bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
前穂高岳&奥穂高岳歩き〈ケーコ編〉
”山賊に始まり山賊焼に終わる山旅”


穂高連峰

10/8
「河童食堂」の開店時間に合わせ、上高地に入った。(本当の話)
食堂に一番乗りして、席選びに迷っていると、年配の主人が、
「カウンターの一番奥がオススメですよ。そこにライブカメラが設置されていますから。」
と教えてくれた。


河童食堂カウンター特等席
「!!!!!!!!」


山賊定食1680円
山賊定食1680円。
お腹いっぱい胸いっぱい、ごちそうさま

今日は岳沢小屋までだから、そんなにスタミナを付ける必要もないのに、
明日からに備えて頬袋に貯めておくイメージで英気を養った。


岳沢登山口
岳沢登山口(標高1520m)


岳沢登山道
鬱蒼とした樹林帯を想像してたけど、南斜面のせいか、全体的に明るい。
慣れ親しんだ奥武蔵〜秩父〜奥秩父の暗さに比べると、ここは樹林帯なのか???と首を傾げるほどだ。
上高地では青々していた木々が、標高を上げるにつれ、色づき始める。


西穂高展望所
西穂高展望所(標高1900m)
紅葉のピークはこの辺りだった。


岳沢小屋
岳沢小屋(標高2170m)
テント泊1人1000円
宿泊者は水無料(テン場の水は出ておらず、小屋入り口前の水場でいただく)


岳沢小屋
おじさん率、高め


岳沢小屋テラスビール
受付を済ませ、テントを張る前に、まずは一杯やろう。
そんな気分にさせるテラスなんだもの。
霞沢岳〜乗鞍岳〜焼岳を背景に上高地を見下ろし、
やっと私達の短い夏休みが始まった。


岳沢小屋テント場
岳沢を渡り、重太郎新道に続く道沿いにテントを張り終え、まずは一杯やろう。
そんな気分にさせるテン場なんだもの。

浮かれている私達の横を無言で通り過ぎる下山者たち、皆一様に疲れが顔に出ている。
薄暗くなっても続々と下りてくる。(夕方6時過ぎにヘッデンを点けての方も数名いた)
アタックザックで岳沢小屋からのピストンも考えたが、奥穂へ抜けたほうが良さそうだな。


肴ソーセージ
すだち酎でほろ酔いな夫が、太くて短いソーセージを焼きながら、
「俺、涸沢じゃなくて、岳沢で充分。吊り尾根の向こうの涸沢よりも俺は涸沢の裏が好きだ!」
と、まさかの山旅終了宣言?をし、夕方6時に眠りに就くのであった。


ご機嫌なオッサン

ご機嫌なオッサン
ご機嫌なオッサン

岳沢小屋テント場からの星空
撮ればいいってもんじゃない、もっと真剣に撮ってくれ。

備考
台風一過で暖かく
夫は半袖Tシャツに3シーズン用シュラフ
私は半袖Tシャツに厳冬期用シュラフで、上半身はだけて温度調節
ダウン上下は着用せず




日の出前の岳沢小屋テント場
10/9
4時起床、日の出を待ち、5時30分出発
奥穂高山荘までとして、時間に余裕があれば涸沢まで下りる予定


モルゲンロート
前穂高に隠れていた太陽が徐々に西穂高の尖端を赤く照らし、
何度も何度も振り返り見入ってしまう。いい「いちにち」になりそうだ。あれ?
気を引き締めて行こう。


重太郎新道

重太郎新道

重太郎新道

ケーコ行動食
行動食はドライマンゴー、塩分補給タブレット、ピーナッツチョコレートなど

山での朝食はガッツリ食べる派だったが、なんだかお腹一杯だと体が重く、
足取りも重く感じるようになってきて、最近はコーヒーとスープだけとか、軽めにしている。
足りない分は行動食で補う。


重太郎新道
テン泊装備での重太郎新道はCT×1.5の時間をみていた。
自分と相性の良い歩きやすい道で、思いのほか早く紀美子平に着いてしまう。
このぶんだと余裕で涸沢まで下りられるなと思った。
ザックをデポし、前穂高へ。


紀美子平から上

紀美子平から上

紀美子平から上

―――――

前穂高岳山頂
前穂高岳 山頂
オカンと2人で来てた、まつおと同じ年頃の男子に撮ってもらった。
「え〜あの〜その〜できるかな〜大丈夫かな〜」
とモゴモゴして撮るから、夫が何度もダメ出しをする。
ダメ出しされる度にキャッキャッと喜んで、まるで何年か前のまつおを見てるようだった。


前穂高岳山頂
山頂から少しだけ槍ヶ岳の方へ進むと、いきなり眼下に広がる涸沢が!写真は無し。
「スゲーーーーー!」「スゴーーーーーイ!」
これしか言葉が出ない。


前穂高岳山頂
前穂高の山頂が楽しすぎて、あっち行ったりこっち行ったり、
あんな事したりこんな事したりで、体力消耗したかも。
紀美子平でチョコレートケーキとポテチを食べ、
ザックを背負うと、今まで以上にずっしり重く感じた。


吊り尾根
いよいよ私が一番楽しみにしていた吊り尾根に入る。
呑気な夫の開口一番は、
「吊り尾根って尾根歩きじゃないの〜?これじゃあ水平歩道じゃん。」
笑うのをこらえて、気を引き締めて、行こう。


吊り尾根

吊り尾根
ほぼトラバースで、ときどき大きな岩を巻いたり、尾根に上がったりの繰り返しで、
ちょいちょい危なそうな箇所も出てくるが、体力的には決してキツイ道とは思えない。


吊り尾根
なのに、急にペースが落ち、ちょっとした登りが身体にこたえる。
あぁ、奥穂、巻けるもんなら巻きたい・・・


奥穂高岳山頂
見せかけの元気(女優魂)


奥穂高岳山頂直下
さっさと下りたい


奥穂山頂下り

奥穂山頂下り
足が前に出ない


奥穂山頂下り
ついて行けない


涸沢
もう歩きたくない、ないないづくし


続く
 
| 山歩きと山登り | 08:12 | comments(10) | -
散々な雨の日
レインジャケットとシュラフカバー

散財な雨の日。

毎週末天気が悪くて悪くてまいっちんぐ。なもんで、雨で“山歩き”に行けないと山道具屋へでもくり出して、散財することになってしまう。散々な雨の日。(-_-;)

今回は前から所望していた理想の“紺のレインジャケット”に出会えて何より。
軽くて生地が薄くてコンパクト。止水ファスナーの色が黒ってのもグ〜。
基本的にレインジャケットを羽織るような雨の日の山行にはほとんど行かないのだけれども、今回ばかりはGORE-TEXのこのカッパの性能を試すために、何処か、雨の降っている山へ行ってみたい気持ちにはなっている。少しだが。(~_~;)
※カッパ上:THE NORTH FACE Climb Very Light Jacket コズミックブルー

それから、前から鬼コーチに「買っておけ、絶対に!」と云われていた“ゴアテックスのシュラフカバー”にも巡り会えて何より。でもものすごくお高くてびっくりしたので、お値段的には何よりではないが・・・。(´Д`)
これで結露するような気候のときの、テント泊での不安要素は少しは解消されました。さらに多少は保温効果もアップするようですし、ゴアのシュラフカバー、早く何処かで使ってみたくなる。
※防水シュラフカバー:ISUKA ゴアテックスシュラフカバー ウルトラライト


ヘッデンとスタッフサックとモスキートネット

ここからは先週以前の散財。
ヘッデン(ヘッドランプ)とフェイスメッシュとスタッフサック。

ヘッデンはエマージェンシー用として、またはサブ的な使い方を考えて購入。なんとコイン電離を入れっぱなしで約10年間はいつでも使える状態なのだそうだ。軽くて専用ケースがあるのに心わしづかみにされた。
※ヘッドランプ:ペツル イーライト

顔にすっぽりとかけるメッシュのマスクは、男のボクにはあまり必要では無いかもしれないが、まぁ持っておいて損はしないと思い、いつものザックの中のストックに。雨の日の散財はこんなところがヤバい。
※ヘッドネット:シートゥサミット ナノモスキートヘッドネット

スタッフサックは、使用中の損傷が目立ってきたものとの入れ替えを考えて、大きめのものを一つ買う。
大人気のリッジマウンテンギアのサイトを覗いていたら、たまたまタイミング良く買えるところだったので、容量以外は何の情報も得ずにカートに入れていた。そしたらこれが、予期せぬ副産物があって嬉しい限りであった。
持ち手が付いていたので、とても軽くてコンパクトなお買い物袋にもなるものだった。そしてスタッフサックのケースが防水のロクサックであった。小銭やお札やカードなどを入れるお財布代わりにもなり、多用途であった。
※スタッフサック:RIDGE MOUNTAIN GEAR Stuff Sack DCF


散々な雨の日、であった。
| 山道具と山話 | 12:00 | comments(0) | -
磐梯山歩き〈ケーコ編〉
磐梯山歩き川上登山口ルート

こうなると秋の長雨で潤ってる人間の話を聞きたくなる。
なかには居るはず、景気良くって忙しく困ってる人がね。
不謹慎で言えないって事もあるかもしれないけど、
なんかちょっと景気の良い話も聞きたくなってきた。
きのこ達は相変わらず元気で浮かれちゃって、ちっくしょーー
な9月23日(日)の話。天気、好転する。


登山道
川上登山口in〜火口原周回〜川上登山口outの予定でスタート
登山者は山の駅食堂の方ではなく、登山口の看板の前に駐車する(無料、トイレなし)


のっけからスズメバチの偵察隊にロックオンされ、私と夫の頭や二の腕に止まってくる。
体を硬直させ、(夫は)大騒ぎしながら、ゆっくりゆっくりその場を離れ、難を逃れる。
いや〜危なかったね〜なんて息つく暇もなく、ガサガサ、ドドーーーン!!!と、
私の目の前を横切るイノシシ、ここ大丈夫か?


川上登山口付近

その後、動く生物との遭遇はトカゲ、カエルくらいで済んだものの、
1時間30分間、延々と「ひっつき虫」道が続くのであった・・・


ひっつき虫

短パンやサポートタイツ、夫の長ズボンにひっついたのは暫くすると自然に取れるが、
私の毛糸の靴下のは取ってもキリがないから、家まで連れて帰った。特にノブキが最強。
ノブキ9割、キンミズヒキ1割、ヌスビトハギ1割といったところか。発狂寸前。
ひっつき虫にうんざりし、無言で進んだその先にあったものは、


シラタマノキ
シラタマノキ群生地

棲み分けが極端で驚くほどのシラタマ道が30分間続く。
元気なシラタマノキは実も大きい。
実をひとつ潰して匂いを嗅ぎ、やさぐれかけてた私の心を浄化してもらう。


ススキ

今度はススキ道か?と思いきや、長くは続かず、嬉しいような寂しいような。


ハナイグチ
初めて自分で採って食べた、思い出深いきのこ


ソーラービーム
ソーラー ビーーーム


土石流発生地帯
土石流発生地帯

確かにその通りだというのが、後ほど良くわかる。


手すり付きの急登

荒野を過ぎ、一気にぐいっと標高を上げ、櫛ヶ峰分岐に取り付くと、
やっと磐梯山が姿を現す。


磐梯山
磐梯山


登山道

黄金清水で水を汲む、美味しい!


弘法清水小屋

小屋から山頂までは酷く渋滞する。
子供達も多く、皆んな歩くのが早く元気だった。大人気の山なのね。


磐梯山山頂

広くて気持ちの良い山頂だが、長居はやめておこう。


弘法清水小屋

弘法清水小屋
弘法清水小屋
携帯トイレ(350円)ブース有り、とても感じの良い小屋

フルーツポンチ(400円)をいただき、弘法清水を汲み直し、中ノ湯分岐方面へ向かう。
ここの水場は2つとも冷たくて美味しかった。


裏磐梯エリア

歩いてきた土石流発生地帯とこれから向かう銅沼を見下ろす。


名もなきピーク

中ノ湯分岐まで、ところどころで渋滞。
この分岐で八方台登山口と裏磐梯登山口に分かれるが、
どうやら八方台から入山する人がとても多いようだ。
分岐を過ぎると人影もまばらになり、銅沼(あかぬま)を目指す。


銅沼
沼岸が鉄分で錆びたように赤茶色の銅沼

茶と緑、色の対比が綺麗で、うわーーーっと眺めていると、
残念そうにしてるおじさん数名が・・・え?どういうこと?
こんなに水が無い銅沼は初めてだという。
たっぷりと水をたたえた沼はそれはそれは美しく、毎年見に来ているという。


銅沼
岩に残る水面の位置

ここまで水があるんだって。


銅沼

せっかくだから、通常では入れない所まで進んでみる。
表面はスポンジのようにフカフカしてるが、そのすぐ下は粘土質のようで、
誤って滑った跡がいくつもある。
ようく見ると至る所から小さな噴煙が上がり、
火や煙を見ると何故に興奮するのか、本能なのか、考えてみたりした。

裏磐梯はクマが生息してるから気をつけて!とおじさんが教えてくれる。


銅沼

当初、ここから土石流発生地帯である火口原の噴火口分岐まで進み、
川上登山口へ戻るつもりでいた。
最後の最後でまた1時間30分もひっつき虫ロードを歩くのは気が重く、
そのまま裏磐梯スキー場へ降りることにする。


裏磐梯登山口

スキー場から更に国道459号まで下り、せっかくだから(笑)と五色沼に寄り道をする。
日も沈み、薄暗くなりかけてるのに沼の色だけはぼんやりと明るく不思議な青さだった。
ヌカカの襲来に遭い、早足で歩いてもサポートタイツの上から10数ヵ所刺されてしまった、ヌカッタな。


五色沼

五色沼も大人になってからの方がしみじみと綺麗だなと思える。
子供の頃は沼の色よりも、ペナント買って!ちょうちん買って!に夢中だった。
(ちなみに私はペナント派、兄たちはちょうちん派)


五色沼

五色沼散策路を踏破し、国道459号をてくてく歩き、秋元湖入口を通過し、
川上登山口(上)に着く頃にはすっかり薄暗くなっていた。
ここの登山口にある山の駅食堂で山塩トマトラーメンをいただき、帰路につく。


山の駅食堂の「山塩とまとらーめん」

疲れた体にトマトの酸味が染み渡る。旨い。

※磐梯山歩き川上登山口ルート
ルートラボ:https://yahoo.jp/fA4S3k
磐梯山歩きシャシン記ログ

 
| 山歩きと山登り | 23:55 | comments(4) | -
浅間山歩き〈ケーコ編〉
湯の平高原

秋雨前線のばか!
9月15〜17日の三連休、テン泊山行は早々に諦める。
晴れの平日に休むつもりで夫は仕事を入れ(←こんなんばっかで働きすぎという噂も)、
仕事〜飲み会〜二日酔いで終わらせたくないと、晴れ間を探し求めて辿り着いた、
連休最終日17日の話。



浅間山歩き


薪ボッカ
そう、8月30日に浅間山の噴火警戒レベルが2から1に引き下げられ、
3年ぶりに外輪山である前掛山までの登山が可能となった。
やるなら今しかねえ♪



天狗温泉浅間山荘
天狗温泉浅間山荘から(駐車代500円)
新しい登山靴の慣らしも兼ねてるんで、アップダウンの少ない火山館経由のピストンにしておく。



火山館
火山館


浅間山山頂直下
一気にぐいっと登ってしまおう。


浅間山爆裂火口
火山て、なんか興奮する。


浅間山とヨメ氏
背伸びをすれば前掛山の山頂から浅間山の火口を覗けそう?
前掛山(2524m)と浅間山(2568m)はほぼほぼ同じくらいの標高で、火口の奥までは見えそうで見えない。
静かに立ち昇る噴煙を見ながら、あそこまで登るのはもう不可能だろうなと思う。
さすがにこのタイミングでは立入禁止のロープを乗り越えて、
浅間の火口まで行ってしまうアホが居なかったのが幸いだった。



湯の平
「湯の平」まるで楽園のよう


嬬恋方面
嬬恋方面


鬼押出し園と火山博物館
鬼押出し園(奥)と火山博物館(手前)


湯の平高原
浅間山から見る黒斑山〜蛇骨岳〜Jバンドの外輪山が大好きだ。


湯の平高原
ダイナミックかつ繊細で木々1本1本の造形が美しい。


浅間山
ゆっくり休憩してから歩き出すと、すぐに夫が「足が痛い・・」と言う。
靴の中敷きを忘れ、私のトレラン用の靴の中敷きを貸してあげたものの、
爪先ぶんが足りておらず、痛いらしい。
中敷き忘れ、最近流行っているようだから、自分も気をつけようと思う。



きのこ
きのこ


水場
不動滝の近くに水場のような所があり、うまい具合にそそのかし、味見をさせる。
「あ〜冷たくて、うま、、、ん、変な味がするよ」
くくくっ



茶色い川
ここの水は鉄の成分が多くて空気に触れると酸化して茶褐色になってしまう、
そんな味なのよ。くくくっ


浅間山と登山靴とヨメ氏
天気も上々、新しい靴(Hanwag ALASKA LADY GTX,EU36)も問題なさそう、日帰りだけど歩けて良かった。

浅間山に感謝

 
| 山歩きと山登り | 08:21 | comments(0) | -
大菩薩嶺歩き〈ケーコ編〉
登山道のきのこ

さえない天気が長く続いている。なんだかなぁ・・・
そんな、朝方まで降り続いた雨があがり、濡れた登山道を歩いた、9月9日(日)の話。



苔の登山道

スタートは柳沢峠から



苔の登山道

あぁ、森が潤っている。



登山道のきのこ

人間はえらい目に遭ったけど、きのこにとっては最高の夏だったのかもしれない。



登山道の倒木

ところどころに台風21号の爪痕が残る。



テトラポットどんぐり

木々が散乱し、まだ青いイガグリやドングリを蹴飛ばしながら歩く。
ドングリ(ミズナラの実かな?)ってテトラポットみたいに実がつくの?てな発見もあり、
とっ散らかった登山道もこれはこれで楽しい。



登山道のきのこ


ヒカリゴケ

薄日が差したり、ガスに覆われたりを繰り返すなか、良いタイミングでヒカリゴケを見られた。

丸川荘に着く頃には青空も広がり、小屋番の只木さんに挨拶だけ済ませ、山頂を目指す。

尾根に出ると突風が吹き荒れもしたが、それも心地良く、今日、私は何でも許せそうな心境だ。やっぱり山はいい。



大菩薩嶺雷岩

山頂の先の雷岩にて、富士山がチラリ



丸川荘の裏の景色

きのこをひやかしながら来た道を戻り、雲母(うんも)がキラキラ光る急坂を下り、
やや急ぎ足で丸川荘に駆け込み、用を足す。だいぶ汗かかなくなったな。



丸川荘只木さんと珈琲

丁寧に淹れられたナリーニョストレート珈琲をいただきながら、
春の丸鍋山菜パーティの裏話や、
台風21号で四方から吹く以外の風を初めて体験した話
(天から地へ、地面に叩きつけるような暴風が吹き荒れたらしい)、
木彫りの新作のカップやスプーンを見せてもらったり、
なれてくると、随分と人懐っこい方なんだとわかった。
次回はふらっと酒を飲みに行こうと思う。

 
| 山歩きと山登り | 20:24 | comments(0) | -
<< | 2/296pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco