bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
裏筑波山歩き〈ケーコ編〉
IMG_4485-2019s.jpg

湯袋峠から裏筑波を歩いた4/21の話
ここで見られる平成最後のニリンソウ、カタクリ
同行者は昭和の女くにさんまつおの母


IMG_4402-2019s.jpg
 湯袋峠7時ちょい過ぎスタート

IMG_7072-2019s.jpg
キランソウ

IMG_7075-2019s.jpg
フデリンドウ

IMG_4427-2019s.jpg


IMG_7078-2019s.jpg
ラティオス(ヤマエンゴサク)

IMG_4438-2019s.jpg

IMG_4436-2019s.jpg
思いのほか天気が好転せず、花は閉じ気味


IMG_4443-2019s.jpg
アケビ
上の大きいのが雌花、下の小さいのが雄花、
雌花にはアケビの実になるらしきモノが5つついていた
綺麗な造形でお気に入りに追加

IMG_4473-2019s.jpg


IMG_4477-2019s.jpg
咲き残っていたカタクリとニリンソウの夢の共演

IMG_7090-2019s.jpg
シキミ
全部毒だから、食べてはいけない

IMG_4496-2019s.jpg

IMG_4476-2019s.jpg

IMG_4508-2019s.jpg

IMG_4523-2019s.jpg
キャンプ場で昼食を済ませ、居ても立ってもいられず

IMG_4530-2019s.jpg
おばちゃん2人はキャンプ場の草むしりをし始める

IMG_4533-2019s.jpg
キブシ
雄花がナンチャラ、雌花がナンチャラの確認中


IMG_4548-2019s.jpg
クロモジは爽やかな匂い、アケビの葉とツルは苦い、
ニリンソウの群生の中に猛毒トリカブトが紛れ込んでいたりする、
ウグイスカグラの実は甘く食べられる、などなど・・・
鳥の鳴き声はすっかり忘れてしまったが、
五感が研ぎ澄まされる山歩きだった
早起き頑張ったくにさん、そしてCLまつおの母に感謝

 
| 山歩きと山登り | 07:58 | comments(6) | -
NSメスティン
NSメスティン

トランギアの『メスティン』を買ってみた。

でも蓋の裏まで真っ黒にノンスティック加工がされた、“NSメスティン”と云うちょいと特別なもの。快速旅団製だ。
黒い部分なのがその加工された部分。要はテフロン加工されたようなもので、もう てろんてろんのすーべすべ。焦げ付かずで後始末も非常に楽ちんですっかりとお気に入りに。

米を炊くための“飯ごう”なら他にも沢山持っているのだけれど、この期に及んでメスティンとは、今さらまだ歩いたことの無い高尾山に登るようなものかしら。(~_~;)
しかしながら使い勝手はすこぶる良好で、とても良いモノを手に入れてしまったようです。メスティン丼やメスティン弁当なる山ごはんを、これでたくさんつくって食べたいな。
 
| 山道具と山話 | 14:35 | comments(2) | -
天覧山・多峯主山めし歩き
IMG_4339-2019s.jpg

4/14日、日曜日の山歩き。


IMG_4302-2019s.jpg

この日歩いた里山は“天覧山”と“多峯主山”。標高195mの天覧山にいたっては、飯能市市民会館の駐車場から見えるポコッと盛り上がった丘みたいな山がそう。たぶんのんびり歩いて15分ほどで到着するはずだ。でもそこからの眺めが意外と良い。

IMG_4323-2019s.jpg

ここへ訪れてくる人たちは、皆軽装で朝の散歩よろしく的な装いで、景色を見に来られている人たちが結構いたな。そして皆の挨拶が軽快で気持ちが良かった。
やや霞んではいたが、この日は新宿副都心もスカイツリーも富士山も肉眼でバッチリ見えた。

IMG_1212-2019s.jpg

入の谷津田にて、マムシに注意。
ヨメ氏が撮ってくれる写真はいつもこんなものしかない。まいっちんぐ。(´Д`)

IMG_4344-2019s.jpg

先へ進み今度は標高271mの多峯主山(とうのすやま)を歩く。こちらも標高はとても低い山なのだが、先ほどの天覧山以上のパノラマの景色が楽しめた。

IMG_1260-2019s.jpg

さて、もう山ごはん。(~_~;)

今回は朝ごはんと昼ごはんを兼ねたブランチとした。この日はまったく距離を歩いていないんだけれど、景色もよく丁度良いところにベンチとテーブルがあるものだから、ま しょうがない。
また例によって“メスティン丼”をつくりました。沖縄土産をありがたく頂戴したもんだから、メニューは白飯を炊いてラフテー丼とスーチカ―丼とした。

IMG_4375-2019s.jpg

で このままたいした距離も歩いていないうちに帰るのもアレなんで、ちょっと遠回りしてから戻ることにしたら、これが意外と楽しくて良かったのであった。
入間川の、吾妻峡とドレミファ橋方面へ向かったのである。

IMG_4399-2019s.jpg

変な畑”があって、変な橋があった。
二輪草がとても綺麗で、のんびりと川の畔を歩けるのどかな散歩みちでした。
 
| 山歩きと山登り | 17:54 | comments(0) | -
多峯主山で食べた山めし
IMG_1295-2019s.jpg

先日手に入れたばかりの“NSメスティン”を使って、埼玉県は奥武蔵の多峯主山(とうのすやま)で『メスティン丼』を作って食べてきた。


IMG_1231-2019s.jpg

つくったとは云っても、沖縄土産にいただいたラフテーを温めて、メスティンで炊いた白飯の上に盛り付けて、家で切って準備してきた白髪ねぎと白ごまをふりかけて『ラフテー丼』としただけなのだが・・・。~_~;
そもそもラフテーそのものが旨いのだから、メスティン丼のラフテー丼が美味しくない訳がない! はなまるな美味しさであった♪

IMG_1307-2019s.jpg

さて、メスティンで炊き上げる白飯があまりにも美味しいので、今後の山ごはんはこのような“丼もの”が多くなりそうな予感です。おこげもちゃんとできるので、本当にこれは良い買い物だったかもしれない。

IMG_1320-2019s.jpg

因みにヨメ氏は、昔買った古いコッヘル(ユニフレーム トレイルスクエアコッヘル3)を使って『スーチカ―丼』としていた。何でも新しいものに目移りするボクをよそに、冷静に角型コッヘルで炊飯をしていたが、どうやらメスティンには興味津々であった模様。この機を逃さず、赤ハンドルのメスティンをこっそり買って、ご機嫌をうかがっておこうかと思う。

IMG_1285-2019s2.jpg

それから、レギュラーサイズのメスティンには、手持ちのグラナイトギアの“エアセルブロックス(Sサイズの紫)”がジャストサイズだと知った。保温材がクッション効果にもなるので、メスティンの収納ケースにも、そして炊飯した後の保温ケースにももってこいのアイテムだった!
こうしてたまには昔買ったものが使えるときもあるのだから、全部が全部、無駄遣いではないのだぞ、ヨメよ。(´ε` )

 
| 山めし | 12:22 | comments(0) | -
HANWAG アラスカGTX
HANWAG アラスカGTX

久しぶりに“登山靴”を買った!

現在愛用中の“ガルモント ピナクルGTX”の、二回目のソール張替え準備期間(洗いとか、乾燥とか)に併せ、満を持して“上野とらや”で購入。49,900円でした。
次はコレにしようと思い描いていた56さんの登山靴はまたもや見送り、今回はヨメ氏が強く薦めてくる『HANWAG アラスカGTX』を買ってみた。
気づけば山仲間と同じ登山靴で我ら四銃士。ヨメの登山靴はその仲間のモノを見聞きして買ったものだから、そりゃあ自ずとそうなりますな。(~_~)

HANWAG アラスカGTX

ところで、ボクの選んだ登山靴は実はワイドタイプのもの。じっくりと足の形を見定めてもらう前までは、自分が“幅広甲高”の足だとは露知らず。とらやでは、ローバーや他の靴も履いてみたけれども、なるほどワイドタイプの“ハンワグアラスカGTX”がやっぱり一番しっくりきて足に馴染んだ。

さて上野とらやでは、オイルヌバックレザーの登山靴の場合、三種類の、栄養、保湿、防水系の靴クリームを自身で買って、それらを使い店員さんが一週間かけて無料で“メンテナンス”してくれるサービスがある。そんな有難いサービスを使わない手はないので、おとなしくプロの云うことを聞いて、新しい登山靴を手にするまで一週間ワクワクして待っていた。

HANWAG アラスカGTX

(°∀°) 渋〜い装いになって、とても満足の仕上がり♪
試し履きの山歩きが非常に楽しみだ。さて何処を歩こう。でも泥濘だけは避けたいぞ!
 
| 山道具と山話 | 12:00 | comments(0) | -
<< | 2/304pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco