bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
<< ダーンタフの登山靴下 | main | 日光澤ニャン泉Tシャツ >>
鬼怒沼湿原歩き&日光澤温泉

〈池塘が凍っている 鬼怒沼湿原〉


11月9日(土曜)〜10日(日曜)の週末のこと。
日光澤温泉』で宴会山行とするときは、“雪”が無ければ決まって鬼怒沼湿原まで登ります。宿の美味しいごはんを食べるためには、少しでもカラダを動かしたほうが良いに決まってます。
女夫渕温泉駐車場から日光澤温泉までは、標高差300mほどの緩〜〜〜い山道。そして日光澤温泉から鬼怒沼湿原までは、標高差600mほどのなか↗なか↗の急な山道。


〈遊歩道〉


〈仲間の差し入れおにぎり:すじこ〉


〈遊歩道〉


〈おやつに舟和のいもようかん〉


〈木道〉


〈一番大きい池塘(金沼)前のベンチにて山ごはん〉


〈仲間の差し入れおにぎり:ベーコンと枝豆〉

この緩急のある登山道を歩いた先にある高層湿原『鬼怒沼湿原』は、それはそれは見事な景色なんです。青空の下で眺める景色ならなおさらのこと。
ところが、到着した鬼怒沼湿原は青空で超の付く最高のお天気だったんだけれども、鬼怒沼湿原の池塘も凍りつき、超が付くほどに寒かった。(´д`)



それでも“山頂ビール”を嗜みます♪
缶ビールの右が日光白根山で、左が根名草山。



〈サンボちらりズム〉

さて、前哨戦で骨の髄まで冷えてしまったカラダを温め♨に、日光澤温泉へと一目散に駆け下りてゆきます。
8時30分に女夫渕温泉Pを出発して、鬼怒沼湿原に着いたのが13時45分。たっぷり一時間ほど休憩して、日光澤温泉へ戻ったのが16時30分。お待ちかねの晩ごはんがこの日は18時00分でしたので、ゆっくりと一時間、露天風呂の湯につかってスタンバイ。



〈食事風景〉

この日の山仲間はボクら夫婦を含めて6人のにぎやかなメンツ。
エベレストやデナリ・マッキンリーを登ってきちゃうような猛者から、いったいいつ寝ているの?と思うほど元気で遊びに忙しいはつらつお母さん、うん。それから山のムック本をつくることを生業にしている山のプロ夫婦でチーム編成。
そんなにぎやかなメンツだったもので、宿や温泉では、はたして他の人たちに迷惑をかけていないかと心配で心配で本当にたまらなかった。~_~;


〈晩ごはんも朝ごはんも安定の美味しさ〉




〈爪痕:土砂崩れ〉


〈爪痕:削り取られた河川の肩〉

甚大な被害がでた台風19号の爪痕は、“奥鬼怒遊歩道”のいたるところでも目の当たりにしましたが、山歩きを心得ている方々ならばまったく問題はありませんでした。
ただ何かあったら困るので、役所からは遊歩道への入口と脇道からの進入路に、立ち入り禁止の札とトラロープで塞がれてはいました。あくまでも自己責任で立ち入るのが賢明です。



〈紅葉の奥鬼怒スーパー林道〉

ほんのりと紅葉の残る日光澤温泉は、空いていてとても快適に過ごすことができました。次の日光澤温泉は雪でもふもふの頃にまたゆくことになっています。スノーシューでバフバフと、雪の大海原を歩いて思いっきり汗を流したい♪
それもこれも、宿で食べる美味しいごはんと酒と温泉のためなのです。(°∀°)

 
| 山歩きと山登り | 18:12 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE