bebeDECO

bebeDECO /〈山歩きに山旅・キャンプに呑み食い〉⇒うつつをぬかすmemo的ウェブログ
呑み屋の煙草事情



あれほど足しげく頻繁に通っていた呑み屋から少し遠ざかってしまっている昨今。これは『山歩き』の趣味を持ってからだとばかり思っていましたが、よ〜く考えて見ると実はそうでは無いことが明白。
一日に煙草を二箱以上は吸うヘビースモーカーだったボクが、2010年5月の禁煙に大成功して、他人の吸う“たばこの煙”にやっと慣れて(我慢できるようになって)きたとは云っても、やっぱり隣近所ですぱすぱ吸われていると我慢ならなくて距離をおいてしまうのだった。

IMG_6976-2018s.jpg

仲間や友人知人と呑みに行くときぐらいは我慢できるのだけれど、ボクは一人で呑みに行くことも多いので、そんなロケーションのときは「煙いからタバコ止めてくれ」だなんて文句は云いません。いえ、云えません。
さんざっぱら「ここはタバコがOKなお店」だと知れば、迷惑千万、隣に人がいてもぷかぷかとタバコの煙を吐き出しながら飲食していたので、今さら言えた義理ではありません。~_~;

IMG_6981-2018s.jpg

なので、タバコで煙たいお店にはあまり行かなくなったり、行く回数も随分と少なくなりました。
残念なのが、ボクが足しげく通っていた焼鳥屋やバーなどはみなこぞって“タバコOK”なお店が多く、煙たくてまいっちんぐ。(´Д`) 実はこれがもっか悩みの種。たまに喫煙者が居なくてお店の中がとてもクリーンなときもあるので、これがなかなかに悩ましい。

IMG_6993-2018s.jpg

そんな、呑み屋とたばこの事情を串カツ田中の思い切ったニュース(全店舗禁煙)でしみじみと考えてしまったのでありました。
ここのところ良くゆく純けいで有名な“秋吉の上野店”でも、禁煙席がいつも人気で争奪戦です。嫌煙家が多くなってきている実態が見て取れます。
これからのお店は、一週間のうち一日で良いので『禁煙日』をつくって営業してくれても良いかもしれませんね。いやそう望みたいものです。
 

| お店など | 12:00 | comments(0) | -
田舎のイベントは名店ぞろい
IMG_7900-2018s.jpg

週末の日曜日。4月の22日は、茨城県は境町にあるさくらの森パークで行われた“さくらの森コンサート”なるイベントに行ってきました。膝ACLの抜釘手術から退院間もないヨメさんのリハビリ散歩も兼ねています。
ところで、コンサートとは云っても、実は目的は贔屓にしているハンバーガー屋がそのイベントに出店するので、お昼ごはんが目当て。けれどもコンサートに出演する数々の個性的バンドが予想以上に面白くって、音楽の面からもとても楽しめたイベントでした。
何よりも、田舎のイベントだからってけっして侮っていた訳では無いのだが、予期せぬイベントで出会えた名店との衝撃は大きい。

IMG_8022-2018s.jpg

 Аchabaco』 境町にある、茨城茶専門店ちゃばこ。
この日の気温はとても高く暑いイベントだったので喉がからから。そんなときに当てずっぽうでお店を選んで飲んだ冷たいお茶が最高に美味だった♪(゚∀゚)

IMG_7999-2018s.jpg

「ゆず抹茶ソーダ」と「燻製ほうじ茶ICE」が、べらぼうに美味しい。
さしま茶の“長野園”と云うお茶屋さんがこうしたイベントどきは“chabaco(ちゃばこ)”に変身する模様。本当に美味しかったお茶なので、また何処かのイベントで出会いたいものです。

IMG_8027-2018s.jpg

◆Аドラヤキワダヤ』 間々田の、どら焼きの専門店。
店員のひげもじゃなお兄さんに親しみを感じて試し買いをしてみた。
オレ→「バタどら」
ヨメ→「ミントチョコ」 ・・・(O_O)

IMG_8015-2018s.jpg

これが二つともうめぇ〜の何の!!大当たりの“どら焼き”をどうやら見つけてしまったようです♪
定番のバタどらは素朴で文句ないし、ミントチョコは餡の色こそ斬新だけど実際に食べてみるとものすごく旨い。家への持ち帰り用に、また再び5つばかり買い増ししたほどに気に入ってしまったどら焼きでした。

IMG_8008-2018s.jpg

でもここのお兄さんと、栃木県は小山市間々田にあるローカルな居酒屋の話で盛り上がったことがとても印象的。ホームページもインスタもロゴもPOPも超センス抜群。
酒処おとめ』で、またじっくりと呑みたいものです。

IMG_7983-2018s.jpg

:『サンダヴダイナー』 埼玉県は白岡にある、ハンバーガー屋。
このお店を知ってしまったことは本当に衝撃的でとても嬉しい出会いでした。お店の前を歩いて通っていたとき、真っ赤な髪した兄ちゃんが外へ向かって一生懸命にバンズを焼く姿に好感を持ち、おもむろに入店したのがきっかけ。夜は呑めるお店になるのが嬉しい。

IMG_7966-2018s.jpg

マックのハンバーガーの値段と比較すると勝負になりませんが、一度ここの手づくりハンバーガーを食べて味を知ってしまうと、病みつきになることうけあいです。

田舎のイベントは名店ぞろいである♪
| お店など | 12:16 | comments(0) | -
BOSE サウンドリンク リボルブ
Bose サウンドリンク リボルブ

このスピーカーから流れ出る音を聴くと、今やもう時代はこんなのになっていたのかと云うことを目の当たりにした瞬間だった。

筒状のスピーカーは、500mlの缶ビールほどの大きさ。重さもほぼ同じぐらい。まさかそんな小さなモノからこんな迫力満点な「音」が出てくるとは思いもよらなかった。
これ一つで、現在も愛用している初代BOSEウェーブラジオよりもあきらかに音が良い。部屋のどの位置に居ても、360°スピーカーだから遜色の無い音が続くのもスゴい。充電池内蔵なのでそのまんま外へ持ち出せるのも10時間以上も連続して聴けるものスゴい。底にはカメラ用の三脚穴があるから使い勝手も良さそうよ。
てな事を“膝ACLの抜釘手術”で入院していたヨメさんが帰ってきて早々、プレゼンしたのだった。・・・事後報告だが。(~_~)

Bose サウンドリンク リボルブ

さて、BOSE SoundLinkのポータブルワイヤレススピーカー。これはBluetoothで接続する『Revolve』と云うタイプのもの。
Mini speaker IIとも迷いましたが、一番新しいことと防水なことと360°の音域に惹かれて選びました。実際に出先でこの音を体験していたのも良かった。
いつでも外へアウトドアへ持ち出せるアクティブスピーカーだけれども、でもおそらくそんなことはせずに部屋の中のとある位置が特等席になりそうです。最近のワイヤレスのスピーカーって、本当にすごい♪

BOSE SoundLink “Revolve” Bluetooth speaker
| 本や音楽など | 07:53 | comments(0) | -
福田さんのコーヒーゼリー with ことり食堂
福田さんのコーヒーゼリーwithことり食堂

17日火曜日のこと。膝ACLの抜釘手術で入院中のヨメさんからLINEに連絡が入る。
「そのコーヒーゼリーは何処のだ? なんでコーヒーゼリーなのだ! 旨いのか? 苦い? いくらだ? 食べたい!」と。
これはInstagramに投稿したボクの“とあるポスト”に対してのメッセージ。ウチは夫婦二人してコーヒーゼリーに目がない。CAFEや喫茶店に行くたびに、メニューの中でコーヒーゼリーを必ず探すほどに、大好き♡だ。
そんなコーヒーゼリーを、ヨメさんが入院中のランチどきに千駄ヶ谷の『ことり食堂』で見つけてしまったのだった。(゚∀゚)
弁当を持ってこない日のお昼ごはんですっかり世話になっていることり食堂のメニューの、横にあった“コーヒーゼリー300円”と云うお知らせを、コーヒーゼリー命のこのボクが見逃すはずは無い!

福田さんのコーヒーゼリーwith病院

食べてみると、濃くてすこぶる好みのコーヒーゼリーで一瞬で虜になってしまった。器のまんまのコーヒーゼリーなのがますます良い。ことり食堂の、『福田さんのコーヒーゼリー』であった。
で翌々日。ヨメさんの退院する一日前。例によってことり食堂で食を満たしている最中、「この珈琲ゼリーってヨメへのお土産に持って帰ることできますか?」と聞いてみた。
すると、福田さんとことり食堂店主のんちゃんが早業で“お見舞い仕様のコーヒーゼリー”に仕上げて持たせてくれました。

福田さんのコーヒーゼリーwith病院

夕方病院へゆくと、何やらヨメがしょんぼりしていた。手違いでヨメの晩ごはんだけが“無い”のだそうだ。でも15分ほどでヨメの晩ごはんが病室へ到着するとのことなので、「じゃあこれでも先に食べたら」と、ヨメ待望のコーヒーゼリーをベッドテーブルの上に置いてお披露目。「キャ〜♪」とうるさいぐらいに興奮していた。
ほろ苦くて甘くて美味しくてたまらなかったそうな。そうそう、それはもう、ボクはことり食堂で知っている。(゚∀゚)
 
| 食べ物など | 11:50 | comments(0) | -
ごめんください
とある蕎麦屋にて

『ごめんくださ〜い!』

これ、とある蕎麦屋で呑んでいたときに、隣の席で“同じく呑っていた人”が店員さんを呼んだときのかけ声。
「すいませ〜ん」や、「お願いしま〜す」は、よく聞くフレーズだと思うけれども、この、『ごめんくださ〜い』は、初めて聞いたもので意外とコレに衝撃を受けた。
でもこれはアリなのかしら。・・・いやアリなのよね。(-_-;) まだまだボクの知らないことだらけだ。精進せねばな。因みにこれ云った人の年齢は年寄りではない。ボクよりも完全に若い人。

余談ですが、とある居酒屋で中年女性の店員さんを「おばさ〜ん」と呼ぶ若い人を見かけたこともある。でもこれは言語道断かと思う。
ジロリと睨みをきかせてやった、心の中で。女性の店員さんに対してそんな呼び方はありえない。せめて「おかあさ〜ん」、だろうか・・・。
 
| イベントや出来事 | 12:37 | comments(2) | -
| 1/287pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
@bebedeco