黒山歩

黒山

なんだかボクがどっかに行っちゃいそうな写真ですが、昨日はこの地、黒山まで歩いた。
「まで」の黒山とは標高842.3m。昨日の山歩のルートはこう。白谷沢登山口Pに駐車。苔むして緑活き活きしている沢沿いを林道の東屋まで登り、岩茸石経由のゴンジリ峠へ。
そこから高水三山の岩茸石山を目指すも、著しいスタミナの低下で泣く泣く断念した訳で、通過予定であった黒山が目的地となった。なので、山歩の題名が黒山歩きとなりました。
たかだか14kmほどのコースでだらしがないけれど、もうホントにね、昨日は暑かった。山の中では気温こそ低めでしたけれども、拭いても拭いても噴き出す汗を拭いきれない。
何回タオルを絞ったかも覚えていないし、爽快ミントスプレーも顔にふりかけっぱなしだ。沢ではじゃぶじゃぶ水を浴び、水場ポイントでもじゃぶじゃぶ水を浴び、そしてがぶ飲み。
熱気と湿気でむんむんしている梅雨時の山歩きなら、水が豊富で水と戯れる沢沿い!に限る。超おすすめ。であるが、やっぱりじめじめして暑いのは暑いので対策忘れずだ。

昨日は朝6時過ぎに山歩をスタート。白谷沢もゴンジリ峠も黒山までの尾根も真っ白け。ガスガスで未知との遭遇的なファンタジックな景色を味わえました。熊とも遭遇しそうで、少々びくびくしながらの山歩となりましたが、あたり真っ白で緑が鮮やかで瑞々しくて、非常に伝えにくい不思議な感覚の山歩でした。まその分ボクの変な五感が作用したのか、家に帰ってからの疲れ具合が半端ではなかった。久しぶりに爆発的な睡眠時間を記録。
この時期の山歩き、そしてこれからの山歩き。暑さをどう凌ぐかが矢張りポイントですね。

苔むす白谷沢

黒山歩シャシン記ログ

-山歩きと山登り

© 2021 bebeDECO