bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
アリさんマークの段ボール


引っ越しのときに大活躍してくれた“アリさんマークの引越社”の段ボール。
引っ越し後も大活躍してくれて、大量の山道具を入れる“仮の”収納ボックス代わりをしてくれました。
ところがどっこい、その山道具を収納する棚のスーパーエレクターに、仮の収納ボックスであるはずの、アリさんマークの段ボールがジャストフィット♪(°∀°)

奥行き520mm×幅350mm×高さ345mmの、アリさんマーク仕様の段ボールに代わる収納ボックスをいろいろと吟味してきましたが、とうとうこれに代わるほどの打ってつけな箱が見つからず。
これは、こんなにもミラクルフィットするアリさんマークの段ボールを使わない手はないので、ほんの少しだけ見栄えを良くしてそのまま再利用することにしました。

Amazonの宅配便の底に毎回入っている段ボールのA4サイズ板を正面に貼り付け、その上に収納してある内容物を明記した用紙をさらに貼る。山道具が変わったり増えたりしたら、また用紙を交換してやればよし。
道具部屋なので、まぁ、これでよしとすることにした。(~_~;)
一応、段ボールがいつか壊れてきたら、アリさんマークの段ボールの寸法で、ベニヤの箱を作ろうかと思ってはいるので、仮の仮であることには変わりはありません。
 
| 山道具と山話 | 18:33 | comments(0) | -
BOSEラジカセ


引っ越しをしたら、愛用中の『BOSEウェーブラジオCD』のFMの感度がすこぶる悪くなってしまった。
BOSEウェーブラジオは電源ケーブルがアンテナ代わりでもあるので、ケーブルを伸ばしたり位置を変えたり、コンセントの差し込み口を違うところにしてやればたいてい感度は良くなるのであるが、今回の“お家”にはそれが通用しなかった。

となれば、テレビ端子から直接アンテナケーブルを引き込み、BOSEウェーブラジオと接続してやれば問題は無いのでありますが、ただ現在のBOSEラジオのレイアウト上、それが出来なくてまいっちんぐだったのです。

そんなとき、ふと“昔のラジカセ”のことを思い出し、とあるモノを買って実行してみました。さてこれは狙い通りでした。(°∀°)

F型コネクター 75Ω伸縮アンテナ』を買って取り付けてやればOK牧場。
見た目は昔さながらのラジカセのようなので、BOSEラジカセ(カセットは付いていないが)とも云うべきかしら。900円の伸び縮みするアンテナを取り付けただけで、FMの感度が良好となったので、我ながら珍しく上手く事が運んでニンマリである♪

因みに、BOSEウェーブラジオCD。もう21年も使い続けてたいした故障もないのだから、アタリ機種もいいところ。ぶつけても日焼けしてもラフに扱っても今のところ全く壊れない。このタフネスぶりもお気に入りです。
 
| 道具など | 12:45 | comments(0) | -
富士宮やきそば


富士宮観光で知った『富士宮やきそば』。
あまりにも美味しかったので、これにはそうとう衝撃を受けた。しかも富士市や富士宮市のスーパーで売っている材料を揃えたら、自宅でもこの美味しい“富士宮やきそば”が食べられるってんだから、これは買って帰らねばなりません。

↓に、その材料を記しておくことにします。自分memo的覚え書き。



やきそば:コシの強い硬めの麺で、食感が良い♪
肉かす:ラードの絞りカスのようです。多めに入れるとさらに旨い。
だし粉:青のりではなく、この“だし粉”をたっぷりふりかける。
焼そばソース:濃くてうんまい。
紅しょうが:富士宮やきそばには欠かせないのがこの“ミカチャン”

フライパンに、細かく刻んだ肉かすを入れて火にかける。火が通ってきたら、刻んだキャベツを適量入れて、さらに炒める。
しな〜ってなってきたら、麺を入れて、水を入れて蒸し焼きする。麺の塩梅が良くなってきたら、ソースをかけまわして良く混ぜる。
お皿に盛り付けして、だし粉をたっぷりとふりかけて、ミカチャンを乗せたら出来上がり♪
本当にコレ旨い♪( ఠ_ఠ )
 
| 食べ物など | 12:00 | comments(0) | -
富士散策
IMG_3495-2019s.jpg

ロングルートを歩いた“先週末の山歩き”は、その翌週に歩くことになっていた“富士山歩き”のための足馴しを兼ねていました。
しかし長い距離を歩くよりも、本当は標高の高い山でカラダを馴らすべきかと思うのだけれども、兎にも角にも長丁場に耐えられるように、先週はがむしゃらに歩いておきたかったのです。

IMG_3416-2019s.jpg

そしたらこの週末・・・。お天気が悪いときたもんです。実は初めてとなる『富士山』は、何が何でも青空の下で歩いてみたかったので、本番の二日前にはもう山行の中止&延期を決めました。今回は富士山をたくさん登って知り尽くしているスペシャリストの仲間が同行してくれる山行でしたので、残念で仕方がありません。

IMG_3435-2019s.jpg

でも、その上がったモチベーションをいったん下げることはせず、せっかくの連休でしたので山行のメンバーで集まり、“富士散策”に“宴会”へと代替えしたのでした。
缶ビール1ケースあっても、30分で完飲してしまいそうな超の付く呑兵衛たちに案内された富士宮観光。美味しくて愉しかったので、自分memo的な覚え書きを記しておくことにします。

――――――――――

IMG_3526-2019s.jpg
 Г気離侫.トリー&ヒロ亭に集合。呑み会開始。

IMG_3421-2019s.jpg
富士山本宮浅間大社お参り&涌玉池を見学&お宮横丁呑み。

IMG_3534-2019s.jpg
:ちかこさんがちがこさん宅へ。手づくり包丁のお裾分け頂く。

IMG_3440-2019s.jpg
フジヤマハンターズビール 浅間大社タップルームにて呑み。

IMG_3464-2019s.jpg
ァД侫.潺譽“さわやか”の、げんこつハンバーグを頂く。

ΑГ気離侫.トリー&ヒロ亭へ戻り。再び呑み会開始。
〈呑兵衛たちから聞く、エベレスト登山やデナリ マッキンリー登山、北米横断や南米縦断の旅、バレエの話などが最高の“酒の肴”だった!〉

АО襭揃眥澄さのファクトリー泊。

IMG_3496-2019s.jpg
─裏山(勘助坂)で富士山を眺める。

:さのファクトリー&ヒロ亭へ戻り。朝呑み会開始。
:地元スーパー散策。黒はんぺん&地のものを購入。

IMG_3522-2019s.jpg
:お好み焼き“さのや”にて、お好み焼き&焼きそばを堪能。

:地元スーパー散策。富士宮やきそばセット一式購入。
:解散。

良く呑んだ連休であった。(´_ゝ`)
 
| イベントや出来事 | 08:04 | comments(2) | -
平ヶ岳歩き


鈍ったカラダに“喝”を入れるべく、平ヶ岳を歩いてきました。9月15日、日曜日のこと。




引っ越し”の梱包作業や荷解きの後始末に忙しくしていたら、気が付けば一ヶ月以上も山歩きをしていなかった。山歩きはボクにとって、健康維持のためのバイタルであり、ストレス発散のための大切な手段であるので、欠かすとカラダが不調になってきます。特にお腹まわりがひどくなる。~_~;




平ヶ岳は、流石は百名山。駐車場は“朝5時前”でほぼ満車。何とか路肩に停めることができましたが、ギリギリセーフな塩梅。お便所は小便器が一つ、洋便器が一つ。携帯の電波は山頂も含めてほぼ圏外でした。今後はうんちもオンラインの登山届も、麓の“道の駅 尾瀬檜枝岐”あたりで出してきた方が良さそうだ。



さて平ヶ岳までの登山道。序盤は、樹林帯の急登で大汗をかきまくり、息切れして生あくびが連発する。蒸して暑かったからなのか、初っぱなから疲れてクタクタでした。



頑張って踏ん張って景色の良い稜線に出るも、痩せ尾根が次に控えているもんで全く気が抜けない。しかもザレていたりするものだから、ザレ場がトラウマなヨメ氏はもう帰りの心配で気が気でない。







きつい下台倉山を過ぎたあたりからだったでしょうか、だんだん景色を楽しみながら山歩きをすることができるようになってきます。そして台倉山、台倉清水の水場(未確認)、白沢清水の水場(水たまり?)と、幾度となくアップダウンを繰り返し、疲れる山道を進んでゆくと、姫ノ池なる高層湿原のある“池ノ岳”に到着。






姫ノ池越しに見える『平ヶ岳』が素晴らしかった。空が青くて快晴だったらもっと素晴らしかった。(~_~;)






池ノ岳から平ヶ岳の山頂までは約30分の道のり。疲れてヘトヘトだったため木道が歩きやすくてとても助かります。ガスってきてやや残念な景色ではありましたが、山頂へ向かうにつれ元気も取り戻し、“山頂ビール”を楽しむことができました。



龍馬ビール(ノンアルコールビール)で我慢ですが・・・。






今山行はあまりのんびりしていられない長丁場なので、30分ほど休憩したあとは重い腰を上げて再び来た道を戻ります。山頂まできて時間と体力にまだ余裕があったら、立ち寄りたいと考えていた“玉子石”は残念ながらスルー。



帰りの脚と時間配分を考えると、玉子石までの往復一時間がどうにも捻出できません。姫ノ池でテント泊できたらどんなに良かったか。(>_<) ああ、もったいない。




広大な景色をじっくりと堪能したら、下山に取りかかります。痩せ尾根から続く稜線を目で追うと、結構な距離を歩いてきたことがよく分かる。下りも暑くてヘトヘトです。



と、ここで案の定ヨメさんが懸念していたザレ場で軽くアクシデント。滑って転んで危なく尾根道から滑落する勢いでしたから、精神的にもヘトヘトです。(´д`)




満身創痍ではありましたが、ゆっくりと下って何とか暗くなる前に帰ってくることができて何よりでした。
山行時間にして12時間30分。距離にして21.3kmの道のり。今山行の目的は二つありまして、運動不足の解消と今週末に登る予定としている山への足馴らし。どちらも準備は万端なので、あとは何としても晴れてほしい!
平ヶ岳、ああ・・・しんどかった。汗

――――――――――



■山域:平ヶ岳 2019年09月15日(日)
■目的:運動不足解消と次週山への足馴し
■山水:水場をあてにせず二人で“7L”の飲料水、ゼリー飲料4つを歩荷。
■山行:
05:12 鷹ノ巣登山口 ⇒ 07:23 下台倉山 ⇒ 08:19 台倉山 ⇒ 08:29 台倉清水 ⇒ 09:24 白沢清水 ⇒ 11:05 池ノ岳 ⇒ 11:41〜12:16 平ヶ岳三角点 ⇒ 12:45 池ノ岳 ⇒ 13:42 白沢清水 ⇒ 14:22 台倉清水 ⇒ 14:40 台倉山 ⇒ 15:42 下台倉山 ⇒ 17:42 鷹ノ巣登山口


〈オオシラビソの青い松ぼっくり〉

■山記:12時間30分(山行 11時間42分・休憩 48分) / 距離 21.3km
■ルートラボ:https://yahoo.jp/LtLOIP
 
| 山歩きと山登り | 12:36 | comments(0) | -
<< | 2/310pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE