bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
雨の棒ノ嶺歩き

〈棒ノ嶺のゴルジュ〉
※ゴルジュとは、切り立った巨大な岩壁に挟まれた谷のこと。


週末のこと。飯豊山を愛する埼玉支部の2人から、“奥武蔵の「棒ノ嶺」歩くんだけど〜”って連絡が入り、少々返事に悩んだ。(´Д`)
その2人、こよなく自身のカラダを痛めつける通称“ドMルート”を歩きたがりで有名人なので、ちょいと悩んだのである。先週末は確か、ホーム山の雨巻山を、“一筆書きなる軌跡”で10時間もの時間を費やして歩いていた変態さん。しかもまた雨の中・・・。






てことで先にヨメさんへ連絡を取り、棒ノ嶺って変態ルート無いよね?大丈夫だよね?的な内容で確認をまず取ったのであった。
そして、「ノーマル?」「アブノーマル?」「ブルーチーズサンバースト?(さらにやば目のルートの意)」とルートの確認を取ると、さわらびの湯からゴルジュを通り、ゴンジリ峠経由、山頂で山ごはん。帰りは岩茸石から根っこの滝ノ平尾根を下って帰るノーマルルートと分かりほっと一安心。
OK牧場と返事をした、そんな6月22日の土砂降りの雨の土曜日のこと。




さて集合場所に、いきなり山仲間が“長靴”で登場。ノーマルだよね?ノーマルだよね?と再度ルートの確認。でもそのいでたちを見る限り、どうも変なところを歩くんじゃないのかと不安でならなかったが、




〈棒ノ嶺のゴルジュ〉

『棒ノ嶺のゴルジュ』までは沢の中をじゃぶじゃぶ歩くものの、あとは通常のルートを歩いてくれてほっと一安心。
OK牧場と返事をして良かった、雨で緑が生き生きしていた山歩きでした。






棒ノ嶺の山頂に到着。でも曇天。て云うよりガス。しだいに雨。景色はなんも見えねぇ状態。
雨は小康状態だったので、隙きを見て備え付けのテーブルを借りて山ごはんとした。





ウチはお湯を沸かして入れて混ぜるだけのカレーメシ。でもって毎度々ちゃんと山ごはんをこしらえる山仲間からいつものタコさんウインナーをもらい、カレーめしにINした。今回はプチトマトと一緒に和えていたプチゴージャス版♪(°∀°)
大変美味しゅうございました。



〈岩茸石にて、日光澤温泉Tシャツの機能性を試用中。塩梅良し♪〉

今回の雨の山行で分かったこと。やっぱカッパ暑い!てこと。
どんなに高級なゴアテックスのレインジャケットを着ていても、蒸して激しい雨の中では、やっぱカッパ暑い!のである。
カッチン&ちいちゃん、今回も楽しい山行をありがとう。またいつか鍛えてくださいませ。ノーマルルートに限りますが・・・。~_~;
 
| 山歩きと山登り | 12:32 | comments(0) | -
鬼怒沼湿原歩き


珍しく暴風雨の中の山歩き。そして珍しくカッパ上下を着こんでの山歩き。目的の“日光澤温泉”へ立ち寄る前の、鬼怒沼湿原まで歩いてきた記録です。6月16日の日曜のこと。




スタート地点の女夫渕温泉駐車場は晴れていた。カッパを着るかどうするか装備に迷いながら、8時30分頃には歩き始める。序盤はお天気が持ってくれて、緑鮮やかな景色が楽しめて何よりでした。



そうこうして八丁の湯まであと20分ほどのところだったでしょうか、ヨメさんと話しながら歩いていると、左側の木の上から「バキバキバキー!」っと枝の折れるものすごい音がしたので、何だろと音の鳴る方を見上げてみると!
ななんと!( ఠ_ఠ )
クマ棚があって黒い獣がもぞもぞと動いていたのだった!
ひゃあ〜!!
熊だった!!!( ꒪Д꒪)



おっかなびっくりその場を立ち去り、すぐさま熊ベルを出してザックに取り付けたことは云うまでもありませんが、何度も来ている奥鬼怒遊歩道では初めてのことでしたので、朝からとてもショッキングな山歩きと相成りました。大汗かきました。






約二時間で日光澤温泉へ到着すると、お天気が急速に下り坂へ。
先ほどの件で大汗かいたし、雨だし、風強いし、寒いし、と言い訳してもうこの日は日光澤温泉までで良いのではないかと考えていたボクとは対照的に、ガンガン行くよー!上まで歩くよー!と元気ハツラツなヨメ氏。最近パワフル過ぎて、まいっちんぐ。




とは云え、買ったばかりの新しい“レインジャケット”を着て、性能を確かめられたのは実に良かった。ゴアテックスのカッパは、やっぱり薄くて軽くて快適で最高でした。しかも卸したてなので、雨が面白いように弾いて気持ちが良い。




土砂降りの雨に耐えながら鬼怒沼湿原へ到着。そしてそのまま鬼怒沼山まで行こうとしていたヨメさんをなんとか制止し、あまりの暴風雨で視界も悪いため、早々に引き返すことにしたのでした。



ヨメ氏、少々不満気味であった。言い聞かせるのが大変であった。最近パワフル過ぎて、まいっちんぐ。




で、日光澤温泉♨で一夜を明かし、重要な使命も果たし、帰路につく。
三匹の柴犬のわんこ、チャンわらサン。相変わらずの可愛らしさであった。サンボの大冒険のお話は、時間のあるときにでも小屋主さんに聞くと超面白い。(゚∀゚)



〆の温泉があってのことだけれども、終わってみれば、雨の日の山歩きもなかなかのものでした!
 
| 山歩きと山登り | 12:16 | comments(0) | -
日光澤温泉


6月の16日(日)〜17日(月)のこと。久しぶりに“日光澤温泉”にて過ごしてきました。日曜はひどい暴風雨だったので、山歩き後のカラダがびしょ濡れで冷え冷えだった。そんな塩梅のときの〆に温泉♨があると、それはもう何とも形容しがたい幸せ気分に浸れます。
特にこの日は日曜日。皆さん帰られたあとでしたので、誰も居ない温泉にゆっくりと入ることができました。至福♪




たまにはいつもと違う部屋も良いものです。1階薪ストーブ部屋の真上の7号室は初めて泊まりましたが、窓が2面あるので明るくてとても快適に過ごせました。




お風呂が気持ち良かったおかげもあってか、部屋呑みでの食前酒がすすむすすむのです。






晩ごはんは、連泊していたお客さんがいたからでしょう、定番のイワナの塩焼きではなく、揚げたイワナが出てきました。南蛮漬け風の別添えのタレを付けて食べるこのイワナが絶品だった。




それから、イワナのお刺身も初めて食べてみた。コリコリした歯ごたえが心地よくて、これも実に旨かった。
食べ過ぎて珍しくご飯は二杯でギブアップ。お櫃のご飯を残してしまったのが心残りである。




しかも、ビールに日本酒とたらふく吞みすぎたようで、磯B、とうとう人前で屁をこいてしまうほどの酔っぱらい方だったようです。まいっちんぐ。(´д`)




朝。・・・(>_<) ひどい二日酔い。
吞み過ぎて珍しくご飯は二杯でギブアップ。代わりにヨメさんがご飯三杯食べてくれた。ヨメさん朝から元気もりもりである。
朝ごはんに付くコーヒーゼリーが相変わらずの美味しさで◎。ボクはコーヒーゼリーに目がありません。




日光澤温泉からの帰り道。熊に遭遇しないかとびくびくしながらベルを盛大に鳴らして歩いてゆく。
実は前日、背の高い木の上に“クマ棚”を二つも発見( ꒪Д꒪) 木の上でバキバキバキっと枝が折れるようなスゴイ音がしたので上を見たら、、何と黒い獣がもぞもぞと動いていたのだった。熊だった。( ఠ_ఠ )
なかなか朝から衝撃的な山行でした。
 
| 旅宿 | 12:00 | comments(0) | -
まるかいてちょん2
P6156186-2019s.jpg

小田晃生
氏の、『まるかいてちょん2

以前買ったアルバム“まるかいてちょん”の、リマスタリング盤を手に入れた。
違いがよく分かるのは、やはりファンならではのこと。
まるかいてちょん2。
新しいモノは、やっぱり素敵になっている♪(゚∀゚)

 
| 本や音楽など | 11:08 | comments(0) | -
ジムニーのタイヤ保管
ジムニーJB23 10型ミニカー

夏タイヤや冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)など季節物のジムニーのタイヤは、タイヤ保管サービスなるものを利用しています。
今までは某大手の黄色い帽子のタイヤ屋さんでしたが、長年利用し続けてくると何となく不満な面も色々と見えてきたので、スタッドレスから夏タイヤへ履き替えるタイミングを見計らい、タイヤガーデン(旧グランドスラム)なるタイヤの専門店へ鞍替えしました。

『大きな理由はやっぱり値段。』
JB23 10型ジムニーの175/80-16のタイヤセットの場合、
以前のお店では一年間の保管料が16200円で、タイヤ取付費が2160円×年二回=4320円となり、年間の合計が20520円。
改めて考えてみるとやや高い。
新しいお店では一年間の保管料が12960円で、タイヤ取付費が二回は無料となり、年間の合計は12960円のままなのです。
この7560円の差は大きい♪( ´∀`)

しかもボクが保管をお願いしているタイヤガーデン蓮田店のおやじのキャラクターが面白い。対応もすこぶる良くて、個人店さながらのフットワークの軽さもあってかすっかりとお気に入り店。
真っ黒いホイールとスタッドレスタイヤ”の購入どきにお世話になり知ったタイヤガーデンの『タイヤ保管サービス』。タイヤガーデン各店舗でもその保管サービスの内容と金額が大きく異なるようですが、これはもっと早くから知っていればなと思ったものでした。

あ〜、夏タイヤのホイールも折角なので黒にしたいものだな・・・。
 
| 趣味や車など | 12:00 | comments(0) | -
<< | 2/306pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco