風のように抜き去ってゆく。
ボクら、まだまだである。~_~;

鋸山

ところで、皇海山への山道は岩がごろごろでとても楽しく登っていけますが、いかんせん山頂からの眺望があまりよろしくは無いので、不動沢のコースを歩くのならば、是非ともお隣のギザギザした山容を持つ鋸山とのセット山行としたい。

鋸山の岩場

鋸山へと登っている登山道の途中から、皇海山の素晴らしい景色を広い範囲で見ることができるので、なにがなんでも鋸山まで来ておいて良かったと胸をなで下ろした。実はその登山道はとても険しく意外としんどい。登りつめるのにかかる時間が短いのが救いかな。


鋸山山頂

山弁当

この日の“山ごはん”は眺望の良い鋸山の山頂から、皇海山の山容を見ながら食べた。うどんは前日夜に茹でておき冷やしておいた。麺汁はストレートのものを凍らせて持っていき、よく冷やしたノンアルビールと一緒にクーラーバッグの中へ入れパッキング。
ナルトとわけぎと揚げ玉の盛り付けに性格が出ていてこれには大笑い。暑い山行どきのごはんは、喉ごしの良い冷たいものに限ります。とても美味しくてあっという間たいらげた。

鋸山山頂直下

下山路では、不動沢のコルから先の、足がかりの少ない土のところがつるつる滑ってまいっちんぐだったが、そんなところにはだいたいロープなどのお助けツールがあるので、素直にその力をお借りして慎重に下っていった。そして沢の流れる、耳に心地よい音が聞こえてくると、この日のゴールはもうすぐそこであった。


不動沢

不動沢ルート

さてこの次、この皇海山へまた来ることがあるならば、頑張って足尾からクラシックルートで歩いてみたいと思っている。もし途中でリタイヤしても、鋸山まで歩けたら、ルートがつながるからそれでも良い。( ´∀`)

栗原川林道

因みにこの日の帰り道。沼田(追貝側)から入った栗原川林道は“皇海橋駐車場”で折り返さず、そのままずっと先へ進み赤城山の北東(根利側)に出て、太田桐生方面から帰りました。高速代を節約することができてラッキーでしたが、帰りも超ダートな道が続くのは変わりません・・・。あしからず(´д`)
 

皇海山登山口

■山域:皇海山、鋸山
■日時:2018年08月19日(日) ☀
■目的:運動不足解消
■山行:皇海橋駐車場〈07:16〉 → 不動沢のコル〈08:56〉 → 皇海山〈09:49〉 → 不動沢のコル〈10:30〉 → 鋸山〈11:08〜12:11(山めし休憩)〉 → 不動沢のコル〈12:49〉 → 皇海橋駐車場〈14:00〉
■特記:栗原川林道 沼田(追貝側)→皇海橋駐車場 約20km / 栗原川林道 皇海川林道→赤城山方面(根利側) 約30km
■ルートラボ:https://yahoo.jp/LqRzvD8
 
| 山歩きと山登り | 12:14 | comments(2) | -
| 1/294pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco