bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
ウノタワ歩き

奥武蔵ウノタワ 山ごはん

先々週末の“武川岳歩き”に引き続き、先週末も奥武蔵エリアの山域でお金のかからない山歩きをしてきました。なんせ今週末はがっつり“散財する予定”があるため、節約山行につとめねばなりません。
歩いてきた山は“ウノタワ”と云うややハイカラな名の付いたところ。とは言え何のことはない、ただのくぼ地がぽっかりあいた山なのですが、そこだけ広くひらけた場所なので、開放的で実にすがすがしいんです。登山者もまばらで空いている。ならば鍋や野点をしてゆっくりしようじゃないかと思案して、出かけてきたウノタワ周回山行の記録です。良く晴れた11月25日、土曜日のこと。

IMG_1691-2017s.jpg

山行は、武甲山への登山口として人気の高い、生川起点の“一の鳥居”からスタート。7時30分の段階で35台は停められるであろう駐車場はほぼ満車。仮設ですが綺麗にしているトイレが二台設置されていました。これは本当にありがたい。みんなでいつまでも綺麗に使いたいものです。
さて武甲山組とは真逆の薄暗い方へと向かいます。渋いつづら折りの急登に耐えながら、妻坂峠へ出て息を整え小休止。そこから横倉林道までは明るい下り坂なので気分が上々に。やがて車道を経由して“ウノタワ入口”の看板のあるところにたどり着くので、今度はまたの急登に備えるために準備を整えます。新しい山歩き用の靴の紐をきつく締めなおす。

IMG_4651-2017s.jpg

ウノタワまでは90分程度なんだけれども、その90分が結構な急登でかなりしんどい。でも、苔むしたところや黄金色した落ち葉がサックサクのところを過ぎると、ウノタワはすぐそこ。紅葉が終わっているからなのか、今回もほとんど人が居ませんでした。
ウノタワの特等席でお昼ごはんを食べてゆっくりしたあとは、またの急登をやっつけて横倉山を経由して大持山への分岐点へ向かいます。そこからは遠く霞んだ景色をみながら、駐車場まで周回できるように時計回りに歩を進めて下山します。
今回の山行は足がすこぶる軽かったこともあり、スイスイ前へ進めました。歩く山も適材適所。今後は山の難易度に応じて履く靴も選んでゆきたい。とても参考になった山行でした。

奥武蔵ウノタワ

因みにヨメさん。4月の4日に“ACL再建手術”をしたリハビリも順調に終わり、とうとう主治医から“登山OK”のお許しをもらえました。今後の山歩きには、もう大それた装具やサポーターも必要なしとのこと。おかげさまで、これからは気兼ねなく山へ行っても良いそうです。さて、そうなると今週末に歩く予定としている山が、ヨメさんの復帰第一段目の山歩きとなりそうです。これは楽しまねばならない。

IMG_1698-2017s.jpg

■ウノタワ山行参考ルート:https://yahoo.jp/5Hdekc

| 山歩きと山登り | 12:06 | comments(2) | -
軽いって、自由。
アルトラ“テインプ・トレイル-M”

先日、アルトラのトレランシューズを買いました。
ゴアテックスで防水のイノヴェイト(inov-8)。厚底で信じられないほどに軽いホカ オネオネ。足が軽くなる登山靴が欲しくて吟味していたときに出くわした逸材たち。
特にホカ オネオネの、足を入れたときの軽さと履きやすさは衝撃的でした。カラダを前へ体重移動すると勝手に進んで行ってくれる感覚も実に感動的でした。では何故ホカ オネオネにしなかったのかと云うと、耐久性とカラーリングの面から見送ったのです。
履きやすさと使用用途と機能面ではホカオネオネの“スティンソンATR4”に全く問題は無かったのに、色合いが好みではなかったので見送りに。黒くてシックな“クリフトン4”は軽さを求めるあまり耐久性が無いので、靴底が摩耗するスピードが速く、靴底に取り付いてる溝も接着のために剥がれやすいという事を聞くと、毎週末に山歩きしにゆくボクの場合は、何やら二年も持たないんだとか・・・(´д`)
で見送りに。黒くて軽くて格好いいクリフトン4は特に好みで“もうこれにする!”と決めていたので、お店で色々とレクチャーされると残念で仕方がなかった。
そんなとき、違うアウトドアショップでこの アルトラ“テインプ・トレイル-M”を見つけて一目惚れ。靴の軽さも緑系のカラーリングも申し分なかった。さらに履いてみるとビルケンシュトックを履いているかのような楽ちんフィット。ボクの場合はトレイルランニングをする訳ではなく、あくまでも山歩き用にグリップ力が高くて軽い靴が欲しかったので、これを見つけたときはもう即決でした♪(°∀°)

ということで、“軽いって、自由。”

急登急坂の多い奥武蔵の“ウノタワ”で試歩してきましたが、足が軽くてとても理想的な履き心地でした。次の山歩きもこれで決まりです。

アルトラ“テインプ・トレイル-M”
| 山道具と山話 | 12:43 | comments(2) | -
武川岳歩き
IMG_4433-2017s.jpg

コーヒーとパウンドケーキを持って、山でたのしむ“山CAFE”を埼玉県の低山でたしなんできました。
歩いてきた山は標高1,052mの“武川岳”。この日、当初目的の山は棒ノ嶺としていたのですが、さわらびの湯の駐車場へ行ってみるとものすごい登山者でごった返していた。よって、急遽進路変更することに。ヨメ足のリハビリも兼ねていたので、人けのない空いていそうな武川岳へスイッチ。そのかいあってか山頂へ到着するまでは登山者一人にしか会わない静かな山歩きを楽しむことができました。とは云え、この日歩いてきたコースはかなり渋めのところをわざわざ選んで歩いたので当然と云えます。

IMG_4408-2017s.jpg

山行は、名栗げんきプラザの第二駐車場からスタート。山の地図によると点線表記で“荒れている”とされてたけれど、歩いてみると道もしっかりと付いていたので道迷いすることも無く意気揚々と武川岳の山頂へ到着。数あるベンチの一つを借りて、休憩と山CAFEを30分ほど満喫した。山頂はなだらかでひらけていてなかなか景色が良い。この日は寒いとされていましたが、ぽかぽか陽気でなかなか気分も良い。

IMG_4427-2017s.jpg

ジェットボイルで湯を沸かしコーヒーを淹れて飲んだ。大菩薩嶺丸川荘の只木さんが作った木彫りマグカップが大活躍。木皿に乗せた軽井沢のパウンドケーキとも相性が良く、いつも以上に美味しいコーヒーに感じられました。
しかししかしです。山頂まで急登続きだったため沢山の汗をかいたカラダには、やっぱりしょっぱい物が欲しくなるのだなと気が付いた。この日は山頂でコーヒーとケーキを食べることが主目的だったのでいいんですが、次回はたくあんに野沢菜なんてのを山専ボトルに入れた玄米茶と一緒にやりそうな気がしてなりません。~_~;

IMG_4492-2017s.jpg

山頂からの下山は、前武川岳を経由して山伏峠へ向かうぐるりっぷルートで車を止めたげんきプラザへ戻りました。標高差にしてたったの500mほどで距離もたったの8kmしか歩いていませんが、今回の山歩きではヨメさんが膝の装具を取って下ってみたので、様子見のためにも、今後の山歩きのための収穫は大きいものとなりました。名栗げんきプラザからの武川岳。まずまずの愉しい山歩きができました。

■山行ルート:https://yahoo.jp/FKA6U8
| 山歩きと山登り | 12:38 | comments(0) | -
秩父横瀬丸山歩き
IMG_4310-2017s.jpg

お天気のよい12日、日曜日のこと。秩父は横瀬丸山で山歩きをしてきました。目的はヨメさんの足のリハビリとボクの運動不足解消のため。横瀬丸山は標高960mしかありませんが、山頂にたどり着くと風景が抜群です。山頂の展望台から望む360度のパノラマにはちょっと目を見張るものがある。奥武蔵の低山の中ではおそらくピカイチの景色が見られるのではないかと思っています。気軽に手軽に歩けて本当に良い山です。何よりいつも空いているのが最高によい。( ´∀`)

IMG_4314-2017s.jpg

山行は、芦ヶ久保駅や道の駅あしがくぼからアクセス。ルートは、横瀬丸山を目的として時計回りに山歩きすると終始快適に歩けます。今では山頂でゆっくりと“たこ焼き”休憩しても、4時間半程度でスタート地点の道の駅あしがくぼ第2駐車場へ戻って来れますが、山歩きを始めた当初はなんと7時間半もかかっていたのだから、全くもって成長したものです。

IMG_4305-2017s.jpg

今山行はヨメさんの“足の調子”を確かめるために、術後初めて長い下りを歩いてみましたが、ありがたいことにほぼ完治している様子。あとは、岩場などロケーションをよりハードにして、慎重に山歩きを重ねてゆくしかありません。応援してくれている仲間たちにはこの場にて厚くお礼を申し上げたい。元気印の復活まであともうすぐです。

IMG_4351-2017s.jpg

どんな山であれ、山を歩くのってやっぱり気持ちがよい。とある山めしの賢人のように、山を歩けば悩みも解消されるほどの域にはボクはまだ達していませんが、スカッと気分爽快になれるところにはどうやらたどり着いたみたいです。横瀬丸山の空気は旨かった。(°∀°)
 
| 山歩きと山登り | 12:31 | comments(0) | -
秩父横瀬丸山で食べた山めし
たこ焼き

久しぶりの山歩きとなると、結構いろいろなものを忘れて困ります。
沸かしたお湯を入れた山専ボトルを忘れたり、青のりとマヨネーズと爪楊枝を忘れたりして、久しぶりの山歩きだと事が上手く運ばない。とはいえ、この日 山の上で食べた山ごはん“たこ焼き”は、とても簡単でとても美味しかったのであまり気にしないことにした。
最近の冷凍ものは本当に優れもの。タコが大きくごろごろ入っていた。しかもフライパンで焼くだけでOKとは恐れ入る。

因みにこの日、山頂での調理中、半袖短パン姿の元気な外人さんにガン見されていた。(´〜`;)
ダウンを着て一心不乱にたこ焼きしている中途半端なものを、写真に撮って下山していかれた。もうちょっと待ってくれていたら、アツアツのジャパニーズソウルフードたこ焼きをご馳走できたのになと残念で仕方がない。たこ焼き、グ〜♪でした。
| 山めし | 19:27 | comments(0) | -
<< | 2/279pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco