bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
日光澤温泉と鬼怒沼湿原歩き


新型コロナウイルスの影響による山歩きの活動自粛中、兎にも角にも“温泉”に入りたかった。しかも、ひとしきり山を歩いて汗びっしょりになった後にざぶんと入る温泉に、だ。
そして風呂上がりにキュ〜と呑むのは“瓶ビール”でなければならない。しかも傍らに可愛いワンちゃんがいたらもう最高だ♪




そんな思いを馳せながら、他県への移動制限が解除されるのを心待ちにして、『日光澤温泉』へひとっ風呂浴びに行ってきました。
山歩きは『鬼怒沼湿原』へ。そしたら思いがけない真っ白いふわふわのに出くわせて、とてもタイミングの良いお花見山行ができて何よりだったのです。
そんな梅雨の晴れ間の、7月の2日(木曜)から3日(金曜)のこと。

――――――――――





5時起き5時半出。東北自動車道へ。日光はウチからは比較的近くて良いんです。3時間も掛からずに目的地の“女夫渕温泉駐車場”へ到着。ジムニーのバックドアを開けて身支度を整えていると、真上からカーカーとカラスの鳴き声がけたたましい。背の高〜い木の先端には巣があって雛がいた。親カラスが餌をやっていた。カラスのそんな光景、初めて見た。






風がそよそよ吹いて気持ちの良い奥鬼怒遊歩道を歩いて、先ずは日光澤温泉にある鬼怒沼湿原への“登山口”を目指します。道中の沢沿いでは、去年の台風19号によって被害の大きかった箇所の修復を、そこかしこにしていました。石を積んでより堅牢に。ご苦労さまです。




八丁の湯、加仁湯、手白澤温泉、日光澤温泉と四軒ある奥鬼怒温泉郷では、コロナ禍の影響で改修工事をしている八丁の湯だけが8月いっぱいまで臨時休業の模様。
その他の宿では、宿泊できる部屋を間引いたり、宿泊客を少なくしたりして、換気にも注意し、様々な問題をかかえ苦労しながらも営業を再開したのだそうです。



〈日光澤温泉〉


〈温泉神社〉



登山口の日光澤温泉へ到着。クリンソウの咲く温泉神社で登山の安全を祈願して、標高差600mある鬼怒沼湿原へと向かいます。
ノシ滝、ヒナタオソロシの滝への分岐点、ヒナタオソロシの滝の展望台、渡渉風ポイント、木道などを経由して、2時間40分ほどで鬼怒沼湿原へ。
するとそこには素晴らしくドラマチックな光景があって目を見張ります。







何と!ふわっふわな綿毛(果穂)を付けたワタスゲが群生していました。鬼怒沼湿原までの登山道は、湿原以外はほぼ樹林帯で眺望などが無いため、こうしたワタスゲのような名物があってくれると、辛くてあまり面白くない登山道も別物となりウキウキします。






しかもこの日は何の前情報も得ずに鬼怒沼湿原まで上がって来てしまったので、途中で出会った登山者が興奮気味で云う「スゴイ綺麗でしたー♪最高でしたー♪」の意味が、湿原まで来てやっと分かったのが兎にも角にも良かったのでありました。ご褒美とはまさにこのこと。






さて、ボクらしか居ないこの鬼怒沼湿原を、一時間ほどはゆっくりと堪能したでしょうか。何処を向いてもワタスゲだらけ。写真を撮っても撮ってもワタスゲばかり。ワタスゲすげーところは全く飽きません。ふわふわな綿毛の感触がたまりません。耳の中に入れたくなります。





〈金沼(池塘)と根名草山〉



一番大きな池塘の金沼でお昼ごはんを食べたら、名残惜しい景色でしたが、再びワタスゲだらけの木道を歩いて下山します。
湿原は風が吹いてくれていたから快適な気候でしたが、樹林帯へ入ると無風に近く、湿度が高めで不快指数がMAXに…。下りだと云うのに、汗を拭っても拭っても止まりません…。




でもこの日のゴールは待望の日光澤温泉なのです。きっと可愛いサンボもボクらの帰りを待ちわびてくれているはず。先におつかれビールかな、いや温泉だな。いややっぱり温泉入ってビールだな、などと頭の中はもうすっかりと先の愉しみのことばかり考えてました。
因みにサンボちゃんの愛らしいお出迎えは無く、サンボちゃんはいつまでもいつまでも寝ていて起きなかった…。





待望の温泉。内湯、一番風呂♪




そして洗いたての露天風呂へ。




待ちわびた瓶ビールで喉を大いに潤した。

――――――――――


〈晩ごはん 18:00から〉


〈朝ごはん 07:00から〉

おつまみ大量に持ってきたけれど、晩ごはんまではあまり時間がなかったのでバカやらずに我慢となった。おかげで日光澤温泉の美味しい晩ごはんは残さずに、お櫃の中のご飯までも一粒も残さずに食べていた。朝晩のごはんは本当に美味しくて何もかもがお気に入り。




サンボ、朝にやっと少しだけ相手をしてくれた。
しょうがねぇな感がサンボの顔から見て取れる…。
なにはともあれ、楽しい慰安温泉山行であった。

――――――――――




〈1階 廊下〉


〈食堂と囲炉裏〉


〈浴室の前室〉

さてこのコロナ禍での、日光澤温泉の営業姿勢。
基本的に宿泊客は今までよりも人数を制限し、密になる機会を減らして過ごしてもらうと云う方針のようです。
宿側スタッフはマスクを着用し、消毒用アルコールスプレーの設置など対処してくれている他、常に換気用として、扉や引戸や窓を開けているなど、今までとは違った宿の様子となっており、コロナウイルス感染防止の措置をとっている姿勢が随所に垣間見えました。




あとは利用者側である我々も、今までやってきたような予防と対策を忘れずに、気持ちよく宿を利用できたら良いのではないかと感じました。
何れにしろ、色々と双方で模索しながらこのコロナ禍を乗り切らないと、最善の方法なんて見つかりません。withCでの山歩きの仕方もなかなか難しい問題。こうして県外へ越境できても、スカッと晴れた気持ちで山歩きができないのは矢張り辛いものがありますね…。
 
| 山歩きと山登り | 17:24 | comments(0) | -
続 プチ家庭菜園


コロナ禍によって余儀なくされたステイホームとリモートワークでの生活。これらに伴い、ただじっと家の中に閉じ籠もって居るのも退屈なので、楽しみ方をつくったプチ家庭菜園。
約3ヶ月間にわたるその菜園の様子を、ちょいとこのあたりでまとめておくこととします。〈自分memo記ログ〉




散歩コースの途中にある“緑化木センター”なる園芸屋さんで、適当に、そして適当な、野菜の苗をじゃんじゃん買ってみた。
自宅には六帖ほどの利用していない芝の庭があるので、これを機に芝を刈って土を耕し、買ってきた苗を植え始めてみました。




最初に植えたのは、オクラに大葉、枝豆と茶豆、ケンシロウきゅうりやミニキュウリ、ピーマンもナスも、プチトマト、いんげん、エゴマ、チャービル、チャイブ、バジル、そして小松菜でした。
苗を植える位置や配列は“何となく”でやってしまった。のちにこの適当さ加減が大きな障害となることは云うまでもありません…。😅




小さな家庭菜園を始めてみたら、そしたら何もかもがぐんぐん成長してゆくもんだから、本当に楽しくて仕方がなかった。毎朝の“プチ家庭菜園”のパトロールは、毎朝のルーティンになりました。




そしてしばらくすると、アブラムシや蝶の幼虫やらの被害が大きくなりまして、葉っぱの虫喰いが目立ってくるようになりました。目に見えぬ敵は、なかなかに強敵です。とても菜園を始めたばかりのシロートには手に負えません…。😣

まいてやりました。見様見真似で“農薬”をまいてやりました…。😅 そしたらオクラが枯れまして、ヨメ氏からはすっかりそれ、ボクのせいになっています………。




しかしその甲斐あってか、しばらくするとまた野菜たちがぐんぐん成長していってくれました。とても嬉しい限りです。プチトマトなんて沢山の実を付けてくれるもんだから、ちゃんと育つのかも分からないのに、行く末がとても楽しみになってゆきます。

たまにSNSでボクの家庭菜園の様子などを投稿してみると、まさにツッコミどころ満載なのでしょう、優しい諸先輩方から「棒は立てたのか?」「芽かきはしたのか?」「木酢液がいいよ!」などなど、適切なアドバイスを頂戴するようにもなってきました。




またそれと併せて、長屋続きのボクんちのこの庭が、お隣やご近所さんからも興味を引いているようで、“何やらおかしなことをしている奴の菜園”としてちらちらチラリと注目を浴びるようにもなってきました。

新たにローズマリーと山椒の木が仲間入りするのと同時に、お向かいさんからニラとミョウガとカモミールを根こそぎ頂き、プチ家庭菜園の新顔として楽しませてもらうことになりました。こうした薬味として使える差し入れは本当に嬉しかった♪ ご近所さんとの会話も不思議と花咲くようにもなりました♪




そんな中、今度は急激に小松菜の成長が良くなり、ぐんぐんどんどん大きくなってくれて、こうしてお味噌汁の具としてお役目をまっとうしてくれました。




実はこれが“初収穫”でした。葉は虫喰いのあとでみすぼらしいものとなっていますが、そんなのは全く関係ない。実に美味しくて実に感動した実りでした。😍




しかしながら今度はその他の成長が芳しくなく、何だか元気がなくなっているようにも見えなくもありません…。今度のケースも、菜園を始めたばかりのシロートにはまたまた手に負えません…。😣




まいてやりました。見様見真似で“肥料”をまいてやりました…。😅 追肥と云うやつです。そしたらプチトマトが急に色付きまして、おませさんに。♡






枝豆にきゅうり、ナスにピーマン、紫蘇もバジルも活き活き生き返りぼんぼん実を付けてくれるようになりました。





先ず手始めに、プチトマト、ミニきゅうり、紫蘇の実、バジル、エゴマを収穫します。




この日のレシピは山仲間のまつおの母から教えてもらった“紫蘇の実を衣に入れた鶏天”に舌鼓。エゴマの天ぷらも美味しかった。きゅうりとプチトマトのサラダも美味しかった。て云うか自分んちの野菜だもの、全部美味しい♪




次は、枝豆にいんげん、プチトマトにケンシロウきゅうりを収穫。




いんげんはエゴマとちくわと一緒に天ぷらにして食べました。トマトときゅうりはサラダの付合せに。




で今回特に素晴らしく美味しかったのが『枝豆の塩ゆで』でした。枝豆は採りたてが一番美味しいと聞いてはいましたが、本当にこんなにも美味しいとは思いもよらなかった。ビールのおつまみに最高です♪




さて次は、ナスにピーマンにプチトマトを収穫。




この日のレシピは山仲間の御存知さんから云われた焼き茄子から連想し、“焼き茄子の肉味噌乗せ”として食べました。




べらぼうな美味しさでした。ピーマンは肉味噌詰めとして食べた。プチトマトは冷奴として付合せに。




しかしながら、色々な収穫に喜んでもいられなくなってきて、少しずつピンチになってきます。
適当に配置して植えた苗だったから、成長する具合が全く分からずに、特にきゅうりとプチトマトの暴れん坊ぶりに手を焼くことになるのです。あまりにも元気が良すぎるんです。




ばんばん実ってくれるキュウリとプチトマトのために支柱を増やし、横架材もつなぎ堅牢な格子にしたら、管理のしづらい菜園になってきてしまいまいっちんぐ。雑草を引っこ抜くのも一苦労で、今は地面に四つん這いになって雑草を抜きダンゴムシと戯れています。




そんな苦労をして収穫した野菜の美味しいことと云ったらこの上ないのです。今日も朝イチできゅうりを頂き、豊作のバジルもたくさん収穫して、本物のガパオライスをつくることもできました。




冷やし中華も始めました。




最近は釘付けになって観ているYouTubeチャンネルの『塚原農園』先生を参考にして、より一層楽しめるようになってきました。
ボクにとって、家庭菜園はとても有意義でそして意外と忙しい。困ったことに、ステイホームが苦になりません。
 
| 情景・光景・風景 | 10:41 | comments(2) | -
平標山歩き


関東甲信越は“梅雨”真っ只中の、2020年6月25日、木曜日のこと。
そして、コロナ禍のよる非常事態宣言の規制が緩和され、他県への越境が許されてからの初めての山歩きのこと。
今回はお花の山で有名な『平標山』へ行ってきました。

✿❀✿



この日は山の天気予報では梅雨の晴れ間。夕方までは雨も風も穏やかなオールAのお天気でした。お昼過ぎには晴れマークもちらほらとお目見え。たとえ曇天なお天気でもお花見山行なら問題なしと…。
がしかし…蓋を開けてみたらとやらで、駐車場から風が強く霧雨が舞う濡れる雨でした。😣




覚悟を決めて雨合羽を着込んで歩き始めるも、初っ端からの急登に汗だくとなり、早々にいつものTシャツ暑がりスタイルに戻ります。
幸い?にも霧雨がガスに代わり、視界は多少良好となりますがガスった景色では残念ながら眺望はありません…。



ヒラタケ? ムキタケ? た、食べられるのかしら…?!






鉄塔の休憩ポイントや数合目の標識ポイントで息を整えながら、先ずは“松手山”を目指します。そこからは兎にも角にもべらぼうに風が強くて色々と難儀しました。




体重のあるボクですら風に飛ばされそうな勢いです。先ゆく登山者も、沢山の方々が山頂へも行かず諦めて下りてきてました。






途中でたくさん遭遇するお花を撮影しようとしても、風でびゅんびゅん動いてゆっくり撮らせてもくれません。




結局…、iPhoneで撮影したこの“ハクサンイチゲ”が一番綺麗に撮れていたという始末でまいっちんぐ…。😭




楽しみにしていたハクサンイチゲを見に行く“飯豊朳差岳山行”が、今年はこのコロナ禍で中止となってしまいました。特にその山行を楽しみにしていたヨメ氏にとって、この“お花の山歩き”が代替えとなってくれたらなと思って望みましたが、天気が悪天し読みが大外れ。




当初は平標山のその先の、仙ノ倉山まで行って、“お花の稜線歩き”が楽しめたらいいなとの思いも目論見通りにはゆきません。今回は平標山の山頂での“強風”にギブアップ。
無理せずに、平標山ノ家を経由して“平元新道”で下ることとなりました。






梅雨の中での山歩き。好天もすれば悪天にもなるわけで、土砂降りの中での山歩きとならなかっただけでも良しとしなければ贅沢者。




ところで、平標山の山頂を過ぎて下り始めるとすぐに難儀していた強風がピタリと止みました。とは云え廻りはまだガスッガスで眺望はありませんでしたが、ものすごい天気の変わりように驚かされます。




唯一好きなワタスゲも↑ご覧のように濡れてしまっては全く可愛くもなんともありません。これじゃあただの湿った脱脂綿。やっぱりワタスゲはぽわぽわしていてほしいものです。残念でした。






大休止は“平標山ノ家”で。ガスった景色で相変わらず眺望は無いけれど、お天気は意外にも回復傾向でとにかく暑い。外のベンチをお借りして山ごはんとしました。
青鬼ビールはコクがあって苦くて矢張り旨い。家でつくってきた🍙おにぎりは味も具も大きさも理想的でコンビニで買うものとは矢張り違います。






下山路は“平元新道”を経由して“上信越自然歩道”を歩いて駐車場まで戻ります。約一時間の緩〜い林道歩きの道のりですが、これが単調で暑くて実にしんどい。最終ゲートの横にある沢での水浴びで、なんとか生き返りゴール地点へ。




“平標登山口 元橋駐車場”の駐車料金は600円。とても綺麗なトイレがあって、汚れた登山靴を洗える足洗い場もあって快適でした。
ジムニーの高速道路料金(軽自動車)は最寄りICから関越道の湯沢ICまでで片道3850円。休日だったら片道3530円。その差320円ほど。




これは節約したいところではあるのだけれど、仕事上リモートワークよる平日登山が可能となった現状では、『with C』での山歩きはやっぱり空いている平日に是非とも歩きたい。
さてまた来週。今度はどこで汗を流してこようかしら。

 
| 山歩きと山登り | 13:36 | comments(0) | -
大持山 小持山 武甲山歩き


コロナ禍によるリモートワークをいいことに、今週は土日に家でみっちり仕事をして、水曜日の6月17日に山歩きに行ってきました。
ビックリしたのは人の多さ。奥武蔵の山は、、平日の山歩きはガラガラのはずなのに、、この日は梅雨の晴れ間だからなのか皆リモートワークを実施中だからなのか、とにかく登山者が多かった。30人ぐらいまでは数えていましたが、途中から馬鹿らしくなり数えるのを止めたほど…。




とは云え、ボクらも梅雨の晴れ間の山狙い♪
この日は終日お天気で、妙に心地よい風も吹いていて、とても快適な山歩きを愉しんでくることができました。
さて歩いてきた山は、大持山、小持山、武甲山。奥武蔵では人気の高い低山です。
ジムニーを“一の鳥居の駐車場”に置いて、時計回りにぐるっと16kmほど歩いてきました。






駐車場には6:50分に到着するも、平日にもかかわらず8割ほどの車で埋まっておりビックリ仰天。帰りに確認したら、道路脇にも駐車してある車があったからきっと満車以上だったのでしょう。これにも驚いた。






先ずは妻坂峠まで向かいます。緑が鮮やかで綺麗でとても気持ちが良い。だがそこでほんの少しだけ作戦会議を。ウノタワへ向かうかこのまま大持山へ向かうか迷っていたのです。
暑いけれど風が吹いてて涼しくて調子がよかったので、予定通り大持山方面へ歩いてゆくこととなりました。




途中、ハート♡の形の石を見つけて、おじさん、ほっこり……するわけもなく、一応、何かのために写真におさめておきましたが、結局使い道が見つからないのでこの場で使ってみることにしたりして。ほっこり…。(~_~;)




展望の良い“大持山の肩”に到着。しばらくたたずみまったりする。&再び作戦会議をする。この地点からならまだ、ウノタワへ行ってぐるっと回って帰ることができるのだったからだ。カラダが重かったからだ。




結局、大持山へ向かって小休止。ポケモンGOのジムとポケストップのチェックに余念が無い。けれどもれなくチェックするも電波が無い…。最近、山頂標識のあるギフトを送るのが仲間で流行っております。



〈絶景展望台=大持山の雨乞岩〉



さてお次は“とっておきの場所”へと歩を進めてゆきます。場所は大持山と小持山の間の絶景展望台。スペースはそれほど広くありませんが、この場所は何が何でも訪れたい景色の良いポイントです。ひとしきり楽しんだら小持山へ。



〈武甲山〉


〈武甲山御嶽神社〉

そして急で辛い登り返しを経由して武甲山へ。武甲山の山頂からも相変わらずすんばらしい景色。秩父市街から遠くの山並みまで綺麗に見渡せました。




晴れた日の山歩きって本当に気持ちがよい♪




山ごはんは薬味たっぷりの“冷しぶっかけうどん”を家でタッパーに詰めて持ってきた。山の上で食べる山めしは“3割うまい!!”から、何を食べても美味しくなるんで不思議で仕方がない。
因みにこの日は“日清のそのまんま麺”としてみた。たまにはいつものシマダヤ流水麺とは違ううどんを食べてみたかったのだ。そのまんま麺には“タレ”が付いていて某麺よりもほぐしやすいとのこと…。まぁそんな感じではあった。



〈残念ながら“屋久島の山旅”で大迫力の杉の大木を見てしまったので感動はもう無い…。〉



大持山、小持山、武甲山のこの『ルート』。久しぶりに歩きましたが矢張り良い。そしてまだ記憶に新しい“台風19号”による影響で、こちらの登山道にも大きな被害が出てました。
登山道の修復と整備に尽力くださっている方々には本当に頭が下がる思いです。m(_ _)m
 
| 山歩きと山登り | 14:01 | comments(0) | -
野田琺瑯の保存容器


大好きな“珈琲ゼリー”をつくるのに、どうしても欲しかった『野田琺瑯』の保存容器。
ボクは野田琺瑯の“レクタングル浅型Mサイズ”だけで良かったのだけれど、ヨメ氏に「他のサイズも欲しいのある?」とちょっと聞いてしまったが最後…。
これ欲しいこれ必要と出るわ出るわでとてもお高い珈琲ゼリーの容器になってしまい、まいっちんぐ。



ただやはり白いホーローの保存容器は美しくってテンションが上がります。
早速コーヒーゼリーをつくってみたら、自分としてはまぁまぁの出来栄え。ところが試食したヨメ氏によると、53点なんだとか…。野田琺瑯の容器たくさん買ったのなんてこれっぽっちも気にしない。😅



とりあえず野田琺瑯のホワイトシリーズは次の物を買いました。
レクタングル浅型のSとM、レクタングル深型のSとMとL。ヨメ氏によると、特に使いやすいのはレクタングル深型の“S”と“M”なんだとか。



因みに、これらホワイトシリーズを幾つかまとめた“オールザベスト”なるものがあるのだが、単品で各々を買うよりもお高くなる道理が分からない…。
ネットショップで安いのを見つけて買うと、3000円以上も価格の差が出ました。
そんな、お得に買えたことはもちろんヨメ氏には云いません。最近ボクは、Amazonよりも“ヨドバシ.com”推しです。少ない個数でも安くても送料が無料。しかも早くて丁寧です。
 
| 道具など | 18:22 | comments(0) | -
<< | 2/322pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE