やなか珈琲店

今日僕は朝から気分が良かった。こんなことがありました。

事務所用のコーヒー豆を買うため通勤途中の駅で下車し、電話注文した豆をピックアップして事務所へ向かう予定であったのが昨日。
ところが昨日は朝からのもの凄い強風によって、線路内に樹木が倒れ交通が遮断されてしまった。しばらくは復旧の見通しがたたないほどであったので、詳しく調べていないが被害は大きかったと判断できる。
そこで僕はこの日、来るか来ないかわからない電車を駅でただひたすら待つことをそうそうにあきらめ、自宅で仕事をすることに切り替えたのです。
ところがコーヒー豆を注文していたことをすっかり忘れ、お店にあわてて連絡を入れたんです。
「注文したコーヒー豆は今日取りに行けないんで、明日の朝にでも伺います。」と。。
そして翌る日である今日、お店へ昨日注文したコーヒー豆を取りに出向くと、なんだか営業していない模様であった。というよりも、かざしてある札を見るとなんと定休日であった。
でもお店の入口の扉が少しだけ開いており、店内の様子が確認できた。すると店員さんが一人だけいて、今日伺うことになっていた僕のことを待っていてくれてたんですね。今日が定休日だとも知らずに明日ゆくだなんてアポイントを取ってしまった僕のために、わざわざ休みのお店で店員さんが待っていてくれた。
定休日のことを忘れ、間違って受け答えしてしまった店員さんが責任を感じてのことらしいが、名前しか伝えておらず本当に来るかわからないたった一人の客のために、とても心温まるサービス精神だなと感じたのです。
大きく発展してゆくお店とは、このように小さな一つ一つの些細なサービスが実を結び、客の心を次々と掴んでゆくのかもしれません。これが本当の、真心と云うものだとも感じたのでした。
味が美味しいことは最低限当たり前の条件で、この他のことも満足にできてこそ完璧なお店と云えるのでしょう。
今日僕はそんな心のこもったサービスを受けてきて、ますます、やなか珈琲店が大好きになった。僕にとってはまさに完璧なお店だ。どうもありがとう、やなか珈琲店の赤羽店の店員さん。。

-お店など

© 2022 bebeDECO