bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
ジムニーのホイールとスタッドレス
ジムニーのホイールとスタッドレス

ジムニーの“アルミホイール”と“スタッドレスタイヤ”を新調した。

アルミホイールは、ガンメタ星型のものから、9本のバナナスポークのものへと交換。ハコスカとかフェアレディZとかに昔付いていたようなタイプのアルミで、デザインも艶消しブラックなところも何もかもがお気に入り♡
スタッドレスタイヤは、ヨコハマGEOLANDAR I/T-Sから新しいタイプのiceGUARD SUV G075へバージョンアップ。実際にまだ雪道を走ってはいませんが、トレッドパターンを見ると何やらスゴイ♡

これで去年まで滑ってヒヤッとしたことが少なくなりそうで、今からもう楽しみで仕方がない。
 

*アルミホイール:
ファブレス BARONE(ヴァローネ) MC-9 16インチ 5H139.7・マットブラック (ジムニー専用)
*スタッドレスタイヤ:175/80R16
iceGUARD SUV G075

 
| 趣味や車など | 08:10 | comments(0) | -
白馬鑓温泉歩き〈ケーコ編〉
白馬鑓温泉
そう、あれは三年前、“大爆笑”しながら読んだものだった。
今読んでも笑ってしまう。色褪せてないわ。
念願が叶い、やっと連れて行ってもらえた、
いちにち”の2人との白馬鑓温泉11/3〜11/4の話。


白馬鑓温泉登山口
とはいえ、気になる湯温、事前にネットで検索しても、
10/21までの記事と“温泉俳優☆龍二100%”の画像くらいしか
参考になるものは見つけられず、
着いてみなければ温泉に入れるのか?入れないのか?わからないまま出発した。
猿倉荘の駐車場で会った男性が「今、下でクマ見たよ!」
なんて言うから、周囲にも注意を払いつつ。


白馬鑓温泉テント場
私と夫のテント泊用ザックは60L、リーダー克は85L、サブリーダー雅は75L。
60Lでは少し容量が足りない時もあるが、ぎゅうぎゅうに押してなんとか詰め込んでいる。
もう少し大きいのが欲しい気もするけど、そうなると担いで歩けるのか?という問題が生じる。
おそらく克雅たちは私達の1.5倍〜2倍の重量を担いでる。
それでもまだ彼等の方が早いが、なんとなくほぼ同じペースで山歩きできることがわかってきた。


白馬鑓温泉登山道



白馬鑓温泉
〈白馬鑓温泉までの道のりは遠い〉

白馬鑓温泉登山道
小日向のコルを過ぎ、ゆるく下ると、滝や小さな沢がいくつか現れ、その山肌をトラバースしていく。
雪と氷と草の付き方がまちまちで嫌な感じの急斜面だった。
リーダー克が冬靴&アイゼンで!と言ってきたのは、このためか〜とすぐに理解した。


白馬鑓温泉落石箇所
危うく難を逃れる場面もあり、当たり前だけど、落石多発箇所では落石が起こるし、
滑落しそうな所は滑落する可能性があるって事を肝に銘ずる。


白馬鑓温泉登山道
厄介なトラバース地帯の終盤は雪が深かった。
踏み跡も深く、歩幅も広い。
もも上げをしながら大股で歩く、というような歩き方を暫くの間してたら、両腿が攣りそうになってきた。
こんなとこで嫌だなぁ。
休めそうな場所でリーダー克に「塩はないか?」とおねだりするも持っておらず。
すると、サブリーダー雅がフォローを入れ、塩分濃度の高そうな物をガサゴソと出してきた。

ホタルイカを平たく干した珍味と柿ピーわさび味・・・え?

内腿が軽く痙攣してて、ツッコミを入れる余裕もなく、がっついて塩分補給し、急場しのぎにはなった。
呑兵衛の仲間で良かった、て事にしておこう。
そのホタルイカの干したの、大好物なのに肝心の日本酒のアテとしては出てこなかった。行動食なのか?


白馬鑓温泉まで20分
ここからの地味な登りがしんどかった。
温泉は遠くから見てた方が近く感じて、ここから見上げる方が遠く感じた。


白馬鑓温泉まであと少し・・・
私があまりにも牛歩なので、克雅たちには先に行ってもらう。あ〜〜〜
眼の前で湯気が立ってるというのに最後の最後で踏ん張りがきかない。
前穂〜奥穂の時もそうだった。情けないし、格好悪い。
よし!来年のテーマは「踏ん張る」にしよう。
一昨年、昨年、今年のテーマは「自分を甘やかさない」だった(笑)これは自分の人生のテーマだな。


ケーコと白馬鑓温泉かけ流し
真横を温泉の川がゴウゴウと流れる不思議な光景


白馬鑓温泉テント場整地中
着く頃にはすっかりテン場の整地も終わっていて、申し訳ないやら嬉しいやら。
温泉横の一等地が空いていたようで、2人はご満悦の様子だった。
呑兵衛の生活動線を考えるとここがベストポジションというのも納得である。

いや〜いつもなら、まずはビール!なんだけど、ここは絶対に温泉!だ。
すぐにでもダイブしたい気持ちを抑え、

酒を冷やし、

テントを張り、

水を汲みに行き、

タコを炙り、

風呂に入る。

じーさんは山へ柴刈りに、ばーさんは川へ洗濯に、
のような人間の営みが凝縮され、なんとも言えない喜びを感じてしまった。

克上魚類


克上魚類
タコの焦げる香りがたまらん。
炙られるとタコが踊り(本当の話)、吸盤がキュキュっと締まる。
吸盤のコリコリ感と足のヌメヌメ感(特に足の付け根の太い部分が好み♡)が、たまらんのです。



テント9張、14人(温泉目的12人、登頂目的2人)と、思ったよりも大盛況だったが、
純粋に温泉と酒を楽しみに来てる方が多く、居心地が良かった。


酒処 白馬鑓温泉
そうなると舞い上がってしまうのがうちの人で、早々に撃沈、おやすみなさい。
無風で好天とはいえ、標高2100mはちと寒く、ここからの流れはもう恒例化しつつある。


克雅家のテントに移り、呑み直す。
ホットワインを呑んで温まろうという声が聞こえる。(ホットワインを始める頃は大体出来上がっている)
THERMARESTの黄色い蛇腹タイプのマットに赤ワインをひっくり返し、
マットの溝を拭く、ひっくり返す、拭く、ひっくり返す、拭くを3回繰り返してから寝る。


白馬鑓温泉テン場からの星景
星が近かったそう。

☆ → ☀

白馬鑓温泉朝風呂
朝風呂を堪能していた夫に起こされ、朝風呂へ。


白馬鑓温泉朝風呂



白馬鑓温泉



白馬鑓温泉下山
いいお湯だった。また来るよ。


白馬鑓温泉登山道
下山中、
夫が足の指の間すべてに水ぶくれを発症する。
風呂上がりにすぐに靴下を履いたせいかもしれない。
普段は靴擦れなどしたこともなく、ふやけた所が弱くなり靴擦れしたのかもしれない。
下山後、
私は足のスネだけ軽く低温火傷になっていた。なんでもほどほどにしないと。


所感
"オーバースペックが丁度良い"
克雅さんから学ぶ。

"朝の長風呂注意"
夫から学ぶ。


白馬鑓温泉

ルートラボ:https://yahoo.jp/mEWCqD
白馬鑓温泉歩き呑み山行シャシン記ログ

 
| 山歩きと山登り | 12:00 | comments(2) | -
北軽SG USログキャビンにて
北軽SG USログキャビン

北軽井沢スウィートグラスで、一番最初に建てられたキャビンがこの『USログキャビン』とのこと。北軽SGの原点ともいえる、とてもシンプルなキャビンに泊まってキャンプしてきました。

シンプルゆえにキャンプする道具は自身で持ってゆくかレンタルしないとキャンプがとても寂しいものになるので、バーナーやカトラリーなど調理道具一式に寝泊まりできる寝袋などは必須アイテムかと思う。
今回急に決まった北軽SG泊でしたが、ジムニーの屋根の物置(ルーフボックス)に存置してある道具が大活躍してくれました。

北軽SGの紅葉

キャンプ場へのチェックインは夕方近くになってしまったので、紅葉の時期は急激な冷えこみが予想できるため『暖を取る』対策に忙しい。
薪を慌てて用意して、薪ストーブに火を入れます。テラスにあるホンマの鉄板製薪ストーブはすぐに暖まるけれども、薪が無くなると冷めるのもすぐさま。

北軽SG USログキャビン

酒を呑みながらせわしなく薪を投入するも、何だかそんな時間が至福でとても愉しいものでした。
ストーブの上に乗せたフライパン。ジュウジュウと勢いよく焼けるソーセージからとても良い香りが漂っていた。う〜んマンダム♪
ストーブの上に乗せた赤ワイン。白い湯気が立ち上り、呑み頃最適なホットワインとなり程良く酔いしれた。う〜んマンダム♪

北軽の朝晩はもう吐く息が真っ白になるほど冷えこんでいます。紅葉の綺麗な景色が見られて何よりなキャンプだった。(°∀°)

北軽SGの紅葉
 
| キャンプと野営 | 12:31 | comments(0) | -
ゼログラム『エルチャルテン』
ゼログラム El Chalten 2P

韓国で買ってきた韓国のブランド“ゼログラム”の山岳テント、『エルチャルテン』(El Chalten 2P)。
購入した経緯は、優れた性能と機能の他、自分のテントがどれだかすぐに分かるように、少し珍しいテントで少し変わったメーカーのものをと思ってのことでしたが、ここ最近ゼログラムの知名度がぐーんと上がり、このブログへのアクセスも“ゼログラムのテント”を求めてやってくる方が目立ってきた。
やや複雑な思いではありますが、とても優れたテントなので良い点悪い点をこの辺で記しておくことにします。

――――――――――

・自分のテントがすぐ分かる。
外フレームの吊り下げ式のテントはなかなか珍しく、あまり他に仲間がいない。色が白で目立つ。(実際には薄いグレーなのだが外では白にしか見えない)

ゼログラム El Chalten 2P

・設営が簡単。
玄関あけたら2分でごはん的な楽ちんさ。何より三位一体からくる迅速で快速で神速な速い幕営ができるのがホントすごい。
グラドシート、インナーテント、フライシートの三つが一体的になっているので、地面にころ〜んと転がしてばっっとテンション張ったら、あとは四隅のハトメ(穴)にポールの先っちょを差してやれば終わり。
そのあとは缶ビール片手にポールへフライのフックを吊り下げてゆけばOK牧場。まさに疾風のようなテント。

・軽い。
たぶん。グラドシート、インナーテント、フライシート、ポール、ペグのセットで、2圓鰐気ぁ
これと同じ内容でニーモのアンディJP(旧モデル)と比べると、あきらかに軽い。

・撤収も簡単。
地面の湿気が激しいとき、3本のポールを外し、三つ巴の一番下のグラドシートだけを残して撤収し、最後に地面の湿気で濡れているグランドシートだけを分離して撤収してやると、下山後に乾かすときや縦走して次のテント場へ移るときに、すこぶる便利。
三位一体にするときは四隅の穴にフックを入れるだけだから、使い勝手もすこぶる良好。
もちろん何も濡れていないときは三位一体のまま畳んで仕舞えばよいので、更に撤収が簡単となる。

ゼログラム El Chalten 2P

・出入口が2ヶ所。
それも長辺方向に2ヶ所あるので、臨機応変に使えるのがすごく良い。テントを設営したあとに出入口を反対にすればよかったなんていうケースにも即座に対応。
トイレなどで外に出るときも、気兼ねなく自分側の出入口から出入りできるのは、何かにつけて有利なところかと思う。

・3本目のポール。
広い“前室”をつくってくれる3本目のポールの塩梅がとても良い。これによって、飯炊きするスペースが広くなるのは嬉しい。

ゼログラム El Chalten 2P

・自立式だが強度に不安。
一番外側のポールにテントを吊り下げてゆく構造ゆえに、テント自体の生地の張力がそれほど期待できない分、なんだかペにょペにょで心細い。
テントがつぶれたりする恐れは全く無いのに、100人乗っても大丈夫〜♪的な堅牢さは残念ながら兼ね揃えてはいない。

・狭い。
ダブルウォールで、外フレーム式で、吊り下げ式なもんだから、やっぱり天井が低く、シングルウォールのニーモアンディJPに慣れてしまうととにかく狭く感じます。
テント内で二人して着座してくつろいでいると、身長170センチの小柄なボクでさえ、端の方ではとても窮屈に感じます。中央で寄り添ってくつろげばそんなことは感じないかもしれませんが、ヨメさんとの付き合いが長い分、そんなことはテレてもうできません。(~_~)


ZEROGRAM。今のところボクらにとっては◎な“山岳用のテント”です。
 
| 山道具と山話 | 12:14 | comments(0) | -
前穂高岳&奥穂高岳歩き〈ケーコ編〉続き
前記事の続き

穂高岳山荘とテント場

穂高岳山荘とテント場
決めた!今日はここまで!あそこ!あそこに泊まる!
時間に余裕はあったが、私の体力に無理があった。
このまま行けば、ザイテングラートででんぐり返ししかねない。


ラーメンと氷結
(自分のことを棚に上げて)
考えてみれば、こんな機会でもないと奥穂高山荘でテン泊ってのもなかなかなさそうだし、
良かったんじゃないの?色んな所に泊まってみたいでしょ?
ラーメン美味しいね。夫婦円満の秘訣。


ポケ活
ポケモンGOのポケストップを回し、アイテム入手中
こういう事だけはヌカリが無い。


穂高岳山荘テント場
一等地、こんなに平らなテン場は初めてかも(標高2996m)
テント泊1人1000円
宿泊者は水無料(小屋の中1ヶ所と外1ヶ所でいただける)


すだち酎とテント場
今夜もまた、ソーセージ男子がほろ酔い気分で太くて短いのを焼いてくれ、
チキンライスとエビピラフをいただき、私だけ先にシュラフに潜り込むも、
膝から下がだるくて、なかなか寝付けなかった。


星空写真
2日連続で天の川が見られたというのに、このやる気の無さ

備考
さすがに冷え込むだろうと、
夫はソフトシェルに3シーズン用シュラフ+シュラフカバー
私はソフトシェルに厳冬期用シュラフで、上半身はだけて温度調節
ダウン上下着用するも、2人とも暑くてダウン上は脱ぐ
シュラフカバーも暑かったらしいが、外すのが面倒でそのまま寝たらしい
暖かかったのか、暑がりなのか、不明



穂高岳山荘の朝

穂高岳山荘テント場の朝

ザイテングラード
10/10
4時起床、5時30分出発
山小屋の天気予報によると、昼から雨とのこと


ザイテングラード


ザイテングラード


ザイテングラード


ザイテングラード
2人して雨合羽を新調したばかりだから、試すのにいい機会かもなんて
口では言っていても、できれば濡れたくない。早く下りよう。


涸沢カール

涸沢カール
日が射すと見頃を過ぎた紅葉も色鮮やか。
涸沢〜横尾まで、ところどころで渋滞する。
パノラマコースを使う予定だったが、少しでも早く下山したかったため、
横尾経由にするも悩ましい。


涸沢小屋

―――――

徳沢園 野沢菜チャーハン終了の知らせ
ガーーーーーン
お腹を空かせて、駆け下りてきたのにな。
でも大丈夫、大人だもの、カレーとソフトクリームがあるんだもの。


徳沢園のカレーとソフトクリーム



おばあちゃんと丸太
今頃、この辺りが紅葉のピークを迎えているのかもしれない。

平日でも、臨時便のバスが出ており、タイミング良く3分後のバスに乗車し、
沢渡の足湯Pで降り、車に乗ったと同時に雨が降り出す。出来過ぎで恐い。


上高地のさる

竜島温泉の山賊焼き定食で〆のつもりが、食堂だけが定休の曜日に当たってしまい、
山賊焼き定食の存在自体も確認できず、モヤモヤしたまま終えるのだけは避けたい。
こうなれば意地でも山賊焼きにこだわりたいと行き着いた先は、

みどり湖PA(上り)の白樺亭の山賊焼き
山賊焼き定食820円。
みどり湖PA(上り)の白樺亭にて〆


※前穂高岳&奥穂高岳(岳沢IN)歩きルートラボ:https://yahoo.jp/m0BAVe
前穂高岳&奥穂高岳歩きシャシン記ログ
 
| 山歩きと山登り | 08:02 | comments(0) | -
| 1/296pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco