bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
冷やし山の胡椒飯
げんさんとよーこさんの山ごはん
げんさんとよーこさんの山ごはん」本。

山めし礼讃で人気の高い、あの げんさんがまた山めしの本を出すらしいと云う噂を聞いたのはずいぶんと前のこと。しかも今回は、アウトドア料理家として名高い、あの 蓮池陽子さんとのコラボレーションだとか。ボクはたまたま運良く山歩きやキャンプでその二人とはおちかづきになれたので、喜びもひとしお。7月22日に発売されて間もない、新刊の山ごはん本をじっくり読んでみました。
どことなく無骨で山男らしいイメージだった前回の「山めしおつまみ」と比べると、今回の「げんさんとよーこさんの山ごはん」は更に工夫され綺麗に洗練されたイメージが強い。山めしが山ごはんに変わり、艶やかにそして華やかになっている。これはもう、よーこさんによる女手のお力添えが大きい。何やらどれもこれも美味しそうでわくわくした。

げんさんとよーこさんの山ごはん

で早速熟読し、いくつかのページに付箋を付けてリストアップ。以前の山めしおつまみと同様に、ボクに料理ができるのかやる気になるのか、論より証拠(実証)とやらで、つくってみたくなった。狙いを定めたのは、クイックパスタや焼きそばにチャンプルー系。ところがどっこい、作ろうと思い立ったのが山では無いため茹だるような暑さだったので火を使うことを断念。てことで、冷たいバージョンでもきっと美味しいだろうと考えて、少し手を変えて「冷やし山の胡椒飯(52頁)」をやってみた。

げんさんとよーこさんの山ごはん

屋根のある風通しの良い日陰の東屋を探して風呂敷を広げる。とりあえず本に準拠して、コンビニの塩むすび、コショウ、鶏ガラの粉末は用意できたんだけれど、かぼすが無かったため輪切りにしたライムで代用し、氷を入れた山専ボトルとミネラルウォーターも用意。
シェラカップに入れた粉末の鶏ガラを水で溶かし、そこへ塩おにぎりを投入。おにぎりの上に黒コショウをパラパラかけて、ライムと氷を入れたら、あららもう出来上がり。調理時間5分となっているが、冷やし山の胡椒飯バージョンではもっと早く出来上がるかもだ。 搾り入れたライムの酸っぱさとピリッとするコショウが利いて、超簡単で最高に美味しい山ごはんでした。さて次は何をやろう♪(°∀°)
| 山めし | 08:07 | comments(0) | -
ヘッドランプ
ブラックダイヤモンド「スポット」

ヘッドランプ=ヘッデン。
山歩きを愛する人たちにとっては特に無くてはならない必須道具であるヘッデン。以前に訪れた北アルプスの、下ノ廊下・水平歩道の志合谷(しあいたに)のカーブのついた150mのトンネルで不調となり、恐怖したことがあった。そのときの真っ暗闇の恐れから得た教訓として、ヘッデンはメインとサブの二つを持つことにしようと決めたのです。
てことで先ずは不調のヘッデンに換わるメイン機を吟味した。この四角いヘッデンを見つけるまでずいぶんと時間が経ちましたが、何とかやっと新しいモノに切り替えられました。

決め手はスタイリッシュな色と形と明るさの機能面から。ブラックダイヤモンドの「スポット」と云うニューモデルで200ルーメンに明るさがUPされ、電池の交換のしやすさも良い。ヘッデンの横っ腹を指でトントンと軽く叩くと明るさを調光できるのも良い。ザクに近い色合いもお気に入りで、使い勝手も良好でとてもお気に入りのヘッデンとなりました♪

※因みにこの記事を書いている最中、ボクのヘッデンがもうすっかり旧モデルになっていると云うことが判明・・・。最新の「新しいスポット」は何とさらに明るい300ルーメンにUPされている模様。全く羨ましい。それから寒い山の上では大いに役立つであろうバッテリーを温めるヒートシンクなる機能も付いている。まいっちんぐ(*´з`)
| 山道具と山話 | 08:20 | comments(0) | -
白山眼鏡店のMEMO
白山眼鏡店「MEMO」

先日のこと。ジムニーを運転中、愛用の色メガネがブリッジのところ(鼻の上の部分)で真っ二つに折れ、壊れた。
かろうじて耳にかかるツルが何とか崩壊する状態を持ちこたえてくれて大事には至らなかったけれど、メガネかけて良好な視界だった目の前がいきなりぼやけると、ビックリして車の運転もままなりません。
恐る恐る先へ進み、ラッキーにもすぐ近くの道の駅へ辿り着くことができたので、後部座席へ置いたバッグの中からコンタクトレンズをごそごそ探していると、壊れたそのメガネを使って「応急措置」してくれたヨメさんが何やら誇らしげ。
ほれ、直してやった、とりあえずこれで何とかなるんじゃない?的な無言のアイコンタクトを受けて、メガネももらい受けて、スーパーの黄色いシールでぐるぐる巻きにされた色メガネを装着。
けれども、しばし役には立ったけれど、歩いて振動を受けるとやっぱりその部分で残念ながら崩壊する。バッグの底の方でコンタクトレンズを見つけられて本当に良かったと胸を撫で下ろした。これを機に、車のグローブボックスの中にも使い捨てコンタクトレンズを常備しておくことに相成りました。~_~;

さて、新しくなった色メガネ。実は同じフレームを三代目。初代の緑はリユースまでして永く大切に使ってきたのだけれど、やっぱり鼻の上のブリッジのところで真っ二つに折れ、まだ記憶に新しい先日ダメになった二代目の茶色も鼻の上のブリッジで逝ってしまった。
この三代目の黒も恐らくきっと同じところでポッキリ折れると思われるが、白山眼鏡店のこの「MEMO」フレームが気に入っているので仕方がない。それからまたフレームが壊れても、レンズが再利用できる点も大きい(¥)ので致し方ない。因みにいま白山眼鏡店ではこんな素敵な柄物メガネケースが選べるようでラッキーでした。お気に入り♪
| ファッションなど | 14:55 | comments(0) | -
八剣山歩き
IMG_0591-2017s.jpg

7月8日、土曜日のこと。カヤの平高原キャンプ場を拠点として、久しぶりに山を歩いてきた。コースはキャンプサイトから八剣山までのほぼピストン。行きはブナの森をひたすら愉しめる西側のルートを歩き、帰りは北ドブ湿原のある東側のルートを選んでカヤの平高原を歩いてきた。たった3時間弱の山歩きだったのだけれど、本当に久しぶりの山歩きだったので、あまりにも気持ち良く歩いてくることができて感無量。

IMG_0569-2017s.jpg

IMG_0573-2017s.jpg

カヤノ平のブナの森は、そりゃあ晴れていれば文句なしなんだけれども、雨が降っていても何やら幻想的で見どころ満載で歩き応えがあるからすっかりお気に入り。特に雨の日は数多くの可愛い軟体動物に会えるので、逆に楽しみがひとつ増えるのが良かったりする。
でもま、晴れの日のブナの森はキラキラと光が差し込み綺麗なことこの上ないので、やっぱり山歩きは晴れているときに楽しむのが理想的ですね。

IMG_0580-2017s.jpg

IMG_0584-2017s.jpg

八剣山の山頂は眺望も無いので三角点にひとりタッチしたら、踵を返しとっとと下山に取りかかろうと思ったのだが、鼻歌交じりで自撮りなんかやってみたりして、普段あまりやらないようなことをして山頂でしばらく時間をつぶしてみた。

IMG_0621b-2017s.jpg

ひとしきり楽しんで今度は北ドブ湿原へ足を踏み入れると、そこにはまるで想像もしていなかった白くてぽわぽわな可愛い奴が、あっちへこっちへと風に吹かれ首をふりふりして気持ちよさそうに踊りまくっていた。
ワタスゲすげ−!(°∀°) ボクは花には全く興味が無いが、ワタスゲだけは話は別。誰もいない湿原で、ここでもまた寝そべったり唄ったりとひとり時間を楽しんでいると、すぐ近くにトレイルランナーのカップルがいてギョッとする。~_~; ワタスゲすげぇ、ワタスゲすげぇ。て云っているの、果たして聞かれなかったかと心配だ。>_<

IMG_0610-2017s.jpg

北ドブ湿原をあとにしてテントサイトに戻ってビールを呑ると、テント設営後に呑んでいたビールの味とは一味違っていた。やっぱり山歩きしたあとに呑むビールの美味しさは格別のものがあります。至福の時間を満喫できて、とても愉しい山歩だった。さて、今度はいったいいつになるかしら。(-_- ) 遠い目。

IMG_0597-2017s.jpg

カヤの平高原キャンプ場&八剣山歩きシャシン記ログ
| 山歩きと山登り | 08:11 | comments(0) | -
カヤの平高原キャンプ場
IMG_0536-2017s.jpg

前に訪れたのはもう5年も前のことになる。あの時は結構な雨が降っていて、持ち込みmyテントでキャンプをするか迷いに迷っていると、常設テントを新品に交換したばかりだから綺麗ですよ と云う管理人さんの助言に従い、その綺麗な小川のテントで快適テント泊を楽しんだのでした。そのときも、なんと七夕のキャンプだったようで驚いている。もちろん今回も七夕キャンプの、7/8(土)〜7/9(日)のこと。

IMG_0695-2017s.jpg

カヤの平高原キャンプ場までは、埼玉の自宅から約260kmの道のりを高速道路を乗り継いで3時間40分かけてアクセスする。キャンプ場には受付案内所とトイレが設置された小屋と、炊事小屋があるだけで飲み物の自販機すら無いことを知っていたので、最寄のスーパーツルヤ一本木に立ち寄り、食材とアルコール類をたくさん買い求めてからキャンプ場に乗り込んだ。天気は土日とも晴れ予報だったので、山歩きをひとり愉しむために、午前中もそうそうに乗り込んだのでした。

IMG_0657-2017s.jpg

サイトは遊牧された牛のいる牧草地を正面にとらえると、横にものすごく広く長い。ところどころに大きく立派なミズナラの木があるので、ボクらはその特等席付近にテントサイトを陣取ることにした。しかしながら、写真を撮るにはとてもフォトジェニックなロケーションだったのだけれども、もう少し巨木のミズナラから離して幕営するべきでした。被害こそそんなに無いものの、巨木の根のあたりにはムネアカオオアリが群生しており、椅子に座ってくつろいでいると、足を登ってくるわ登ってくるわで対策に忙しい。なんせ体長15mmはある大きなアリなので正直びっくりする。(´д`)

IMG_0550-2017s.jpg

さて、テントにタープにテーブルとイス、クーラーボックスに道具類の入ったコンテナを広げて諸々準備を整えて、サイトの設営を大汗かきながら作り込んでいった。標高1500mもあるカヤの平といえども、昼間の陽射しはやはり暑い。とはいってもカラッとした暑さがまだ救い。サイトに吹く風が特に気持ちんよかで、山歩き前だからとりあえず一本だけと自分でとどめていたのに、ビールの空き缶があっという間にたくさん増えていってしまいまいっちんぐ。

IMG_7537-2017s.jpg

愉しかった山歩きの話はまた別の記事にするとして、3時間弱の山歩きから帰ってくるともうお腹がぺっこぺこ。テントサイトで待っているヨメさんのもとへ一目散に駆けて行って、楽しみにしていた晩ごはんの調理に取りかかった。翌日は誰とも会う予定が無かったので、たっぷりのニンニクで焼き上げたステーキと、フライパンに残ったニンニクステーキの脂でつくるガーリックライスにして、「ガーリックライスステーキ乗せ」をつくった。←そのまんまだ。(´_ゝ`)
これ食べながら、昔観たケンタロウの料理番組「男子ごはん」のステーキのせガーリックピラフを思い出す。彼のつくる豪快でシンプルなごはんの大ファンなので、是非ともいつか復活をとげてもらいたい。

IMG_7556-2017s.jpg

焚き火とウイスキーとアリと共に夜更かしした翌日、ヨメさんに起こされるまで良く寝ていたようで、ボクにはあまりにも珍しい。カヤの平高原の見所でもある綺麗な朝もやすら見ることが叶わなかった。慌てて跳ね起きて檜枝岐村のイベントで買ってきた新潟のオネオネコーヒーを飲んで目を覚ます。ふと気が付くと見回りよろしく放牧された牛たちがキャンプサイトの近くまで巡回しに来ていた。あきらかにカヤの平高原キャンプ場の名物となっているこの牛たちは、モウとにかく可愛くて愛嬌がある。有刺鉄線越しだが撫でられるほどだ。

IMG_0545-2017s.jpg

キャンプ場の管理人、山なめくじさんにテントに付ける札を返し、お礼を伝えて9時にはキャンプ場をあとにした。綺麗な道の駅FARMUS木島平に立ち寄って食べたきのこのおこわがべらぼうに美味しかったのが印象的。早めに出立したので早めに帰路に付き、帰りはあまり遠くは感じられなかったな。カヤノ平キャンプ場、とても気持ちの良いところだと再確認できたので、今度は燃えるようなブナの紅葉を見に秋口にまた行きたいものです。愉しいキャンプでした!

IMG_0670-2017s.jpg

カヤの平高原キャンプ場&八剣山歩きシャシン記ログ
| キャンプと野営 | 06:59 | comments(0) | -
<< | 2/273pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco