山フライパンの蓋 序章

20130618_266873.jpg

有益な情報を愛読ブログで得たおかげで、山用のフライパンを買うことに至った。

それは、プリムスのライテックフライパン。ボクの場合、これしか選択肢が無かった。
なぜなら、そのフライパンにぴったり合うサイズらしい蓋が二つも手元にあったから。
山用フライパンを買うのには蓋も一緒に欲しい、と云う希望があったんです。
ところがボクが持っているフタは10年も前のものだからか、パンの内径 20 cmに、
シンデレラフィットしてくれなかった。涙。蓋の方が若干サイズが大きかったのだ。
おそらくはこの10年で、ボクの持っている鍋セットの方に改良が施されたのだろう。
結構ショックであった。そんなときべらぼうにある近所の100円ショップで、
今度はぴったりとプリムスのフライパンに合いそうな兼用鍋蓋を見つけたのだった。
写真の蓋、軽くていい!まさに山向きだった!手に取った瞬間ビビビってきた!


残念賞(=_=)だった。結果はダメ。何なのだボクのビビビは。笑っちゃう。

エコー金属の、ステンレス兼用鍋蓋(小)。装着するも、ジャストじゃない。
蓋の寸法は→直径:約210mm(16・18・20cm兼用)。この約がくせ者。苦笑
今度はたったの1mm、あともう1ミリだけ蓋の半径が小さかったのだ。
フライパンの蓋はジャストサイズじゃないとやっぱり使えないけれども、
でも健闘賞じゃない?これ。たったの100円でこんなにもドキドキできた。
こうして、蓋めぐりの旅はまだまだ続くのである。なんとしても100円で済ませたい。
さて次はどこの100円ショップでドキドキしてこようかしら。

-山道具と山話

© 2021 bebeDECO