bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
裏岩手縦走〈ケーコ編〉一日目


♨ 松川温泉 松楓荘
――――――――――





高速道路くらいは運転を代わってあげたい気持ちは山々なのに、
どうも私は船漕ぎ専門で、至福のうちにバビューンと岩手着だった10/8~10/10の話

すっかりタイミングを逃してしまった。
今年こそはペーパードライバー講習を受ける予定でいた。
体が覚えているから大丈夫とよく言われるが、どちらがアクセルでどちらがブレーキかさえ記憶にない。
安全のため、ブレーキは大きくして踏みやすくしてるよねと真顔で答えるレベルである。
さらに自分が運転してる姿が全く想像できないのも困ったものだ。
早く自動運転が普及するといいな。

10/8木
台風14号が接近中、貴重な薄曇りのうちに八幡平へ向かう。
まずは人気(ひとけ)のない黒谷地湿原をぶらりとするも、笹薮の方からガサゴソガサゴソ・・・
大声を出して手を叩き、音楽も鳴らし引き返す。


「熊の泉」って




車を山頂レストハウス手前の無料Pに移動させ、岩手と秋田の県境をウロウロしてると、
すぐにわかった。
「あれ、もっこだよね?」
「多分そう、もっこりしてるから。」
畚岳(もっこだけ)だ。



明後日昼頃ここへ下山予定であるが、やはり今日のうちに八幡平も登ってしまおう。




山頂からの道すがら、気になるのは何故か畚岳で、
「あれ、もっこっかな?」
「そう、もっこもっこ!」
一度聞いたら忘れられない「もっこ」の響き、「もっこ」に夢中になってしまった。




――――――――――






八幡平樹海ラインで藤七温泉経由で松川温泉に下りる。
登山口Pの下見をし、松楓荘へ到着。



ウェルカム温泉卵




まだ明るいうちに洞窟岩風呂(混浴)へ吊橋を渡って行く。
うっかり裸にマスクでお湯に入ってしまった。これってひょっとしてコロナあるある?






もう一つの露天風呂(混浴)はとても入りやすかった。
入口は男女別で、女性だけが内湯と通路で繋がっており、脱ぎ着の煩わしさもない。
湯船に浸かったまま、ネッシー(死語?)のように移動した先にメンズが居る、という形式はとても良いと思う。
タオル巻OKと言われたけど、NOタオルでいける!





内湯は熱めとぬるめの二つ
熱めというか、超熱め



水が冷たくて美味しい



岩手の松茸ごはんが美味しかった。
好きなものは先に食べる派なんで、まつたけ御飯を二膳たいらげ、おひつを空にしたら、
配膳のお母さんがコショコショと「あと一膳ぶんくらいならまだありますよ。」って。
食べ過ぎて辛い思いをした“大天荘”の二の舞だけは避けたかったから、丁重にお断りした。
明日の昼用におにぎりにして下さいとも言いかけてやめた。いくらなんでもがっつき過ぎだろう。


今日のうちに精算を済ませる。
モモちゃんおやすみなさい。


二日目に続く
 
| 山歩きと山登り | 06:48 | comments(2) | -
燕岳・大天井岳歩き〈後編〉


―――〈前編の続き〉―――

燕岳と大天井岳を歩いてきた北アルプスでの話。9月13日(日)〜15日(火)のこと。





6年越しの思いを馳せ、『大天井岳』への登頂を果たしたら、今度は次なる目的のために“大天荘”へと戻り急ぎチェックイン。燕山荘と同じくマスクを着用して手続きします。そして同じく事前に記入して持ってきた“COVID-19チェックシート”も提出。




併せて、以前から気になっていた“インディアンランチ”のカレーはまだ食べられるのかを確認します。
「大丈夫ですよ!」とスタッフさんからの優しい返答。これでほっと一安心。

実は大天荘に泊まる大きな目的は“朝晩のごはん”なんだけれど、お昼のランチも絶品だとの呼び声も高く、これを食べずしては帰れないとの思いもあったんです。ランチは13時45分まで。




さてその“インディアンランチ”&生ビール。ボクはキーマカレーでヨメ氏はグリーンカレーを頼みます。各々1500円。サフランライスの他にナンまで付いており、本当に絶品でした♪ チャイまで付いてくるとは芸が細かい。




ランチで満腹になったあとは、小屋の食堂で呑みなおし。至福の時間を満喫します。ここに来る人ならばなんてことはない大天井岳。
されどボクにとっての今山行では経由地ではなくて目的地。6年前の“山行の情景”を思い出しながら呑む酒は、本当に格別の味がした。




そして待望の『晩ごはん』は16時30分からでした。やっと念願の『とんかつ定食』にありつけます♪ これが相当に美味しくてびっくり仰天です♪

・・・しかしながら、お昼ごはんを食べ終わってからまだ3時間30分ほどしか経っていません。運動もしていません…。昼から呑みまくっています…。
大天荘の場所がら、早立ちする登山者のためとは思いますが、この日のボクらにとってはあまりにも晩ごはんが早すぎた。( ꒪Д꒪) 白目




“とんかつ”は前泊が燕山荘の人の特権らしく、チェックインどきに魚とハンバーグの他に、とんかつが選べるようになります。
ヨメ氏が云うには、こんな標高の高い山小屋で、こんなに美味しくてこんなにも手の込んだ料理はなかなか無いのだそうだ。



しかも、見栄えも良くて綺麗に盛り付けされていて、とんかつの他の、カレー味のマリネやゼリー仕立ての副菜もあって、付合せが何もかもが美味しいとしきりに云っていた!!
…そのせいか、ヨメ氏、満腹でダウン。自分の寝床でひと休み。こんなことは初めてのこと。実はそんな姿を初めて見た。( ఠ_ఠ )




“大天荘”はとても綺麗な山小屋で、従業員の対応も皆さん感じが良くてまさに文句無し。このコロナ禍での営業は、半分の収容人数にするために、ロールスクリーンを設置して“仕切り”を設けたり、それに伴ってハシゴを増やしたりとやっぱり大変だったようです。




ところで、大天荘の“一般室”は空いているだろうと勝手に想像して“個室”の予約を取らなかったんですが、これが予想に反して大賑わい。と云っても上で述べたように、登山客の受け入れは半分にしていたようですが、今回のこの“山行の目的”を考えてみると大失敗。(´Д`)
個室一部屋でプラスα、8000円。一人当りが15000円となる訳ですが、ケチケチせずに個室にしておけばよかったなと残念で仕方がない…。
なもんで、この落ち度を生ビールで埋め合わせして帳尻を合わせます。






さて晩ごはんのあとの夜。まだ18時。食堂は照明が消され、かわりにランプの明かりが灯されてバータイムに様変わりしていました。
ランプの雰囲気が抜群で、標高2870mの食堂バーでおじさん寂しく一人呑み。ヨメ氏は満腹で未だに立ち直れておりませんでした。一人で心ゆくまで酔いしれます。




朝4時の星空観賞。
大天荘とその後ろにある大天井岳を眺めながら、4時45分の朝ごはん待ち。外のテーブルの上には霜が降りていました。ダウンが無いと、もちろん寒い。




スパニッシュオムレツがメインの“朝ごはん”は、これまた何処かのレストランのような朝ごはんで大変に美味でした。新鮮な野菜がありがたい。個人的にはとろろご飯が絶品でした。



そして食堂の窓からは朝日が望め、綺麗な雲海がお目見えです。



この日の山行は常念乗越を経由して一ノ沢へと下るだけだったので、ゆっくりな山歩き。と云っても朝ごはんを食べて身支度を整えたら、あっという間に山歩きスタンバイ状態になったので早々に歩き始めます。朝6時のことでした。



小屋泊はテント泊と違って朝の準備に余裕が持てるので、何やら癖になりそうです。






朝焼けの中をゆっくり歩行します。雲海を見ながら歩けた幸せを噛みしめながら、至福の時間を大満喫。





〈槍ヶ岳と穂高連峰〉



槍穂を見ながらの稜線歩き。歩が遅くなり何度も足を止めてその景色を堪能します。至福の時間を大満喫。




途中の面倒くさい山はスルーして、常念小屋で大休止。100円出してトレイを借ります。仮設型のトイレブースの中にもアルコール除菌スプレーがあって驚いた。




常念乗越では、一ノ沢登山口から車を停めてある“穂高駐車場”までのタクシーの手配をするために電話をします。3時間30分程度で下山する旨を伝え、標高差1160mを一気に下る準備に着手。上着を脱ぎ、手ぬぐいを頭に巻いて、Tシャツ姿へ切り替える。



ここでは“槍穂”の風景が見納めとなるので、じっくりと目に焼き付けます。






額に汗しながら、胸突八丁まで下りてくる。ここまでずーっとガスだったので、登ってくる登山者たちはみんな口を揃えて「上は晴れていますか?槍穂は見えますか?」と心配顔で聞いてきます。もちろん上は、きっとスッキリとした晴れ模様だったことでしょう。




一ノ沢登山口ではタクシーを予定通りにピックアップ。穂高駐車場までは6000円ほどでした。
無理せずのんびりと、北アルプスは表銀座の良いコースを歩いて来られました。初日こそ雨に降られたものの、あとは“晴天”に“星空”に“雲海”と、目を見張る景色を肌で感じ、コロナ禍での山小屋泊など、貴重な体験をしてこられたのはとても有意義な山行となりました。
此れも其れも、きっかけを与えてくれたスロさんのおかげだな。





―――あとがき―――

テント泊装備ではなかったので、1日目に頑張って中房温泉から大天荘までは行けないこともなかったのですが、また疲れ果てて“大天井岳の頂き”を踏まないとも限りませんから、今山行は“のんびり”をテーマで歩いてきました。

実は心残りが1つあるんです。
もう1日休みが取れたら、小屋泊は是非とも“ヒュッテ大槍”で〆たかったのです。ワインにパスタの晩ごはん。ああ…いったいどんなんだろう…。涎



コロナ禍での燕山荘と大天荘の“一般室”
コロナ前の、大混雑時のキャパオーバーのときの様子は知りませんが、コロナによっての『苦肉の策』が最良に思えてしまった感は否めません。
ソロなら畳一枚から二枚程度、夫婦やカップルなら畳二枚から三枚程度で、ロールスクリーンやカーテンで仕切ってもらえるのは、ものすごく良い対策だなと思ったんです。
コロナ禍が落ち着いた今後も引き続きこうしてくれていたら、また小屋泊でお世話になりに行きたいものです。
 
| 山歩きと山登り | 07:31 | comments(4) | -
燕岳・大天井岳歩き〈前編〉


6年前の『槍ヶ岳縦走山行』のこと。上高地から蝶ヶ岳、常念岳と縦走し、東鎌尾根ルートで槍ヶ岳を目指して歩いたとき、あまりにもお疲れちゃんで肝心の“大天井岳”をスルーしてしまったオレのバカ。

先日の『ハイク&呑みキャンプ』でのこと。山談議で盛り上がり、↑上の山行の話をしたら、去年歩いた“オレのルート”どうよ?とスロトレさんが云う。のんびり歩けてたまにはそんなルートも良いのでは?とエロトレさんが云う。中でも興味しんしんになってしまったのは、大天荘で食べた“とんかつ”が絶品だったと云うスロのバカ。

さてそんな↑美味しそうな話を聞いてしまったら、居ても立っても居られない夫婦のボクらなものですから、丁度この“コロナ禍”で苦しめられている山小屋に、“お金を落としてくる”目的を持ってのゆる山行を計画。
普段はテント泊を好んで山を歩いてくるのですが、こんなことになろうとはコロナのバカ。




そんな『三つのバカ』が重なった、9月の13日(日曜)〜15日(火曜)の、燕岳と大天井岳を歩いてきた北アルプスでの話です。


――――――――――




今回の山行は全て“小屋泊”でごはんも全て“小屋で食べる”と決めていましたから、テント泊山行に比べると準備がずいぶんと楽ちんです…。
のはずなのに、実は小屋泊する山行にはあまり慣れておらず、あれ必要これ必要ないと山道具の厳選には時間がかかりました。

さらにこのコロナ禍での山行ですから、行く先の小屋の情報をウェブでしっかり得ておかないとと思い、実はいつもの山行以上に時間がかかりまいっちんぐ。




今回泊まった二つの小屋では共通して、予約者のみを受付し、通常よりも受け入れ人数を少なくして応対し、小屋内ではマスク着用は必須事項で、そこかしこにあるアルコール除菌を毎回使用することがルールとなっていました。
そして受付どきには、事前に記入して持参しなければならない“COVID-19チェックシート”の提出を求められます。

これはこのコロナ禍では致し方ないことなのでもちろん小屋のルールに従いますが、とにかく手間で面倒くさかったのが『マスク着用』による動作。
小屋内では、飲食以外ではマスクを着用するので、飲食したあとや自室で過ごしたあとはすぐにマスクの着用を忘れてしまいます…。そんな点が、なかなかに、面倒でした。


――――――――――




さて、山行の話です。
13日の日曜日。3時30分に起床し、4時に家を出立。事前情報から、混雑しているであろう中房温泉の駐車場にははなから停めず、麓の“穂高駐車場”を目指しました。7時30分に到着。
予定していた“中房温泉行きの定期バス”は、二便の8時25分発だったので、約一時間も早めに到着する。車の中で朝ごはんを食べ、ゆっくり身支度してもまだまだ時間的余裕があったので“バス停のある穂高駅”へと歩いてゆきます。




すると、穂高駅のタクシーから提案があり、ボクらと同じように早着の登山者二人が居るので、四人で乗り合って中房温泉へ向かってはどうかと云う。ふむ、なかなかの営業上手。
バスなら一人1800円なのだが、四人で乗り合えば一人2100円と云うので、提案を受けて待ち時間無く中房温泉へ向かいます。これは幸先がよい♪




ところがどっこい中房温泉に到着するとどしゃ降りの雨。たまらずにカッパ上下とザックカバーを着衣し、8時30分に歩き始めます。ああ…雨とはついてない…。天気予報ではこの日は終始曇天のはずだったんです。
雨のせいか汗のせいかも分からず全身びしょ濡れになって登る合戦尾根。急登の難易度よりも豪雨に打たれながら歩くのに難儀したものです。




ちょうどお腹が空いた頃、“合戦小屋”に到着します。タイミング良く雨もちょうど止んでくれたんで、外のテーブル席でひと休み。
今回いつもならがつがつ前を歩きパワフルなヨメ氏が何やら絶不調。頭痛や食欲不振などの症状からよくよく考えてみると、どうやら高山病の様子が少し出ているようでした。
なんせ標高の高い山はもう何ヶ月も歩いておりません。合戦小屋まで休憩なしで一気に歩いてきた分、小屋では十二分に休んで体調を調整します。




合戦小屋では名物のスイカを貪り食い、山菜うどんまで平らげます。このとき困ったのが、全てびしょ濡れだったので当然お財布もびしょ濡れで、中に仕舞ってあるお札が濡れてくっついてしまい、なかなか支払えずに超難儀。良い教訓になりました。




ところで…今山行は終始タバコ吸いの“マナーの悪さ”に悩まされました。10年前はボクも超のつくヘビースモーカーでしたから、山の上で吸うタバコの旨さは痛いほどに分かっています。
なので、けっして吸うなとは思ってはいませんが、一服する“場所”と“タイミング”を見計らってほしかった。これからのタバコ吸いたちは、吐き出す煙の行く先と登山者が集まりそうなところでの喫煙は『NG』かと思うんです。
ましてや人がごはんを食べているところにタバコの煙が流れてきては、どんなにロケーションがよくても美味しさが半減です。




合戦小屋で小一時間も休んだら、ヨメ氏の体調もずいぶん復活してきたので、この日の目的地『燕山荘』へとゆっくり歩き始めます。雨が上がってくれたのが幸いし、出だしは快調でした。
ところが山の上に燕山荘が見える休憩ポイントからが遠かった…。この日の宿へ、なかなか辿り着きません。燕岳はお天気が良くなかったので、登頂は翌日へ持ち越しし早々に呑み三昧♪






燕山荘に着いたら、マスクを着用し予約した旨を伝えチェックイン。事前に記入して持参した“COVID-19チェックシート”を提出し、コロナ禍での小屋の過ごし方の注意事項を受け、首元に検温されました。山歩きでカラダを動かしてきたあとの到着だったんで、少し焦ります。




燕山荘では“個室”を借りました。日曜の宿泊でしたので一人13500円と少しだけお得。“安曇野”と云う個室は6帖の部屋で、景色が良くてとても快適でした。感動したのは部屋から朝日が見えること。たまりません。
部屋では、ボクらはお願いされていた寝具のひとつ、シュラフを持参して、直接畳の上に敷いて寝ました。カバーをかけた枕だけは借りて、使用後はカバーは持ち帰ります。




燕山荘の食堂横にある“喫茶サンルーム”では、ヨメと二人で生ビール大会。
ワインや三岳やすだち酎など、口直しのお酒は幾つか持ってきたけれど、この山行では山小屋の“生ビール”をじゃんじゃん呑むと云う目的があったので、こんなにお財布気にせずに呑むビールは久しぶり♡
因みにヨメ氏はサンルームで食べられるケーキ(モンブラン)にお熱だったが、晩ごはん前のため諦めさせた。大変だった…。
サンルームが密になり個室へ退散し呑み直し。






待望の晩ごはんは5時15分から。二回転のうちの一回目。
正直、ずいぶんな登山客がいるなと云うイメージでしたが、間隔の空いた席などを見ると、やっぱり6割程度には収容人数の調整をしているようでした。対面の席にはアクリル板のパーティションが設置され、コロナ禍での苦肉の策も随所に見られます。



晩酌にはまた生ビールを呑りながら、赤沼オーナーのホルンと面白いおしゃべりを聞きながらの食事は18時に〆。おしゃべりが過ぎて10分の延長でした。


――――――――――



綺麗な朝焼け。




朝ごはんは5時45分から。朝からもりもり食べて、快便。トイレが水洗で綺麗で驚愕した!
売店では畦地梅太郎 山男エプロンの紺色とエンジ色を購入。昔ながらのエプロンとはなかなか珍しい。家で使うことになりそう。1つ1500円と格安だった。








燕山荘をチェックアウト後、空身で“燕岳”へ向かいます。
やっぱり“晴れた日の山”は何においても良いですね。この日の行程は無理なくゆっくりでよかったので、山頂での山時間を大いに楽しみます。



〈燕岳 山頂〉






イルカ岩に軽く感動をするおのぼりさん。




燕山荘のラックに預けたザックを引き取り、身支度を整えて“6年前の忘れ物”を果たしに“大天井岳”へ向かいます。






右に見える槍ヶ岳と穂高連峰を見ながら歩く稜線がとくに素晴らしい。さっさと歩いてしまうのが勿体ないので、ところどころで歩みを遅め、景色をじっくり堪能します。






ところで、槍穂が見える尾根の西側(右側)を歩くには涼しくて快適なのだが、逆に尾根の東側が異常に暑いのだった。上着を脱いだり着たりと忙しい。汗



〈喜作新道〉


〈登り返し〉



喜作新道を経由して槍ヶ岳への分岐点まで歩いてきたら、あとはひと踏ん張り。最後の登りがしんどいが、後ろにそびえる燕岳を見返して英気を養います。





大天荘』に到着。
そしてそのまま“6年前の忘れ物”を果たしに“大天井岳”へ向かいます。重たいザックを小屋にデポしてくれば良いものを、そんなことも忘れて念願の登頂を果たして山頂で一人ひとしきり堪能中!で感動中!!




―――〈後編へ続く〉―――
 
| 山歩きと山登り | 16:37 | comments(8) | -
雨巻山歩き


『朝山歩(あささんぽ)』―――9月6日の日曜のこと。




2時半に起きて、3時に家を出る。山仲間と5時に大川戸の駐車場で集合し、身支度を整えて歩き始める。
暑くなる前の、山歩き。それでも何回手ぬぐいを絞ったか数えきれぬ…。湿気がじめっとまとわりつき、噴き出してくる汗が底知れない。




しかしながら早朝に歩く山は、朝もやなどの綺麗な景色が見られてとても楽しかった。また、この山をホームとしている仲間の後ろをついて歩くのも安心感があって愉しかった。




このコロナ禍での近況を話ながら山を歩く行程も、話したいことだらけであっという間の時間であった。よって、この山歩きが終わったあとも、仲間の家で続きの会となったことは云うまでもありません。
ご馳走してもらった新潟の日本酒「特別純米酒 菅名岳 九」がべらぼうに美味しかったのは、まだ記憶に新しい♪




今回の朝山歩。実は試してみたい装備があって丁度良い山歩きでした。
短パン推しがすごい山仲間の忠告を聞き入れて、遅ればせながら初めて山で“半ズボン”を穿いてみたのであった。
確かにこれは涼しくて快適であった。もうすっかりと病みつきである♡




それから、涼しいとされるサポートタイツも試してみた。C3fitのインパクトブリーズと云うもの。
膝裏、お尻、そしてちんちんのところがメッシュ素材になっており、これがすこぶる涼しくて気持ちがよい。
ただ…、卸し立てだからなのか、足を通すときがとにかくキツイ。通常タイツと同じサイズなんだけれども、サポート力が半端ではない。
夏の衣服装備、双方共にいい塩梅であった。




お気に入りの、山の行動食(ドラヤキワダヤのどら焼き)を食べながら、常陸那珂方面の“海”が見えることを教えられてびっくりする。低山でも実に景色の良い山であった!
雨巻山”にて。
 
| 山歩きと山登り | 07:34 | comments(2) | -
避暑キャンプ&ハイク


8月29日(土)〜30日(日)の『カヤの平高原キャンプ場』と『八剣山歩き』でのこと。





冷房の効いた部屋でじっとしていれば良いものを、カラダを動かしたくて外に出てみりゃ、ここのところ一瞬でくらくら目まいがするほどの暑さが続き、どうにもこうにもやるせない。マスク外せない。( ꒪Д꒪)




夏山の計画をするも、ここのテント場は予約が必要であそこのテン場は予約が要らなかったり、withコロナでの山歩きでは当然のことなのであるが、小屋内へ入るにはマスクや何々が必須ですよと事細かく決められたルールをネット情報で得てゆくと、、だんだんと山行の計画自体も面倒くさくなって、仕舞いには幾つもの山歩きを止めてしまった今年のこの夏…。コロナ禍でのこの暑さ、本当にどうかしているよ…。( ꒪Д꒪)




てことで、涼しいところでたまには仲間とスカッと呑んで語らいたいなと思い、きっとボクと同じく悶々としているであろう山の仲間に声をかけてみたら、“A5ランクのお肉”をたくさん持参して、陽気な関西人の『スロトレ氏』が参加してくれた。




ブナの森と湿原ずきのスロさん、ショートパンツ姿で参上。
「いいぞ!短パン。涼しいぞ!短パン」と短パン推しがとにかく凄い。とりあえず来年は二人してもっと短い“山と道の短パン”を穿くことを約束し、先へ進む。




湿原の木道へさしかかると、この時期はあまり登山者が立ち入らないからなのか、両サイドに生えている雑草が伸び放題で肌がめちゃくちゃに痛い。スロさんなんてミミズ腫れになっていたもんだ…。笑




カヤの平キャンプ場から八剣山の山頂までは、一時間程度で到着できる登山道。山頂直下だけが少しだけ険しいが、あとはほぼ平坦で歩きやすいことこの上ない。




ブナの森は本当に綺麗なので、この日も“大きな休憩”をとりながら、ゆ〜っくりと歩いてキャンプ場へ戻ってゆく。




カヤの平のブナの森は、たとえ雨が降っていても綺麗なたたずまいが楽しめるところが特に素晴らしい。
ブナの幹に流れてくる雨が、油絵のような色鮮やかな色彩を浮き出してくれる木肌に魅力を感じます♪




往復3時間程度のハイキングのあとは、キャンプ場へ戻って待望の呑み始めエンドレス。お互いの近況報告から山行報告とお話もエンドレス。
お約束の例のビールから日本酒にワインといつも通りの流れで呑んで語り合っていたら、あっという間に夜が更けてボクは知らぬ間に撃沈していた模様…。( ꒪Д꒪)




☆―――――☀



翌日、珍しく(!)ボクだけが二日酔いじゃない朝をむかえて、ホットドッグを一人で3つもたいらげる始末であった。元気であった。




さてコロナ禍でのこの生活。ボクと同じように3月中頃からリモートワークとなったスロさんの生活ぶりも、何やら少し疲れが見え始めているのでは?と思っていたのは杞憂であった。
このピンチな状況を乗り切るための策はいくらでも持っているようであった。流石だなと思う。でも…そのお腹とおっぱいは何とかせねばいかんよ…。( ఠ_ఠ )
 
| 山歩きと山登り | 07:03 | comments(2) | -
<< | 2/324pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE