bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
ULTRA LIGHTランチ
ビバークレーション

驚くほど“軽く”て“早い”山ごはんを試してくる。
その名は『ビバークレーション』。お初食!

熱湯を入れて2分で完成だとか。
真空パックの一袋で何と80g。
1食あたりは400kcalとのこと。

ビバークレーション

ただボクの中で懸念となるのはそのカロリー。
メロンパン一つのカロリーとほぼ同等の山めしだ。
・・・(´Д`) はたしてボクにそれで足りるかしら。
お酒呑むから、まぁいいのだろう。
 
| 山めし | 19:11 | comments(1) | -
携帯浄水器
カタダインの“BeFree”

山で使うコンパクトな浄水器を手に入れた。

先日の山行でのこと。
女峰山を歩いたときや、三岩岳を歩いたとき。暑くて暑くてたまらなかったとき、運良くそこに水場がありました。
んも〜そんなときは頭から水をぶっかけて水浴びです。そしてその流れで手で水を汲み口にふくんで、飲む。がぶがぶ、飲む。
で、なんだか土臭かったなと感じ、下山どきにはカミナリごろごろお腹ごろごろです。

そんなこともあり、山で使えるコンパクトな浄水器が欲しかったのです。
色々と候補はありましたが、最終的に選んだのは『カタダインの“BeFree”』と云うもの。
誰かが云っていた「じじいのおしっこの出とは違い、まるで青年のように出る」という謳い文句に惹かれて購入した。これは期待大である。
チョロチョロチョロチョロじゃなくて、じょろろろろーーーーてことだ。

カタダインの“BeFree”

使用感はまだ現場(山)では使っていませんので詳しくは語れませんが、特筆すべきは『軽量でコンパクト』
プラティパスのようにボトル部がくるくると巻けて小さくなり、水の補給口も大きく広くてとても良い感じ。
非力ゆえにすぐ道具に逃げる悪い癖ですが、これで水質の疑わしいところの山の水場でも、じゃぶじゃぶ浴びるように水を飲めるってものです。
 
| 山道具と山話 | 18:37 | comments(0) | -
スモークガラス
ジムニースモークガラス化

ジムニーをスモークガラス化にしてみた。

これは、去年の夏はたいへんに暑かったので、今年は夏の対策を早めにするためである。
と云うことで、“後ろ三枚のガラス”にスモークフィルムを貼ってもらった。もちろんプロ(カーグラスJP)に。自分で貼ってもどうせ大失敗する。

さて、これで以下の効果が期待できるようになった。
“冷房の効き”
“後続車の眩しいヘッドライトの遮光”
“プライバシーの確保♡”
など。
特に車内が真っ黒になって車中泊が気にせずできるのは良い。うそ、狭くてできそうもないが・・・。

ジムニースモークガラス施工中

因みに光の透過率3%の真っ黒なスモークフィルム(≒17000円)を貼ってもらったら、夜の運転がとても怖い。全く見えぬ。バックとかするの気を付けねばな。(-_-;)

・・・いや それにしても新型ジムニーの格好いいこと。オートクルーズ機能とか素敵だし、後部座席がフラットになるので今度のはホントに車中泊が可能(狭いは狭いが)だし、何よりカクカクしてて超好みだな・・・。
でも いいのだ、ボクのはJB23の最終型だ。大切にまたエンジンが壊れるまで乗らねば。
 
| 趣味や車など | 08:24 | comments(0) | -
LEKIのストック修理
LEKIトレッキングポール SPD2クレシダAS

“LEKIのストック”が修理から戻ってきた。

2011年から使い始めたヨメさんのストックの話ですが、もう7年も毎週のように山歩きで使っていると、やはりガタが来るもので、一番下のポールが何度回してもロックできなくなってしまった。そんな状態のストックを、修理に出した訳なんです。

すると、スポーツオーソリティ経由でメーカーのキャラバンに修理依頼したところ、適切な処置された“新LEKIのストック”が、一ヶ月の期間を経てヨメさんの手元に戻ってきた。
詳しい内容を聞くと、『一番下段のアンチショック機能が付いている部品を交換』したとのこと。三分割して下段ポールのその機能的な緑色の部分を見てみると、黒いプラスチック製だった部品がSUSの金物になっていた。なるほど。
さすがLEKI。とても丁寧なアフターでヨメともども大満足だ。

LEKIトレッキングポール SPD2クレシダAS

で気になる修理費用なのだけど、『丁寧に使ってくれていたからサービスです』と云われ何と無料でした。( ఠ_ఠ )
さすがLEKI。とても太っ腹なアフターでヨメともども大満足だ。
けれども、やっぱりちょっと気になって色々と調べてみたら、このストックは実は昔に“リコールの対象”となっていたことが分かった。
〈下段シャフト芯がプラスチック製のアンチショックシステムを採用したもの〉がそう、らしい。やはり黒いプラスチック製のものは、壊れるのだそうだ。

なるほど、だからか―――。そりゃあメーカーはこんな古いタイプのストックを今更リコール品ですとは云いたくないのだろう。でもその丁寧に使ってくれていたから、の、粋な返答がなんだか気に入ってしまい、今後LEKIは贔屓になりそうである。
さすがLEKI。とても柔軟な対応でヨメともども大満足だ。

これで、あとまた10年はいける!とのこと。(ヨメ談
因みに、毎年ストックを買っている不運な山仲間がいる。旦那に踏まれてくの字になったり何処かで置き忘れたり、回収不能なところで落としたり旦那を叩いてくの字に曲げてみたりと、もう散々な模様。こんなにもストック運に見離された山仲間も珍しい。笑

※修理したストック:LEKIトレッキングポール SPD2クレシダAS
 
| 山道具と山話 | 08:18 | comments(0) | -
北軽SGダイニングコテージにて
ダイニングコテージにて

雨の中のキャンプを愉しむ。

昔は雨の中でもテントを張ってキャンプを楽しんだりしていましたが、最近は無理せずに雨の時はコテージでキャンプを楽しむことにしています。・・・いや実のところ、快適なキャンプをしてしまうともう元には戻れない。過酷でハードなのは山の上のテント泊だけで十分。

ダイニングコテージの中でビールを愉しむ。

仕事をそうそうに終わらせて、ビールを呑りながら窓越しに見る北軽井沢スウィートグラスの景色は、結構な土砂降りの雨でした。BOSEサウンドリンクリボルブから流れてくるのは、小田晃生の“雨男”。そんな雨の日になかなか相応しい。

ダイニングコテージにて

この日のキャンプは久しぶりに男たちだけだった。
ところが女子が居ないと料理が華やかじゃ無くて困る。赤とか緑とか、気の利いた色が足りないのである。だいたい全部、茶色い・・・。~_~;
たくさんのマッシュルームとぶなしめじでキノコのアヒージョなどつくったけれども、見るに忍びないので載せるのをやめました。
ホットサンドをやったらやったで焦げがすごくてギリな感じ。いやこれはもうやっぱりNGかしら。( ´Д`)

誰もが失敗することなく簡単で美味しくできる“はず”のハム&チーズのホットサンド。焦げてても中身の具は超高級品だったためそりゃー美味しいさ。とてもじゃないが裏側なんて見せられないが・・・。(>_<)
 
| キャンプと野営 | 12:04 | comments(0) | -
| 1/291pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco