bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
Yatsugatake J&N
J&Nの中生ビール

今年の3月初旬に、仲間と『残雪期の赤岳』を歩いたとき、運転をしない者がこぞって“お疲れビール”を呑っている姿を見て、蹴っ飛ばしてやろうかと云う衝動にかられたことがあった。それほどにボクもビールが呑みたかったし、とてもとても美味しそうであったのだ。そしてその時、いつかここ『Yatsugatake J&N』でボクも絶対に生ビールを呑んでやる、と誓ったのでした。( ఠ_ఠ )

J&N

ところが、車を持っている登山者にとっては“八ヶ岳”は日帰りできる山のため、美濃戸口の麓にあるこのヒュッテの利用価値と目的が、なかなか見いだせないのでありました。ところがどっこいこ8月11日の『山の日』。やっとチャンスが到来。
登山後にいそいそ慌てて帰って中央高速の大渋滞にはまって泣きを見るのならば、いっその事“お風呂”に入って“生ビール”も呑んで、J&Nに泊まってゆっくりして帰るのはどうかとヨメさんにプレゼン。・・・OKでました!(°∀°)

てことで、Yatsugatake J&N。安くて清潔で快適であまりにも“美味しかった”ので、自分memo的記録を残しておくことにします。


J&Nの小生ビール

先ずは、生ビール。
『中』は透明グラスで、『小』は銅のカップで出てきます。登山後の一杯目は問答無用にグラスの“中生ビール”が最高に美味♪ですが、二杯目からは、冷えた状態が続く銅のカップの“小生ビール”がよろしい。もちろんお値段の差は出ますが、銅のカップの方が旨い! ように感じます。(~_~)


J&Nのお風呂

お次は、お風呂。
男女とも湯船は1.8m角でカランと洗い場は4つ。小さいながらも“清潔感”があってとても気持ちの良いお風呂だった。男風呂のシャンプーとボディシャンプーがシーブリーズなのに、ものすごい好感を覚えました。大汗かいた山歩き後のお風呂には、この爽快感は本当に最高のおもてなし。でも一つだけ残念だったのは、脱衣室に付けてくれていた扇風機があまりにも小さすぎる。(´д`)


J&Nの個室

J&Nの個室

そして、部屋。
チェックインした後に案内された部屋は、7号室と8号室の“上下の個室”。J&Nの部屋は、相部屋の中に細分化された部屋のすべてが個室となっていて、縦2.6m×横1.35m×高さ1.25mと、各々のスペースが決められた箱状のボックスタイプになっており、相部屋ながらプライバシー対策が万全。これは大変に面白い構造と仕組みであった。

J&Nの個室

J&Nの個室

ベッドの足元か頭上には荷物を置くスペースもちゃんと確保されているし、長方形の長手側からアクセスできる点も良かった。
個室内が暑い場合、襖を左右に少し開けて中央に寄せれば、風を取り込めるのでさらに快適に過ごせることも覚えました。


J&Nのステーキプレート

待望の、ごはん。
先ずは晩ごはん。
ステーキプレート×2と小生ビール×4を頼んで空腹を軽く満たしたら、プロシュートとミラノサラミのおつまみと、ポークリエットのおつまみを追加注文。

J&Nのおつまみ

持久戦へ突入するため白ワインもボトルで頼んで、緑鮮やかなスパゲッティバジリコをつまみ、やっとここでこの日の山行を振り返り反省会へ。
登山中に出会った笑顔の素敵な若者の真似してみたら、歯にいっぱいのバジリコが付いていたみたいでまいっちんぐ。(>_<)

J&Nのカレー

最後にはまた生ビールを数杯頼んで、お待ちかねの“シェフ特製カレー”も頼んでこの日はこれで〆。いやはや本当に良く食べた。
山歩きで消費したカロリーは、間違いなくここで摂取したカロリーが上回ることは言うまでもありません。実はこれが一番の反省点か。(O_O)


J&Nの朝ごはん

翌朝の、ごはん。
朝ごはんは、とろとろのチーズと上等なハムを挟んだサンドイッチと、丁寧にドリップして淹れてくれたコーヒー付きのセットが出てきた。これがすこぶる美味しい。しかもこれで500円はとても安い♪
そんな朝ごはんをのんびりと食べながら、オーナーのひとりナオコさんから色んな話が聞けました。興味のある建築のこと、そして趣味の山歩きのことなどなど。
天然のキャラに加えてとても人懐っこくてとにかく明るいので、がんがん沢山のことを話してくれます。とても楽しい朝ごはんでした。(・∀・)

J&Nのマロ

また時間的な余裕があったら、J&N泊まりでの八ヶ岳山行を楽しみたいものです。雪のある季節も楽しそう(美味しそう)。山の麓での山小屋泊。これはなかなか、快適で病みつきになりそうだ!!
 
| 旅宿 | 12:44 | comments(0) | -
阿弥陀岳歩き
阿弥陀岳 山頂

8月の11日、山の日。さて何処の山を歩こうかと考えるも、土日の週末に絡んでいる祭日なので、きっとどこ行っても混んでいるんだろうなとの思いがよぎり、なかなか予定が決まらなかった。
それに標高がそこそこ高い山でないと暑いし、がっつり歩いたら汗べったりでとんでもないことになりそう。登山後にそのままお風呂に入れて、あわよくば生ビールなんてのが呑めるような、ボクらの山の日に相応しいそんな空いている理想的なコースなんてのは無いのだろうかと思案。・・・あった!(°∀°)

御小屋尾根

事前情報によるとかなり渋いコースだがとにかく空いていると云う。おお!これはますますボクら好み。実際、目的の山頂までは人気エリアの山域なのに、四組10人の登山者としか遭遇せずに、とても静かな山歩きを楽しむことができました。
山頂からの下りは18人もの団体さんに行く手を遮られ大幅に時間をロスして多少複雑な思いをしましたが、概ね最後まで楽しめた山の日でした。

御小屋尾根

さてそんな山の日に歩いた八ヶ岳の『阿弥陀岳』のこと。御小屋尾根経由で、反時計回りで阿弥陀岳を歩いてきました。
スタートは“Yatsugatake J&N”の駐車場から。☝︎上で述べた山歩きの最後の目的をここで果たしたかったので、この日はお初のJ&Nで宿泊とし、早朝から宿泊者専用駐車場へ駐めさせてもらいました。因みに山歩きの帰り、J&Nで食事利用するのであれば、日帰り用の駐車場もあるのでそちらへ駐めることも可能だそう。

美濃戸口の標識

美濃戸口へと向かう大勢の皆さんとは逆の方向へ、しばらくは勾配のキツイ車道をえっちらおっちら歩いて登山口まで向かいます。“御小屋尾根”と標記された道しるべがあるので全く迷わない。
登山口からは渋い樹林帯へ突入し、静かだが無風帯なため暑さに驚き辟易する。頭に巻いた日本手ぬぐいの汗を何回絞ったのか分からない。暑くて暑くてぶっ倒れそうだった。標高が2000mの山道でこんな暑さだもの、下界の暑さはきっと尋常ではないに違いないな、そんなことを悶々と考えていると、あっという間に先ずは“御小屋山”の山頂へ到着。

御小屋山 山頂

顔と腕と首に自家製シーブリーズ(レモンユーカリなどのアロマオイルを二つ追加しただけ)を大量に振りかけながら、次の目標の阿弥陀岳へと歩き進めてゆきます。すると右側の視界がじょじょに開けて、編笠岳や権現岳が見えてきます。ここら辺から気持ちの良い風も吹いてきて気分も爽快になりますが、やがてはガスがあたりに立ち込めて悩ましい景色に逆戻りでまいっちんぐ。

不動清水の水場

水場の“不動清水”ではしっかりと涼をとりクールダウン。頭の先から思いっきり水を浴びた。しかしながらこの水場は足場が悪く滑り落ちそうでやや危険。今後は特に気を付けたいところである。水は冷たくそこそこ旨かった。

阿弥陀岳山頂直下の岩場

山頂直下の岩場では左右に切り立っているところもあるので慎重に昇降し、全身を使いながら斜面を登りつめてゆくと、知らぬ間にガスガスで真っ白けの“阿弥陀岳”の山頂へ辿り着いていた。
山頂までは約5時間。運動不足のカラダをほぐすにはなかなか丁度良い。山ごはんと最近お気に入りのポテトチップスを食べて大休止。目の前にあるはずの赤岳がいつまで経っても顔を出してはくれなかった。

阿弥陀岳 山頂

山頂での時間に見切りを付け下山に取りかかると、18人の団体さんに行く手を遮られた。先に行かしてくれるか、せめて半分の9人ぐらいに分けた山行にしてくれりゃあ代わりばんこになって良いものを、ご丁寧に18人の大名行列ときたものだから、思うように歩が進まずで、これはなかなか考える場面であった。ボクも大人数での山行にゆくときもあるので、こうした思いをさせないされないよう、心がけようととても勉強になった一面でした。

御小屋尾根

かといって阿弥陀岳の山頂までの道のりでとても爽やかな三人組と遭遇し、あまりにも感じの良い若い男女だったもので、飴ちゃんあげたりポテチあげたりしてもっとたくさん山の話をしたかったのだが、目つきの悪いこのおじさん何?と云われ引かれるのが目に見えていたので、あまり深くは関わらないように遠くから様子だけうかがっていた。
因みにこの青年たちのような、口角を上げた笑顔が実は今年のボクの目標なのである!(°∀°) ・・・おそらくきっと無理なのではあるが、、。~_~;

御小屋尾根

さて、行者小屋からは南沢ルートを通り快調に歩いてゆきます。この辺からはもう頭の中は“生ビール”と“お風呂”のことばかり考えていました。目的が果たせるのであれば、美濃戸山荘からの長い林道もなんのその。途中のショートカットの道もぞんぶんに利用させてもらいながら、15時30分過ぎ、待望の生ビールとお風呂のある『Yatsugatake J&N』へ到着。万事うまくいった“山の日”山行でした。まず空いているのが何より良い!

Yatsugatake J&Nの生ビール

■山域:八ヶ岳 阿弥陀岳
■日時:2018年08月11日(土) ☁
■目的:山の日山行
■山行:美濃戸口 Yatsugatake J&N → 御小屋山 → 不動清水 → 西ノ肩 → 西の肩(岩場) → 阿弥陀岳 → 中岳のコル → 中岳のコル登山道水場 → 阿弥陀岳北稜 → 阿弥陀岳分岐 → 行者小屋 → 中ノ行者小屋跡 → 美濃戸山荘 → 赤岳山荘 → Yatsugatake J&N 泊
■ルートラボ:https://yahoo.jp/XOrJSC

Yatsugatake J&Nのお風呂
 
| 山歩きと山登り | 19:39 | comments(0) | -
越後妻有アートトリエンナーレ2018
イリヤ&エミリア・カバコフの“棚田”

里山十帖』の帰り、越後妻有のほんの少しですが、松代エリアのアート作品を観賞してきました!


草間彌生さんのオブジェ

里山十帖からは車で約1時間の道のり。
目的はイリヤ&エミリア・カバコフの“棚田”を観ることでしたが、草間彌生さんのオブジェも観られて、とても有意義な愉しい時間を過ごすことができました。

まつだい「農舞台」里山食堂

まつだい「農舞台」のレストラン“里山食堂”からは、席からカバコフの棚田を観ながら食事ができるのが良かった。また、農舞台の“真っ赤なトイレ”にはどこが出入口だったか分からなくされたりと、とにかく立ち寄って良かった越後妻有です。

まつだい「農舞台」のトイレ

農舞台に近接されている“まつだい郷土資料館”がこれまた見どころ満載で愉しかった。そこではついつい長居して、館内案内スタッフさんと長話。“雪掘り”の話なんて、とくに興味深かった。

まつだい郷土資料館

今期はあと9/17日まで。このエリア、次回もまた立ち寄りたい♪(´ー`)
 
| イベントや出来事 | 12:45 | comments(0) | -
里山十帖 食事編
里山十帖 食堂

繁盛しているところではだいたいそうであるように、やはりココでも一つの人間ドラマがあったようだ。里山十帖の料理を担当する料理長、ココではそれをチーフ・フードクリエイターと云うらしいが、里山十帖の“自然派日本料理”を食べさせてくれるのが北崎さんと知ったのは、“前記事”でも書いた岩佐さんの本の中からであった。出会うべくして出会った人間ドラマはやはり素晴らしい。


里山十帖 食堂
〈食堂〉

けれども、里山十帖が出来上がったプロセスには興味があるものの、こと食事に関しては“美味しければ”実はそれほど関心が無いので、B級ジャンクフードを好むボクにとっては、いつもの脂っこい食べ物より、“あっさり”していて“ヘルシー”で“地元産で美味しい”のだろう、と云う甘い認識程度であった。


里山十帖 夏野菜
〈夏野菜:カボチャ、トマト、キュウリ、ヘチマ〉

が しかし!(°∀°)
のっけから何もかも美味しくて舌を巻いた。ボキャブラリーに乏しいボクには気の利いた“美味しい表現”なんてできませんが、兎にも角にも本当に何もかもが、旨い。


里山十帖 早苗饗アラカルト
〈早苗饗アラカルト:自分memo的に上から記録〉
左:桃と緑茶の和え物、黒米の薄い煎餅とベリー/右:アユの練り物パスタ
左:玉ねぎのスープ/右:いわしの刺身
左:ピーマンとハッカとシソのパスタ/右:タイの鱗パリパリ焼き
左:焼きナスのアイス/右:ゆずのシャーベットとほうじ茶



野菜や山菜料理が中心とのことだから、塩分控えめできっと“優しい(!)”と云う感じの料理なのだろうなと想像をしていましたが、それぞれが個性的で存在感のある、記憶に残る料理でした。

里山十帖 ハンバーガー
〈なすのハンバーガー〉

しかも一つ一つ出してくれる料理には、ちゃんとそれに合うようにお酒も一つ一つ違うものを出してくれるものだから、メニューを最初に見たときはこんなんで足りるのかしらと云う不安があったのだけど、ゆっくりと時間をかけて味わう『里山十帖の食事』は、味も量も酒もとても満足のゆくものでした。


里山十帖 パスタとビール各種
〈ピーマン、薄荷、紫蘇のパスタと、ビール各種〉

そう云えばチェックインどきにお酒の好みを聞かれていたことと、車や服装などから趣味の事などをさりげなく聞かれていたことを思い出した。久保田とスノーピークとのコラボの日本酒“雪峰”が出てきたときは、すげぇ〜流石だなと思った。( ఠ_ఠ )


里山十帖 煌麦豚
〈煌麦豚(きらむぎとん)のハム。←これが絶品だった♪〉

日本酒はどれも好みの淡麗辛口のものが出てきたし、“魚沼ライスヴァイツェン”のビールを出してもらったときは、旨すぎてヨメと二人、うんうんとうなずくしかできなかった。


里山十帖 土鍋ごはん
〈ごはんは土鍋で目の前で炊く〉

永久に残したい「味」。それがA級グルメと提唱するだけあって、こんなボクにでもそれを、里山十帖のごはんで、少しは感じることはできたように思えます。


里山十帖 ごはんと味噌汁とお新香
〈黄金の三つ巴:コシヒカリのごはん、味噌汁、漬け物〉

晩ごはんも朝ごはんも何もかもが美味しかったんだけれど、特にそれが土鍋で炊いた白米と味噌汁とお新香を食べたとき、「ああ これは 永久に食べていたいな!」としみじみ。(~_~)


里山十帖 ごはん
〈ごはんのお供三銃士:イクラ、鮭、ごはんですよ(海苔)〉


里山十帖 朝ごはん
〈朝ごはん:スロさん風 お茶碗持ち上げ式撮り方で〉

・・・おそらく意味合いが違うと思いますが、里山十帖の食事で感動したことは事実なので、チーフ・フードクリエイターの思惑通りにやられて、もうすっかりとお腹いっぱい胸いっぱいである♪


里山十帖 食堂
〈食卓まわり〉

ごちそうさまでした。とても良い旅だった。
 
| 旅宿 | 12:37 | comments(0) | -
里山十帖
IMG_9799-2018s.jpg
〈外構〉

結婚うん十年記念のお祝いと、仕事の目を肥やす目的を兼ねて、新潟県は南魚沼市にある『里山十帖』へ行ってきた。里山十帖とは、廃業した既存の温泉宿をリノベーションし、さらには古民家を移築までして、新しい温泉宿をかたちづくった宿泊施設であり、評判の通り、建築、温泉、食事、おもてなし等、何もかもが◎な宿でした。

IMG_5469-2018s.jpg
〈外観〉

以前に里山十帖をつくった岩佐十良 氏著作の「里山を創生するデザイン的思考」を読んで以来、そのプロセスに興味を惹かれて、行きたくて泊まりたくてたまらない宿だったのです。

IMG_5251-2018s.jpg
〈エントランスホール〉

何ヶ月も先まで予約で埋まっていると云う里山十帖。平日ならばそんなことも無いだろうと高をくくり、いざネットで予約画面に進んでみると、本当にずーっと先まで予約でいっぱいでした。

IMG_5259-2018s.jpg
〈2階ラウンジ〉

ところが、泊まりたかった希望の部屋ではなかったものの、とある部屋のとある日だけが“ぽつん”と空いているのを見つけたのです。おそらく誰かがキャンセルした部屋をボクがたまたま見つけたのでしょうか。ここは躊躇せずに大大大奮発して、初の里山十帖訪問へと至ります。



IMG_5082-2018s.jpg
〈ウェルカムドリンク&ケーキ〉

IMG_5465-2018s.jpg
〈手水鉢〉

さて、チェックインどきにサービスしてくれるウェルカムドリンクの“ビール”にすでに心奪われます。この日はたまらなく暑かったので、グラスに注いでくれたビールはあっという間に飲み干してしまいましたが、玄関先の手水鉢に浮かんだ缶ビールや、部屋の冷蔵庫に入っているサービスの缶ビールでさらに喉を潤すことが可能。温泉の入浴前に準備万端、コンディションを整えます。



33114944_Unknown-2018s.jpg
〈露天風呂〉

温泉は、大小2種類の露天風呂“湯処 天の川”の2ヶ所と、部屋のテラスに設置されている個室露天風呂の、3ヶ所のお湯を愉しむことができました。

IMG_5500-2018s.jpg
〈露天風呂〉

特に露天風呂からの眺めは“昼”も“夜”もどこも絶景で、素晴らしすぎて少々言葉を失います。部屋風呂ではビールを呑みながら眼の前の景色を堪能できるので、こんな贅沢なことはありません。

IMG_5186-2018s.jpg
〈部屋風呂〉

お湯の泉質はぬるぬるで湯の花が茶色。水切り悪いじじいの肌も、このお湯につかったらしっとりすべすべになっていたので何やら不思議な気分。



IMG_5129-2018s.jpg
〈テラス〉

IMG_5173-2018s.jpg
〈書斎〉

IMG_5156-2018s.jpg
〈ベッドルーム〉

泊まった部屋はマウンテンビューの『204号室』。入口サニタリー、ベッドルーム、書斎、そしてテラスと、一部屋が4つのスペースに分けられて変化を楽しめる客室でした。テラスに設置された湯船の存在がそれはもうありがたく、目隠しスクリーン代わりにもなっている“網戸”のおかげで、丸裸でテラス内をぶらぶら過ごすことができるのです。



IMG_5490-2018s.jpg

ただ一つ残念だったのは、その目隠しスクリーンの役目を果たす“網戸の引き戸”がサビや脱輪によって動かすことが出来ず、テラスの本当の開放感を体験することが出来なかったのはとても残念なことでした。今後の対応策に期待をしますが、大判のサッシの良い状態を保つのは本当に難しい。



33116464_Unknown-2018s.jpg

この日はフリーのドリンクバーで大好きな“山崎”を少々呑みすぎたようです。
美味しかった里山十帖の『食事編』については、また後日にでも記録します。

IMG_5409-2018s.jpg

https://youtu.be/2IM7rpH5gVw
| 旅宿 | 07:54 | comments(0) | -
<< | 2/294pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco