bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
<< 西吾妻山で食べた山めし | main | BIRKENSTOCKの踵 >>
西吾妻山スノーモンスター山行
西吾妻山スノーモンスター山行

愛車ジムニーが出動不能となり、今山行はラッキーにも山仲間のスーパーカーに乗せて行ってもらってきた。さて少しだけ車の話。そのスーパーカーがとにかく凄くて、山に着くまでボクのテンションは最高潮。ボキャブラリーに乏しいのでいまいち上手く表現ができませんが、4WDのRV車なのに、まるでホテルのラウンジにある革張りの高級ソファに腰掛けながら移動しているかのように思えてならなかった。それほどに快適な車だったのである。もうね、チョロQジムニーの乗り心地とは雲泥の差、月とすっぽん、天と地ほどの差があって笑えてくる。

西吾妻山スノーモンスター山行

インパネはほとんどナイトライダーの世界で、ボタンを押せば車を見守ってくれている相手がLIVEで話しかけてくれるのだから、ドリームカー・ナイト2000のキットがそこにいるみたいで驚きが隠せない。でも一番驚いたのは救急車マークの赤いボタンを押せば、その名の通りに救急車が駆けつけてくれるってんだから、ホントにすげぇと仰天。久しぶりにもっとゆっくり乗っていたかった車に出会いました。(゚∀゚)

西吾妻山スノーモンスター山行

そんなスーパーカーで辿り着いた先は、福島県のグランデコスノーリゾート。他の山仲間の情報通り、目的地の7km手前から圧雪道路だった。土日の駐車場料金は1000円かかりますが、お天気が上々で高い高速道路料金を払ってまで来た甲斐がありました。良く晴れた日曜日の山行の話です。

西吾妻山スノーモンスター山行

■山域:吾妻連峰 西大巓・西吾妻山
■日時:2017年03月12日(日)☀
■目的:スノーモンスターと山ごはん
■山行:グランデコスノーリゾート ゴンドラリフト(一回券を二枚)<8:40> ⇒ 第四クワッドリフト(一回券を一枚)<8:55> ⇒ リフトTOP<9:10> ⇒ 西大巓<11:00> ⇒ 西吾妻山避難小屋<12:15> ⇒ 西吾妻山<12:40> ⇒ 西大巓<14:30> ⇒ リフトTOP<15:10> ⇒ 徒歩 ⇒ ゴンドラリフト(一回券を一枚)<15:30>
※リフト券は合計で一人四枚必要。520円×4枚=2080円
■ルートラボ:http://yahoo.jp/c85HnO
西吾妻山スノーモンスター山行シャシン記ログ

グランデコ ゴンドラリフト

登山届を提出し、ゴンドラリフト、第四クワッドリフトと乗り継いでリフトTOPに到着すると、のっけからワカンを装着して歩き始めます。この日はとても雪深く、ひとたびトレースを外れるとずぼぼぼと大変な目に合います。西大巓と西吾妻山のスノーモンスターを見にゆくには、ワカンやスノーシューとダブルストックは必須道具ですね。とは言え、足にそんなカンジキ系の装具を取り付けて歩いてもサクサク歩いて行けるって訳でもなく、足に雪が重いのは変わらない。(>_<) 休憩したり写真を撮ったり後ろを振り返ったりしながらのんびりと先ずは西大巓の山頂を目指したのでした。

noriさん

さて、あまり眺望の無い樹林帯を抜けると、ぼちぼち雪のモンスターたちが顔を見せ始めてくれました。もっと先にゆけばモンスターの可愛らしさはこんなもんじゃ無いのは知ってはいるのだけれど、初めてここに来た〈同行者noriさん〉があまりにもキャッキャッとはしゃぐものだから、こちらもそれに釣られてハイテンションになってゆく。振り向くと凛々しくそびえる磐梯山がとにかく美しかった。

西吾妻山スノーモンスター山行

西大巓の頂に到着する頃には、スタート地点では完全な防寒着姿だったnoriさんはほとんど肌着に近い状態に(笑)。途中途中の休憩ポイントでは、本当に上から下まで一枚ずつ脱いでいって、結局は上は長袖のインナーシャツだけで、下はオーバーズボンを脱いで薄いものだけで歩いていたようです。因みにボクはインナーシャツの上にソフトシェルだけを着て終始過ごせました。風も無く、まったく寒くなく、逆に暑い・・・。

西吾妻山スノーモンスター山行

磐梯山、安達太良山、飯豊山のパノラマの景色を西大巓の山頂からじっくりと堪能したら、次は一番の目的であるスノーモンスターたちと戯れに、西吾妻山へと向かいます。前後左右、そこらじゅうに発生しているスノーモンスターにあっという間に心奪われ、なかなか足が先に進みません。兎にも角にもモンスターがもっこもこで可愛いいのなんの。特に今年は樹氷の出来栄えが非常に良いようで、サイズ感、ボリューム感、ともに美しくて目を見張るものがありました。なもんで飽きもせず写真はどれもこれも同じものばかりを撮影。写真整理にとても難儀したものです。(*´з`)

YMOのYさんとhutatuyanosikiさん

今年もまたYMOのYさんhutatuyanosikiさんと西大巓の山頂でお会いし、後ろ姿をしばらく追っていった。お二人とは去年、共通の山仲間くにさんを通じて西吾妻山で知り合えたばかりだから、こんな日のまたここで再会できるとはまさにミラクル。来年もまた先輩たちに会えたら最高に可笑しい♪

西吾妻山避難小屋付近

西吾妻山山頂

さ、お二人とは違うコースで先に歩いてゆくと、やっと西吾妻山避難小屋にたどり着く。山ごはんの食材と道具で重くなったザックをデポしたら、空身でサクッと西吾妻山の山頂へ。夏の西吾妻山は眺望が望めないんだけれども、雪のある西吾妻山の山頂は打って変わって最高のビューポイントだらけとなっている。山頂はとても広く過ごしやすい。しばし心ゆくまで景色を見ながら至福の時間を味わった。

チャーハンとシュウマイ鍋

山ごはんはチャーハンとシュウマイ鍋と〆ラーメンとした。風も無かったので山頂で山ごはんとしてもよかったんだけど、せっかくなので西吾妻山避難小屋前の平なスペースで、西吾妻山と西大巓とスノーモンスターがたくさん見える特等席でのんびりとお昼ごはんとしました。

西大巓をトラバース中

さて、帰りのゴンドラリフトの最終の時間も気になりますから、山ごはんが終わったら即下山に取りかかります。帰りはごはんで重くなったカラダがなかなか言うことを聞いてくれないので、西大巓は登り返さずにトラバースして帰れるコースを選択するも、途中でコースミスに気付き、結局は西大巓手前の急坂を登り返す始末になってしまった。みんなスマン。>_<

西吾妻山スノーモンスター山行

西大巓到着後は、一息入れながらもう見納めとなるスノーモンスターに別れを告げて、ゴンドラの時間に間に合うようにちょっとペースを上げて下山した。登りはふかふかだったトレースも、下りは雪が締まって歩きやすい。第四クワッドリフトのTOPからゴンドラ乗り場までは歩いて下りないとならないのが玉に瑕だけど、ピストンルートでこんなにも楽しめる山行は、雪のある西吾妻山ならではでないかと思う。また来年、同じ時期に再訪決定です。3月の末には新車が納車される予定だけれども、たまにはまたnoriさんのスーパーカーで行きたいな!最上級の味を知ってしまったからにはもう遅い。(´∀`)
| 山歩きと山登り | 17:00 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco