bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
三州屋銀座店
三州屋銀座店

銀座のオアシス、三州屋。言わずもがな昔からある超の付く大人気の大衆割烹居酒屋だ。
二丁目の並木通りに面する・・・いやちょっと奥まった・・・、う〜む、建築の専門用語で例えるのならば旗竿敷地なんだけれども、銀座の一等地なもんで三州屋の廻りは背の高いビルばかり建ち並び、お店へアクセスする竿の部分の長〜いアプローチがこんなにも狭かったとはすっかり忘れてしまっていた。

さて先日。何処で呑むべと、おじさん同士でお店を決めるLINEをやりとりしていると、文字入力のもたもたからヘンテコな時間差を伴って、互い違い、お互いに届いたメッセージを読んでみると、各々が三州屋なんてどう?・・・だなんて言っていたのだった。てことで久しぶりにこの銀座のオアシスへ行ってきた訳です。ボクはなんと10年ぶりの再訪かしら。でも相変わらずの様子でなんだか一安心。お店のたたずまいも女将さんたちのたたずまいも今も昔もそのまんま。

この日は二階へ案内されて、座卓のある和室へ通された。乾杯のビールのときはまだ空いていたけれど、やっぱり混雑状況は一階も二階も同じで、あっという間に座る隙間が無くなっていった。でも窓を開けて風を感じられる分、二階の方がまだ少しは落ち着けて呑めるかもしれないな。名物の「鶏豆腐」がたいへん美味しゅうございました。山の仲間と語らう近況報告は矢張り楽しい。また近々、今度はもっと早い時間からキボンヌだ。
| お店など | 01:54 | comments(0) | -
パリー食堂
パリー食堂

雨の日の土曜日。膝を手術したヨメさんのリハビリを兼ねて、秩父の古い町並みを散策することにした。到着したのがお昼頃だったので、すぐさまとある食堂を思い出し、レトロなレストランの「パリー食堂」に入ってみた。
ひとしきり古めかしい店内を目で愉しんだあと、興味惹かれる豊富なメニューの中から「チキンライス」と「ソースカツ丼」を注文した。小さな開口部を通してチラリと見える厨房からは、世話しなく働くおやじさんが見えた。期待に胸ふくらむのであった。♡

パリー食堂のチキンライス

ソースカツ丼は”こちら”で割愛。チキンライスはシンプルな味付けながらとても美味しくてびっくりした。て云うか超旨い。また、チキンライスのその旨さに併せて、テーブルの上に乗ったチキンライスの様子がたまらなく気に入ってしまった。水の入ったコップの中に、スプーンが入っていたからだ。
昔ながらの、好みの古い大衆食堂の雰囲気がひしひしと醸し出る。こんな些細な、何気ないいつもの習慣が、パリー食堂の存在を不動のものにしてくれるのであろう。秩父にパリー食堂あり。頑張って、まだまだ続けていって欲しいと願うばかり。
| お店など | 12:23 | comments(0) | -
新緑の民宿すぎの子

民宿すぎの子の晩ごはん

タラの芽、コシアブラ、ワラビ、山ウド、フキノトウ、イワタケ、と、今年も一年ぶりに「民宿すぎの子」で春を味わってきた。テーブルの上は目にも鮮やかな美味しい新緑の山でした。
去年の今頃、古い茅葺屋根の民宿すぎの子を見つけて飛び込んだことを思い出します。国道140号線を行き交う途中、たまたまタイミング良く「山菜料理」が堪能できるときに泊まったのでした。あの時は両神山を歩いてきた帰りに立ち寄って、喉の渇きと空腹に耐えきれずに晩ごはん前に宿の瓶ビールをフライング呑み。晩めし前だって云うのにヨメさんと二人で瓶ビールを三本あっという間に空にした記憶がよみがえる。どうにもこうにも暑いときで、開け放れた窓から入ってくるそよ風が最高に気持ち良かったな。そして喉が潤ったら家族風呂として使える鉱泉のお風呂♨にゆっくりとつかり、山歩きの疲れを癒したのでした。

民宿すぎの子の晩ごはん

そんなの心地良い思いを今年も味わってきました。テーブルの上に乗った山菜の数々は今年も相変わらずの美味しさ。ただ一つ残念だったのは、今年は若旦那と会えなかったこと。この日は怪我して手術入院していたので致し方ないが、山菜採り名人のご主人の山に関する話がすこぶる面白いので、残念極まりない。
てことでこれはもう、今年は秋にも行くしかないかなと考えている。紅葉で綺麗な両神山とのセットで、民宿すぎの子の再訪を誓ったのでした。膝のリハビリ中のヨメさんは、もちろんすぎの子でお留守番だ。(´ー`)

民宿すぎの子の朝ごはん

続きを読む >>
| お店など | 15:20 | comments(0) | -
山菜スクアミッシュ
スクアミッシュの晩ごはん

ゴールデンウイークの最終日の2日間。お馴染みのペンション「スクアミッシュ」でごはんを食べてきました。
膝前十字靭帯(ACL)の再建手術後間もないヨメさんは、主治医から”とりあえず2ヶ月間は絶対に安静にしていること”と指示を受け、ボクもドクターから個別に呼び出され登山は絶対にダメだよ!と厳重注意され(>_<)、大変な手術だったためか、今回はとても素直に指示を受け止めたようでした。なんせGW中に予定していた小旅行も大事を取ってキャンセルするという始末です。
さてそうなると、ゴールデンウイーク中に旅行や山にキャンプにと、思いっきり羽を伸ばしているであろう仲間たちの近況を知ってもつまらないだけなので、車で遊びに行けて、あまり歩かず、ソファとベッドで休息が取れる、そんな都合の良い宿泊施設は無いものかと探していたら、スクアミッシュの6日の土曜にまたもや運良く一部屋空きが出ていることを発見したのでした。これにはヨメさんも二つ返事で快諾だった。

こごみのカルボナーラ

今回スクアミッシュを予約するとき、「タケノコ山菜が大好きです♪」とリクエストを添えてみたら、これが何とも功を奏したようで、山菜をたくさんもちいてくれた”スペシャルな料理”を出してもらいました。お気に入りのカブのスープの美味しさは相変わらずだったんだけれども、この日のメニューでは「こごみのカルボナーラ」がなんとも絶品でお代わりしたいぐらい美味だった。
クリーム無しのカルボナーラなんてのは初めての味わい。卵黄とチーズでつくったソースが濃厚で山菜の苦味とベストマッチしており、これが本当に美味しかった。もう一皿、本気でお代わりしたかった。(°∀°)
山菜のこの時期は、好みのメニューだらけでとても愉しめたスクアミッシュでした。しかもよく寝た。まさに食っちゃ寝のゴールデンウイークの〆に相応しい滞在でした。

スクアミッシュの朝ごはん
| お店など | 00:24 | comments(2) | -
ことり食堂 千駄ヶ谷
ことり食堂

ことり食堂。所在は東京都渋谷区神宮前二丁目。最寄りの駅はJRなら総武線の千駄ヶ谷だがや。つい先日、ボクの仕事場からゆっくり歩いて5分で行けるところに、とても素敵で小さな食堂があったことを知った。キャンプ場の、北軽井沢スウィートグラスがきっかけで知り合えた、ボクより一回りも若いアクティブな女性の賢人に教えてもらった食堂だ。
ことり食堂の近辺はよくうろちょろしていたのに、こんな近くにそんなメシ屋があるとはつゆ知らず。何と勿体の無いことをしていたのだろうか。(´Д`)

ことり食堂の定食

さて、そのことり食堂へは一週間ほど通って、毎日違う日替わりの定食を味わってみました。毎日2種類の定食が用意されており、汁物とセルフのコーヒーが付いて800円。その2種類のメインが両方とも選べるメインダブル盛りなる定食もあって、そちらはビールが付いてなんと1500円。・・・嘘。同じく汁物とセルフのコーヒーが付いて1000円。ただビールが500円なだけ。~_~;
それでボクはメインダブル盛りを毎日食べてみましたが、どれもこれも彩りが綺麗でとにかく旨い。さらに、ことり食堂だからなのか鶏の料理がとにかく美味い。毎日午前中に発信される店主nonさんのインスタグラムには、その日の日替わりランチのメニューがポストされるので、とにかく午前中からぐーぐーお腹が鳴りっぱなしで困ったちゃんだった。

ことり食堂の定食

ことり食堂の営業時間は12時から売り切れるまでとのこと。だけれども、だいたい今は14時には全て売り切れてしまうようなので、やっぱり早めに食べに行った方が良いことは分かった。ボクはほとんど一番乗りで暖簾をくぐったから、待ったり出直したりはしなかったけれど、12時20分にはもうそんなやりとりが聞こえてくるのだから、とても繁盛している様が垣間見えました。
店内はカウンター席が9席で、四人用テーブル席が一つに二人用テーブル席が一つ。廻りの様子をうかがうと、どうやら常連さんが多くいるようで、景気の良い挨拶や会話が絶えないとても活気のあるお店だった。
美味しいお店を見つけられて本当に良かったと思っている。来週からは膝の手術入院していたヨメさんが退院し、お弁当が復活するのでそうそう毎日は行けないが、インスタにUPされるメニューを見て、どストライクのときには是非ともまた顔を出そうかと思っている。

ことり食堂

ことり食堂:定食記ログ
| お店など | 09:07 | comments(0) | -
かんだ光壽
かんだ光壽

美味しい日本酒を呑みいってきた。ちょっと上等な日本酒を呑んできた。
でもその前に、今回の酒場となる「かんだ光壽」へ誘ってくれた仲間から、神田の何処かの立ち飲み屋でビールをたっぷりやって、喉をしっとりと潤してから来ることをお薦めされたので、素直に従い、お初の「一丁目一番地」でたっぷりやってきた。(゚∀゚)
ところがどっこい、ビールだけで我慢できるはずもなく、軽くおつまみでも と思って鉄板の「ハムカツ」と変わり種の「ねぎとろキムチ納豆」を頼んだら、嬉しい美味しさの他に、ハムカツの驚きのボリュームにびっくり仰天した。超肉厚で超デカい。しかもそれでいて250円。ハムカツ、驚きのコスパであった。また行きたい♪

かんだ光壽のお通し

そんなことはさておき、かんだ光壽。なんだかんだと色々なものを食べたけれど、とても華やかでたくさん盛られた「お通し」が特徴的で印象的でした。またその美味しさも衝撃的だった。これはなんだそれはなんだとグルメな仲間は問答していましたが、ボクはしれーっと右から左へ。グルメな猛者たちの仲間入りなんてできません。ボクにとってごはんは見た目美しくただ美味しければそれでいいのです。(´ー`)
さて、ピッチ良く吞んでしまった日本酒がたいへん美味しゅうございました。なかでもお気に入りになってしまったのが、鳳凰美田の純米大吟醸(五割磨き)。でもこれぇ、味もいいが、値段もいい。どうりで・・・¥、(~_~;) また行きたい♪
| お店など | 17:28 | comments(0) | -
SUN DOVE DINER

SUN DOVE DINER(昼)

こんな田舎の駅前に、こんなに美味しいハンバーガー屋があったのには正直驚いた。全国規模の、チェーン店の例のハンバーガー屋ではなく、ひとつひとつを手作りで丁寧にこしらえてくれるハンバーガーだから、バンズで挟んだ上から下までが全部この上なく旨い。ハンバーガーの嵩もこの上なく厚い。ついでに、やる気みなぎる店長もこの上なく熱い。寒くても一年を通していつでも半袖に短パンとのこと。~_~;
SUN DOVE DINERを見つけたのは、丁度このお店がオープンしてから一年経ってのこと。実にもったいない期間を過ごしてしまっていたようだ。たまたまお店の前を歩いていたら見つけたのだった。道路に面した厨房で、ハンバーガーのパティを一生懸命に焼いている店長さんに何か感じるものがあったのだと思う。意を決してお店に入ってみたらこれが大当たりだったと云うわけだ。
今ではたまに夜も訪れて一杯ひっかけてから家に帰ったりしているが、このお店のポリシーとしてその日のハンバーガー(パティ)が売り切れてしまうと店仕舞いするとのことなので、今日ちょっと呑みたいなと思って立ち寄ってみたらお店が閉まっていると云うフラレ方がよくあるのが玉に瑕。

SUN DOVE DINER(夜)

サンダヴダイナーでのおすすめは何と云っても「チーズバーガー」かと思う。まろやかで味わい深いチーズがすこぶる美味しい。しかも付合せのポテトがこれまたグー♪(・∀・)
ポテトは細いのと太いのが選べますが、塩分をより感じられる細いポテトの方がボクは好きで良く食べる。15時までは毎日プラス120円でドリンクが格安でセットできるので、コストパフォーマンスもすこぶる良い。コーラ頼んだらきっと大きさにビックリすることうけあいです。笑
ボリュームがあって肉肉しくジューシーな作りたてのハンバーガーなので、これが美味しくないはずがありません。どうやら良いお店を見つけてしまったようです。2017年からは店内が完全禁煙に。それもまたグー♪(・∀・)

続きを読む >>
| お店など | 13:52 | comments(0) | -
銀座小料理 龍

銀座小料理 龍

山を歩いてみたらボクと同じように山に夢中になってしまった仲間と、山談義(以下 Y談)をするために情報交換会なる呑み会を銀座小料理 龍でやってきた。L型のカウンター9席しかない小料理屋の龍の女将も山歩きをするものだから、そこでこうして楽しいY談なぞをしていると決まって女将もY談に加わるのであった。先日の白山登山は天候不良で涙の撤退をしたのだそうだ。なかなかどうして勇ましい。

この日は毎度お馴染みのお酒に呑まれることもなかったので、お酒もごはんも美味しくて大変に居心地が良かった。それで今度ゆくときは、是非ともおろし蕎麦を最後の〆としてリクエストしてから伺うことにしよう。なんせお隣さんがおろし蕎麦をすする音が耳に残って、いったん〆たのにもかかわらずお腹が空いて帰るのが大変だった。(゚∀゚)

| お店など | 18:55 | comments(0) | -
パワンナンハウスのカレー
パワンナンハウスのディナーセット

お気に入りのカレー屋さんである「パワンナンハウス」。そこのカレーがとても美味しくて、もう何回食べに行ったのか数え切れない。日本語ペラペラの人懐っこいママの人柄が魅力の一つだったりするのだけれども、なによりもカレーが抜群に旨いのだ。しかも安い。―――なものだから、ファンがじわじわと現在進行形で増殖中。
ランチならナンもライスもお代わりができるAセットの700円(税別)からある。ボクはいつもキーマカレーが選べるBセットの中辛にして、汗を大量にかきながら食べています。因みにランチセットの時は最近はライスにしてお代わりは無しにしている。サラダもドリンクも付いてボリューム満点だもの。

ところで写真のこれは、たまに行く夜の部のパワンナンハウスの様子。夜のメニューは昼の部に比べて更に豊富なんだけれど、ボクらはいつも無難にメンズセット(1490円 税別)とレディースセット(1500円 税別)を注文。でもボクがレディースセットで、ヨメさんはメンズセットなのである。メンズの方にはヨメの好きなタンドリーチキンが付いており、レディースの方にはボクの好きなチーズナンが付いているのでチグハグだけどこうする他仕方がない。最終的にはこうしてごちゃ混ぜに。(°∀°)

夜の部のセットのカレーは、メニューにある全てのカレーから選べます。お昼のメニューには無いものを選んで食べることができるのです。この日はキーマなすカレーに、パラクパニールカレー(ほうれん草の野菜カレー)とした。キーマの方は大きなナスが追加されただけで食感も味も美味しさがUPし、ほうれん草の方はチーズが入ってコクが増し、野菜特有のあっさりし過ぎたカレーじゃないのでこちらも美味しい。デザートもたいらげて満腹な夜だった。でもこの日はチーズナンの半分を食べきれずにお持ち帰り。~_~; 翌朝オーブンでカリッと焼いて食べました。今度は是非とも車を家に置いて、ビールセットを頼みたい♪
| お店など | 12:05 | comments(2) | -
浅草大衆酒場さくま
浅草「大衆酒場さくま」
 
自分memo:浅草「大衆酒場さくま」での、昨夜のごはん。
牛スジ煮込み☆、ポテトサラダ☆、ジャーマンポテト、きんぴらゴボウレンコン、油揚げ、キクラゲとゴボウの煮物、カボチャの煮物、キスの唐揚げ、コハダとマグロのお刺身、銀だらの西京焼き☆、牛ロースのガーリックステーキ☆。メニューは愉快な女将さんに全ておまかせ。出してもらった料理のすべてが美味しかった。けれども☆付けしたものは特にうんまくてボクごのみ。
17時に出される暖簾を合図に、呑兵衛4人でお店へ飛び込んできた。この日の浅草は暑くて喉がカラカラだったから、ビール大瓶一人一本を軽く空けて、日本酒とハイボールへと切り替えた。記した上のつまみを味わって食べながら、奥座敷におろした重い腰が途中では上がらず、結局はさくまが閉店する21時半まで居座り続け、オープンラストをきめこんだのだった。お店の雰囲気も良くて美味しくて大満足。是非また行きたい。(・∀・)

浅草「大衆酒場さくま」のごはん
| お店など | 17:21 | comments(0) | -
ドイツビア フランケンシュタイン
ドイツビアレストラン渋谷フランケンシュタイン

渋谷区は神泉にあるドイルビアレストランで、美味しいビールを仲間とたらふく呑んできた♪(・∀・) ドイツビールは本当に美味しい。この鼻に抜けるハーブみたいな独特の香りが何とも云えないのよね。(自己表現につき勘弁)
特にこの日は暑くて喉がからからで、さらにちょっとしたお祝いごとがあったので喉ごしのよいビールでもって呑んで発散させるのにはとても丁度良かったみたい。とりあえず各位、いろいろとお疲れさまでした。

で樽生ドイツビールは、.侫薀鵐張スカーナー ヴァイスビア⇒▲侫譽鵐好屮襯ー ヴァイツェン⇒シュパーテン ミュンヘナーヘル⇒ぅ轡絅僉璽謄 オプティメーターの順番で呑んでいった。,らい帽圓辰燭薛,北瓩蝓△修靴討泙新り返し。非常に甲乙付けがたいけれど、ボクの好みは,離侫薀鵐張スカーナー ヴァイスビア。
ドイツビアレストラン渋谷フランケンシュタイン」にて、有終の美を飾る。・・・その後、渋谷桜丘店の「やきとり秋吉」にて記憶を失う。・・・そして、お気に入りの帽子まで何処かで失った。とほほ。>_< 呑みすぎ注意だな。
| お店など | 16:29 | comments(0) | -
福井県の箸置き
銀座小料理 龍の箸置き

これは福井県の箸置き・・・。と云っても、福井県で買ってきたとかそういう類の物ではなくて、福井県の「形」をした箸置きなのである。
先日、銀座で見つけた福井料理が食べられる酒処、「銀座小料理 龍(たつ)」でのお話。箸は、大野市とかがある福井県の山間部ではなくて、敦賀湾とかがある沿岸部に乗っていた。もちろん福井県は立てて使う。手前が沿岸部で奥が山間部の立ち位置だとか。沿岸部の方が箸にとっては使い勝手が良いそうだ。
それでこの福井県の箸置きを、ボクが先日山仲間と呑んでいるときにめざとく見つけてしまったのだった。女将さんからはよくそれ分かったね〜なんて云われたんだけれど、福井のファンだもの、当然ですよと株を上げておいた。~_~;
因みにこの箸置きは、女将さんの友人が3Dプリンターで一つ一つ作ってくれたものなんだそうだ。福井県のアウトラインがとても綺麗にできていた。

銀座小料理 龍
 
小料理 龍はこの日、満員御礼のようでした。ボクらは夕方5時過ぎの早い時間から呑んでいたんだけれども、カウンターの9席が埋まるのはすこぶる早い。いつも競争率が高そうなので、今後も連絡してから参上することにする。
それで龍のママからは美味しいものをたくさん出してもらったんだけれど、例によって呑んでいる最中にすっかりと忘れてしまった。>_< 家に帰りヨメさんからどんなものを食べてきたの?と聞かれても、・・・焼きそら豆とか・・・としか云えなかった。次はメモっとくことにする。まいっちんぐ。
| お店など | 13:44 | comments(2) | -
民宿すぎの子
民宿すぎの子 晩ごはん

「もみじがさ」「こごみ」「たらの芽」「こしあぶら」「たかのつめ」の天麩羅に、「山ウドの胡麻和え」「わらびのおひたし」「こごみのおひたし」「たけのこの煮物」「蕗の煮物」「岩茸の酢の物」「ヤマメの煮魚」、そして「とろろ御飯」「味噌汁」「蕎麦」がこの日の晩ごはんのメニューであった。 まるで座卓の上が新緑の山のようでした。

ゴールデンウイークの最終日、5/7(土曜)〜5/8(日曜)のこと。どうやら秩父で当たりの宿を見つけてしまったようだ。新緑鮮やかな両神山の八丁峠コースを山歩きしてきた帰りは、緑鮮やかな山菜料理が食べられる築300年以上の古民家で過ごし、登山の疲れを食と鉱泉で癒してきたのでした。
茅葺き屋根が人目を引くその古民家は、『民宿すぎの子』と云う。いつからなのか覚えてはいないんだけれど、民宿すぎの子の存在は知ってはいました。秩父の国道140号線沿いにたたずむその古い特徴的な姿はかなり記憶に残ります。
さてウェブでいろいろ調べてみると、何やら美味しい情報が目白押し。可愛い看板犬もいるし鉱泉だってありました。一部屋の利用可能人数は部屋によって異なるのだけれど、基本的には和室の5部屋しか無い小さな民宿と云うことが分かりました。
一泊二食付きで大人7200円と格安で、晩ごはんは季節によって違うものを食べさせてくれると云うことも分かりました。もうこの時点でボクらの心は鷲掴みにされ、ではいったいいつ頃いこうかと云うことになっていたのでした。
ところが宿の予約状況をウェブで確認してみると、人気宿のようで土曜や連休はほとんどが予約で埋まってた。そんな状況がしばらく前のこと。で先日のGWの中日に何気なしにすぎの子の状況をチェックしてみると、7日の土曜がたまたま空いていたのだった。(・∀・)

民宿すぎの子

と云うことで山歩きとからめて泊まってきた訳なんですが、正直この宿、大アタリでした。二つある鉱泉のお風呂には家族風呂として入浴ができるので、気兼ねなくゆったりと入れますし、何よりも丁寧に真心込めてつくってくれる宿のごはんがとにかく美味しい。
部屋は歴史のある古民家なんだけれどもちゃんと綺麗にしているので好感が持てました。洋便器のトイレにはウォシュレットまで付いていた。でもやっぱりなんと云っても大女将を筆頭に、ご主人とそして女将さんの三人がこれまた愉快な人たちでとても感じがよいんです。
民宿すぎの子。コストパフォーマンスに優れたとても良い宿でした。ここへはできたら春、夏、秋、冬と四つの季節にも訪れてみたいなと思っています。さて次回の再訪はいつかしら。また山とからめて行こうと思う。ああ待ち遠しい。
| お店など | 08:18 | comments(2) | -
銀座小料理 龍
銀座小料理 龍
どうやらまた新しい秘密基地(呑み屋)を見つけてしまったようだ。

ある日。またボルガライスやソースかつ丼が食べられるお店のリサーチをしていると、とあるサイトにたどり着いた。福井県のオフィシャルホームページであった。でその中に「福井県ゆかりの店 in 東京」っていうページがあって、隈無くチェックしてみた。すると「龍」って云うお店に何だかみょうに惹かれたのだった。
とある日。たまたま銀座で呑んでいたので「銀座小料理 龍」に行ってみた。雑居ビルの地下2階にあるタツと読むお店は、鉄砲階段で地下へ潜る秘密の基地そのものだった。とても心くすぐられた。
お店はL型のカウンター席が設置されたオープンキッチンスタイル。女将さんを中心に沿えると8席の対面カウンターがすこぶる丁度良い。お酒はもちろん福井の地酒が目白押し。べろべろになるまで呑んだ。この日、よく家に帰れたもんだ。新橋、赤羽、上野、大宮と、色々な電車を乗っては行ったり来たりをしていたようだ。その間、あまり記憶が無い。>_<
ごはんは、女将さんに何があるのか出来るのかを聞いてみた方が良いみたい。ポテサラとソースかつ丼が食べたいなと云ってみたら、両方とも出てきたから驚いた。(ʘдʘ) 秋吉で純けいをがっつり食べてきた後だったので、それほど食べられなかったのが残念でならない。今度はちゃんとお腹を空かして行こうと思う。
| お店など | 19:00 | comments(0) | -
DILL eat,life.
DILL eat,life.

山歩きに代わる雨の日の週末の過ごし方。山梨県は北杜市にお店をかまえる「DILL eat,life.」でお昼ごはんを食べてきた。かねてより山仲間から『美味しい』『素敵空間』と良い噂を聞きおよんでいました。いつもの山歩きを予定していた週末が雨の日だったため、やっとそのディルにゆくことができました。
サントリー白州蒸溜所での工場見学ツアー(ウ井スキーではなく水の方 >_<)をあとにしてから向かった先は小淵沢。雨から雪に変わり始めたフォトジェニックな景色の中を、道案内してくれた山仲間の車のあとを追ってDILLへ向かったのでした。
別荘に見える大きな切妻屋根の木造の建物は、レストランとのこと。店主に聞いたところ、DILLの建物は大まかな部分以外はほとんど一人で建てたんだそうです。まさにセルフビルドの鏡。精度も非常に高かった。外観は幅広の木を横張りにされた外壁が美しくて目を見張ります。店内はファイヤーサイド社の薪ストーブが暖かくて妙に心地良く、とても居心地がよかった。
二人がけのテーブル席が5組にカウンター席が4席しかありませんでしたが、ご夫婦の二人だけでお店を営むには丁度良い規模なのかもしれません。外には大きく庇の張り出した眺めの良さそうなテラス席もありました。

DILLのバルサミコチキン定食

DILLの玄米と自家製トマトソースのオムライス

さて肝心のお昼ごはんですが、美味しかった。玄米ごはんや見たことのない野菜や優しいお味の味噌汁などをボクはほとんど味わったことが無いのでとても新鮮でしたし、何よりバルサミコソースがかかったチキンが香ばしくて美味しかったのです。基本ボクはいつも早食いですから、じっくりと味わって食べるのがもうとにかく大変でした。~_~;
注文したメニューは、ボクが知らない野菜がたっぷり乗ったバルサミコチキンの定食。そしてヨメさんがジャガイモとクミンのスープが付いた、玄米と自家製トマトソースのオムライス。普段、脂ぎった定食ばかり食べているボクにとってはこれは未知の世界でした。今回もここに導いてくれた仲間に感謝。
| お店など | 14:46 | comments(0) | -
マスターズドリームハウスにて
プレミアムモルツ マスターズドリーム

東京駅の、丸の内トラストタワーにあるマスターズドリームハウスで打合せをした。呑みながらの打合せだったので、流石に少々お酒のピッチは控えめにしておいたが、店員さんが丁寧に注いでくれたプレモルのマスターズドリームは、やっぱりすごく美味しかった。コンビニで売っている瓶に入っているアレよりも格段美味しく感じた。でそのビールに100%合うおつまみもどれもこれも美味しかった。特にナポリタンなんて絶対に間違いないし!(・∀・)

さて、東京駅。最近はなぜかあまり縁が無く、東京駅の構外へは本当に久しぶりに訪れた。久しぶり過ぎて勝手がよく分からなくなっていた。この日の目的の一つだったとあるお店の調査も、結局時間が無くなって見送りになってしまった始末。残念無念であった。あぁ、恋してやまないボルガライス。たべたかったなぁ。(>_<)

そのボルガライス(オムライスの上にトンカツが乗っている福井のB級郷土料理)。福井の旅から帰ってきてまたちょっと調べたんです。すると、なんといま東京では三軒のお店でボルガライスを食べることがどうやら出来そうなことが分かった。ちょっと鼻息荒く興奮した!~_~;

一軒目はこの日に行こうと思っていた東京駅地下街にある「方舟 東京駅黒塀横丁店」。二軒目は銀座一丁目にある「お結びcafe」。そして三軒目は新高円寺にある「花の木」と云うレストラン。特に三軒目のボルガライスはボクが愛しているボルガライスの姿そのもの。でもそこは夜しか食べられないんだそうだ。ランチ狙いで方舟とお結びcafeにゆくべきか。う〜む、これは是非とも調整してそれらにそなえなければならん。なんせボルガライスLOVEだもの。(´ε`;)
| お店など | 12:16 | comments(0) | -
赤羽ディープ
 赤羽の「鳥星」

たまには赤羽のディープなお店でディープな夜を過ごしてきた。ま 暑気払いだけども。
先ずは知る人ぞ知る名店とのこと。やきとりの鳥星へ。
カウンター8席ほどで、その後ろに座敷があって8人は座れる感じのレトロなお店。
ほとんどが常連さんで賑わっている中、悪ガキ時代の古い友人らとそこへ突撃してった。
焼き鳥はほとんどが1串100円ぐらいでどれも美味しかった。バランスのとれた味。
ビールでのどを潤したあとは、常連さんに習ってサワーにした。爽やかウメサワー♪
このお店のサワーは、緑の瓶のホッピービバレッジを出してくれる。それで割るのだ。
友人の一人は下戸なので、そのホッピーのノンアルうめサワーばかり飲んでたな。
そして、ほろ酔いになった頃にお店替え。次は立ち飲みのいこいへ。ほろほろ酔いに。
赤羽がこんなに熱いとは思わなかった。ディープなお店もたくさんでお気に入り☆
| お店など | 19:06 | comments(0) | -
いっちょらい
福井名物 越前おろしそば
〈↑福井名物 越前おろしそば〉

一本義のお酒が呑めるってんで、福井の友達に教えてもらった「いっちょらい」。
東京は鶯谷にありました。
昇竜まいたけの天ぷらや竹田の油揚げやお刺身の盛り合わせなど文句なしに美味しくて、
去年福井まで本番のものを食べに行ってきたまんまだったように思う。
一本義の日本酒も旨くてさ、たらふく呑みました。
純米酒の東京限定ってのがあったけれど、ボクは福井限定の純米酒の方が肌に合う感じ。
ま双方ともに美味しいのは変わりない。
それから、いっちょらいは綺麗でおしゃべり好きな女将さんが面白くてね、
お店の人気の何割かは女将さんのキャラクターで持っているのかも知れない。
料理を配膳してくれるその度、福井の話になると女将の福井弁が炸裂し止まらない。
それも含めて楽しくて美味しい福井料理のお店でした。
普段は赤ちょうちん系のお店に足を運ぶことが多いのでそう頻繁には行けないけど、
また美味しい日本酒が呑みたくなったら行くことにしよう。
〆には、福井名物のおろし蕎麦もしっかりと食べて大満喫してきた。
| お店など | 11:55 | comments(2) | -
尾瀬帰りの芳味亭
芳味亭の定食

尾瀬ヶ原を歩いた帰りの乗り合いタクシーの運転手さんから、とてもお腹にありがたい話を聞いたんです。帰り道の途中に美味しい定食屋さんありますよ、って。しかも鶏のから揚げ定食が絶品なのでおすすめですよ、って。でも間違ってもごはん大盛りは頼まない方がいいですよ、って。めし屋に入るとだいたいボクはごはん大盛りを頼むのを常としているので、興味シンシンの胃袋グウグウでした。
そんなボクですが、ふとお隣さんの若者たちが頼んだ定食を見てみて唖然。しばらく開いた口がふさがらなかった。そびえ立つごはんが盛られたお茶碗がなんとなく誇らしげ。挑戦したい気持ちはあるんだけれど、芳味亭の大盛りはボクにはちょっと無理だ。中盛りならば何とかね。~_~;
とは言え定食の肝心な味に関してはまったくもって文句なし♪ものすごくボクの好みの味でした。ものすごく美味しい。今回は先ずは手始めに定番の、鳥から揚げ定食(850円)と舞茸天ぷら定食(950円)を頼んでヨメさんと半分こして食べてみた。どちらも旨い。う〜んと唸るほどに旨かった。次は自家製タレに漬け込んだと云っていた焼肉定食にしてみたいと思う。でも大盛りにはしないと思う。いやしたいと思う。気持ちがうらはら。苦笑

覚え書き:芳味亭(ほうみてい)
住所:群馬県利根郡片品村鎌田7048-1
電話:0278-58-4313
定休日:火曜日
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜20:00
| お店など | 18:24 | comments(2) | -
北軽カフェ tags
espresso bar tags

もう一丁、北軽ネタを。北軽井沢スウィートグラスの近くにこんなに美味しいコーヒーショップがあったとは全く知らなかった。
ボクのキャンプはここ最近、道具も何もかもニミマムが基本ですから、キャンプで飲むコーヒーはほとんどがお湯を注ぐだけのスティックコーヒーばかりなので、やっぱりたまには本格的なコーヒーが飲みたくはなります。~_~;
そんなときに誘われて行ってきた先が、「espresso bar tags」というカフェ。ファサードも店内も店主もこだわったマニアックぶりが窺い知れます。不思議と落ち着けて、コーヒーが味わい深くてとっても美味しかった。
今度は北軽井沢SGの帰りのランチどきに行ってみようかと思う。夜のパスタもカレーもつまみもとても美味しかったので、きっと美味しいはずである。ただ、お店はカッ飛んでゆく直線の道路沿いにあるため、素通りしないように注意したい。浅間牧場の交差点が目印。

espresso bar tags

memo:エスプレッソバー タグズ
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-3280
10:00 – 20:00 定休日 – 水曜
phone & fax – 0279-82-5088
| お店など | 07:46 | comments(2) | -
鳥臣ファン増殖中
鳥臣のレバーパテ

どうやらボクの仲間にまたまた一人、呑み友達が増えたようです。嬉しい。
だからいつもの上野立ち飲みエリアで軽くきゅーっとやったあとは、
これまたいつもの西日暮里やきとり鳥臣へ連れて行った。
前に、何なのその中途半端な食べ物!なんてその大阪人に云われていた、
つくねたこ焼きを実際に食べてもらったら、親指突き上げたサインをもらう。
グ〜♪ ほらな、それ見たことか。鳥臣のメシは何もかも旨いんですよ。
それから、まだ未食だったレバーのパテってのを二人で食べてみた。
グ〜〜〜♪
昨夜はタクシーの刑には相成りませんでした。そんな呑み方が理想です。
| お店など | 17:40 | comments(2) | -
Resort inn スクアミッシュ
スクアミッシュの朝食

いつもの週末山行の、ちょっとばかりハードだった山歩きの話は後ほどするとして、今回記事は長野県の車山高原にあるペンション「スクアミッシュ」の記録付け。3/21(土)〜3/22(日)のこと。
週末の空きがいつもはほとんど満室のスクアミッシュに、たまたま2部屋の空きがまだあるよ!と教えてもらったのは、そのスクアミッシュをボクに教えてくれた張本人・矢車草さんから。て云うか、ホントにいつもすんごいアンテナを張り巡らせているものよねと尊敬する。特に美味しいものを探し当てることに関しては天才肌の持ち主。何で空いてるの知ってるの〜(ʘдʘ)ってな具合。
じゃあまた、スクアミッシュのあの美味しい料理を矢グルメ草さんたちと一緒に食べに行こうかなと思ったとき、ただ素敵なペンションに泊まってただ美味しい料理を食べるだけだと何だかまずい気がして、とにかくがむしゃらにカラダを動かしてきてからにしようと思考回路が働いた。美味しい料理が特徴の一つのこの宿は、ボリュームも満点。なので山歩き。
ボクは2013年の秋に訪れたことがあって、今回は2回目となる。なので2015年、春だ。次は夏と冬にも訪れて、スクアミッシュこだわりの季節感を味わえる料理をまたじっくりと堪能したいと思っている。

スクアミッシュ コラージュ

さて今回もまたうま旨かった。1日限定4組しか予約を受けないスクアミッシュの食事は、夜も朝もおまかせとなる。このおまかせ料理が実に素晴らしくて美味しくて本当に仰天する。この日は山を登りながらみんなで今日のスープは何だろね何だろねと言い合っていたんだけれど、ボクの予想が、いやいやボクの好みが見事に的中する。そのカブのスープが美味しいの何の〜。どんぶりでお代わりしたいぐらいだった。
コースメニューはこうでした。温かい焼き芋のスープから始まり、信州そば粉のクレープ、カブのスープ、白菜とカニ(!)のパスタ、たてしな豚のサルディンボッカとゆい農園の無農薬野菜、五郎兵衛米のごはん、チーズケーキ、ホットドリンク、でした。食間には城戸ワインのナイアガラの白も頼んで、どれもこれも舌鼓が連発だった。そしてとても美味しい晩餐に大満足し、一同は二次会のボクらの部屋へと直行するのであった。いやよく呑んでよくしゃべったな。半ば夢の中だったような気もしないでもないが。~_~;

スクアミッシュの朝食

翌朝の朝食は8時半にしてもらい、たっぷりと寝て山歩きの疲れを十分に癒すことができた。カラダも快調で目も頭もぱっちりだった。朝食はサーモンと焼きトマトのパンケーキがメインのワンプレート。2種類のケーキにフルーツヨーグルトもあった。さてこれで、せっかく前日に山歩きで消費してきた3300kcalがあっという間に±0になったと思うけれど、この週末もまた美味しくて楽しくて呑んだくれたとても充実した一日だった。次はホントに夏か冬に再訪したいと思っている。

| お店など | 12:51 | comments(0) | -
夜行列車
夜行列車で出羽桜

3月14日に寝台特急「北斗星」が廃止されてまだ数日しか経っていないが、
毎朝ボクが乗る電車はその北斗星の通過待ち路線にあったため、
あの青いブルートレインがもう見られないのか、と思うとやっぱり少し寂しい。
片手で足りる回数しか乗ったことは無いけれども、
上野から札幌へのスローで優雅な旅は、何とも云えないものがあったな。

さて昨夜。場所は上野の夜行列車で、酒豪な山仲間たちと酌み交わしてきた。
ボクはそうとう気分が良かったみたいで大いにはしゃぎ、
夜行列車からは降りることができたが、自分の電車からは降りられなかった。
あえなくタクシーの刑。まいっちんぐ。~_~;
仲間に連れて行ってもらったここ夜行列車は、日本酒のカウンターバーだった。
なので7人もの仲間では横並びになるものだから話飛び飛びで記憶も怪しい。
何が云いたいのかというと、最後の方、あんまり話を覚えていないってこと。
あえなくタクシーの刑。まいっちんぐ。(>_<)
| お店など | 11:24 | comments(2) | -
イル・カンパネッロ
イル・カンパネッロのランチ

このお店を以前から贔屓にしている友人夫婦に、夜の部だけじゃなくって、お昼のランチも相当なもんよ♪とその評判を聞いてはいたんだけれど、ボクのお昼のランチはいつもどちらかと云うと、牛丼に天丼や餃子やトンカツにラーメンなどのこってり系が多いため、なかなかこちらのイタリアンにはお腹のモードがロックオンしなかった。
どころがどっこい、この日は朝からTVで美味しそうなパスタやピザを観ちゃったものだから、もう10時頃からボクの頭の中はすっかりとイタリア〜ン。こうして行ってきたお店はクレヨンしんちゃんの街、春日部の「イル・カンパネッロ」と云うイタリアンのお店。もちろんランチ狙い。しかもオープンの11:30分に合わせて、車の到着時間もお腹の空き具合も帳尻合わせた。

イル・カンパネッロのランチ

ヨメさんと二人して種類は違うが同じ1500円のランチを頼み、あまりの美味しさとこのボリュームに驚愕!先ずいろんな種類の沢山の前菜に驚いた。色とりどりで綺麗でどれから食べるかと随分と悩んだ。しかもどれもこれも旨え。お代わりできるオリーブオイルの付いたパンもまた美味しくて、このコンビだけでも満足しちゃう勢い。
そしてここから2つのコースに分かれ、ボクのピザコースとヨメのパスタコースになり、ボクは量がたっぷりのサラダを頼み、ヨメはとてもゴージャスなデザートを各々が選んで注文。サブの料理もメイン料理に全く負けず劣らずの美味しさだったので、本気でまいっちんぐ。食後のコーヒーも付いて、久しぶりに1500円ランチのありがたみを知った週末の事でした。恐らく何もなければ来週も行っちゃう勢いです。笑
| お店など | 13:23 | comments(2) | -
トンでもなく旨かった
やきとん ま〜ちゃん

やきとん ま〜ちゃん〉に行ってきた。JR御徒町駅からほど近く、連日大混雑のお店。
予約のできないお店なので、店内はもう17:30にはほぼ満席。したがってそれよりも早めにINするか、たまたまのタイミングを見計らって先客との入れ替わりにINするかのどちらか。歩道で待っている方もいらっしゃるほどの人気店みたいだ。ボクは初めての、ま〜ちゃん。勝手もメニューもよく分からなかったので、とりあえず焼きトンは端から端までずらりと頼んでみた。これがトンでもなく美味しかった。〆には名物らしいメンチカツを頼んだ。トンでもなく旨かった。因みにま〜ちゃんは全席禁煙でした。こう云う焼き物屋では珍しいが、ボクにはトンでもなくありがたい。・・・シツコイ。~_~;
そう云えば、この店に連れて行ってもらった山仲間とは、インドのカレーに出てくるナンじゃないクレープの生地みたいなやつが何故か思い出せず、ずーとチャプチェ、チャプチェって、話していたな。⇒後ほど無事に、あれはチャパティだと思い出し、言い直す。苦笑
| お店など | 13:11 | comments(0) | -
とんかつ桂
とんかつ桂のロースかつ定食 1300円

ちょいと国分寺で用事があって、お昼はどうする?てな話の流れから、
前からうめぇうめぇと聞いていた美味しいトンカツ屋のことを思い出し、リクエストした。
連れて行ってもらったのは、とんかつ桂、と云うお店。
人気店とのことで当然お昼の12時では満席。店の前で少々待ってグーとお腹を空かす。
入店後ボクは、ロースかつ定食↑を頼んだ。カツが厚くて涙でる。脂が旨くて涙する。
美味しくて、ため息なんての、出ましたよ。はぁ〜旨かった、て。
カツは、長手方向にも包丁を入れてくれているので、一口大で非常に食べやすい。
みそ汁は具が豊富で、付け合わせの浅漬けだってこれまた絶品。文句がない。~_~;
あるとすれば、塩が無いことだけかな。トンカツにはボクは、塩とレモン汁派なのです。
ロースかつ定食が1300円。瓶ビールで700円。この組合せで2000円。きりがよい。
なので今度はボクもその組合せで頼みたいと思っている。ああ、次いくの楽しみだわさ。
| お店など | 08:18 | comments(0) | -
蕎麦屋りこぼう
天然きのこ小鍋定食

山を登ってから北軽井沢でキャンプした帰りに立ち寄った小諸の蕎麦屋りこぼう
ここの蕎麦は本当に旨かった。鍋だって美味しくて、どっちがメインなんだか。
ボクはおろしぶっかけ蕎麦+ごはん+サラダが付く天然きのこ小鍋定食を注文し、
ヨメさんは天然きのこ蕎麦を注文。お汁が器につるつるいっぱいだった。笑
このボリュームでこの値段って、。ボクの天然きのこ小鍋定食で1180円。
写真には無いけれどこの他に前菜が付く。良く食うボクが音を上げる程の量です。
今度はがっつり山を歩いてきた直後にまた来たい。次は信州サーモン&蕎麦だな!
| お店など | 08:27 | comments(2) | -
ボンディのカレー
欧風カレー ボンディ

たまにはライスにかけて食べる昔ながらのカレーが食べたいねぇ、
てことになり行ってきたカレー屋さんは神保町にあるボンディと云うところ。
え〜(ー ー;)こんなに並んでるの〜、て愚痴がこぼれるほどにビックリしたのと、
前菜にジャガイモがそのまんま出てきたのには少々ビックリしたのと、
普通のポークカレーで1皿1480円(税込)もするってことに先ずはビックリ。
本当はきのこカレー1630円(税込)を食べたかったんだけど、値段がさ、高ぇ。
で食べてみると、カレーが甘かった。中辛を頼んだのに、まろやかで甘い。
それがコクなのか味の特徴なのかはボクにはあまりハッキリ判断できないけれど、
たまにはこうしたカレー屋で食べてみるのも良いものだなと、思ったりはした。
続きを読む >>
| お店など | 13:35 | comments(0) | -
ぎょうざ正嗣 今市店
ぎょうざ正嗣 今市店
日光澤温泉の帰りに立ち寄った宇都宮ぎょうざ専門店 正嗣。また丁度良い位置にある!

う〜む〜~_~; 非常に甲乙つけがたいが、ボクはやっぱり正嗣(まさし)派かな。
と思ったのは、この今市店でパリッパリの焼き餃子を食べてしまったから。
ボクの中では餃子の二大勢力があって、正嗣とみんみんでいつも格闘してる。
あっちに行こう、こっちへ行こうと、悩みに悩む。因みにヨメさんはみんみん派。
であるからしておのずとそっちのお店に行くことが何となく多くなりますが(涙)、
やっぱりボクは正嗣派かな!と、焼き4皿をしっかりと食べてきた昨日、思った。
んでもこれがまた明日になればころころと好みが変わる。こと餃子に関しては。
いつも焼き4皿で足りなくて後悔するので、次こそ焼き5皿で違う後悔をしてみたい。
覚書:宇都宮ぎょうざ正嗣の今市店。駐車場もあって今市ICも近くて便利で旨い。
| お店など | 23:05 | comments(0) | -
たこ焼きみたいなつくね
西日暮里やきとり鳥臣 新メニュー

贔屓にしている焼鳥屋さん(西日暮里やきとり鳥臣)の新メニューにびっくり仰天。
たこ焼きだと思って食べたらつくねだった。でも中にはちゃんとタコが入ってる。
これはものすごく美味しかった。やられたなって感じ。旨くてびっくりします。

それから右下の、ささみのわさびマヨ焼き。これもたまらない美味しさ。
ワサビが鼻にツンと来る感じ、これがまたたまらない。癖になる感じ。
そして左下の、レバー三種盛り。鳥臣では好評でお馴染みのレバーだけど、
こうして三つの味をいっぺんに味わえるので、贅沢な気分になり嬉しい。
右から左へ、レバガリ、レバネギ、レバゴマ。
大変美味しゅうございました。数々の新メニュー、申し分なし&文句なし。
そう言えばちょろっと出してくれたボンジリと皮の唐揚げがこれまた絶品!
賄いらしいが、たまげる美味しさでした。今度はそれ目当てだな。注文したい!
| お店など | 13:01 | comments(0) | -
| 1/3pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco