bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
年越しスクアミッシュ
リゾートイン スクアミッシュ

2016年の大晦日の話。福井の山仲間と、楽しくて美味しい年越しを過ごしてきました。福井の「」とは年末一緒に過ごすのはもう毎年のこと。いつもは何処かの山を登り、そして温泉に入って一緒に食卓を囲み、べろべろになるまで酒を酌み交わすのが恒例となっていたんだけれども、去年の10月に何とヨメさんが足首を骨折してしまい、毎年恒例の忘年山行ができなくなってしまったため、今回は山無し県での年越しとなってしまった。(>_<)

スクアミッシュ ダイニング

さて年を越してきた宿は車山高原の「リゾートイン スクアミッシュ」と云うところ。一日限定四組しか対応してくれない小さな人気のペンションなので、そもそも予約が取りづらい。ところがどっこいFBに流れてくるスクアミッシュのTLを眺めていると、大晦日の31日に一部屋空きが出たと云う情報をキャッチ。ちょうど忘年山行は何処に行こうかと思案していたところだったので、とてもナイスなタイミングにそれこそ喜びもひとしおであった。

スクアミッシュ テーブル席

地のものを使い、素材にこだわった料理を食べさせてくれるスクアミッシュは、とにかく朝晩の料理が旨い。ボクごときでもその美味しさが理解できるような難解なごはんでは無いところがこれまたグーで、何度来ても満足させてくれるクオリティの高い料理の数々にはとにかく圧巻される。今だから失礼ながらに云うと、ペンションの規模から考えるととてもじゃないが想定外の美味しさで驚いたもんです。~_~;

スクアミッシュ テーブル席廻り

さて当日。スクアミッシュのチェックインは15時からとちょいと遅めなので、家をゆっくり目に出発して先ずは大好きな蓼科温泉共同浴場へ向かい、一年の汗を流してからゆくことにしました。ゆっくりお湯につかった後は信州そば処の三五十屋で年越し蕎麦を食らい、寄り道道草を楽しみながら15時前に無事に到着。
そしてチェックイン早々にスクアミッシュのオーナー中橋さんとお喋りをしていると、遅れること15分で福井チームも無事に合流。手白澤温泉で年越ししたっきりだからほぼ一年ぶりの再会にこちらでもお喋りの花を咲かせ、そのまま18時の晩ごはんへと突入していったのでした。

車山高原 大晦日花火大会

楽しくて美味しい食事が終わると、一同そそくさと部屋に戻り防寒着を着て外に出た。この日、大晦日には車山高原スキー場で特別に花火が上がるイベントがあると聞いていたので、たいして期待もせずに見にいったら、なかなかどうしてこれがすこぶる楽しくって大はしゃぎ。冬の寒空に浮かぶ色鮮やかな花火があんなにも綺麗なものだとは露知らず。しかも目の前で観賞していたから迫力も満点だったのだ。年越しスクアミッシュ、とても楽しかった。病みつきになりそうである♪(・∀・)

スクアミッシュ 夜景
続きを読む >>
| 出来事など | 16:59 | comments(0) | -
矢グリマスパーティー
矢グリマスパーティー

今年も山仲間の矢車姉さんから、クリスマスのホームパーティーに呼ばれて顔をだしてきた。いつものことながら、テーブルの上に出してくれる手作り料理の数々が華やかで綺麗でべらぼうに美味しかった。

燻製した肉を持って行ったけれど、そんなもん要らなかったんじゃないかと思うぐらいにメニューも豊富。しかもそのほとんどを全部1人でつくっちゃうのだから、パーティー慣れした手際の良さに今年も脱帽でした。
さて来年のはいったいどんな感じの宴になるのだろうか。怪我も無く(・・・!(>_<))またみんなで集まれて楽しめたら最高ですね。愉快な会へのお招きに、今年も大感謝。

矢グリマスパーティー

なんと写真がここまでしかない・・・。~_~; 途中から大いに酔っぱらってしまいこの他に出てきたものが記録されておらず。翌日に見た空き缶と空瓶の数が実に見事だった。まいっちんぐ。
| 出来事など | 21:32 | comments(0) | -
キャンプの招待状
TTS燻製キャンプ招待状

こんなにも素敵な招待状が手元に届いたのは実は初めての経験♪

天気に翻弄され残念な山歩きよりも、たまにはキャンプでのんびりするのも悪くない。
本当は嫌なんだけれども、キャンプの場合は雨でも楽しめるから悪天候もなんのその。
しかも今回の目的は燻製キャンプ。久しぶりにわくわくするキャンプになりそうだ。
| 出来事など | 19:18 | comments(0) | -
野沢温泉たけのこ祭り
野沢温泉たけのこ祭り

実は1年前から楽しみにしていたこのイベントごと。山仲間のブログ記事を読んで知って以来、まだかまだかとずっと心待ちにしていたのでした。なぜならボクは《たけのこ》が大好物。10日間の期間中は一日たったの2時間の開催ですが、とても内容の濃い2時間を満喫してくることができたのです。
野沢温泉たけのこ祭り』での充実した時間をより楽しんで来ることができたのは、このイベントの前後に立ち寄った山行と散策が何よりも大きいんだけれども、やっぱりそれにもまして、このイベントごとを一緒に楽しんだ山仲間がいたことの影響はとても大きい。七人衆で、いやはや大いに食べて呑んでそしてたくさん笑ってきましたよ。そんな6月18日(土)〜19日(日)の話です。

野沢温泉散策

横手山と志賀高原での軽めの山行の帰りは、野沢温泉の宿へと向かいました。志賀高原からは車で約1時間の道のり。周りの景色が良いのであっという間だった。チェックイン後はビールを我慢して先ずは野沢温泉の湯に浸かり、汗を流してビールの旨さを倍増させることにいそしみます。湯上がりに辛抱たまらずフライングして缶ビールを一本だけ呑んでしまったけれど、たけのこ祭りの会場近くで呑んだ里武士のクラフトビールがこれまた美味しくて最高の味わいだった!(・∀・)

野沢温泉たけのこ祭り

そしたら次は、18時30分からのたけのこ祭りの開催時間までたっぷりと時間があったので、源泉「麻釜」の近くの足湯に浸かりながら温泉卵を仕込み、再びおしゃべりの花を咲かすのです。
で 良い時間になった頃、たけのこ祭り会場へと場所を移して今度は心待ちににしていたタケノコ三昧を心ゆくまで楽しんだのでした。焼きたけのこから始まり、たけのこ汁、たけのこの卵とじ、たけのこご飯、たけのこ入り焼きそば、たけのこグリーンカレー、たけのことミズとワラビの山菜三種盛り、などと兎に角大好きなタケノコばかり食べていた。ボクにとって、これほど至福の2時間はなかったな。それほど美味しくて楽しい催しだったのです。これ、野沢温泉たけのこ祭り、癖になりそうだ。

松葉の湯

仕込んだ温泉卵を肴に、日付が変わる頃まで部屋呑みをしていた翌日の朝は、6時に起きて朝風呂と「朝市」に行ってきた。野沢温泉の外風呂は「松葉の湯」に入り、まるで貸し切り風呂をじっくり堪能し目を覚ます。やや重かった頭もここのお湯でシャッキリとなる。
朝市ではこれまた大好きな野沢菜を買って、模擬店に出ていたオブセ牛乳を飲みながら朝ごはんが待っている宿まで戻るのであった。ご飯の上に乗せて食べた本場の野沢菜が何よりも美味しゅうございました。野沢温泉には何処も滞在しやすくて安くて良い宿が揃っているようです。次回来るとき、難儀しそうだ。

野沢温泉ホテルの朝ごはん

さて朝からまだまだ時間がたっぷりとあった我々は、野沢温泉の朝市で飲んだオブセ牛乳から連想した寄り道、小布施の町を立ち寄ってから帰路につくのでした。そこでは思いがけない美味しいものにもたくさん巡りあえて、結局最後の最後まで何かしら食べっぱなし。グルメな矢の姉さんがこの旅にいるんだもの、まあ仕方がないよね。~_~;

野沢温泉 朝市
| 出来事など | 12:47 | comments(0) | -
お箸の持ち方
イシダの木製矯正箸

2016年の年明け早々、齢、四十も半ばを過ぎて、おじさんとうとう綺麗なお箸の持ち方になりたくて矯正箸を持ち始めたのでした。先ずはとりあえず毎食の晩ごはんだけ、矯正箸を持って箸の持ち方を直すことを心がけたのです。そんな訳で今回記事の内容は、矯正箸を使い始めてからの途中経過の話。
最初に導入した矯正箸は「エジソンのお箸」と云うものでした。これは箸が離れないようにくっついた支点(蝶番)が付いていて、小さな子供からボクのようなおじさんでもOKなとても対象年齢の幅広い箸でした。でもねこれね、お箸が本当に上手くなっているんだかどうなんだか、実はなかなか判別が付きづらい。たまに練習の成果を試したくて、外食どきに割り箸で綺麗な箸の持ち方で〈食べてみる〉んだけれども、まったくのダメ男さんでお恥ずかしい限りなのでした。>_< 箸先がバッテン、クロスする!
そうこうしながら箸の矯正を日々続けていると、なんとボクが外でエジソンのお箸兇鰺Э傭凌佑燭舛料阿濃箸辰討い襪里任呂覆い?それは恥ずかしいのではないか?との優しい気持ちから、小6の友人の女の子から新しい矯正箸をプレゼントしてもらったのだった。実際にはその小さな友人の心配ごとによって、その彼女のお母さん(友人のヨメさん)から新しい矯正箸を差し入れてもらったのけれど。

今度は箸先が細くて滑らない。小さな食べ物でもつかみやすい「イシダの木製三点支持箸」の恰好の良いやつだった。これなら誰の目の前で使っていてもバカにされにくい塩梅だなと、彼女の配慮に涙した。
それでまたしばらくその新しい木製の矯正箸を使い続けて晩ごはんを食べていると、(ʘдʘ)あれ!そういえば今日は昔のヒドイ持ち方が最後まで出なかったな、て日が日に日に多くなっていきました。もちろん何度も箸を持ち直しながらなので食事時間は結構かかります。ただ、ここに来て箸先で小さなお豆さんや千切りした食べ物をつかめるようになって、やっと何かこう「慣れたな」と云う感覚がつかめた気はしているのです。小指側の今まで使ったことのない筋肉が毎日ピクピクして痛かったのに、それも何だか慣れてきてへっちゃらになっている。修得するまでまだ道のりは遠いけれども、これはもしかしてもう先が見えているのかしら。最近はこんな感じの箸修行です。(・∀・)
| 出来事など | 12:23 | comments(4) | -
アウトドアデイジャパン
アウトドアデイジャパン
 
10時のオープンと同時にイベント会場に乗り込んだ。今日は「アウトドアデイジャパン2016」に行ってきた。
実は今年はもう一つ楽しみにしていたイベント、「Off the Grid」と日程がかぶっていたためどちらへ行こうかと悩んでいたんだけれども、結局なんだかこちらへ来てしまった。毎年美味しいタコス&ビアの出店の影響かしら。~_~;
今年のアウトドアデイジャパンは、グランピングを意識したブースが複数あったり、今までとちょっと違うキャンプグッズが豊富に並んでいたりと結構楽しめた。
でもま個人的には、小さな屋根の上に乗った寝床のあるジムニーや、屋根の上にテーブルとベンチシートを設置したコンパクトカーがとても印象的。愉快爽快であった。
| 出来事など | 20:57 | comments(0) | -
尾瀬鹿プロジェクト
ひだまりさんの尾瀬鹿プロジェクト

ボクが初めて尾瀬に行ったのは2011年のこと。それからは年に1〜2回、
尾瀬沼ないし尾瀬ヶ原であの美味しい生ビールを味わいに足を運んでいます。
尾瀬で呑む生ビールは本当に美味しくて涙が出ます。とても魅力的。
そんな尾瀬で働いている「ひだまりさん」って方が、
尾瀬鹿プロジェクト」を立ち上げました。その内容に共感し、支持しています。
このことが少しでも広く知れ渡って欲しくて今回は記事にしました。
| 出来事など | 02:28 | comments(0) | -
Xmasパーティー
Xmasパーティー 矢グルメ亭

23日の祝日のこと。11人もの山歩き軍団で、山仲間のいる東京は多摩エリアへ出没。もちろんこの日は山歩きではありません。食い倒れ、そして呑み倒れるために参上してきたのです。目的は矢グルメ亭でのXmasパーティー。今回も去年と同様に、いやそれ以上に最高に美味しい手料理と旨いお酒でおもてなしをしてもらいました。今年のChristmasパーティーもとっても楽しかった。いつも本当にお世話さま。

もてなしてくれた彼女と彼はボクらのいつもの山仲間。今年も1月の日光澤温泉の雪の山行から、毎月のように何処かへ一緒に出かけて行きました。そして12月の終わりにこのクリスマスのホームパーティーだもの。人を喜ばせることにかけてはまさに天才的。特に彼女の手料理には我々を笑顔にさせてくれる魔法がかかっているのかもしれません!、、、と、たまには歯が浮くような言葉も云っておくこととする。今年の〆も、最高に美味でした♪

Xmasパーティー 矢グルメ亭サムネイル

※矢グルメ亭の手料理↑があまりにも美味しかったので〈記録〉しておくことにします。
| 出来事など | 17:22 | comments(4) | -
合同お誕生日会 2015
春日部イルカンパネッロにて

何回目かの、合同お誕生日会にお呼ばれ。
これはヨメさんとボクらの小さな友達が一日違いの誕生日だったことから始まった
恒例のイベントごと。ヨメさんが週末にむかえた年齢はアレなんで控えておきますが、
小さな友達は12才の女の子で来年は小学六年生となる。
ボクらは彼女が生まれた頃からの付き合いになるので、年に数回しか会わないけれども
成長の過程が早くて見ているだけでなかなか楽しいものがある。
とりあえず去年は彼女の親からの誕生日プレゼントがボクらのとかぶってしまったので、
今年はなんとしてもそれだけは阻止したかった。無事に阻止できた。(^―^)
春日部のイタリアン、イルカンパネッロにて誕生日の晩餐会。なにもかもが美味しいが、
この日はとくにトリュフが乗ったブラウンマッシュルームのスープが絶品でした。
鼻に抜けるきのこのい〜い香り♪あんな旨いの初めて飲んだ。
| 出来事など | 08:06 | comments(0) | -
福井の旅 2015
飛騨国分寺の大イチョウ

今年も福井に行ってきました。いま、北陸新幹線で金沢まで楽ちんに行けることから、北陸エリアは大人気のようです。我が事務所の最寄り駅、JR千駄ヶ谷駅でも北陸特集の掲示をやっていたほどですから。そんな北陸の福井へ、行ってきました!車で!往復約860km。何かもう・・・近く感じる。~_~;

上三之町

さて、友達の住む福井へは今年で2回目の訪れ。目的は去年の旅と大して変わらず、なめこ採りと散策と食い倒れ。でも今年はほんの少しだけ変化を付けて、飛騨高山の古い町並みを見て、歩いて、そして食べてから福井へ向かったのです。それだけでもずいぶんと充実した内容の旅となりました。

宮川朝市

先ずは今年も同じ旅の同行者、矢車家の二人と赤かぶの里で待ち合わせをし、30分ほど車を走らせて飛騨高山の町へ向かいます。そこでの目的は活気のある宮川朝市と古い町並みの上三之町を歩くことと飛騨国分寺の大イチョウを見ること。そしてお腹を最大限に減らして、ホントはそこでは一番の目的にしていたハンバーガー専門店、CENTER4 HAMBURGERSの肉厚でジューシーなハンバーガーを食べること。

センター4ハンバーガーズ

ボクは定番のベーコンチーズバーガー(1050円)でヨメさんはブルーチーズバーガー(1050円)を注文。もうねこのハンバーガーの旨いこと旨いこと・・・。美味しすぎてちょっとビックリした。でもボクら4人の隣の席に座っていた若い5人組が一番高い飛騨牛バーガー(2300円)をみんなして頼んでいたのにはもっとビックリした。そしてちょっと後悔。矢張り食べておくべきでした。~_~;

飛騨高山食べ歩きアラカルト

そしたら、まるで先ほどの鬱憤をはらすかのようにその他の食べ物に食い付いてしまった。飛騨牛の握り、みたらし団子、しょう油団子わらび餅などを立て続けに買い食い。と、こんな前哨戦をしてから福井県は大野の町へと乗り込んだのでした。

福井県大野市 阿さひ旅館

泊まった宿は大野市では歴史のある阿さひ旅館。朝ごはんが美味しいと評判でしたので非常に楽しみにしていました。もちろん評判通りの美味しさ。ボリュームもあって、二日間ともに大満足でした。1日目の朝ごはんは山歩きをするからと無理を聞いてもらい、朝6時に都合してもらったり、とても気分良く過ごすことができたのです。朝食付きで一人一泊6700円でした。

阿さひ旅館の朝ごはん

大野の夜は初めての亀平で食い倒れ。刺身と天麩羅と一本義の日本酒がとくに美味しくて調子に乗ってしまい、まいっちんぐ。翌朝は画に描いたような二日酔いで、なめこ採りのツライことと云ったらなかった。でもまそれはたった二時間程度の山歩きで大汗かいて強制的に治し、森六のおろし蕎麦食べたら完全に二日酔いが治ってしまった。

伊万里のボルガライス

さてそうなるとボクらはまた食べるわけで、今度は一番楽しみにしていたB級グルメのボルガライスを食べに伊万里へ行ったのです。去年食べたヨコガワ分店の上品なボルガライスに比べたら、伊万里のボルガライスはとても家庭的な雰囲気。オムライスの上に乗るトンカツも分厚くてゴージャスで量が多い。喫茶店のボルガライス、じっくりと美味しく味わいながら堪能することができました。いつか東京のお店でも食べたいものです。夢!

めがねミュージアム

次は鯖江で眼鏡です。去年の勝山の恐竜博物館に対して今年は鯖江のメガネなのです。早速、めがねミュージアムへゆき、所狭しと陳列されていたメガネを片っ端らから吟味。試着を繰り返していると、3つの候補にしぼられました。3つともブランドは事前に情報収集しておいた気になるオニメガネ。鏡と、目の前にいる仲間たちに向かって3つのフレームをかけ換えた姿を見てもらい、最終的には一番最初に惹かれたものに行き着いた。オニメガネのOG-7806と云う黒いセルフレームを選びました。結構好評でした。これでまた新しい色めがねが誕生です。

居酒屋ひろけん

そして、魚屋かんちゃんのところで自家製の超大きな鮭とばを買い、さらには福井でしか買えない羽二重くるみ(通販があるの知らなかった・・・)も買って、この日の宴へと突中していったのです。18時ぐらいから呑んで、なんと終了は朝の2時・・・。福井まで行って東京で呑んでいるのと同じことしてしまい大いに反省している。いったい何をやっているんだか。(´ε`;) 途中の、おろし蕎麦あたりから合流して最後までお付き合いしてくれた福井のヨウメイさんにはとても感謝している。

大野市七間朝市通り

今年の福井の旅も、現地に住まうkoji & mie両人のおかげでたくさん楽しめた良い旅でした。天空の大野城が発生しているのにもかかわらず、朝まで深酒していたせいで見ることができなかったなど心残りが何点かあったけれど、それはそれ。また今度見にいらっしゃい、て意味かも知れません。機会があったらまた遊びに(呑みに)行こうと思う。まったく個人的な旅行記の記録。11/21(土曜)〜11/23(月曜)の三連休のことでした。お粗末でした。

| 出来事など | 07:59 | comments(0) | -
| 1/13pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE